大阪府市規制改革会議について
資料1
平成25年8月27日 大阪府市統合本部 提出資料
大阪府市規制改革会議
◆これまでの経緯◆
平成25年2月
府市統合本部のもとに、規制・サービス改革部会を設置
(大阪の改革に必要な規制改革と行政サービスの改善策を行政
職員が主体となって考える)
4月
府市統合本部会議で、府市規制改革会議の設置について方針決定
5~6月 府議会・市議会で、規制改革会議の設置に関する条例等を可決
7月
府市規制改革会議発足(第1回会議開催)
(府市共同設置の附属機関。成長戦略や産業活性化等に資する
規制改革・制度改善について外部専門家や住民の視点から検討)
1
2
◆規制改革会議委員◆
(敬称略)
堺屋太一
作家、元経済企画庁長官、内閣官房参与
※会長
上山信一
慶應義塾大学総合政策学部教授
※副会長
小幡寛子
公認会計士・税理士小幡寛子事務所
岸 博幸
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
原 英史
㈱政策工房代表取締役社長
福田隆之
NPO法人政策過程研究機構理事
余語邦彦
ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授
川富夫
元公立大学法人県立広島大学経営情報学部教授
◆諮問の概要◆ (第1回会議で知事・市長から諮問)
〇
大阪が再び力強く成長する都市となるためには、これまでの仕組みを大きく転換し、
不必要な規制等があれば緩和・撤廃していくなど、民間の活動を促進する環境等を
整備していく必要がある。
〇
府民・市民、事業者等からの現場の声を踏まえ、府・市が共に、戦略的な観点
から、規制や制度の改革を国等へ働きかけていくとともに、府・市自らが持つ規制や
制度を成長の観点から見直すことが重要。
〇
一方で、府民・市民の安全・安心を確保するためには、必要に応じて、現在の規制
や制度の維持や規制の強化を図ることも欠くことはできない。
〇
現在の規制や制度の点検を行い、府・市の成長戦略の推進及び大阪の産業の
活性化等に資するための規制緩和及び制度の改善について、貴会議の総合的な
調査審議を求める。
3
◆開催実績◆
4
第1回 平成25年7月2日(火曜日)午前10時30分~正午
【説明項目等】
・会議の進め方、会長・副会長の選任 等
・知事からの諮問書交付
・規制・サービス改革部会での検討内容の説明
・今後のスケジュール等
【議論の概要】
・検討にあたっては、「効率」「安全」「平等」と並ぶ倫理として「楽しさ」という視点を採り入れるべき
・事業者などにヒアリング、アンケートを行い、具体的な支障事例をもとに検討する
・部会資料や各委員からの意見等を基に、今後、特に検討すべきテーマを選定して、議論を進める
◆今後の予定◆
・第2回 平成25年8月29日(木曜日)
今後の進め方、「楽しいまちづくり」、大阪からの特区提案の棚卸しなどについて検討の予定
・今後、1~2か月に1回程度、会議を開催。テーマを分野別に分類し、議論を進めていく
・方向性が出たものから、随時、知事・市長に報告し、国への発信を行うとともに、足元の改革を進め、
府・市での実践につなげる。
・議論の成果については、年度内にとりまとめる。
◆規制改革会議
2回目以降の検討スケジュール(イメージ)◆
【基本的考え方】
① テーマを分野ごとに分類。各回に1~2分野取り上げて検討(○印)
その際、必要に応じて学識経験者を招聘
② それ以外に、部会等の動きについて報告・情報提供。適宜意見をいただく(△印)
回
第2回
第3回
時期
8月29日
9月下旬
検討内容
■今後の進め方
○楽しいまちづくり①
△これまでの大阪府からの特区提案の棚卸
○楽しいまちづくり②
○人材育成
△アンケート提案項目についての処理方針
第4回
10月下旬
○経済・産業
○環境エネルギー
第5回
11~12月
○地方自治制度の改革
△条例規則・審査基準の検討状況
第6回
1~2月
○建築土地利用・雇用等
△規制サービス部会の対応状況
第7回
2~3月
■とりまとめ
検討結果の発信
分野ごと等の検討結果につい
ては、原則として、翌回の会議で、
提案としてとりまとめ、発信
○国への提案
○府市の取り組みへの提案
・条例・規則等の規制改革
・関連する施策
※第3回目以降の時期、検討内容については今後の議論に応じて適宜変更あり
5
ダウンロード

PowerPointファイル/195KB