高出力・低騒音型スイッチトリラクタンスモータ
・特許名称 リラクタンスモータ
・番号 特開2006-246571
・出願者 国立大学法人 長崎大学
技術
情報
ココがすごい!
耐久性に優れ、安価で低騒音のモータが
既存モータに置き換わる!
環境・エネルギー
技術
概要
スイッチトリラクタンスモータ(SRM)は、構造が簡単で堅牢・安価であり、
高速回転にも適することから、近年油圧ポンプや洗濯機への応用等で実
用化が始まっています。しかしながら、トルクが小さく、振動が大きい等の
欠点がありました。本技術では、アルミニウムブロックにセグメント構造鉄
心をはめ込んだ構造を持ち、種々の工夫により、SRMのトルク特性および
振動を大幅に改善しました。
また、本技術は、JSTプラザの実証試験プロジェクトに採択されました。
【POINT】
・従来のSRMに比べ、トルク特性および振動が大幅に改善され、堅牢で耐
久性に優れ、安価で低騒音のモータを実現しており、多くの 既存モータに
置き換わる可能性があります。
図 新型セグメント構造SRM
【応用例・活用分野 等】
・洗濯機、ファンなどの耐久性・静粛性が要求される回転部品を含む家電等
の分野、ハイブリッド自動車駆動用電動機分野
【企業へのメッセージ】
・さらなる性能向上をめざし、共同研究を実施する企業を探しています。
連絡先
機関名:国立大学法人長崎大学
所在地:長崎市文教町1-14共同研究交流センター2階
電話番号: 095-819-2187 FAX: 095-819-2189
E-mail: [email protected] HP: http://www.ipc.nagasaki-u.ac.jp/
ダウンロード

高出力・低騒音型スイッチトリラクタンスモータ 技 術 情 報