抗寄生虫薬
世界の感染症の現状
全死因
感染症および寄生虫疾患
下気道感染症
下痢症
HIV/AIDS
結核
世界3大感染症
マラリア
髄膜炎
麻疹
B型肝炎
脳炎
百日咳
梅毒
推計値(万人)
685
320
189
159
98
59
41
17
14
9
9
9
割合(%)
12.6
5.9
3.5
2.9
1.8
1.1
0.7
0.3
0.3
0.2
0.2
0.2
2011年死因別死亡(WHO)
寄生虫感染症
原虫感染症
胞子虫類
マラリア
クリプトスポリジウム症
根足虫類
アメーバ赤痢
鞭毛虫類
ジアルジア症
トリコモナス症
蠕虫感染症
線虫類
蟯虫症
回虫症
吸虫類
肝吸虫症
肺吸虫症
条虫類
エキノコックス症
有鉤条虫症
抗原虫薬
抗マラリア薬
N
H3CO
マラリアの治療
H
HO
N
作用機序:ヘム重合によるヘム無毒化機構阻害
解熱作用あり
副作用:頭痛,眩暈,吐き気,嘔吐,食欲不振,発疹
視神経障害,血液障害,腎障害
キニーネ(経口)
妊婦禁忌(流産,早産,死産,奇形)
併用禁忌:アステミゾール(QT延長,心室性不整脈 )
メフロキン
CF3
N
CF3
マラリアの治療または予防
キニーネ誘導体,解熱作用なし
HO
H
N
副作用:眩暈,頭痛,ふらつき,吐き気,腹痛,発疹
併用禁忌:キニーネ(急性脳症候群,呼吸困難,貧血)
メフロキン(経口)
抗マラリア薬(海外)
Cl
H3CO
N
N
HN
HN
N
CH3
NH2
CH3
CH3
CH3
クロロキン(経口)
プリマキン(経口)
三日熱マラリア,卵形マラリア,
四日熱マラリアにおける急性期治療
三日熱マラリア,卵形マラリアの再発予防
熱帯熱マラリアの生殖母胎殺滅
抗マラリアの標準薬だったが,
熱帯熱マラリアはほぼ耐性化
グルコースー6-リン酸デヒドロゲナーゼ
欠損者では溶血性貧血
日本では薬害のため使用禁止
腎炎に適用 → 眼障害
抗マラリア薬(海外)
H
H3C
CH3
O O
O
H
H
O
H
CH3
O
O
OH
O
アルテスネート(座剤)
熱帯熱マラリア
クソニンジン(黄花蒿)成分アルテミシニンの誘導体
赤血球に結合し,原虫細胞内Ca2+の貯蔵を変化
副作用:胃腸症状,眩暈 妊婦禁忌
抗マラリア薬(海外)
H
H3C
Cl
CH3
O O
O
H
N
H
O
CH3
OH
CH3
OCH3
Cl
CH3
アルテメーター・ルメファントリン(経口)
薬剤耐性熱帯熱マラリア
副作用:頭痛,眩暈,胃痛,食欲不振など
併用禁忌:エリスロマイシン,ケトコナゾール,イトラコナゾール,
シメチジン,フレカイニド,メトプロロール,イミプラミン,
アミトリプチリン,クロミプラミン,HIVプロテアーゼ阻害薬
抗トリコモナス薬
CH3
N
CH3
N
OH
N
NO2
メトロニダゾール
トリコモナス(経口,外用)
アメーバ赤痢,ランブル鞭毛虫(経口)
副作用:食欲不振,胃の不快感,吐き気
末梢神経障害,痙攣発作
妊婦禁忌(経口薬)
O
N
O
S
CH3
NO2
チニダゾール(経口,外用)
トリコモナス
副作用:食欲不振,胃の不快感,吐き気
末梢神経障害,脳波異常,痙攣発作
妊婦禁忌(経口薬)
作用機序:原虫のニトロ還元酵素系によってニトロソ化合物に変化し,DNA鎖を切断する
抗蠕虫薬
抗線虫薬
COOH
O
O
CH3
CH3
O
H
CH3
H
N
OH
S
N
OH
CH3
COOH
サントニン(経口)
ピランテル パモ酸塩(経口)
回虫
回虫,鉤虫,蟯虫,東洋毛様線虫
リン酸代謝,糖代謝,生体内酸化機構を阻害
虫体の神経-筋伝達を遮断
副作用:吐き気,腹痛,頭痛,眩暈
副作用:腹痛,吐き気,頭痛,眩暈
抗線虫薬
CH3
N
N
O
N
CH3
CH3
ジエチルカルバマジン(経口)
フィラリア
副作用:過敏症
死滅したフィラリアに対するアレルギー反応
抗線虫薬
CH3
H
O
H3C
HO
H3CO
O
H3C
O
H3CO
CH3
O
O
O
H3C
O
H
CH3
CH3
O
H
O
H
CH3
OH
イベルメクチン(経口)
糞線虫症
疥癬・・・ヒゼンダニ感染症
オンコセルカ症(海外)
Streptomyces avermitilisが生産するアベルメクチンの誘導体
グルタミン酸作動性Cl-チャンネルを介した神経・筋細胞の過分極
副作用:吐き気,痒み,眩暈,過敏症
抗吸虫薬
O
N
N
O
プラジカンテル(経口)
肝吸虫,肺吸虫,横川吸虫
副作用(少ない):吐き気,嘔吐,腹痛,下痢,頭痛,発疹
併用禁忌:リファンピシン・・・プラジカンテルの効果減弱
抗条虫薬
H
N
H
N
COOCH3
NH
N
COOCH3
NH
H3C
S
N
O
メベンダゾール(経口)
アルベンダゾール(経口)
鞭虫
包虫(エキノコックス)
妊婦禁忌
妊婦禁忌
副作用:吐き気,眩暈,頭痛,発疹
肝障害
副作用:肝機能障害,血液障害
抗真菌薬
真菌感染症に対する化学療法
表在性真菌症
皮膚の角質層,毛,爪
白癬菌症 Trichophyton属
深在性真菌症
内臓,中枢神経系
Candida属,Aspergillus属,Cryptococcus neoformans
日和見感染
ステロイド,免疫抑制薬,抗がん剤の使用
放射線療法
糖尿病,AIDS
真菌細胞の表層構造
マンナンタンパク質
細胞壁
β-1,6-グルカン
キチン
β-1,3-グルカン
細胞膜
エルゴステロール
抗真菌抗生物質
OH
H3C
HO
OH
O
O
CH3
OH
OH
OH
OH
OH
O
H
H3C
H3C
HO
H2N
OH
O
COOH
O
アムホテリシンB
Aspergillus,Candida,Mucor,Cryptococcus,Blastomyces,
Histoplasma,Coccidioides等による深在性感染症(注射)
消化管カンジダ症(経口)
Streptomyces nodosusが生産するポリエンマクロライド
細胞膜エルゴステロールと結合し,細胞膜機能を障害 → 殺菌的に作用
真菌症治療のゴールデンスタンダード
副作用:腎障害,皮膚障害
抗真菌抗生物質
OH
H3C
HO
OH
O
O
CH3
OH
OH
OH
OH
OH
O
H
H3C
H3C
HO
H2N
OH
O
O
ナイスタチン
Streptomyces noursei
消化管カンジダ症(経口)
皮膚カンジダ症,外陰カンジダ症(外用)
副作用:皮膚障害
COOH
アゾール系(イミダゾール系)抗真菌薬
Cl
O
Cl
Cl
N
Cl
N
ミコナゾール
Aspergillus,Candida,Cryptococcus,Coccidioidesによる深在性感染症(注射)
消化管カンジダ症(経口)
膣カンジダ症(外用)
白癬菌(Trichophyton),Candida,癜風菌(Malassezia furfur) による皮膚真菌症(外用)
エルゴステロール生合成阻害 → 静菌的に作用
副作用:肝障害,腎障害
アゾール系(イミダゾール系)抗真菌薬
Cl
O
S
Cl
Cl
Cl
Cl
Cl
N
N
O
Cl
Cl
N
Cl
N
N
エコナゾール
スルコナゾール
Cl
N
Cl
N
O
オキシコナゾール
Cl
Cl
N
Cl
N
イソコナゾール
N
白癬,カンジダ,癜風(外用)
N
ビホナゾール
アゾール系(イミダゾール系)抗真菌薬
CH3
O
SCH3
N
N
ネチコナゾール
Cl
Cl
Cl
CN
S
S
CN
S
N
H
S
N
N
N
ラノコナゾール
ルリコナゾール
白癬,カンジダ,癜風(外用)
アゾール系(イミダゾール系)抗真菌薬
N
N
Cl
N
N
O
O
N
O
N
クロトリマゾール
HIV感染症患者の口腔カンジダ症(トローチ)
白癬,カンジダ症,癜風(外用)
Cl
Cl
ケトコナゾール(外用)
白癬,皮膚カンジダ症,癜風
癜風菌による脂漏性皮膚炎
COCH3
アゾール系(トリアゾール系)抗真菌薬
N
F
F
N
N
F
N
F
OH
N
N
N
OPO3H2
N
N
フルコナゾール(経口,注射)
N
N
N
ホスフルコナゾール(注射)
Candida,Cryptococcus,Aspergillus
による深在性感染症
Candida,Cryptococcus
による深在性感染症
副作用:肝障害,腎障害,皮膚障害
フルコナゾールのプロドラッグ
溶解性の改善
併用禁忌:トリアゾラム,エルゴタミン,
ジヒドロエルゴタミン
副作用:肝障害,腎障害,皮膚障害
併用禁忌:トリアゾラム,エルゴタミン,
ジヒドロエルゴタミン
アゾール系(トリアゾール系)抗真菌薬
N
F
N
N
F
OH
N
H3C
F
N
ボリコナゾール(経口,注射)
Aspergillus,Candida,Cryptococcus,Fusarium,Scedosporium
による深在性感染症
副作用:視覚障害,肝障害,皮膚障害
併用禁忌:リファンピシン,リファブチン,エファビレンツ,リトナビル,カルバマゼピン,
ピモジド,シサプリド,エルゴタミン,ジヒドロエルゴタミン
アゾール系(トリアゾール系)抗真菌薬
N
N
N
CH3
O
Cl
O
O
O
N
N
N
N
CH3
N
Cl
イトラコナゾール(経口)
皮膚糸状菌(Trichophyton等),Candida,Malassezia,
Aspergillus,Cryptococcus等による内臓真菌症,
深在性皮膚真菌症,表在性皮膚真菌症
副作用:肝障害,鬱血性心不全
H
コレステロール
HO
ラノステロール
H
H
14
HO
アゾール系
抗真菌薬
HO
ラノステロール14a-デメチラーゼ
(P45014DM)
HO
H
エルゴステロール
アゾール系抗真菌薬の相互作用
アゾール系薬剤の標的であるP45014DMと似ているヒトのCYP3A4が強く阻害
されるためCYP3A4で代謝される他の薬物との相互作用が問題となる
ピモジド(抗精神病薬)・・・QT延長,心室性不整脈等の心臓血管系副作用
テルフェナジン(抗ヒスタミン薬)・・・QT延長,心室性不整脈等の心臓血管系副作用
キニジン(ナトリウムチャンネル遮断薬)・・・QT延長
トリアゾラム(睡眠導入薬)・・・作用増強,作用時間延長
シンバスタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)・・・横紋筋融解症
アゼルニジピン(カルシウム拮抗薬)・・・血中濃度上昇
エルゴタミン,ジヒドロエルゴタミン(偏頭痛治療薬)・・・血管攣縮
バルデナフィル(勃起不全治療薬)・・・AUC増加,Cmax上昇
シサプリド(消化管運動賦活調整薬)・・・QT延長,心室性不整脈等の心臓血管系副作用
NH2
F
N
O
フルシトシン(経口)
N
H
シトシンパーミアーゼ
真菌細胞膜
O
NH2
F
N
O
N
H
5-FC
シトシンデアミナーゼ
F
HN
O
DNA合成阻害
N
H
5-FU
Cryptococcus,Candida,Aspergillus,Fonsecaea,Phialophora などによる真菌症
副作用:血液障害,腎障害,肝障害
併用禁忌:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤
耐性菌が出現しやすい
アリルアミン・ベンジルアミン系抗真菌薬
CH3
N
CH3
CH3
CH3
テルビナフィン(経口,外用)
皮膚糸状菌,Candida,Sporothrix,
Fonsecaeaによる深在性および
表在性皮膚真菌症
CH3
CH3
CH3
CH3
N
ブテナフィン(外用)
白癬,澱風
ベンジルアミン系
アリルアミン系
副作用:肝障害,血液障害
スクアレンエポキシダーゼを阻害することによりエルゴステロール生合成を阻害する
チオカルバミン酸系抗真菌薬
CH3
CH3
N
N
O
N
S
O
S
OCH3
CH3
トルナフタート(外用)
白癬,澱風
リラナフタート(外用)
白癬
スクアレンエポキシダーゼを阻害することにより
エルゴステロール生合成を阻害する
その他の抗真菌薬
OH
CH3
O
H3C
H3C
CH3
CH3
CH3
O
N
N
CH3
アモロルフィン(外用)
シクロピロクスオラミン(外用)
白癬,皮膚カンジダ症,澱風
白癬,カンジダ症
ステロールΔ14レダクターゼおよび
ステロールΔ8,7イソメラーゼを阻害
細胞膜の輸送機能阻害
H
アリルアミン系
ベンジルアミン系
チオカルバミン酸系
HO
O
14
14
アゾール系
アモロルフィン
HO
HO
HO
H
HO
H
H
H
8
ラノステロール
スクアレン-2,3-エポキシド
スクアレン
H
H
アモロルフィン
HO
HO
エルゴステロール
ニューモシスチス肺炎治療薬
O
O
H2N
NH2
NH
NH
ペンタミジン(注射,吸入)
ニューモシスチス肺炎(Pneumocystis carini)
グルコース代謝およびタンパク質合成阻害
副作用:白血球減少,腎障害,肝障害,低血糖,高血糖
併用禁忌
ザルシタビン(抗HIV薬)・・・劇症膵炎
ホスカルネット(抗ウイルス薬)・・・腎障害,低カルシウム血症
ニューモシスチス肺炎治療薬
CH3
O
O
S
N
H
H2N
OCH3
H2N
O
N
N
N
5 : 1
OCH3
NH2
スルファメトキサゾール・トリメトプリム(ST合剤)
グラム陰性桿菌,腸球菌による上気道,尿路感染症(経口)
ニューモシスチス肺炎(注射)
強い副作用:血液障害,アナフィラキシー
OCH3
真菌細胞の表層構造
マンナンタンパク質
細胞壁
β-1,6-グルカン
キチン
β-1,3-グルカン
細胞膜
エルゴステロール
OH
O
HO
OH
O
H
H
N
H2N
H
N
O
H3C
O
HO
H
NH
O
O
O
HN
O
HO
H
OH
N
HO
CH3
H
H
NH
OH
CH3
OH
NH
O
WF11899 A
Coleophoma empetri
SO3Na
C. albicans由来b-1,3-グルカン合成酵素
IC50 0.8 mg/ml
Candida albicans
MIC 0.31 mg/ml
Aspergillus fumigatus
MIC 0.31 mg/ml
C. albicansマウス全身感染モデル
ED50 1.1 mg/kg
溶血毒性あり
OH
O
HO
OH
O
H
H
N
H2N
H
N
O
H3C
O
H
HO
NH
O
HN
HO
O
HO
H3C
H
O
OH
N
H
NH
OH
H
O
O
SO3Na
CH3
OH
NH
O
O
N
ミカファンギン(注射)
Candida属,Aspergillus属による真菌血症,呼吸器真菌症,消化管真菌症
作用機序:βー1,3ーグルカン合成酵素阻害
副作用:静脈炎,発疹,アナフィラキシー様症状
Candida属(殺菌的),Aspergillus属(静菌的)に対して既存薬剤より強力な抗真菌活性
アゾールに低感受性の非albicans Candidaやアゾール耐性C. albicansに対しても有効
OH
HO
OH
H
H
N
H2N
H
O
N
O
HO
H
NH
O
O
HN
HN
O
H2N
HO
H
OH
N
O
H
NH
OH
H
CH3
OH
NH
O
H3C
CH3
CH3
カスポファンギン
Candida属,Aspergillus属による真菌感染症(注射)
作用機序:βー1,3ーグルカン合成酵素阻害
ダウンロード

抗寄生虫薬・抗真菌薬