乳児における
運動情報と形態情報の相互作用
大塚 由美子1,2, 金沢 創3,
山口 真美4
1 中央大学大学院、2 日本学術振興会、3 淑徳大学、4 中央大学
実験 1, 2
運動情報の形態知覚に及ぼす影響
(主観的輪郭の知覚, 顔認知 )
実験 3
運動知覚に対する形態情報の効果
乳児の形態知覚に対する運動情報の効果
Kellman & Spelke, 1983
4ヶ月児が部分的に遮蔽された棒のつながりを知覚するか検討した.
棒が運動する条件では、4ヶ月児もつながりを知覚することができたが、
棒が静止した条件ではつながりを知覚しなかった.
→運動情報は乳児の形態知覚を促進する
Moving condition
Static condition
運動情報は乳児の形態知覚一般に対して促進的効果を示すのか?
実験 1
乳児の主観的輪郭の知覚に対する
運動情報の効果 Otsuka & Yamaguchi (2003)
Kanizsa (1979)図形
目的
運動情報を付加することで、乳児の主観的輪郭の知覚が
促進されるかどうか検討する.
本研究では、動画と静止画での乳児の主観的輪郭の知覚
を比較した.
方法
選好注視法: 乳児の刺激に対する注視時間を計測する.
注視選好を引き起こす刺激特性
小<大
2D<3D
均質な刺激<パターン化された刺激
(より多くの輪郭を含む)
(Slater, 1995)
大きな四角形
知覚上の輪郭
知覚上の奥行き
乳児が主観的輪郭を知覚するならば、
乳児は主観的輪郭図形を選好注視すると予測される.
参加者:3-4ヶ月,5-6ヶ月,7-8ヶ月児、
全体で62名の乳児.
手続き:
・主観的輪郭図形と要素反転図形は対で提示された.
・各乳児に対し動画条件と静止画条件を各1試行ずつ実験を行った.
・動画条件では刺激は20秒間提示され、静止画条件
では15秒間提示された.
vs.
静止画条件
40cm
40cm
vs.
動画条件
CCD
カメラ
CCD
camera
結果(動画条件)
* p<0.05, two tailed.
Looking time at illusory contours(%)
80
*
*
*
3-4m
5-6m
7-8m
(n=10)
(n=10)
(n=11)
70
60
50
40
30
20
Age of infants/ months
生後3-8ヶ月の全月齢の乳児が主観的輪郭を知覚した
結果(静止画条件)
* p<0.05, two tailed.
Looking time at illusory contours(%)
80
70
*
60
50
40
30
(n=9)
(n=12)
(n=10)
20
Age of infants/ months
7-8ヶ月児のみが主観的輪郭を知覚した
動画条件において静止画条件よりも幼い月齢の乳児が
主観的輪郭を知覚した.
3-4-month
7-8-month
運動情報は乳児の主観的輪郭の知覚を促進する.
運動情報の効果
Amodal completion
promote
Illusory contours
promote
これらの結果から、
運動情報は乳児の形態知覚に影響すると考えられる.
では,形態情報は乳児の運動知覚に影響するのだろうか?
乳児の運動知覚に対する形態情報の効果
McDermott et al.(2001)
成人は局所的な運動情報を統合するか否か決定する際に,
形態情報(e.g. amodal completion)を利用している.
運動するバーの局所的な運動情報
は 統合されない
integrated統合される
部分的に遮蔽されたダイヤ型が円形
4本のバーはバラバラ(2本ずつ互い
の軌道に沿って運動するように知覚
される
違い)に運動するように知覚される.
McDermott et al.(2001)
乳児においても同じ効果は見られるのか?
手続き
or
遮蔽条件
非遮蔽条件
Familiarization: 15 秒×6 試行
vs.
Coherent motion (CM)
Test: 10 秒× 2 試行
Local motion (LM)
成人と同様、遮蔽条件において乳児が
coherent motionを知覚するならばテ
ストにおいてLM図形を選好注視すると予
測される.
手続き
非遮蔽条件
Familiarization: 15 秒×6 試行
vs.
Coherent motion (CM)
Test: 10 秒× 2 試行
Local motion (LM)
成人と同様、非遮蔽条件において乳児
が局所的な運動を知覚するならば、テス
トにおいてはCM図形を選好注視すると
予測される.
方法
参加者: 3-4ヶ月児,5-6ヶ月児, 7-8ヶ月児.
刺激:
or
非遮蔽
遮蔽
40cm
Familiarization
CCD
camera
vs.
CM
LM
Test
結果(非遮蔽条件)
* p <.05,** p <.01 (vs.chance)
*
**
**
3-8ヶ月児がCMに対する
有意な選好注視を示した
結果(非遮蔽条件)
† p <.05 (vs.chance)
*
*
5-8ヶ月児はLMに対す
る有意な選好注視を示
したが、3-4ヶ月児は選
好注視を示さなかった
結果(実験1)
** p <.01
**
n.s.
**
5-8ヶ月児は遮蔽条件におい
て非遮蔽条件より有意に高
いLMに対する選好注視を示
した.
実験1:
生後5-8ヶ月児において運動情報の統合に対
する遮蔽情報の効果が示された.
=静止情報に基づくamodal補完の発達時期と一致
(Otsuka et al. in press)
遮蔽情報の効果は乳児の補完知覚に依存するのか?
実験2
目的:
遮蔽情報の効果が乳児の補完知覚に依存するのかど
うか検討する.
①遮蔽量を増加(実験2A)
可視領域の減少→ダイヤ型の補完がより難しくなる
②遮蔽ダイヤ型の面積を減少させる(実験2A)
遮蔽の知覚が生じない→ダイヤ型の補完は生じない
実験2A
* p <.05 (vs.chance)
n.s.
*
参加者:5-8ヶ月児12名
遮蔽領域を増やした条件でも
乳児は局所的な運動情報を統合した.
→遮蔽増加の効果は示されなかった.
実験2B
* p <.05
*
参加者:5-8ヶ月児12名
n.s.
(vs.chance)
ダイヤ型が補完できない条件
では、乳児は局所的な運動を
統合しなかった.
Discussion
実験1
運動統合知覚に対する遮蔽情報の効果は
生後5-6ヶ月頃に発現する.
実験2
5-8ヶ月児の運動統合知覚に対する遮蔽情報
の効果はグローバルな形態の補完知覚に依存
する.
→形態情報は生後5-6ヶ月頃から運動知覚に
利用されるようになる
運動情報は生後3-5ヶ月児の形態知覚を促進する.
(Kellman & Spelke, 1983; Otsuka & Yamaguchi, 2003; Otsuka et al. 2005)
本研究の結果は形態情報の運動知覚に対する効果はこれよ
り遅く生後5-6ヶ月頃に発達すると示唆する.
謝辞
本研究は科学技術振興機構,社会技術研究システム,および
日本学術振興会科学研究費:課題番号15500172の補助を受け
て行われた.
ダウンロード

Document