電子社会設計論 第11回
Electronic social design theory
中 貴俊
ビジネスモデルの変化


インターネットに接続されたPCのみ
様々な状況で活用
SaaS(Software as a Service)



ソフトウェアをサービスとして提供するソフトウェア販
売の新しい形
従来の「ライセンシング」という形でパッケージソフト
を販売し収入を得るのではなく、ソフトウェア機能を
インターネットを通じて「サービス」として提供し、月
額使用料というような形で収入を得る事業モデル
ソフトウェアを提供者(プロバイダ)側のコンピュータ
で稼働させ、ユーザーはそのソフトウェア機能をイン
ターネットなどのネットワーク経由でサービスを利用
SaaSのメリット・デメリット

メリット

コンピュータの管理・構築が容易




ソフトの導入
各種アップデート
運用が容易
デメリット



ネットワーク障害時の対処
セキュリティについて
カスタマイズ
電子社会の変化


検索エンジン
SaaS等
DB(データベース)

気象情報等に代表される各種計測データ


気象庁
CDDB(Compact Disc DataBase)



音楽CDの演奏者や制作年度などの情報が格納された
データベース
インターネットを介してアクセスし,情報を取得するアプリ
ケーションソフトウェア
iTunesなど
その他(新たな入力インターフェース)

Wiiリモコン





加速度センサー
ジャイロセンサー
赤外線
Bluetooth
マルチタッチディスプレイ


windows OS (windows 7)
iPhone
課題




近年では様々なウェブアプリケーションによるサービスや,
データベースを利用したサービスが展開されており,人々が
電子化された情報を操作することが当たり前のこととなってき
ている
また,インターネットの利用に関わらず,家電などに代表され
るように,内部ではプログラムにより動作を制御したり利便性
を高める機能が付加されている
マルチタッチディスプレイなど新しい入力インターフェース
そこで



SaaSなどの新しいビジネスモデルについて
近年の電子社会のメリット・デメリット
電子社会の展望
ダウンロード

大同工業大学 電子社会設計論 第1回 Electronic social design theory