東海経済のポイント
2012
中部経済産業局
総務企画部調査課
TEL:052-951-2723
http://www.chubu.meti.go.jp/
2012年12月
目
1. 東海経済のあらまし
1-1
1-2
1-3
東海経済の概観
経済指標で見た東海経済の位置付け
東海経済の国際比較
2. 東海地域の経済構造
2-1
2-2
2-3
2-4
産業構成
企業活動
就業構造
外国人労働者
3. 製造業
3-1
3-2
3-3
3-4
3-5
3-6
製造品出荷額等の推移
製造品出荷額等の業種別構成
製造品出荷額等の業種別全国シェア
主要品目生産量の全国シェア
自動車産業
航空機産業
4. 商業・サービス業
4-1
4-2
4-3
4-4
卸売業
小売業
サービス業
観光
5. 経済動向
5-1
5-2
成長率
鉱工業生産
東海経済のポイント
次
5-3
5-4
5-5
5-6
5-7
5-8
5-9
5-10
5-11
消費
設備投資
工場立地
公共投資
住宅投資
輸出入
雇用
金融
エネルギー
6. トピックス
6-1
ヘルスケアビジネス
6-2
農業
6-3
林業
参考
①
②
③
④
⑤
⑥
付録
主要指標の県別データ
社会・生活関連指標
東海の主要製造事業所・産地(愛知1)
東海の主要製造事業所・産地(愛知2)
東海の主要製造事業所・産地(岐阜・三重)
工業地区別に見た中部の主要産業(東海)
経済指標関連ホームページ
(注意)
本資料においては、特に断り書きのない限り、「中部」は富山、石川、岐阜、愛知、三重の5県、
「東海」は岐阜、愛知、三重の3県、「北陸」は富山、石川、福井の3県を指します。
また、パーセントで表示されているものについては、四捨五入の関係で合計が100%にならな
いことがあります。
東海経済のポイント
1.東海経済のあらまし
東海経済のポイント
1-1 東海経済の概観
総人口
(全国シェア8.8%)
総面積
(全国シェア5.7%)
三重県
16.5%
愛知県
24.0%
三重県
26.8%
岐阜県
18.5%
2011
2012
愛知県
65.0%
岐阜県
49.3%
事業所数
(全国シェア9.1%)
★東海地域の経済指標
東海
面積(2011年10月1日現在) K㎡
人口(2012年3月31日現在) 千人
地域内総生産(名目・2009年度)
第1次産業
第2次産業
第3次産業
1人当たり県民所得(2009年度)
事業所数(民営のみ)(2009年7月1日現在)
就業者数(2010年10月1日現在)
製造品出荷額等(2010年)
小売業年間販売額(2007年)
卸売業年間販売額(2007年)
億円
億円
億円
億円
千円
事業所
千人
億円
億円
億円
21,564
11,171
459,528
3,434
156,020
314,292
2,848
532,779
5,457
528,031
123,362
398,080
全国シェ ア
5.7
8.8
9.5
6.3
13.7
8.3
-
9.1
9.4
18.3
9.2
9.6
三重県
16.0%
全国
377,955
126,660
4,832,165
54,636
1,142,950
3,805,460
2,791
5,886,193
58,295
2,891,077
1,347,054
4,135,317
岐阜
岐阜県
20.6%
三重
愛知
2009
愛知県
63.4%
地域内総生産
(全国シェア9.5%)
三重県
15.6%
岐阜県
15.0%
2009
愛知県
69.4%
注: 事業所数は、事業内容等が不詳の事業所を除く。
小売業年間販売額(2007年)と卸売業年間販売額(2007年)の調査対象期間は、2006年4月~2007年3月である。
地域内総生産には、「輸入品に含まれる税・関税」、「(控除)総資本形成に係る消費税」、「(控除)帰属利子」が含まれているので、第1~3次産業の合計とは一致しない。
出所:国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」、総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」、内閣府「平成20年度県民経済計算」、総務省「平成21年経済
センサス基礎調査(確報)」、総務省「平成22年国勢調査(抽出速報集計)」、経済産業省「平成22年工業統計調査(速報)」、経済産業省「平成19年商業統計表(確報)」
東海経済のポイント
1-2 経済指標で見た東海経済の位置付け①
おおむね1割経済圏ながら、製造品出荷額等は2割近くある。
★経済指標の全国シェア
0
面積(2011.10.1現在)
5
10
(%)
20
15
5.7
8.8
人口(2012.3.31現在)
8.2
世帯数(2012.3.31現在)
9.5
地域内総生産(2009年度)
6.3
第1次産業
13.7
第2次産業
8.3
第3次産業
9.4
就業者数(2010.10.1現在)
9.1
事業所数(民営のみ、2009.7.1現在)
6.2
農業産出額(2010年)
9.0
新設住宅着工戸数(2011年度)
18.3
製造品出荷額等(2010年)
16.1
付加価値額(2010年)
9.6
卸売業年間販売額(2007年)
9.2
小売業年間販売額(2007年)
8.2
道路実延長(2010.4.1現在)
10.7
乗用車の保有台数(2012.3.31現在)
国内銀行の貸出残高(2012.3.31現在)
国内銀行の預金残高(2012.3.31現在)
工業所有権出願件数(2011年)
5.6
7.6
9.3
注:小売業年間販売額(2007年)と卸売業年間販売額(2007年)の調査対象期間は、2006年4月~2007年3月である。
出所:参考①主要指標の県別データを参照のこと
東海経済のポイント
1-2 経済指標で見た東海経済の位置付け②
人口は全国に比べ増加。一人当たり県民所得は全県計を上回るが、このところ減少傾向。
★都道府県別人口増減率(2010年/2005年)
▲ 6.0 ▲ 5.0 ▲ 4.0 ▲ 3.0 ▲ 2.0 ▲ 1.0 0.0
全国
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
東海
1.0
2.0
3.0
4.0
★1人当たり県民所得(上位20県)(2009年度)
5.0
(%)
6.0
0.2
▲ 1.3
2.2
▲ 0.7
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500
3,000
(千円)
3,500
4,000
4,500
3,907
東京都
神奈川県
愛知県
滋賀県
静岡県
千葉県
大阪府
埼玉県
栃木県
京都府
三重県
山口県
長野県
広島県
福井県
茨城県
富山県
福岡県
徳島県
兵庫県
3,086
2,970
2,955
2,926
2,917
2,879
2,867
2,859
2,815
2,731
2,708
2,701
2,685
2,663
2,653
2,638
2,626
2,590
2,580
2,848
2,791
東海
全県計
★1人当たり県民所得の推移
(千円)
3,800
3,600
3,400
3,200
1.0
3,000
2,970
2,800
2,791
2,731
2,600
2,520
2,400
出所:総務省「国勢調査」、内閣府「平成21年度県民経済計算」
1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 (年度)
愛知県
岐阜県
三重県
全県計
東海経済のポイント
1-3 東海経済の国際比較
総生産、面積、人口はベルギーとほぼ同レベル。 1人当たり総生産はドイツ、フランスを上回る。
★総生産国際比較(2010)(米ドル換算)
東海
★1人当たり総生産国際比較(2010)(米ドル換算)
(10億米ドル)
491.1
日本
東海
5,503.5
14,447.1
5,739.4
ドイツ
インド…
ベル…
インド
1,014.4
オランダ
オランダ
707.4
インドネシア
469.3
9,629,091
9,596961
ベルギー
3,287,263
(千人)
128,057
アメリカ
309,051
1,324,655
中国
81,776
62,968
インド
1,182,105
韓国
99,897
オランダ
37,354
1,910,931
30,528
11,162
フランス
551,500
インドネシア
43,815
ドイツ
357,114
インド
オランダ
2,949
日本
中国
韓国
東海
(K㎡)
アメリカ
フランス
46,910
★人口比較(2010)
377,950
ドイツ
21,052
ベルギー
21,563
日本
39,546
1,406
韓国
779.3
★面積比較(2010)
東海
39,857
フランス
1,722.3
韓国
46,546
4,354
ドイツ
2,559.9
インド
42,983
アメリカ
中国
3,280.3
フランス
43,999
日本
アメリカ
中国
(米ドル)
48,875
16,615
インドネシア
ベルギー
228,523
10,879
出所:総務省「世界の統計2012」 「住民基本台帳に基づく人口・人口動態及び世帯数(平成21年3月31日現在)」 、国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調
(平成21年10月1日現在)」、内閣府「平成21年度県民経済計算」
注:東海は2009年度、それ以外は2010年の数字を採用(中国、インドネシアの人口のみ2010年の数字が公表されていないため、中国は2007年を、インドネシアは2008年を使用)。
東海の総生産を米ドル換算するにあたっては、2009年平均値である1ドル=93.57円により算出。また、東海の総生産(米ドル換算)を2009年の人口で除して、東海の
1人当たり総生産を算出。
東海経済のポイント
2.東海地域の経済構造
東海経済のポイント
2-1 産業構成
鉱工業の占める割合が全国より高い。
★域内総生産(名目)の産業別構成比の推移
東海
1990年度
←1.4
1995年度
←1.1
2000年度
←1.0
2005年度
←0.8
2009年度
←0.8
37.5
8.0
31.9
7.2
30.0
6.5
32.0
農
林
水
産
業
鉱
工
業
2.5
2.5
建
設
業
・
水電
道気
業・
ガ
ス
9.1
4.3
13.0
5.1
12.5
4.5
卸
売
・
小
売
業
7.4
3.9
4.4
14.0
2.3
4.8
13.3
15.1
2.7
5.1
28.1
2.4
12.7
6.9
5.9
13.9
←1.2
6.5
←1.4
9.9
6.2
17.0
7.0
←1.3
10.0
6.1
17.2
6.9
←1.4
12.4
金
融
・
保
険
業
6.2
6.5
18.8
運
輸
・
通
信
業
不
動
産
業
7.6
←1.6
生民対
サ
ー
ビ
ス
業
生政 産間家
産府 者非計
営
者サ
利
ー
サ
ビ
ー
ス
ビ
ス
全国
1990年度
←2.0
1995年度
←1.6
2000年度
←1.3
2005年度
←1.1
2009年度
←1.1
0%
25.4
9.1
22.4
8.1
20.8
6.7
20.2
18.0
10%
出所:内閣府「平成21年度県民経済計算」
5.3
4.9
20%
2.6
14.8
2.7
14.6
2.7
5.9
13.2
2.5
12.5
30%
5.8
14.0
2.5
5.3
40%
16.2
7.0
20.3
6.4
14.1
21.2
6.6
60%
7.3
17.2
6.5
12.4
50%
6.3
11.0
11.4
6.9
5.8
9.5
23.1
70%
注:90年度、95年度は95年基準、その他は00年基準の数値を使用。
8.0
←1.7
8.7
←1.6
8.9
←1.8
9.4
80%
90%
←1.4
←2.0
100%
東海経済のポイント
2-2 企業活動
中部の企業は、総資産利益率(ROA)及び自己資本当期純利益率(ROE)ともに前年度より上昇したも
のの、全国平均を下回った。
中部の企業は、全国に比べて自己資本比率が高い。
★企業財務の健全性(ROA、ROE、自己資本比率)の推移
中部自己資本比率(右軸)
全国自己資本比率(右軸)
中部ROA(左軸)
中部ROE(左軸)
全国ROA(左軸)
全国ROE(左軸)
10.0%
50.0%
8.0%
40.0%
6.0%
30.0%
ROA(Return on Assets)
総資産利益率
=経常利益/総資産
4.0%
20.0%
ROE(Return on Equity)
自己資本当期純利益率
=当期純利益/自己資本
2.0%
10.0%
自己資本比率
=自己資本/総資産
0.0%
0.0%
-2.0%
-10.0%
2002年度
2003年度
2004年度
2005年度
2006年度
2007年度
2008年度
2009年度
2010年度(p)
出所:経済産業省「平成23年企業活動基本調査」、中部経済産業局「平成23年企業活動基本調査(速報)」
注:従業員50人以上かつ資本金3000万円以上の会社について調査したもの。
東海経済のポイント
2-3 就業構造
就業者の割合は35~44歳が最も高く、完全失業者の割合は25~34歳が最も高い。
産業別の就業者を見ると、製造業が一番多く、次いで卸売業・小売業、医療・福祉の順になっている。
★東海の労働状態別年齢別人口構成比(2011年)
★東海の産業別就業者数(2011年)
(%)
15歳以上人
口
その他, 7
11.6
14.2
17.5
14.1
16.6
漁業, 4
複合サービス, 5
労働力人口
農林業, 20
公務, 19
25.9
8.9
19.4
24.0
19.7
19.0
9.1
建設業,
55
サービス
業, 52
医療,福祉, 72
就業者
8.6
19.1
24.0
20.0
19.0
9.4
教育,学習支
援, 34
772
万人※
生活関連,娯
楽, 27
完全失業者
16.7
非労働力人口
16.2
23.3
20.0
13.3
6.0 7.2 5.0 12.8
20.0
6.7
宿泊業,飲
食, 48
学術研究,
専門・技術
サービス業,
21
不動産,物
52.8
品賃貸業, 9
0%
15~24 歳
20%
25~34 歳
40%
35~44 歳
60%
45~54 歳
80%
55~64 歳
出所:総務省「労働力調査」
100%
製造業, 196
金融業,保険
業, 19
卸売業,小売
業, 126
電気・ガス・熱供
給・水道業, 4
情報通信業, 13
運輸業,郵便
業, 41
65歳以上
※東海は岐阜、愛知、三重、静岡の4県を指す。
東海経済のポイント
2-4 外国人労働者
自動車産業など製造業が盛んな東海の各県では、外国人労働者が製造業に就いている割合が高い。
★産業別の外国人労働者数
(2011年10月末現在 全国686,246人)
100%
90%
80%
70%
60%
50%
40%
30%
20%
10%
0%
★愛知県
★岐阜県
その他
教育・学習支援業
宿泊・飲食サービス業
卸売業・小売業
情報通信業
製造業
★三重県
静岡県
富山県
石川県
全国
★直接雇用されている外国人労働者数
★間接雇用されている外国人労働者数
(2011年10月末現在 全国500,998人)
(2011年10月末現在 全国185,248人)
富山県
0.9%
石川県
0.7%
★愛知県
10.2%
富山県 石川県
0.8%
0.8%
★岐阜県
2.5%
★三重県
2.4%
★愛知県
17.7%
静岡県
3.5%
その他
61.2%
その他
79.7%
★岐阜県
3.5%
★三重県
4.1%
静岡県
11.8%
出所:厚生労働省
「外国人雇用状況の届出状況」
東海経済のポイント
3.製造業
東海経済のポイント
3-1 製造品出荷額等の推移
東海の製造品出荷額等は、前年比で金額、全国シェアともに増加している。
★製造品出荷額等の全国シェア(2010年)
★製造品出荷額等の推移(従業者4人以上の事業所)
(兆円)
(%)
全国
25
東海
400
全国シェア
18.3%
300
全国
289.1
兆円
20
東海
52.8兆円
18.3%
15
200
岐阜県
4.8兆円
9.1%
289.1 10
三重県
9.8兆円
18.5%
100
5
出所:経済産業省「工業統計(産業編)」
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1990
1985
0
1980
52.8
0
(年)
東海
52.8兆円
愛知
38.2兆円
72.4%
東海経済のポイント
3-2 製造品出荷額等の業種別構成①
輸送用機械の占める割合の増加が続いている。
★製造品出荷額等の業種別構成比の推移
1970年
非鉄金属
輸送用機械
電気機械
一般機械
飲食料
化学
24.3
6.4
9.7
6.6
6.9
窯業
金属 土石
鉄鋼
8.6
3.8
繊維衣服
5.2 2.3
パルプ・紙
・加工品 その他 精密機械
13.6
2.4
9.7
0.5
1980年
30.1
6.9
7.7
6.7
7.7
8.2
3.0 4.3 2.8 5.6 2.1
14.1
東
0.8
1990年
34.8
8.9
11.0
5.9
4.4
5.0
4.8 3.7 4.3
4.8
1.7
海
2000年
38.1
11.9
9.5
6.1
1.8
4.2 4.0 4.1 4.5 3.6
2.3
1.6
2010年
全
国
43.0
12.1
8.6
5.4
4.8
5.2
8.2
0.7
7.8
1.6
3.5 4.3 2.4
0.8
6.4
1.7 1.2 1.3
2010年
0%
18.8
10%
15.3
20%
30%
10.6
11.7
9.1
40%
50%
60%
6.3
70%
4.3 3.8 2.5 3.1 2.5
80%
プラスチック製品
出所: 経済産業省「工業統計(産業編)」
注1:1970年は従業者20人以上、1980年は従業者30人以上の事業所が対象。
注2:1990年以降分については4人以上の事業所が対象の統計を基に算出。
注3:プラスチック製品は1985年から新設。
注4:精密機械器具製造業は2008年から他業種へ分割することで単独の項目を廃止。
1.3 90%
11.0
100%
東海経済のポイント
3-2 製造品出荷額等の業種別構成②
輸送用機械が約4割で、電気機械と一般機械を合わせると約6割を占める。
【輸送用機械工業】
トヨタ自動車㈱[自動車]
本田技研工業㈱鈴鹿製作所[自動車]
三菱自動車工業㈱ 名古屋製作所岡崎工場[自動車]
㈱デンソー [カーエアコン、燃料噴射装置]
アイシン精機㈱[トランスミッション]
㈱三五 [マフラー]
愛三工業㈱[キャブレタ]
㈱豊田自動織機[産業車両]
三菱重工㈱名古屋航空宇宙システム製作所 [航空
機部品(主翼)]
川崎重工㈱航空宇宙カンパニー名古屋工場 [航空
機部品(胴体)]
繊維 パルプ・紙・紙加
工品
1.2%
1.3%
非鉄金属
その他
1.7%
6.4%
窯業・土石
2.4%
金属
3.5%
プラスチック
4.3%
鉄鋼
5.2%
約53兆円
化学
4.8%
【一般機械工業】
㈱オークマ [金属工作機械]
㈱ヤマザキマザック [金属工作機械]
ブラザー工業㈱[金属工作機械、ミシン]
オーエスジー㈱[機械工具]
シーケーディ㈱[空気圧機器]
㈱IHI愛知工場 [クレーン]
輸送用機械
43.0%
(画像提供:三菱航空機㈱)
飲食料
5.4%
一般機械
8.6%
電気機械
12.1%
【電気機械工業】
豊田合成㈱平和町工場 [発光ダイオード]
三菱電機㈱名古屋製作所 [プログラマブルコントローラ]
パナソニックエコソリューションズ電路㈱ [分電盤]
日本特殊陶業㈱ [自動車プラグ]
シャープ㈱亀山工場 [テレビ]
ソニーイーエムシーエス㈱幸田サイト [デジタルカメラ]
㈱東芝セミコンダクター&ストレージ社四日市工場 [半導体
集積回路]
イビデン㈱青柳事業場 [電子回路基板]
京セラ㈱三重伊勢工場 [太陽電池モジュール]
出所:経済産業省「工業統計(産業編)」2010年
東海経済のポイント
3-3 製造品出荷額等の業種別全国シェア
輸送用機械器具の全国シェアが、40%以上と突出している。
(%)
★製造品出荷額等の業種別全国シェア(2010年)
0
製造業計
輸送用機械器具
ゴム製品
プラスチック製品
窯業・土石製品
電子部品・デバイス
家具・装備品
繊維工業製品
電気機械器具
鉄鋼
金属製品
一般機械器具
木材・木製品
非鉄金属
化学
パルプ・紙・紙加工品
食料品
情報通信機械器具
印刷・同関連品
飲料・たばこ・飼料
その他
10
20
30
40
50
18.3
41.9
22.2
20.8
18.2
17.9
16.9
16.3
15.3
15.1
15.0
14.8
11.4
10.2
9.8
9.7
9.3
8.8
8.3
6.6
9.0
出所:経済産業省「工業統計(産業編)」
注:その他は、 「石油製品・石炭製品」、「なめし革・同製品・毛皮」、「その他の製品」の合計。
東海経済のポイント
3-4 主要品目生産量の全国シェア
陶磁器・セラミック製品ほか繊維、自動車・航空機関連のシェアが高い。
ガスセンサ素子 99.4
タイル 計98.0
触媒担体・セラミックフィルタ 93.9
車いす 87.3
飲食器 72.9
温水洗浄便座 72.6
そ毛織物 68.8
けい砂 68.3
航空機・部品 52.4
強化ガラス 51.5
フォークリフトトラック 50.9
歯車 50.7
漁網・陸上網 45.6
自動車部品計(除くエンジン) 44.0
ガス機器 41.7
光ファイバー製品 41.2
金属工作機械 39.8
乗用車 39.7
衛生用品 39.3
液晶素子 37.8
カーボンブラック 34.8
プラスチック製機械器具部品 33.8
自動車用タイヤ 30.1
工業用ゴム製品 28.2
アルミニウム圧延製品 26.7
交流電動機 24.8
コンベヤ 17.6
住宅用アルミサッシ 12.0
★主要品目生産数量の全国シェア(2011年)
0.0
10.0
20.0
出所:経済産業省「生産動態統計」
注:タイル計は、外装・内装・床・モザイクタイルの計。
30.0
40.0
50.0
60.0
70.0
80.0
90.0
100.0
東海経済のポイント
3-5 自動車産業①
乗用車の生産台数は、2010年は輸出に牽引され、持ち直したものの、2011年は東日本大震災の影響
などから再び減少し、全国シェアも40%を下回った。
★全国と中部の乗用車 生産台数の推移
(万台)
中部
その他
★トヨタ自動車(株)の生産・販売・輸出台数の推移
中部シェア(%)
1,100
50.0%
(万台)
500
1,000
45.0%
450
40.0%
400
900
39.7%
417
国内生産
800
35.0%
350
海外生産
700
30.0%
300
25.0%
250
600
500
432
276
輸出
20.0%
200
400
157
15.0%
300
150
10.0%
100
100
5.0%
50
0
0.0%
(年)
0
200
284
2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
出所:経済産業省「生産動態統計」、トヨタ自動車(株)公表資料
国内販売
(逆輸入車含む)
120
2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
(年)
東海経済のポイント
3-5 自動車産業②
2011年の乗用車輸出は東日本大震災などの影響により減少。対全国シェアはこのところ低下傾向で推
移。
一方で自動車部品輸出は、特にアジア向け割合が増加傾向。対全国シェアも上昇。
(万台)
★名古屋税関 乗用車輸出の推移
(億円)
400
60.0%
★名古屋税関 自動車の部分品輸出の推移
25,000
56.9%
全国に占める
名古屋税関のシェア(右軸)
全国に占める
名古屋税関のシェア(右軸)
350
50.0%
300
60.0%
50.0%
20,000
44.3%
合計
17,051
40.0%
250
40.0%
その他
3,158
15,000
合計
206
200
EU
2,834
30.0%
30.0%
その他
75
10,000
150
中東
23
100
20.0%
20.0%
アジア
7,619
EU
30
EU
19
10.0%
5,000
50
10.0%
アジア
アメリカ
59
0
アメリカ
3,441
0.0%
2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
(年)
0
2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
出所:財務省「貿易統計」 ※輸出の地域区分のEUは、2011年における加盟国(27カ国)による。
0.0%
(年)
東海経済のポイント
3-6 航空機産業
航空機・部品の生産額は、東海地域が約半分のシェアを占める。
★中部の航空機・部品の生産額
★全国の航空機・部品の生産額
(億円)
その他
発動機
機体部品・付属装置
航空機
10,000
9,062
9,000
(億円)
管内生産額
シェア
6,500
65%
6,000
60%
483
5,500
52.4%
55%
8,000
5,000
2,880
7,000
6,000
4,749
50%
4,500
45%
4,000
40%
3,500
35%
3,000
30%
2,500
25%
2,000
20%
1,500
15%
1,000
10%
5,000
4,000
3,928
3,000
2,000
1,000
1,771
500
5%
0
0
0%
2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
(年)
(年)
出所:経済産業省「生産動態統計」
東海経済のポイント
4.商業・サービス業
東海経済のポイント
4-1 卸売業
全国と比較して「機械器具」「建築材料、鉱物・金属材料等」の比率が高い。
★卸売業販売額 全国シェアおよび地域内県別シェア(2007年)
岐阜県
2.6兆円 6.7%
★卸売業 年間販売額構成比の推移
0%
三重県
2.0兆円 5.0%
昭和51年
(1976)
昭和60年
(1985)
平成6年
(1994)
平成16年
(2004)
平成19年
(2007)
東海
39.8
兆円
全
国
(2007)
10%
20%
24.5
40%
50%
24.5
30.4
60%
36.4
11.9
建築材料、鉱物 ・
金属材料等
11.7
12.8
8.3
3.5
18.1
15.6
飲食料品
その他
7.0
2.7
14.2
18.3
100%
6.6
14.5
26.0
90%
10.5
17.4
34.9
24.2
10.9
16.4
27.5
29.0
80%
17.7
23.9
28.9
70%
18.0
25.1
機械器具
愛知県
35.2兆 88.3%
30%
2.9
11.9
各種
商品
★卸売業販売額 東海の全国シェア(2007年)
0
5
4.0
繊維・
衣服等
愛知県
35.2兆円
うち名古屋市
27.1兆円
77.0%
(%)
15
10
9.6%
卸売業計
各種商品卸売業
出所:経済産業省商業統計表」
4.5
建築材料、鉱物・金属材料等=建築材料卸売業+化学製品卸売業+鉱物・金属材料卸売業+再生資源卸売業
飲食料品=農畜産物・水産物卸売業+食料・飲料卸売業
その他=家具・建具・じゅう器等卸売業+医薬品・化粧品等卸売業+他に分類されない卸売業
繊維・衣服等=繊維品卸売業(衣服・身の回り品を除く)+衣服・身の回り品卸売業
東海
39.8兆円
9.6%
全国
413.5兆円
5.5
2.4%
10.8%
繊維・衣服等卸売業
飲食料品卸売業
7.6%
12.9%
建築材料,鉱物・金属材料等卸売業
11.6%
機械器具卸売業
その他の卸売業
8.7%
注:2007年は2006年4月~2007年3月、2004年は2003年4月~2004年3月、1994年は1993年7月~1994年6月、1985年は1984年5月~1985年4月、
1976年は1975年5月~1976年4月を調査対象期間としている。
東海経済のポイント
4-2 小売業①
自動車・自転車小売業販売額の全国シェアが高い。
★小売業販売額 全国シェアおよび地域内県別シェア(2007年)
(%)
★業種別販売額東海の全国シェア(2007年)
三重県 1.9兆円
15.4%
0
5
10
15
9.2
小売業計
岐阜県 2.1兆円
17.1%
織物・衣服・身の回り品小
売業
愛知県
8.3兆円
67.5%
飲食料品小売業
東海
12.3兆円
9.1%
全国
134.7兆円
9.8
各種商品小売業
東海
12.3兆円
8.2
8.0
12.7
自動車・自転車小売業
愛知県
8.3兆円
家具・じゅう器・機械器具小
売業
うち名古屋市
3.2兆円
その他の小売業
38.6%
出所:経済産業省「商業統計表」
注:2006年4月~2007年3月を調査対象期間としている。
9.6
8.9
東海経済のポイント
4-2 小売業②
事業所数は、全体では減少したが、衣料品専門スーパーやコンビニエンスストアは増加した。
年間販売額は、ドラッグストア、住関連専門店、衣料品専門スーパーなどで増加した。
★小売業 業態別事業所数・年間販売額 (2007年/2004年)
20
15
10
5
0
-5
-10
-15
-20
-25
-30
16.9
販売額
17.6
9.5
3.9
事業所数
8.1 8.3
8.6
8.0
7.1
11.8
6.1
2.4
-1.9
-3.8
-7.0
-0.3
-4.8
-6.7
-5.3
-5.1
-1.2
-6.7
-10.6
-14.1
-15.4
-22.9
-27.3
合計
百貨店
総合スーパー
衣料品
食料品
-15.1
-18.0
-21.8
住関連
うちホームセ
ンター
専門スーパー
コンビニエン
スストア
ドラッグストア
その他の
スーパー
衣料品
食料品
住関連
衣料品
専門店
食料品
住関連
中心店
★小売業 業態別年間販売額構成比推移
0%
平成14年
(2002)
平成16年
(2004)
平成19年
(2007)
10%
13.5
13.2
12.2
百貨店・
総合スーパー
20%
30%
17.7
専門スーパー
4.9
5.1
4.1
2.2
4.5
16.8
16.3
40%
2.6
2.3
3.3
3.4
コンビニ ドラッグ その他の
エンス
ストア スーパー
ストア
50%
60%
41.0
38.8
41.4
専門店
70%
80%
90%
100%
0.2
17.7
0.2
19.6
0.1
18.9
中心店
その他の
小売店
出所:経済産業省「商業統計表」
注:2007年は2006年4月~2007年3月、2004年は2003年4月~2004年3月、2002年は2001年4月~2002年3月を調査対象期間としている。
注:2007年の東海地区「百貨店」及び「その他の小売店」の年間販売額は、秘匿項目となっているため、「その他の小売店」販売額は内訳である「各種商品取扱店」(事業所数は「その
他小売店」全体の96.3%)の販売額を代用し、「百貨店」は全業態合計額から百貨店以外の業態の販売額を控除して算定した。
東海経済のポイント
4-3 サービス業
ソフトウェア、情報処理・提供サービス、機械設計業、デザイン業では、全国と比較して製造業向けに
サービスを提供している割合が高い。
★契約先産業別内訳・業種別対全国シェア
100%
ソフトウェア業
情報処理・提供サービス業
10兆784億円 5,534億円
(シェア5.5%)
3兆3,250億円 1,433億円
(シェア4.3%)
広告業
8兆1,198億円
機械設計業
3,650億円
(シェア4.5%)
3,832億円
904億円
(シェア23.6%)
デザイン業
2,323億円
166億円
(シェア7.2%)
その他
90%
80%
同 業 者
70%
公 務
60%
サービス業
50%
93.4%
金融・保険業
84.3%
40%
卸売・小売業
30%
情報通信業
47.0%
20%
10%
28.6%
製 造 業
22.0%
16.5%
18.4%
全国
東海
28.4%
33.6%
19.9%
0%
全国
東海
出所: 経済産業省「平成22年特定サービス産業実態調査報告書」
全国
東海
全国
東海
全国
東海
東海経済のポイント
4-4 観光①
主に観光目的の都道府県別宿泊者は、北海道、長野県などが多く、東海各県はおおむね中位。
★延べ宿泊者数(2011年)
(千人)
45,000
観光目的の宿泊者が50%以上
40,000
観光目的の宿泊者が50%未満
35,000
30,000
25,000
20,000
15,000
10,000
5,000
0
出所:国土交通省「宿泊旅行統計調査報告(2011年)」
注1:調査対象は、ホテル、旅館、簡易宿泊所等の全宿泊施設。
注2:延べ宿泊者数には、子どもや乳幼児も1人泊として含まれる。
注3:都道府県の順位は、「観光目的の宿泊者が50%以上の宿泊施設」の宿泊者数の多い順。
東海経済のポイント
4-4 観光②
外国人の宿泊者数(ビジネス客を含む)の都道府県別順位は、愛知県が6位、他の東海各県は中位。
国籍別では、愛知県と三重県は中国、岐阜県は台湾が多い。
★外国人述べ宿泊者数の国籍別構成比(2011年)
中国
韓国
その他
アメリカ
台湾
香港
全国(1,702万人)
東京都(第1位 532万人)
大阪府(第2位 218万人)
北海道(第3位 150万人)
千葉県(第4位 143万人)
京都府(第5位 89万人)
★愛知県(第6位 69万人)
神奈川県(第7位 63万人)
福岡県(第8位 54万人)
沖縄県(第9位 52万人)
大分県(第10位 33万人)
★岐阜県(第18位 12万人)
★三重県(第23位 8万人)
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
出所:国土交通省「宿泊旅行統計調査報告(2011年)」
注1:調査対象は、旅館業法に基づく営業許可を得ている従業者数10人以上のホテル、旅館及び簡易宿泊所の全宿泊施設。
注2:外国人延べ宿泊者数とは、各月における外国人(日本国内に住所を有しないもの)の宿泊者の延べ人数をいう。
東海経済のポイント
5.経済動向
東海経済のポイント
5-1 成長率①
東海経済の成長率は、2001年度以降、全国平均を上回る高い伸びであったが、2008年度に引き続き
2009年度も全国平均を下回った。県別では、東海3県とも2008年度に引き続きマイナス成長となった。
★実質経済成長率の推移(東海/全県計)
(%)
東海
★実質経済成長率の推移(東海3県)
(%)
全県計
6.0
岐阜県
愛知県
三重県
8.0
6.0
4.0
4.0
2.0
2.0
0.0
0.0
▲ 2.0
▲ 2.0
▲ 3.1
▲ 2.7
▲ 4.0
▲ 4.0
▲ 4.5
▲ 5.2
▲ 6.0
▲ 5.9
▲ 6.0
▲ 8.0
▲ 8.0
出所:内閣府「平成21年度県民経済計算」
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
▲ 10.0
東海経済のポイント
5-1 成長率②
2009/2005年度比で東海3県をみると、全県計を下回り三重県以外はマイナス成長となった。
★地域別の実質経済成長率(2009/2005年度、年率換算値)
(%)
★県別の実質経済成長率(2009/2005年度、年率換算値)
(%)
1.5
0.5
1.3
0.2
1.0
0.0
0.5
▲ 0.5
0.0
▲ 0.3
▲ 0.5
▲ 0.4
▲ 0.9
▲ 1.0
▲ 0.7
▲ 1.0
▲ 1.5
▲ 1.1
▲ 0.9
▲ 0.9
▲ 0.9
▲ 1.0
▲ 1.3
▲ 1.5
▲ 1.3
▲ 1.5
▲ 1.5
▲ 1.7
▲ 2.0
北
海
道
東
北
関
東
中
部
(
東
海
)
近
畿
中
国
四
国
九
州
沖
縄
全
県
計
▲ 2.0
岐阜県
愛知県
三重県
東海
全県計
出所:内閣府「平成21年度県民経済計算」
注:東北は青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島の6県、関東は茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、長野、山梨、静岡の1都10県、
近畿は福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の2府5県、中国は鳥取、島根、岡山、広島、山口の5県を指す。
東海経済のポイント
5-2 鉱工業生産①
戦後最長となった「いざなみ景気」の最中に、東海環状道東廻開通、中部空港(セントレア)開港、愛・地球博開催、
など “元気なナゴヤ” と言われた中部であった。その後、リーマン・ショック、東日本大震災と大きな困難を、その
都度急速に持ち直し「中部ものづくりの底力」を示した。
★中部地域鉱工業生産指数
長期時系列(1949年(昭和24年)1月~2012年(平成24年)8月)
130
景気後退期
120
2005年基準(=100)
110
鉱工業生産指数
100
90
70
60
50
40
30
20
10
0
特
需
景
気
(
朝
鮮
戦
争
特
需
)
投
資
・
消
費
景
気
(
朝
鮮
戦
争
特
需
)
昭
和
2
9
年
不
況
神
武
景
気
〈
な伊
べ勢
底湾
不台
況風
〉
岩
戸
景
気
転
型
期
不
況
オ
リ
ン
ピ
ッ
ク
景
気
証
券
不
況
(
構
造
不
況
)
い
ざ
な
ぎ
景
気
ニ
ク
ソ
ン
・
シ
ョ
ッ
ク
列
島
改
造
景
気
第
1
次
オ
イ
ル
シ
ョ
ッ
ク
省
エ
ネ
景
気
ミ
ニ
不
況
省
エ
ネ
景
気
第
2
次
オ
イ
ル
シ
ョ
ッ
ク
ハ
イ
テ
ク
景
気
貿
易
不
況
(
プ
ラ
ザ
不
況
)
バ
ブ
ル
景
気
(
第
一
次
バ
平
ブ
成
ル
不
崩
況
壊)
阪
神
・
淡
路
大
震
災
(
第
2
次
平
成
不
況
ア
・
ジ
デ
ア
フ
通
貨レ
危不
況
機)
(
第
3
次
I I 平
T T 成
景 不不
気 況況
)
い
ざ
な
み
景
気
〈
新
潟
県
中
越
沖
地
震
〉
リ
ー
マ
ン
世・
界シ
金ョ
融ッ
危ク
機
〈
東
日
本
大
震
災
〉
(昭和24年) 1949年
(昭和25年) 1950年
(昭和26年) 1951年
(昭和27年) 1952年
(昭和28年) 1953年
(昭和29年) 1954年
(昭和30年) 1955年
(昭和31年) 1956年
(昭和32年) 1957年
(昭和33年) 1958年
(昭和34年) 1959年
(昭和35年) 1960年
(昭和36年) 1961年
(昭和37年) 1962年
(昭和38年) 1963年
(昭和39年) 1964年
(昭和40年) 1965年
(昭和41年) 1966年
(昭和42年) 1967年
(昭和43年) 1968年
(昭和44年) 1969年
(昭和45年) 1970年
(昭和46年) 1971年
(昭和47年) 1972年
(昭和48年) 1973年
(昭和49年) 1974年
(昭和50年) 1975年
(昭和51年) 1976年
(昭和52年) 1977年
(昭和53年) 1978年
(昭和54年) 1979年
(昭和55年) 1980年
(昭和56年) 1981年
(昭和57年) 1982年
(昭和58年) 1983年
(昭和59年) 1984年
(昭和60年) 1985年
(昭和61年) 1986年
(昭和62年) 1987年
(昭和63年) 1988年
(平成元年) 1989年
(平成2年) 1990年
(平成3年) 1991年
(平成4年) 1992年
(平成5年) 1993年
(平成6年) 1994年
(平成7年) 1995年
(平成8年) 1996年
(平成9年) 1997年
(平成10年) 1998年
(平成11年) 1999年
(平成12年) 2000年
(平成13年) 2001年
(平成14年) 2002年
(平成15年) 2003年
(平成16年) 2004年
(平成17年) 2005年
(平成18年) 2006年
(平成19年) 2007年
(平成20年) 2008年
(平成21年) 2009年
(平成22年) 2010年
(平成23年) 2011年
(平成24年) 2012年
IIP(鉱工業生産指数)
80
出所:中部経済産業局「中部地域鉱工業生産指数」
注1:平成14年以前の時系列は、過去の公表値を基に当局にて試算。
注2:昭和24年から昭和33年までの数値は、原指数。
注3:昭和24年から昭和29年までの数値は、静岡県の実績を含む。
注4:平成23年の数値は、年間補正により変更する場合がある。
注5:色付け部分は、内閣府が公表した景気基準日付(景気の山、谷)のうち景気の谷の期間を表す。また、景気の名称は、俗称。
留意:2005年の付加価値額ベースによる暫定的な長期グラフです。従って、インフレ分などにより過去に遡るほど小さめに評価され、時点間の鉱工業生
産の比較になりません。例えば、昭和46年ニクソン・ショックが2005基準の40%ではありません。
東海経済のポイント
5-2 鉱工業生産②
2011年3月の東日本大震災の影響によるサプライチェーンの寸断から急速に低下、その後、挽回生産やエ
コカー補助金などの政策効果から上昇した。2012年後半は補助金終了に伴う需要減を見越した生産減少や
欧州を中心とする海外経済の不振による輸出減少などから低下傾向。
★東海地域鉱工業指数 四半期別主要業種別生産指数の推移
2005年=100 季節調整済
150
鉱工業
一般機械工業
電子部品・デバイス工業
輸送機械工業
140
130
120
110
100
90
80
70
60
50
40
30
出所:中部経済産業局「東海地域鉱工業生産指数」
注:2012年の数値は年間補正により変更する場合がある。
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2012年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2011年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2010年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
2009年Ⅰ期
Ⅳ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2008年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2007年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2006年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2005年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2004年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
2003年Ⅰ期
Ⅳ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2002年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
Ⅳ期
2001年Ⅰ期
Ⅲ期
Ⅱ期
2000年Ⅰ期
20
東海経済のポイント
5-3 消費①
愛知県では、名古屋地区の百貨店は店舗閉鎖などにより販売額指数は低水準であるが、西三河地区、名古
屋地区のスーパーは出店増加により、基準年(2005年= 100.0)を上回る水準で推移している。
岐阜県では、岐阜地区はスーパーの出店増加により基準年を上回る水準で推移しており、中濃地区はインフラ
整備が進むにつれてこのところ出店が増加し指数が上昇している。
三重県では、北勢地区は基準年を下回っているものの、底堅く推移している。
総じて、都市部、自動車関連産業の集積地と交通インフラの整備された地区に伸びが見られる。
★地区別全店販売額指数(3か月平均)の推移
2012年第1四半期の大型小売店販売額
季節調整済指数(基準年:2005年=100)
115.0
110.0
飛騨地区
105.0
100.0
95.0
岐阜地区
中濃地区
西濃地区
東濃地区
90.0
尾張地区
85.0
西三河地区
北勢地区
名古屋市
(スーパー)
東三河地区
80.0
伊賀地区
75.0
中勢地区
70.0
南勢地区
1
3
5
7
9
11
1
3
2008
5
7
9
11
1
2009
3
5
7
9
11
1
3
5
2010
7
9
11
1
3
2011
東紀州地区
名古屋地区
(百貨店)
名古屋地区
(スーパー)
西三河地区
中濃地区
岐阜地区
北勢地区
80未満
100以上105未満
80以上90未満
105以上110未満
90以上100未満
110以上
出所:中部経済産業局「東海地域の消費動向の現状について」(平成24年7月11日、第41回地域経済産業調査「特別調査」)から抜粋
注:地区は、各県の地方事務所管轄地区
秘匿
東海経済のポイント
5-3 消費②
乗用車販売は、東日本大震災やタイの洪水の影響による乗用車生産減少により伸び悩んだ。
前年に引き続き、普通車の割合が小型車の割合を上回った。
★東海
700
登録ナンバー別乗用車新規登録・届出台数の推移
普通車
普通車比率
(単位 左軸:千台、右軸:%)
小型車
小型車比率
軽自動車
軽自動車比率
90.0
80.0
600
70.0
500
60.0
400
125 50.0
40.0
300
30.0
200
149
100
158 10.0
0
20.0
0.0
(年)
注:登録ナンバー別登録・届出台数の速報値の1~12月の合計
出所:(一社)日本自動車販売協会連合会、(社)全国軽自動車協会連合会
東海経済のポイント
5-3 消費③
東海地域の自動車の総保有台数に占めるハイブリッド自動車の割合は、普及率の高い愛知県が
牽引する形で、全国を上回っている。
ハイブリッド自動車の全国の保有台数に対する東海地域のシェアは約14%。
注:自動車の総保有台数、ハイブリッド自動車の保有台数は2012年3月末時点。
また、全て二輪車を除いた保有台数を指す。
出所:(財)自動車検査登録情報協会「自検協統計」
東海経済のポイント
5-4 設備投資
東海の設備投資は、2012年度、前年比で2年連続で増加する計画となっている。
中部の海外への投資は、輸送用機械が7割以上を占めている
★設備投資実績前年度増減率の推移
東海
(%)
★国内・海外(現地法人)関係会社への投融資残高の構成比
全国
30
20
19.2
国内
53.4%
製造業
42.5%
海外
46.6%
12.0
10
その他
4.0%
0
★製造業の海外(現地法人)関係会社への投融資残高の
業種別構成比
▲ 10
化学
0.8%
▲ 20
金属製品 プラスチック製 非鉄金属
2.1%
品
0.2%
鉄鋼
0.8%
0.6%
窯業・土石
飲食料
1.1%
一般機械
5.5%
▲ 30
5.7%
繊維
0.2%
パルプ・紙・加工
品
0.0%
その他
1.7%
電気機械
7.5%
1990年度
1991年度
1992年度
1993年度
1994年度
1995年度
1996年度
1997年度
1998年度
1999年度
2000年度
2001年度
2002年度
2003年度
2004年度
2005年度
2006年度
2007年度
2008年度
2009年度
2010年度
2011年度
2012年度
▲ 40
出所:日本政策投資銀行「設備投資計画調査」
注:東海は、岐阜、愛知、三重、静岡の4県。2012年度は、計画値。
輸送用機械
73.8%
出所:中部経済産業局「平成22年企業活動基本調査」
東海経済のポイント
5-5 工場立地
2011年の工場立地件数は、5年ぶりに増加。岐阜県、三重県が増加に寄与。全国シェアも上昇。
★東海の工場立地件数の推移
(%)
(件)
400
全国シェア
350
12.5%
16.0
三重県
14.0
300
12.0 全
10.0 国
シ
8.0
ェ
109件6.0 ア
4.0
立 250
地
件 200
数 150
100
50
18.0
立地件数
0.0
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
0
2.0
出所:経済産業省「工場立地動向調査」
岐阜県
愛知県
全国シェア
東海経済のポイント
5-6 公共投資
2011年度の受注金額は3年ぶりに増加、全国シェアも上昇している。
★東海の公共工事受注金額の推移
( 十億円)
(%)
2,000
10.0
8.9%
1,800
9.0
全国シェア
1,600
8.0
1,400
7.0
1,200
6.0
1,000
5.0
811
800
4.0
157
600
岐阜
3.0
490
400
200
2.0
愛知
1.0
三重
164
0
0.0
2000
2001
2002
2003
出所:国土交通省「建設工事受注動態統計調査」
注:金額は総工事評価額。
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
(年度)
東海経済のポイント
5-7 住宅投資
住宅着工数は、2009年度より8万戸を下回り低水準、全国シェアも低下傾向。
★東海の新設住宅着工戸数の推移
分譲住宅
給与住宅
貸家
持家
全国シェア
(千戸)
160
12.0%
140
10.0%
9.0%
120
8.0%
100
76
80
6.0%
17
1
60
4.0%
23
40
2.0%
20
35
出所:国土交通省「建築着工統計調査報告」
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
0.0%
1992
0
(年度)
東海経済のポイント
5-8 輸出入①
名古屋税関の輸出額は、アジア向けが約4割、米国向けが約2割を占める。中国向けはEU向けを
上回っている。
★名古屋税関管内の国・地域別輸出額(10年→11年)
(対中国)
輸出総額
一般機械
電気機器
輸送用機器
対EU(シェア 14.2%)
2.29兆円 (+32.8 → + 2.6)
0.63兆円 (+60.7 → +13.2)
0.41兆円 (+18.1 → ▲ 3.2)
0.56兆円 (+41.1 → ▲ 2.9)
輸出総額
一般機械
電気機器
輸送用機器
1.98兆円 (+14.9 → ▲
0.55兆円 (+17.3 → +
0.27兆円 (+ 2.7 → +
0.84兆円 (+16.8 → ▲
E U
中 国
米
国
ア ジ ア
対アジア(シェア 41.5%)
輸出総額
一般機械
電気機器
輸送用機器
5.81兆円 (+35.2 → +
1.47兆円 (+56.1 → +
1.06兆円 (+23.3 → ▲
1.14兆円 (+37.9 → ▲
中 東
1.4)
8.3)
2.7)
3.4)
対中東(シェア 5.8%)
輸出総額
輸送用機器
対米国(シェア 20.7%)
中 部
0.82兆円 (+23.6 → ▲15.7)
0.64兆円 (+31.2 → ▲20.1)
輸出総額
一般機械
電気機器
輸送用機器
対全世界
輸出総額
一般機械
電気機器
輸送用機器
※数値は、2011年の名古屋税関管内の国・地域別輸出額(円ベース) を示す。ただし、中国はアジアの内数。
また、(
)内は、2010年の対前年増減率(%)→2011年の対前年増減率(%) を示す。
出所:名古屋税関「管内貿易概況」
2.90兆円 (+15.1 → ▲ 8.8)
0.63兆円 (+37.9 → +12.7)
0.38兆円 (+23.7 → ▲ 3.3)
1.50兆円 (+ 8.1 → ▲18.2)
14.00兆円 (+26.2 → ▲
3.08兆円 (+38.7 → +
1.90兆円 (+18.8 → ▲
5.81兆円 (+24.1 → ▲
3.2)
1.8)
0.3)
4.9)
1.9)
9.2)
1.0)
8.7)
東海経済のポイント
5-8 輸出入②
名古屋税関の輸入額は、アジアからが約5割、中東からが約3割を占める。品目別では、鉱物性燃料が
約4割、原料別製品が約1割を占める。
★名古屋税関管内の国・地域別輸入額(10年→11年)
(対中国)
輸入総額
電気機器
原料別製品
一般機械
1.88兆円 (+16.2 → +15.4)
0.46兆円 (+36.4 → +23.2)
0.33兆円 (+26.1 → +16.2)
0.19兆円 (+23.2 → ▲ 7.0)
※鉱物性燃料:原油及び粗油、石油ガス類な ど
※原料別製品:アルミニウム及び同合金、鉄鋼、織物用糸
及び繊維製品、金属製品など
対EU(シェア 8.5%)
中 国
輸入総額
輸送用機器
化学製品
原料別製品
E U
ア ジ ア
米国
対アジア(シェア 45.9%)
輸入総額
電気機器
原料別製品
鉱物性燃料
0.73兆円 (+ 1.5 → +13.7)
0.29兆円 (▲ 6.2 → +31.8)
0.19兆円 (+ 4.2 → + 8.9)
0.06兆円 (+ 1.0 → +11.9)
対米国(シェア 6.1%)
3.93兆円 (+18.6 → +13.5)
0.73兆円 (+31.4 → +14.5)
0.64兆円 (+23.5 → +16.0)
0.46兆円 (+16.4 → +19.7)
中 東
対中東 (シェア 26.0%)
輸入総額
鉱物性燃料
原料別製品
輸入総額
食料品
化学製品
原料別製品
中 部
2.23兆円 (+22.7 → +42.4)
2.19兆円 (+22.2 → +42.5)
0.02兆円 (+112.6→+52.3)
対全世界
輸入総額
鉱物性燃料
原料別製品
電気機器
※数値は、2011年の名古屋税関管内の国・地域別輸入額(円ベース) を示す。ただし、中国はアジアの内数。
また、(
)内は、2010年の対前年増減率(%)→2011年の対前年増減率(%) を示す。
出所:名古屋税関「管内貿易概況」
0.52兆円 (▲ 5.3 → + 9.1)
0.16兆円 (▲ 5.8 → +23.4)
0.08兆円 (+31.1 → + 6.0)
0.06兆円 (▲ 8.3 → +11.1)
8.57兆円 (+16.9 → +20.6)
3.05兆円 (+22.3 → +12.1)
1.04兆円 (+27.1 → + 1.7)
0.81兆円 (+29.4 → + 1.3)
東海経済のポイント
5-8 輸出入③
名古屋税関の輸出額シェアは、このところ2割程度で推移。
輸入額シェアは、低下傾向で推移していたが、2011年は4年ぶりに上昇。
★税関別 輸出額の推移
★税関別 輸入額の推移
(兆円)
150
30%
(兆円)
150
15%
140
28%
140
14%
130
26%
130
120
24%
120
22%
110
100
20%
100
10%
90
18%
90
9%
80
8%
全国に占める名古屋税関
管内の輸出額シェア
110
21.4%
80
16%
70
65.5
14%
60
7.5
12%
8.9
50
その他
大阪
神戸
横浜
12.6%
12%
全国に占める名古屋税関
管内の輸入額シェア
11%
68.1
70
東京
名古屋
9.3
60
10%
50
8%
40
6%
30
4%
20
2%
10
0%
0
10.1
10.7
30
14.3
20
10
14.0
0
2003
2004
2005
2006
出所:財務省「貿易統計」
2007
2008
2009
2010
2011
7%
6%
5%
4%
13.2
18.5
3%
2%
1%
8.6
(年)
0%
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
その他
大阪
神戸
8.5
10.2
40
13%
(年)
横浜
東京
名古屋
3.00
(倍)
東海
2.50
全国
2.00
1.50
1.07
1.00
0.82
0.50
0.00
注:四半期は、季節調整済値。
出所:厚生労働省「一般職業紹介状況」
3.00
2012年1-3
2012年4-6
2012年7-9
★有効求人倍率の推移
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
全国
2012年1-3
2012年4-6
2012年7-9
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
東海経済のポイント
5-9 雇用
雇用は、厳しい状況が続いているものの、完全失業率には改善がみられる。
★完全失業率の推移
6.00
(%)
5.50
5.00
東海
4.50
4.00
4.3
3.50
3.2
2.50
2.00
1.50
1.00
注:東海の四半期は、季節調整済値。
完全失業率の東海は、静岡、岐阜、愛知、三重の4県を指す。
出所:総務省「労働力調査」
東海経済のポイント
5-10 金融
中部地域の銀行貸し出しの全国シェアは、リーマン・ショック後に一旦低下後、小幅回復、その後は、横ば
い状態にある。また、東海地域は、全国に比べて貸出金利が低い(いわゆる「名古屋金利」)。
★貸出約定金利(ストックベース)の東海と全国の差(東海-全国)
★銀行貸し出し 中部のシェア推移
(%)
0.000
9.2
▲0.100
9.0
▲0.131
▲0.200
8.8
▲0.314
▲0.300
▲0.400
8.6
8.7%
▲0.409
▲0.500
8.4
▲0.600
地銀
第二地銀
信金
8.2
▲0.700
98 99
00
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
出所:日本銀行「預金・貸出関連統計(預金・貸出残高/貸出金・国内銀行)」
注:中部は、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重の6県を指す。
12
1995.1
5
9
1996.1
5
9
1997.1
5
9
1998.1
5
9
1999.1
5
9
2000.1
5
9
2001.1
5
9
2002.1
5
9
2003.1
5
9
2004.1
5
9
2005.1
5
9
2006.1
5
9
2007.1
5
9
2008.1
5
9
2009.1
5
9
2010.1
5
9
2011.1
5
9
2012.1
5
▲0.800
8.0
出所:日本銀行名古屋支店「東海3県の金融指標」
日本銀行「預金・貸出関連統計」
東海経済のポイント
5-11 エネルギー
中部の新エネルギー認可出力は、太陽光、風力などを中心に年々増加している。
なお、東海のエネルギー使用量を2009年度と1990年度で比べると、民生部門(一般家庭、業務用(ビ
ル等))の割合が増加している。
★中部地域における新エネルギーの導入状況の推移
★東海地域におけるエネルギー使用量の部門別構成比
1990年度(総使用量:1,147,448TJ)
(各年度末のRPS法認可設備の出力の合計)
(万kW)
風力
水力
太陽光
バイオマス
100
全国シェア
10.5
90
(%)
11.0
19.9
運 輸
6.6%
民 生
24.2%
10.5
80
産 業
69.2%
10.0
70
9.5
60
46.0
50
9.0
40
2009年度(総使用量:1,172,652TJ)
運 輸
10.8%
8.5
30
2.7 8.0
20
25.9
10
7.0
0
2006年度
2007年度
2008年度
2009年度
2010年度
産 業
54.2%
7.5
民 生
34.9%
2011年度
注:バイオマスは、発電設備の出力に使用燃料のバイオマス熱量比率を乗じた出力。
出所:資源エネルギー庁ホームページ
注:TJはテラジュール(テラは10の12乗)。
総使用量は熱量換算値。
東海経済のポイント
6.トピックス
東海経済のポイント
6-1 ヘルスケアビジネス ①医療・福祉
東海の医療・福祉体制は、全国に比べ小規模で患者数や医療費も少ない。
老人クラブ会員数は、岐阜県と三重県で全国よりも多い。
★人口1人当たり医療・福祉体制(全国=100)
★人口1人当たり医療費(2011年度)
( 万円)
30
病院数
120.0
介護サービス施設定員数
一般診療所数
100.0
25
80.0
介護サービス施設数
歯科診療所数
60.0
40.0
20.0
薬局数
病床数(病院+一般診療所)
0.0
20
愛知県
岐阜県
三重県
全国
★65歳以上人口千人当たりの老人クラブ会員数(2010年度)
患者数(外来)
医師数
( 人)
450
400
350
患者数(在院)
薬剤師数
300
250
保健師数
200
150
東海
愛知県
岐阜県
三重県
100
50
0
愛知県
岐阜県
三重県
全国
出所:厚生労働省「医療施設(動態)調査・病院報告(平成22年)」、「医師・歯科医師・薬剤師調査(平成22年)」、「衛生行政報告例(平成22年)」、「衛生行政報告例(平成22年度)、
「介護サービス施設・事業所調査(平成21年)」、「医療費の動向(平成23年度)」、「福祉行政報告例(平成22年度)」、総務省「国勢調査(平成22年抽出速報集計)」
東海経済のポイント
6-1 ヘルスケアビジネス ②医薬品・医療機器
医薬品生産額は、東海の全国シェアは約1割、岐阜県が増加傾向。
医療機器生産額は、同シェアは約5%、県別では愛知県が多い。
★医薬品生産金額及びシェア
★医療機器生産金額及びシェア
80
11.0
12
5.6
10.5
10
5.4
70
60
生
産
額
(
百
億
円
)
全
10.0 国
シ
ェ
9.6
ア
9.5
(
%
)
9.0
50
40
30
20
10
0
8.5
2005
2006
愛知県
2007
2008
岐阜県
2009
三重県
2010
生
産
額
(
百
億
円
)
5.2 全
国
シ
5.0 ェ
ア
(
4.8 4.8 %
)
8
6
4
2
4.6
0
2011
4.4
2005
東海シェア
2006
愛知県
★医薬品の輸出・輸入金額(全国)
2007
2008
岐阜県
2009
三重県
2010
2011
東海シェア
★医療機器の輸出・輸入金額(全国)
120
300
253
250
金 200
額
( 150
百
億
円 100
)
106
100
金 80
額
( 60
百
億
円 40
)
輸入
輸出
48
輸入
輸出
20
50
14
0
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
0
2005
出所:厚生労働省「薬事工業生産動態統計年報」
2006
2007
2008
2009
2010
2011
東海経済のポイント
6-2 農業 ①概要
東海の農家数、農業就業人口および農業産出額は、減少傾向。
東海の全国シェアは、農家数は上昇しているが、就業人口および産出額は低下。
★農業就業人口の推移
12.0
450
10.0
10,000
9.0
400
9.0
9,000
8.0
10.4
400
8.2
10.0
350
350
8.2
8.0
農
家 250
数
(
千 200
戸
)
6.0
111
94
4.0
就
業 250
人
口
( 200
千
人
) 150
2.2
50
6.0
5.0
145
1.8
50
56
自給的農家
中部
全国シェア
33
69
東海
65歳未満
注:北陸(2県)とは、富山県および石川県を指す。
1,702
29
6.0
5.0
4.0
1,516
3.0
3,000
2.0
2,000
4,483 2.0
3,556
北陸(2県)
65歳以上
1.0
1,000
0.0
0
10 1.4
186
1.0
927
13
0
1990
1995
2000
2005
2010
1990
1995
2000
2005
2010
1990
1995
2000
2005
2010
0.0
1990
1995
2000
2005
2010
0
販売農家
4.0
産 6,000
出
額 5,000
(
億
円
4,000
)
152 2.0
17
北陸(2県)
6.2
3.0
111
39
東海
7,000
7.0
39
1990
1995
2000
2005
2010
113
7.0
7.5
6.4
100
100
8,000
0.0
1990
1995
2000
2005
2010
150
300
1990
1995
2000
2005
2010
300
8.0
東海
中部
全国シェア
耕種
畜産
1990
1995
2000
2005
2010
450
★農業産出額の推移
1990
1995
2000
2005
2010
★農家数の推移
北陸(2県)
中部
加工農産物
全国シェア
出所:農林水産省「農林業センサス」、「生産農業所得統計」
東海経済のポイント
6-2 農業 ②生産構造
全国に比べ、東海は野菜や花き、鶏卵の比率が高い。
★農業産出額(2010年)
全国
その他の鶏
4.1%
鶏卵
5.4%
中部
加工農産物
0.6%
その他の鶏
1.7%
その他の畜
産
6.8%
米
鶏卵
22.1%
8.3%
乳用牛
6.0%
肉用牛
4.5%
加工農産物
0.7%
その他の畜
産
7.1%
米
19.0%
乳用牛
9.4%
肉用牛
6.2%
その他の耕
種 花き
7.6% 4.3% 果実
9.1%
その他の耕種
4.9%
野菜
27.2%
花き
10.8%
東海
米
13.8%
その他の耕種
4.3%
花き
1.6%
乳用牛
6.5%
肉用牛
5.0%
その他の耕種
5.0%
北陸(2県)
加工農産物
その他の鶏
0.9%
0.1%
その他の畜
鶏卵
産
肉用牛
6.9% 3.6%
2.0%
乳用牛
4.0%
加工農産物
0.6%
その他の鶏
2.1%
その他の畜
産
7.5%
鶏卵
8.6%
果実
5.7%
野菜
28.5%
野菜
32.0%
花き
12.9%
果実
4.2%
野菜
12.5%
果実
6.0%
注:北陸(2県)とは、富山県および石川県を指す。
出所:農林水産省「生産農業所得統計(平成22年)」
米
60.0%
東海経済のポイント
6-2 農業 ③高シェア農産物
東海の高シェア農産物は、花きは愛知県の「きく」「洋ラン(鉢)」、野菜は愛知県の「キャベツ」「ブロッコ
リー」、岐阜県の「ほうれんそう」。三重県は「お茶(生葉)」や「荒茶」。
★全国シェアが高い主要農産物(2010年)
トマト
都道府県
1位
2位
3位
4位
5位
熊本
北海道
愛知
茨城
千葉
全国
キャベツ
産出額(億円) 全国シェア(%)
350
179
164
151
142
2,195
15.9
8.2
7.5
6.9
6.5
都道府県
愛知
群馬
千葉
神奈川
茨城
全国
230
151
119
86
73
1,121
お茶(生葉)
都道府県
1位
2位
3位
4位
5位
静岡
鹿児島
三重
京都
福岡
全国
40.8
23.5
7.6
5.4
4.3
都道府県
1位
2位
3位
4位
5位
静岡
鹿児島
京都
三重
福岡
全国
209
82
56
55
35
705
29.6
11.6
7.9
7.8
5.0
洋ラン(鉢)
産出額(億円) 全国シェア(%)
134
80
30
22
19
338
埼玉
千葉
群馬
茨城
岐阜
全国
39.6
23.7
8.9
6.5
5.6
都道府県
産出額(億円) 全国シェア(%)
愛知
福岡
静岡
埼玉
長野
全国
出所:農林水産省「生産農業所得統計(平成22年)」
61
25
19
17
17
289
たまねぎ
産出額(億円) 全国シェア(%)
135
130
73
67
58
1,008
13.4
12.9
7.2
6.6
5.8
都道府県
北海道
佐賀
兵庫
愛知
長崎
全国
はくさい
産出額(億円) 全国シェア(%)
愛知
沖縄
福岡
鹿児島
長崎
全国
荒茶
都道府県
20.5
13.5
10.6
7.7
6.5
都道府県
きく
産出額(億円) 全国シェア(%)
302
174
56
40
32
741
ほうれんそう
産出額(億円) 全国シェア(%)
21.1
8.7
6.6
5.9
5.9
都道府県
茨城
長野
北海道
愛知
福島
全国
532
112
100
30
27
960
55.4
11.7
10.4
3.1
2.8
ブロッコリー
産出額(億円) 全国シェア(%)
134
130
21
19
17
522
産出額(億円) 全国シェア(%)
25.7
24.9
4.0
3.6
3.3
都道府県
北海道
埼玉
愛知
香川
長野
全国
産出額(億円) 全国シェア(%)
56
40
34
28
21
342
16.4
11.7
9.9
8.2
6.1
東海経済のポイント
6-3 林業
木材素材生産量は、大きく減少したのち、近年横ばいとなっている。東海のシェアは、低下している。
★国産材の素材生産量の全国シェア推移
東海生産量
東海 シェア
(千m3)
4,000
(%)
8.0
3,500
7.0
3,000
6.0
2,500
5.0
2,000
4.0
3.6
1,500
3.0
1,000
2.0
500
1.0
626
0
0.0
1960 1965 1970 1975 1980 1985 1990 1995 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
(年)
出所:農林水産省「木材受給報告書」
東海経済のポイント
参 考
東海経済のポイント
① 主要指標の県別データ
2011/10/01
km2
377,955
29,997
7.9
5,165
10,621
5,777
21,564
5.7
4,248
4,186
4,190
12,623
人口
2012/03/31
千人
126,660
13,415
10.6
7,263
2,069
1,839
11,171
8.8
1,088
1,157
803
3,047
世帯数
2012/03/31
千世帯
54,171
5,278
9.7
2,947
757
728
4,432
8.2
394
452
276
1,121
県内総生産(名目)
2009年度
億円
4,832,165
542,994
11.2
318,913
69,062
71,553
459,528
9.5
40,966
42,500
31,132
114,597
2.4
内閣府「県民経済計算年報」
うち第1次産業
2009年度
億円
54,636
4,415
8.1
1,712
791
931
3,434
6.3
526
456
360
1,342
2.5
内閣府「県民経済計算年報」
うち第2次産業
2009年度
億円
1,142,950
177,734
15.6
109,103
19,566
27,350
156,020
13.7
11,945
9,769
8,026
29,741
2.6
内閣府「県民経済計算年報」
うち第3次産業
2009年度
億円
3,805,460
377,662
9.9
217,342
50,974
45,976
314,292
8.3
29,786
33,584
23,688
87,059
2.3
内閣府「県民経済計算年報」
就業者数
2010/10/01
千人
59,611
6,722
11.3
3,676
1,023
895
5,594
9.4
546
582
402
1,530
2.6
総務省「国勢調査」
事業所数
(民営事業所のみ)
2009/07/01
事業所
5,886,193
656,890
11.2
337,904
109,658
85,217
532,779
9.1
58,021
66,090
46,331
170,442
2.9
総務省「経済センサス」
農業産出額
2010年
億円
82,551
6,223
7.5
2,962
1,114
1,024
5,100
6.2
615
508
413
1,536
1.9
農林水産省「生産農業所得統計」
着工新設住宅戸数
2011年度
戸
841,246
88,141
10.5
55,778
10,630
9,360
75,768
9.0
5,715
6,658
3,579
15,952
1.9
国土交通省「建築着工統計調査」
2010年
億円
2,891,077
584,005
20.2
382,108
48,275
97,647
528,030
18.3
32,233
23,742
18,070
74,045
2.6
経済産業省「工業統計」
2010年
億円
906,672
165,689
18.3
99,082
17,979
29,077
146,138
16.1
11,711
7,840
6,656
26,207
2.9
経済産業省「工業統計」
卸売業年間販売額
2007年
億円
4,135,317
447,488
10.8
351,517
26,485
20,079
398,080
9.6
21,226
28,182
13,256
62,663
1.5
経済産業省「商業統計」
小売業年間販売額
2007年
億円
1,347,054
148,511
11.0
82,915
21,121
19,325
123,362
9.2
11,754
13,394
9,047
34,196
2.5
経済産業省「商業統計」
道路実延長(一般道路)
2010/04/01
km
1,202,449
124,807
10.4
43,047
30,307
24,815
98,169
8.2
13,620
13,018
10,683
37,320
3.1
国土交通省「道路統計年報」
乗用車の保有台数
2012/3/31
千台
58,729
7,645
13.0
3,933
1,252
1,099
6,284
10.7
680
681
487
1,848
3.1
(財)自動車検査登録情報協会
「自動車保有車両数月報」
国内銀行の貸出残高
2012/03/31
現在
億円
4,174,237
288,632
6.9
164,148
37,695
32,750
234,593
5.6
28,077
25,962
16,826
70,865
1.7
日本銀行
「都道府県別預金・現金・貸出金」
2012/03/31
現在
億円
6,101,225
551,501
9.0
325,956
65,631
70,442
462,029
7.6
45,984
43,488
28,903
118,375
1.9
日本銀行
「都道府県別預金・現金・貸出金」
2011年
件
405,216
40,842
10.1
33,110
2,497
2,251
37,858
9.3
1,782
1,202
1,224
4,208
1.0
特許庁「特許行政年次報告書」
工業所有権出願件数
(特許、実用新案、意匠及び商標の出願のう
ち、日本人によるものの合計)
注1:事業所数は、事業内容等が不詳の事業所を除く。
東海3県
富山
石川
北陸3県の
全国比(%)
面積
(ゆうちょ銀行を除く)
三重
(参考)
北陸3県
全国
国内銀行の預金残高
岐阜
(参考)
福井
単位
(ゆうちょ銀行を除く)
愛知
東海3県の
全国比(%)
時点
製造品出荷額等
(従業者4人以上)
付加価値額
(従業者4人以上)
中部5県
中部の
全国比(%)
項目
資料出所
国土地理院
「全国都道府県市区町村別面積調」
総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口
2.4
動態及び世帯数」
総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口
2.1
動態及び世帯数」
3.3
注2:卸売業年間販売額(2007年)と小売業年間販売額(2007年)は、2006年4月~2007年3月を調査対象期間としている。
注3:四捨五入の関係で、中部5県、東海3県、北陸2県の値と該当県の合計値が異なることがある。
東海経済のポイント
② 社会・生活関連指標
項目
時点
単位
人口密度
2011年
人/k㎡
1世帯当たり人員
2012/03/31
1人当たり県民所得
完全失業率 総数
全国
愛知
岐阜
三重
335.12
5
1,406.20
人
2.34
2.46
2009年度
千円
2,791
2011年平均
%
4.6
2007/10/01
%
59.8
2007/10/01
%
48.8
2010年
千人
1,106.3
2010年
千人
1,106.3
有効求人倍率
2011年平均
倍
家賃(民営)(※注2)
1か月(3.3m2当たり)
2011年平均
円
---
住宅地の平均価格
2012/07/01
千円/㎡
---
乗用車の1世帯当たり
保有台数
2012/3/31
台
1.080
1.331
持ち家住宅率
2008/10/01
%
61.1
57.8
1専用住宅当たり延べ面積
2008/10/01
m2
92.41
93.01
121.63
113.92
人口10万人当たり医師数
2010/12/31
人
230.4
203.4
194.6
198.7
下水道普及率(※注3)
2012/03/31
%
75.8
72.9
71.2
47.4
(※注1)
有業率 総数
(15歳以上人口に占める有業者の割合)
有業率 女
(15歳以上人口に占める有業者の割合)
常用労働者
当該県から他県へ流出した者
常用労働者
他県から当該県へ流入した者
0.65
3
5
1
6
6
4
5
8
7
6
5
2,970
3.6
9
64.2
194.79
318.25
2.73
2.53
2,520
2,731
3.7
9
3.7
富山(参考) 石川(参考) 福井(参考)
3
3
6
256.04
276.35
2.76
2.56
2,638
2,569
3.4
3.9
7
191.70
1
5,802.28
「全国都道府県市区町村面積調」(2011/10/01)、
「住民基本台帳人口要覧」(2012/03/31)
2.91
1.99
(財)国土地理協会
「住民基本台帳人口要覧」
3,907
内閣府「県民経済計算」
2,663
2
5
4.8
総務省「労働力調査」
63.5
総務省「就業構造基本調査」
51.8
総務省「就業構造基本調査」
190.9
厚生労働省「雇用動向調査」
239.8
厚生労働省「雇用動向調査」
0.82
厚生労働省「労働統計要覧」
8,937
総務省「小売物価統計調査年報」
308.1
国土交通省「都道府県地価調査」
1.761
0.481
(財)自動車検査登録情報協会
「マイカーの世帯当たり普及台数」
77.4
44.6
総務省「住宅・土地統計調査報告」
144.73
62.51
総務省「住宅・土地統計調査報告」
303.7
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師調査」
99.3
(社)日本下水道協会
「下水道処理人口普及率」
50.8
49.4
17.2
13.9
5.0
6.0
6.5
53.0
13.3
7.2
7.1
3.9
0.87
0.78
0.71
4,841
3,695
4,113
3,649
3,933
3,666
101.8
35.1
34.2
32.1
42.3
33.4
1.650
1.508
1.723
1.503
77.5
69.1
53.9
65.3
6
5
6
73.9
7
73.0
5
5
2
2
1
52.5
0.87
148.69
2
9
7
241.0
8
80.6
10
53.3
0.81
125.96
1
1
1
3
2
1
3.0
60.7
10
62.2
資料出所
61.4
52.2
62.4
1
東京
62.6
53.4
1.06
267.0
238.4
79.8
73.5
3
7
1
1
8
1
1
2
1
※
は、都道府県の順位(第10位まで)。完全失業率については、数値が低い方が上位。
注1:県別数値は、試算値であり、全国の結果に比べて精度が十分でなく、注意が必要。また、全国値は、岩手県、宮城県、福島県の補完推計値を用いた推計値である。
注2:県別数値は、県庁所在地における毎月の調査値の年平均価格。
注3:岩手県、福島県の2県は、東日本大震災の影響で調査ができない市町村があったため除外されている。
東海経済のポイント
③中部の主な製造事業所・産地 (愛知1)
輸送機械(輸)
1.トヨタ自動車㈱ 本社工場 <自動車部品(鋳鍛造部品、ハイブリッド用部品等)>
2~4.トヨタ自動車㈱ 元町工場、高岡工場、堤工場 <自動車>
5.トヨタ自動車㈱ 田原工場 <自動車>
6.三菱自動車工業㈱ 名古屋製作所 岡崎工場 <自動車>
7. ㈱豊田自動織機 長草工場 <自動車>
8.トヨタ車体㈱本社・富士松工場<自動車>
9.トヨタ車体㈱吉原工場 <自動車>
10.㈱デンソー 西尾製作所 <自動車部品(カーエアコン、燃料噴射装置等)>
11.アイシン・エイ・ダブリュ㈱ 岡崎工場 <自動車部品(トランスミッション等)>
12.アイシン精機㈱ 本社 <自動車部品(トランスミッション等)>
13.トヨタ紡織㈱ 猿投工場 <自動車部品(シート等)>
14.㈱東海理化電機製作所 本社工場 <自動車部品(スイッチ類)>
15.㈱三五 <自動車部品(マフラー)>
16.フタバ産業㈱ <自動車部品(マフラー)>
17.愛三工業㈱ 本社工場 <自動車部品(キャブレタ等)>
18.中央精機㈱ 本社事業所 <自動車部品(ホイール)等>
19.三菱重工業㈱ 名古屋航空宇宙システム製作所 <航空機部品(主翼等)>
20.三菱重工業㈱ 名古屋誘導推進システム製作所 <航空機部品(発動機)>
21. ㈱豊田自動織機 高浜工場<フォークリフト>
22.日本車輌㈱ 豊川製作所<鉄道車両>
電気機械(電)
1.豊田合成㈱ 平和町工場 <発光ダイオード>
2.三菱電機㈱ 名古屋製作所 <プログラマブルコントローラ等>
3.アンデン㈱ <電磁リレー等>
4.パナソニックエコソリューションズ電路㈱ <分電盤等>
5.日本特殊陶業㈱ 本社工場 <自動車プラグ>
6.アスモ㈱ 豊橋工場 <小型モータ>
7.ソニーEMCS㈱ 稲沢サイト <テレビ>
8.日立ターミナルメカトロニクス㈱ 豊川事業所 <端末装置>
9.アイホン㈱ 豊田工場 <インターホン>
機12
電1 電7
一般機械(機)
機5
輸14
機1
機2 機9
輸20
電4
電2
電5
機3
輸19
輸15
電9 輸13
機11
輸1~4
輸7 機4
輸9 輸18
輸17
輸12
1.オークマ㈱ 本社工場 <金属工作機械>
機13
2.ヤマザキマザック㈱ 大口工場 <金属工作機械>
輸8 輸6
機10
3.ブラザー工業㈱ 刈谷工場 <金属工作機械、ミシン>
輸16
4.富士機械製造㈱ <産業用ロボット>
電3
輸11
機8
機7
輸21
5.村田機械㈱ 犬山事業所 <半導体製造装置等>
6.オーエスジー㈱ <機械工具>
7.㈱マキタ 岡崎工場 <電動工具>
輸10
8.住友重機械工業㈱ PTC事業部名古屋製造所 <変速機>
9.CKD㈱ <空気圧機器>
10.㈱豊田自動織機 刈谷工場 <カーエアコン用圧縮機、繊維機械>
11.ホシザキ電機㈱ 本社工場 <冷凍・冷蔵設備>
自動車関連は、三河地方を中心
12.三菱電機㈱ 稲沢製作所 <エレベータ>
13.㈱IHI 愛知工場<運搬機械>
輸5
に、金属工作機械は、尾張地方
を中心に集積。
機6
電8
輸22
電6
東海経済のポイント
④中部の主な製造事業所・産地 (愛知2)
鉄鋼(鉄)
1.新日鐵住金㈱ 名古屋製鉄所 <薄板鋼板等>
2.愛知製鋼㈱ 知多工場 <特殊鋼鋼材>
3.大同特殊鋼㈱ 知多型鋳造工場 <特殊鋼鋼材>
4.東京製鐵㈱ 田原工場 <普通鋼鋼板>
5.トピー工業㈱ 豊橋製造所 <普通鋼形鋼・棒鋼等>
6.共英製鋼㈱ 名古屋事業所 <普通鋼棒鋼等>
7.中部鋼鈑㈱ 本社・製造所 <厚板鋼鈑等>
8.日本金属工業㈱ 衣浦製造所 <特殊鋼鋼材>
9.JFEスチール㈱ 知多製造所<鋼管>
10.日鉄鋼管㈱ 名古屋工場 <鋼管>
11.アイシン高丘㈱ 本社工場 <鋳造品>
窯業土石製品(窯)
繊維(繊)
1.中伝毛織㈱ <毛織物>
2.東レ㈱ 岡崎工場 <化学合成繊維>
3.ユニチカ㈱ 岡崎工場 <化学合成繊維>
4. ㈱ソトー <染色整理>
紙・パルプ・紙加工品(紙)
1.王子製紙㈱ 春日井工場 <用紙等>
非鉄金属(非)
1.住友軽金属㈱ 名古屋製造所 <アルミニウム板製品>
尾州毛織物産地 金8
(一宮市など)
金6
窯4 窯1
繊4
窯3
繊1
窯6
プ1
紙1
金属製品(金)
鉄7
窯2 金7
非1
鉄6
化学・石油製品(化)
1.東レ㈱ 東海工場 <樹脂>
2.ホーユー㈱ 瀬戸工場 <頭髪用化粧品>
3.JX日鉱日石エネルギー㈱ 知多製造所<石油化学製品等>
4.出光興産㈱ 愛知製油所<石油製品>
1.豊田合成㈱ 尾西工場 <機械器具部品>
2.フタムラ化学㈱ 名古屋工場 <軟質フィルム>
3.横浜ゴム㈱ 新城工場<タイヤ>
瀬戸陶磁器産地
(瀬戸市)
窯8
化2
プ2
1.中央発條㈱ 本社工場 <ばね>
2.中央発條㈱ 三好工場 <ばね>
3.日本発条㈱ シート生産本部豊田工場 <ばね>
4.㈱東郷製作所 本社工場 <ばね>
5.㈱松尾製作所 本社工場 <ばね>
6.リンナイ㈱ 大口工場 <ガス機器>
7.㈱パロマ 本社工場 <ガス機器>
8.兼房㈱ <機械刃物>
プラスチック・ゴム製品(プ)
1.日本特殊陶業㈱ 小牧工場 <ガスセンサ素子等>
2.日本ガイシ㈱ 名古屋事業所 <セラミックフィルタ等>
3.㈱エージック <ガスセンサ素子>
4.セラミックセンサ㈱ <ガスセンサ素子>
5.旭硝子㈱ 愛知工場 <強化ガラス等>
6.石塚硝子㈱ 本社・岩倉工場 <ガラス製ビン・食器>
7.㈱LIXIL 榎戸工場 <衛生陶器>
8.㈱東濃LIXIL製作所 瀬戸工場 <床タイル>
9.三菱レイヨン㈱ 豊橋事業所 <炭素繊維等>
金4
金2
金1
金3
鉄11
化1
金5
鉄1~3
化3 鉄10
繊3
化4 鉄9
繊2
知多綿スフ
織物産地
窯7 (半田市など)
三河綿スフ織物産地
常滑陶磁器産地
(西尾市・蒲郡市)
鉄8
(常滑市)
窯5
鉄5
陶磁器、織物等の産地が各地に分布。
ファインセラミックスは、全国随一の生
産拠点。
鉄4
プ3
窯9
東海経済のポイント
⑤中部の主な製造事業所・産地 (三重・岐阜)
輸送機械(輸)
紙・パルプ・紙加工品(紙)
電気機械をはじめ、一般機械、化学・
石油製品なども集積。
陶磁器等の産地も分布。
1.本田技研工業㈱ 鈴鹿製作所 <自動車>
1.大王製紙㈱ 可児工場 <衛生用紙等>
2.トヨタ車体㈱ いなべ工場 <自動車>
2.北越紀州製紙㈱ 紀州工場 <用紙等>
3.岐阜車体工業㈱ <自動車>
4.カヤバ㈱ 岐阜南工場 <自動車部品(ショックアブソーバ、油圧機器)>
鉄2
窯2
電8
5.テイ・エステック㈱ 鈴鹿工場 <自動車部品(シート等)>
機1
機3
金1
6.川崎重工業㈱ 航空宇宙カンパニー<航空機部品(胴体等)>
プ1
7.天龍エアロコンポーネント㈱ <航空機部品(シート)>
美濃陶磁器産地
鉄1 輸7
紙1
8.ユニバーサル造船㈱ 津事業所 <鋼船>
窯4
(多治見市・土岐市・瑞浪市)
輸6 輸3
輸4
電4
繊1
窯5
機7
繊2
電気機械(電)
1.㈱東芝セミコンダクター&ストレージ社 四日市工場 <半導体集積回路>
一般機械(機)
2.シャープ㈱ 亀山事業所 <液晶素子>
1. ㈱ヤマザキマザック美濃加茂製作所 <金属工作機械>
3.シャープ㈱ 液晶三重工場 <液晶素子>
2.㈱森精機製作所 伊賀事業所 <金属工作機械>
輸2
4.イビデン㈱ 大垣事業場 <電子回路基板>
3.三菱マテリアル㈱ 岐阜製作所 <機械工具>
窯1
5.パナソニック㈱ デバイス社 伊勢工場 <コネクタ等>
4.NTN㈱ 桑名製作所 <軸受>
6.東洋電装㈱ 亀山工場 <エンジン発電機等>
5.ダイベア㈱ 名張工場 <軸受>
7.富士電機㈱ 鈴鹿工場 <モーター等>
6.富士電機㈱ 三重工場 <自動販売機>
機4
8.三菱電機㈱ 中津川製作所 <換気扇>
7.ナブテスコ㈱ 垂井工場 <油圧機器>
金3
9.京セラ㈱ 三重伊勢工場 <太陽電池モジュール>
プ3
10.新神戸電機㈱ 名張事業所 <蓄電池>
繊3
窯業土石製品(窯)
電1
1.㈱デンソー 大安製作所 <ガスセンサ素子、耐熱材等>
萬古陶磁器 機6 化1
2.イビデン㈱ 大垣北事業所 <セラミックフィルタ>
繊維(繊)
産地(四日市市) 化6
3.セントラル硝子㈱ 松阪工場 <合わせガラス等>
1.日本毛織㈱ 岐阜工場 <毛糸>
電6
化2~5
4.日本耐酸壜工業㈱ 本社工場 <ガラスびん>
2.東海染工㈱ 岐阜事業所 <染色整理>
非2
プ2 輸5
電2
5.㈱日東製陶所 <モザイクタイル等>
輸1
3.サンレックス工業㈱ <不織布等>
非1電7
6.㈱LIXIL 伊賀上野工場 <内装タイル等>
機2
窯6
鉄鋼(鉄)
金3
化学・石油製品(化)
1.山口鋼業㈱ <普通鋼棒鋼>
輸8
1.東ソー㈱ 四日市事業所 <エチレン、樹脂等>
2.名北工業㈱ <特殊鋼棒鋼>
金2
2.三菱化学㈱ 四日市事業所 <樹脂、合成ゴム等>
電10
3.JSR㈱ 四日市工場 <合成ゴム>
非鉄金属(非)
機5
4.石原産業㈱ 四日市工場 <酸化チタン>
1.住友電装㈱ 鈴鹿製作所 <ワイヤーハーネス>
窯3
5.昭和四日市石油㈱ 四日市製油所 <プロピレン、石油製品等>
2.古河電気工業㈱ 三重事業所 <心線、光ファイバ等>
6.コスモ石油㈱ 四日市製油所 <石油製品>
電9
電3
電5
金属製品(金)
1.ユニバーサル製缶㈱ 岐阜工場 <アルミ缶>
2.久居LIXIL製作所㈱ <アルミ建材>
3.日立金属㈱ 桑名工場 <管継手>
プラスチック・ゴム製品(プ)
紙2
1.三甲㈱ <プラスチック製容器>
2.サンデック㈱ 三重工場 <硬質フィルム>
3.東洋ゴム工業㈱ 桑名工場 <タイヤ等>
東海経済のポイント
⑥ 工業地区別に見た中部の主要産業(東海)
地区名
製造品出荷額等による産業細分類上位業種および構成比
製造品
出荷額等
(百万円)
事業所数
従業者数
6,528
192,518
大垣
1,254
42,848
1,162,108 電子回路基板製造業
13.3 プラスチックフィルム製造業
岐阜
1,936
50,452
1,277,067 医薬品製剤製造業
15.1 航空機製造業
中濃
947
23,177
468,019
高山
454
11,578
245,723 医薬品製剤製造業
東濃
1,283
33,779
747,365 自動車部分品・附属品製造業
可茂
654
30,684
927,242 自動車部分品・附属品製造業
18,764
790,778
東三河
2,031
86,911
4,002,589 自動車製造業(二輪自動車を含む)
岡崎
1,570
77,714
4,019,402 自動車部分品・附属品製造業
42.9
知多・衣浦
2,488
151,220
5,865,389 自動車部分品・附属品製造業
37.5 自動車製造業(二輪自動車を含む)
岐阜県
愛知県
第1位
ボルト・ナット・リベット・小ねじ・木ねじ
等製造業
第3位
構成比
(%)
7.3
7.8 自動車部分品・附属品製造業
7.5
X 自動車製造業(二輪自動車を含む)
利器工匠具・手道具製造業(やすり、
のこぎり、食卓用刃物を除く)
14.8 他に分類されない非鉄金属製造業
8.6 空調・住宅関連機器製造業
21.4 ビデオ機器製造業
7.0 自動車部分品・附属品製造業
X 建具製造業
X
6.3
6.2
7.5 内燃機関電装品製造業
6.8
X 金属工作機械製造業
8.7
38,210,826
1,127
118,071
尾張
3,947
148,930
海部
1,142
27,165
名古屋
6,459
180,767
7,460,639 石油精製業
3,983
190,185
9,764,734
1,551
75,140
4,370,993 集積回路製造業
鈴鹿・亀山
434
30,816
2,437,373 自動車製造業(二輪自動車を含む)
松阪
532
21,225
825,105 液晶パネル・フラットパネル製造業
津
427
21,394
754,402
伊賀
441
23,415
861,845 自動車部分品・附属品製造業
東紀州
141
3,128
伊勢・志摩
457
15,067
桑名・四日市
構成比
(%)
第2位
4,827,525
豊田
三重県
構成比
(%)
11,576,350 自動車部分品・附属品製造業
4,545,204 娯楽用機械製造業
741,252 鉄鋼シャースリット業
その他の通信機械器具・同関連機械
器具製造業
76,061 洋紙・機械すき和紙製造業
438,954 コネクタ・スイッチ・リレー製造業
X 自動車部分品・附属品製造業
22.5
その他の電子部品・デバイス・電子回
路製造業
73.3 自動車製造業(二輪自動車を含む)
5.2 自動車部分品・附属品製造業
10.8
X 高炉による製鉄業
X 液晶パネル・フラットパネル製造業
37.7 自動車部分品・附属品製造業
X 冷凍機・温湿調整装置製造業
X
輸送機械器具用プラスチック製品製造
16.4
業(加工業を除く)
2.1
ラジオ受信機・テレビジョン受信機製
造業
10.5 自動車部分品・附属品製造業
X
5.6
6.6
X 石油精製業
12.2
X 自動車部分品・附属品製造業
10.9
6.6 板ガラス製造業
X 自動車部分品・附属品製造業
11.6 船舶製造・修理業
14.2 医薬品製剤製造業
7.8 金属工作機械製造業
X その他の水産食料品製造業
X
8.7
6.6
10.9 ゴムホース製造業
18.0 その他の電気機械器具製造業
注:「×」は、事業所数が1または2のため、秘匿としたことを示す。また、記載の地区名の順番は、工業統計表工業地区編に準拠。
X
X 娯楽用機械製造業
15.6 自動車製造業(二輪自動車を含む)
2.3
X デジタルカメラ製造業
5.0
その他の航空機部分品・補助装置製
造業
発電機・電動機・その他の回転電気機
械製造業
X 自動車タイヤ・チューブ製造業
出所:経済産業省「平成22年工業統計表 工業地区編」
X
X
東海経済のポイント
付録 経済指標関連ホームページ
■経済産業省 中部経済産業局
http://www.chubu.meti.go.jp/
(左メニュー「経済動向・統計データ」より)
経済動向、鉱工業指数、生産動態統計、企業活動基本調査 ほか
■経済産業省 (統計)
http://www.meti.go.jp/statistics/
工業統計、商業統計、生産動態統計、企業活動基本調査 ほか
■内閣府 経済社会総合研究所
http://www.esri.cao.go.jp/
国民経済計算、県民経済計算 ほか
■総務省 統計局
http://www.stat.go.jp/
国勢調査、経済センサス、労働力調査 ほか
■財務省 名古屋税関
http://www.customs.go.jp/nagoya/
貿易統計
■各県の統計
愛知県 (Web統計あいち)
岐阜県 (統計情報)
三重県 (みえDataBox)
富山県 (とやま統計ワールド)
石川県 (いしかわ統計指標ランド)
福井県 (福井県の統計情報)
http://www.pref.aichi.jp/toukei/
http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/tokeijoho/index.html
http://www.pref.mie.lg.jp/DATABOX/index.htm
http://www.pref.toyama.jp/sections/1015/index2.html
http://toukei.pref.ishikawa.jp/
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/toukei/
ダウンロード

東海経済のポイント2012(素材版) - 中部経済産業局