露 出
感度/絞り/露光時間
が画面の明るさを決定する
露出が適正でないと
露出が適正でないと
露出アンダー
露出オーバー
露出が適正でないと
露出アンダー
露出オーバー
カメラの「オート露出」には限界がある
マニュアル操作でいつでも「適正露出」が得られるよう慣れておく
液晶パネルでは露出がわからないことが多い(特に屋外では)ので
ビューファインダーでよく確認する(ビューファインダーの視度調節を忘れずに)
露出を意識しない人が
撮ってしまいがちな映像
近年のカメラでは “オート露光”の機能が
普通だが、それに頼らず
マニュアルで操作できなくてはいけない
露出を意識しない人が
撮ってしまいがちな映像
近年のカメラでは “オート露光”の機能が
普通だが、それに頼らず
マニュアルで操作できなくてはいけない
屋外の景色などは、
オート露出でいい時も多いが
逆光や明るい背景の時は
人物の顔が暗くなってしまう
簡単なカメラで簡易に撮る時は、
「明るさ」のマニュアル調整だけでも効果はある.
いざというときには「逆光補正ボタン」も使える
近年のカメラでは “オート露光”の機能が
普通だが、それに頼らず
マニュアルで操作できなくてはいけない
屋外の景色などは、
オート露出でいい時も多いが
逆光や明るい背景の時は
人物の顔が暗くなってしまう
簡単なカメラで簡易に撮る時は、
「明るさ」のマニュアル調整だけでも効果はある.
いざというときには「逆光補正ボタン」も使える
ドキュメンタリでもドラマでも、人物の顔がよく見えるように撮るのが基本
人の顔をよく見せたい時は、オート露出より若干明るくした方がいいことが多い
カメラの露出を明るくするだけでなく照明で補うことも大事
露出は
どのような感度の感光体に
どのくらいの数の光線束を
どのくらい時間、露光するか
で決定される
露出は
どのような感度の感光体に
感度(ISO/ゲイン:db)+
(フィルタも関係する)
どのくらいの数の光線束を
どのくらい時間、露光するか
で決定される
露出は
どのような感度の感光体に
感度(ISO/ゲイン:db)+
(フィルタも関係する)
どのくらいの数の光線束を
絞り
(アイリス/単位はF)
どのくらい時間、露光するか
で決定される
露出は
どのような感度の感光体に
感度(ISO/ゲイン:db)+
(フィルタも関係する)
どのくらいの数の光線束を
絞り
(アイリス/単位はF)
どのくらい時間、露光するか
露光時間
(シャッター速度/単位は秒)
で決定される
露出=画面の「明るさ」に関わる
露出の3要素
感度(ISO/ゲイン:db)+
(フィルタも関係する)
絞り
(アイリス/単位はF)
露光時間
(シャッター速度/単位は秒)
ND1
オート(自動)とマニュアル(手動)の切替えスイッチ
ND1
感度
ND1
0db
感度
ND1
0db
絞り
ND1
F5.6
絞り
ND1
F5.6
露光時間(シャッター速度)
ND1
60
露光時間(シャッター速度)
ND1
60
感度
絞り
露光時間(シャッター速度)
ND1
F5.6
マニュアル操作が基本
0db
60
ダウンロード

AX2000 4 マニュアル露光