消しゴムの歴史
• 元々はパンを使っていた
• 消すため専用のパンがあったわけではな
く、賞味期限の切れたようなパンを
字消し用として売っていたようだ
• 特に油分の少ない方が紙にもよく、
重宝された
発見者
• 1770年4月15日
イギリスの科学者
ジョゼフ・プリーストリー
• ブラジル産のゴムに紙に書いた鉛筆の字を
消し去る性質があることを発見したのが
消しゴムの始まりである
• それによって、パンによる字消しは
木炭デッサン以外に用いられることは
少なくなった
• 1772年頃にはロンドンで市販されており、
「rub out(こするもの)」と呼ばれた。
• これが、今日ゴム一般を意味する
英単語ラバー(rubber)の語源である。
• 現在欧米では発見日とされる4月15日を
Rubber Eraser Dayなどとしている。
• 明治になり、義務教育制度になった事によ
り、文具の需要がのび、
消しゴムが大量に必要になった
• しかし、当時消しゴム製造技術が
無かったために輸入に頼るしかなかった
• 1959年、日本のシードゴム工業
(現在の株式会社シード)が、
より消去性に優れた
「プラスチック字消し」を開発
• 以後その性能から市場の主流となる。
• 天然ゴムの消しゴムは、特殊な用途以外
は原材料としてほとんど使用されなくなっ
た。
ダウンロード

スライド 1