あなたは何をリ・デザインしたいですか?
興味に応じた場所に
座ってください。
前
自己?
(おおよそでけっこうです。)
社会系?
ご不明の点がありまし
たらお尋ねください。
ビジネス系?
つながり?
各島になるべく多様な方
が座るようにしてください。
後
知り合いとは一緒に座ら
ないようにしてください。
慶應イノベーティブデザインスクール第一回ワークショップ
SUNDAY KiDS!
2012年5月20日 日吉 協生館4階中教室
慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科
前野 隆司
Welcome to KiDS!
3
CONTENTS
• WHO ARE WE? メンバー紹介
• WHY KiDS? KiDSのご紹介
• WHAT IS 「世界をリ・デザイン
したい人のためのワークショッ
プ」(全4回)?
• WHAT DO WE DO TODAY?
=正しいブレーンストー
ミング
4
この資料は、Facebookページ:
「慶應イノベーティブデザインスクール」
http://www.facebook.com/keioinnovativedesign
および慶應イノベーティブデザインセンターの
HP:
http://lab.sdm.keio.ac.jp/idc/news.html
からダウンロードできます。
(WS終了後にUPLOADする予定です)
5
トイレ
注意事項
• トイレは4階に
何か所かあります
• 喫煙場所は4階に
1カ所だけあります
teaching staff
にお尋ねください
• 写真撮影のお願い
• 写真撮影、録音、録画
OKのお知らせ
トイレ
喫煙所
(男子トイレ
の隣)
エレベータ
中教室
協生館4階
前野隆司
自己紹介
ロボットの
身体と心
機械工学
ヒトの身体と心
哲学・倫理学
幸福学、
社会システム
保井俊之
白坂成功
8
teaching
staffs
9
Who are we?
慶應SDM
システム×デザイン
=イノベーション!
10
慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科
とは?
2008年設立
新卒+社会人
文理 システム工学、デザイン思考、
融合
SDM学が学問基盤
インターナショナ
ル
学問分野や
所属・国境の
壁を超える
社会課題の解決策をデザイン・実践
11
システムデザイン・マネジメント研究科とは?
●2008年新設(慶應義塾150年)
●既に何らかの専門性を有する者への教育
生涯学習(大人の大学院)の
●過半数は社会人学生 ニーズ(予想以上)20~60代
メーカー、サービス、シンクタンク、金融、建築、アート、
●文理統合 マスコミ、コンサルタント、法曹、省庁、教育、経営者
●システム工学とデザイン思考が学問基盤
●企業経験・起業経験・
国際経験豊富な教授陣
●授業の重視(研究も重視)
●国際的チーム
プロジェクトの重視
日吉駅前「協生館」
3つの独立大学院:
・システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)
・メディアデザイン研究科(KMD)
・ビジネススクール(KBS)
13
慶應SDMの
システム思考×デザイン思考教育
• 2008年よりシステム思考×デザイン思
考の大学院教育=学生の満足度大!
• 企業研修、地域活性化への展開=好評!
• 塾生(慶應義塾学生)、一般の方からの期
待大
• 世の中一般におけるデザイン思考の普及
一般の方+塾生向け Sunday KiDS
14
Lecture “Design Project”
(Active Learning Project)
“ The design project is what SDM is expected to provide for.
Any other university of Japan does not have an ALPS-like
course. It is extensive, exciting and fruitful. It’s a revolution
of Japanese education system.” – Voice of students
Design thinking
System thinking
International
Collaboration
Stanford University
15
①多視点/メタ視点/可視化
②理念/メソドロジ/全体構造
③メソッド/詳細構造
ものごとを
システムとし
て
捉える
①ブレインストーミング
②フィールドワーク
③プロトタイピング
チームでの
協働
(集合知)
システム思考×デザイン思考
=イノベーション!
16
わたしたちは、
ポスト・システム思考
ポスト・デザイン思考
17
デザインプロジェクトで学ぶ方法論・手法
1
Start Up / Overview
システムズ・エンジニアリングとデザイン,
Vモデルについて, チームビルディング,
創造のための繰り返し, デザインと哲学, 等
2
5
Validation
テストのためのプロトタイプ,
AHP, インタビュー(有識者調査, 専門家判断),
アンケート, 社会調査, 社会実験
Idea Creation
ブレインストーミング, KJ法, マインドマップ, 等
Understanding and
Architecting
3
観察(フィールドワーク, エスノグラフィ, 参与観察),
CVCA, WCA, バリューグラフ, シナリオグラフ, ユースケース, 等
4
System Design and
Evaluation
エネーブラー・フレームワーク, QFD, FFBD, OPM, モルフォロジカル分析,
ピュー・コンセプトセレクション, エンパシーのためのプロトタイプ, 等
18
一般・学生向け
ワークショップシリーズ
第1回 世界をリ・デザインしたい人のための
ワークショップ(5〜6月)
第2回 起業と新規事業のためのワークショップ
(10月)
第3回 地域とコミュニティーを活性化するため
のワークショップ(12月)
第4回 自己変革と共感のためのワークショップ
(3月)
19
各回の重点
発散 収束
試作・
分析
思考 思考
検証
第1回ブレーン
ストーミング
第2回システム
思考と親和図法
第3回発想法と
CVCA/WCA
第4回プロト
タイピング
20
イノベーティブアイデアの
メカニズム
• 発散と収束
• メタ思考(WHY)と
枠内思考(WHAT&HOW)
21
ペアになって自己紹介
・2人(または3人)一組
・1分間自己紹介→交代
「何をリ・デザインしたいか、
の野望」を含めて。
22
60 seconds
23
チーム内 他己紹介
・いま聞いた自己紹介をもとに、
チーム全員に他己紹介。
・氏名などの個人情報
・その方のリ・デザインの野望
・こんな人だと思う、という推測
を含んで。
24
正しい
ブレーンストーミン
グ
25
間違ったブレーンストーミング
・アイデアを順番に発表するだけ
・いいアイデアを出したらエライ
(量より質)
・誰かが発言している間に自分
のアイデアを考える
・一巡したら終わり
・アイデアについて議論
・ダメなアイデアは批判
26
脳(無意識)を接続せよ
27
脳(無意識)を接続せよ
28
「意識」で考えず、
他人の考えに乗っかれ!
29
「こんなことを言うと、
笑われるかも」
「こんなことを言うと、
人格を疑われるかも」
「はずかしい・・・」
30
他人の考えに
どんどん乗っかる
ブレーンストーミングの
練習(時計回り!)
「面白いチーム名」
31
質より量
32
よいブレインストーミングとは
アイデアの
質・量と面白さ
普通の
アイデア
笑える
アイデア
イノベー
ティブな
アイデア
時間
33
Be in sky high!
Encourage wild ideas!
枠にハマらないスカイハイな発想を!
くだらないアイデアを恐れるな!
34
大きな声で読み上げる
必
ず
はっきり、
くっきり、
わかりやすく、
大きな字で!
付箋紙
35
チームリーダーを
きめてください。
36
他の人が発表している間に
自分の案を考える。
一人でしゃべりすぎ。
聞こえない小さな声。
分かれて部分ごとに会話。
37
(一般論ですが、)
悪いコメントと良いコメント
• 悪いコメント:否定「××がダメだね」
• 中くらいのコメント:肯定+否定「○○
はいいね。でも、××はだめだね」
• 良いコメント:肯定+助言(否定ゼロ)
「○○はいいね。××を◇◇にすると
さらにいいね。」
注)ブレーンストーミング中にはコメントはしない!
ひたすらアイデアを出すだけ。
38
ポジティブ原則
○×△
◆□!
いい
ねぇ~
いい
ね!
いい
ね。
いい
ね。
39
ポジティブ原則
「幸福学」研究の知見:
ポジティブな気分システム的発
想
ネガティブな気分部分的発想
ポジティブ∝楽観的∝幸福
ネガティブ∝悲観的∝不幸
40
「それってよくあるよね」
「それって、前に○○がやってた」
「それはね、前に僕が
ね・・・・・・。」
「それってテーマからずれてな
い?」
41
チームリーダー(ファシリテータ)の仕
事
・率先して「いいね」と言い、楽しくポジティ
ブな雰囲気作りを
みんながみんなのアイデアを聞き、他人の
意見になるべく乗っかろうとしているか?
・発言量は均等か?
・ネガティブなコメント、評価、ただの会話を
している人はいないか?
・・ワイルドでスカイハイなアイデアが出て
いるか?
問題があれば“ポジティブに”修正! 42
ブレーンストーミング1
あなたのチームは
何をリ・デザインする?
43
ブレーンストーミング2
問題解決のための
スカイハイアイデアは?
44
アイデアの選択
選び方のヒント:
①直感で選ぶ
②トップ3アイデアの掛け合わせ
③シナリオグラフ(5W1H)でシナリオ作
成
④2軸の上に整理
45
スキット(寸劇)の準備
①3分間(厳守)のスキット
でアイデアの構造を表現
②全員出演
③シンプルなストーリーに
④インパクト×エンジョイ
46
3Grに分れ、スキットの発表
最優秀3チームは全体の場で発表
前
隣の部屋へ!
後
47
お願い:
Facebookページ
慶應イノベーティブデザインスクール
http://www.facebook.com/keioinnovativedesign
に今日の結果をUPして頂けると嬉しいです。
活動の記録と、コミュニケーション継続のために。
48
Facebookページ
慶應イノベーティブデザインスクール
http://www.facebook.com/keioinnovativedesign
ご自由にご意見・感想をご記入ください!
(できればポジティブな書き方で。)
他のスカイハイな利用も大歓迎!
49
講義資料の再利用は自由ですが、
使用する際には、
慶應義塾大学SDM研究科主催
「慶應イノベーティブデザインスクール」
での資料であることを明記してください。
50
teaching
staffs
51
慶應SDMにおける協働ワークショップ関連研究成果の例
•
•
•
【学術論文】
–
牧野由梨恵,白坂成功,牧野泰才,前野隆司,欲求連鎖分析(人々の欲求の多様性を考慮した社会システムの分析・設計手法),日本機械学
会論文集C編,Vol. 78, No. 785, 2012年1月, pp. 214-227
–
早田吉伸,前野隆司,白坂成功,保井俊之,国内外事例分析に基づく日本型フューチャーセンターのデザイン―地域課題解決のための協働プ
ラットフォームの実現を目指して,地域活性研究 Vol.3, 2012年3月, pp.85-94
–
Toshiyuki Yasui, A New Systems-Engineering Approach for a Socio-Critical System: A Case Study of Claims-Payment Failures of the Japan’s
Insurance Industry , International Council on Systems Engineering (INCOSE), Systems Engineering Journal Vol.14 No.4, 2011年12月, pp.349363
–
津々木晶子, 保井俊之, 白坂成功, 神武直彦,システムズ・アプローチによる住民選好の数量化・見える化: 中心市街地の新しい政策創出の方
法論,関東都市学会年報,第13号,2011年10月, pp.110-116
–
Naohiko Kohtake, Takashi Maeno, Hidekazu Nishimura and Yoshiaki Ohkami, Graduate Education for Multi-Disciplinary System Design and
Management : Developing Leaders of Large-Scale Complex System Design and Management, Synthesiology , English Edition, Vol. 3, No. 2,
2010年9月, pp. 124-139
–
神武直彦,前野隆司,西村秀和,狼嘉彰,学問分野を超えた「システムデザイン・マネジメント学」の大学院教育の構築-大規模・複雑シス
テムの構築と運用をリードする人材の育成を目指して-,シンセシオロジー-構成学,Vol. 3,No. 2,2010年5月, pp. 112-126
【学会発表】
–
Hiroyuki Yagita, Akira Tose, Madoka Nakajima, Sun K. Kim and Takashi Maeno, A Validation Regarding Effectiveness of Scenario Graph, Proc.
ASME 2011 International Design Engineering Technical Conferences, August 2011, Washington, USA
–
Takashi Maeno, Yurie Makino, Seiko Shirasaka, Yasutoshi Makino and Sun K. Kim, Wants Chain Analysis: Human-Centered Method for
Analyzing and Designing Social Systems, Proc. International Conference on Engineering Design, August 2011, Copenhagen, Demark, pp. 302310
–
Koichi Takahashi and Takashi Maeno, The Causal SWOT Analysis using Systems Thinking ?A Tool for Situational Analysis Workshop, Proc.
55th Annual Conference of the International Society of System Sciences, 2011, CD-ROM, Hull, UK
–
Madoka Nakajima, Hiroyuki Yagita and Shoichi Sasaki, System Design Approach Derives a New Type of Insurance, Proceedings of the 5th
International Conference on Business and Technology Transfer (ICBTT2010), pp130-135
–
Sun K. Kim, Shinichiro Haruyama, Takashi Maeno, Tetsuya Toma and Yoshiaki Ohkami, Preliminary Validation of Scenario-based Design for
Amorphous Systems, 20th INCOSE International Symposium, July 2010, Chicago, USA
–
Naohiko Kohtake, Takashi Maeno, Hidekazu Nishimura and Yoshiaki Ohkami, Graduate Program in Multi-Disciplinary System Design and
Management, 20th INCOSE International Symposium, July 2010, Chicago, USA
–
Sun K. Kim, Whitfield Fowler, Kosuke Ishii and Takashi Maeno, Tools for Project-based Active Learning of Amorphous Systems Design:
Scenario Prototyping and Cross Team Peer Evaluation, Proc. ASME 2009 International Design Engineering Technical Conferences, 2009
–
Kosuke Ishii, Olivier de Weck, Shinichiro Haruyama, Takashi Maeno, Sun K. Kim, and Whitfield Fowler, Active Learning Project Sequence:
Capstone Experience for Multi-disciplinary System Design and Management Education, Proc. International Conference on Engineering Design,
2009, pp. 57-68
–
Seiko Shirasaka, A Standard Approach To Find Out Multiple View Points to Describe an Architecture of Social Systems-Designing Better
Payment Architecture To Solve Claim-Payment Failures Of Japan’s Insurance Companies -, 19th INCOSE International Symposium, July 2009,
Singapore
【著書】
–
保井俊之,「日本」の売り方: 協創力が市場を制す, 角川ワンテーマ21(新書),2012年3月
–
仲谷正史,筧康明,白土寛和,前野隆司,他,視×触 視ること、触れること、感じること(テクタイル―未来社会のための触体験デザイ
52
ン),慶應義塾大学アート・センター/booklet 19,2011年3月
–
前野隆司,思考脳力のつくり方―仕事と人生を革新する四つの思考法,角川ワンテーマ21(新書),2010年4月
See you next week!
http:// www.sdm.keio.ac.jp
http://lab.sdm.keio.ac.jp/idc/
53
ダウンロード

慶應イノベーティブデザインスクール 第一回ワークショップ SUNDAY KIDS!