なぜアウトソーシングで儲けが増えるのか?
■一時間で一万円の原稿が書ける作家
この作家が仕事に充てられる時間は八時間
タイピストより二倍の速さでタイプも打てる
タイピストを雇うと時給は1,000円かかる
すべてを自分でやる
アウトソーシングする
原稿を書く・・・7時間
タイプを打つ・・・1時間
↓
収入・・・・・70,000円
支出・・・・・なし
原稿を書く・・・8時間
タイプを打つ・・・タイピストに委託
↓
収入・・・・・80,000円
支出・・・2,300円※
粗利・・・・・70,000円
粗利・・・・・77,700円
(※8/7×2倍×時給1,000円)
売上を増やすための仕事に集中した方が儲けが
増えるのです。「タイプが早い作家でも、タイピス
トに任せる方がよい」のです。
⇒これがアウトソーシングの本質です。
アウトソースして・・・
7,700円
儲けが増えました
エムザス株式会社 Copyright 2000-2004 EMXAS CORP. ALL RIGHT RESERVED
ダウンロード

スライド タイトルなし