第4次大阪府障がい者計画(案)の概要
資料6
第4次障がい者計画とは(根拠:障害者基本法及び障害者自立支援法)
【計画の位置づけ】
○障がい者計画は、障害者基本法に定める都道府県障がい者計画(=障がい者施策全般に関する総合的・基本的な計画)。現行計画が今年度末で期間満了となるため、新たな計画を策定。
⇒障害者自立支援法に基づく障がい福祉計画(=障がい福祉サービス等の確保に関する計画)についても、今年度末で期間満了となるため、
第4次大阪府障がい者計画は、障がい福祉計画を包含するものとして、一体的に記述。
※障がい福祉計画は、現在すべての市町村において策定作業が行われており、これらと整合性を確保しつつ作成している。
【計画期間と基本理念】
○計画期間は、平成24(2012)年度から平成33(2021)年度までの10年間(障がい福祉計画に関する部分は、国の基本指針に即して平成26(2014)年度までの3年間)。
○本計画は、第4次大阪府障がい者計画(仮称)検討委員会及び大阪府障がい者施策推進協議会の意見具申、及び障害者基本法の改正などの最新の動向も踏まえ、
「人が人間(ひと)として支えあいともに生きる自立支援社会づくり」を基本理念とする。
第4次計画(案)の基本的な方向性
基本法改正等を踏まえた「5つの基本原則」
△権利の主体としての障がい者の尊厳の保持
△社会的障壁の除去・改善
△障がい者差別の禁止・合理的配慮の追求
△真の共生社会・インクルーシブな社会の実現
△多様な主体による協働
現状を踏まえた「3つの最重点施策」
□入所施設や病院からの地域移行の推進
【課題】
他の都道府県と比べて進展しているが、更に広がりのある形で
の展開が必要
【平成26年度における目標】
・施設からの地域移行:40%(国基準30%)
・入所者数の減少:20%(国基準10%)
・精神科病院の平均退院率(1年未満入院者):77.8%(7%増)
□就労支援の強化
【課題】
実績は伸びているものの十分ではなく、定着支援なども必要
【平成26年度における目標】
・福祉施設からの一般就労:1,100人[5.4倍(国基準4倍)]
・障害者就業・生活支援センターの1年後職場定着率90%
□施策の谷間にあった分野への支援の充実
【そのほか、更に推進する分野】
・発達障がい者 ・高次脳機能障がい者
・障がい児
・医療的ケアが必要な重症心身障がい児者
・盲ろう者
・難病・慢性疾患患者
等
障がい当事者の視点から施策を検討し、
生活場面ごとに取組み内容を掲載
生活場面ごとの取組み
生活場面1 「地域やまちで過ごす」
<めざすべき姿>障がい者が住み慣れた地域
で快適に暮らし活動している
○「広がりと展開力のある地域移行」の推進
(民間施設、障がい児施設、市町村の関与)
○「親なき後」を見据えた支援の充実、在宅障
がい者と家族のためのサービス基盤の整備
○グループホーム等の整備、自立支援協議会
の充実などによる相談支援体制の強化
○バリアフリー化の更なる推進 等
(平成28年度末)
・18歳以上の障がい児施設入所者ゼロをめざす
生活場面2 「学ぶ」
<めざすべき姿>障がいのある人が本人の
ニーズに基づき、障がいのない人と同じ場で学
んでいる
○早期発見・療育の充実、児童発達支援セン
ターや発達障がい児の療育拠点の整備
○通常学級・支援学級で教育を受けられるよう
支援の充実
○たまがわタイプ高等支援学校の整備 等
(平成25年度)
・知的障がい支援学校高等部の就職率の向上:35%
<めざすべき姿>障がい者が働くことを当然と
考え、能力や適性を活かして仕事に就き、働き
続けている
○ハートフル条例の推進等による障がい者雇用の
拡大、企業等への雇用ノウハウの提供、啓発
○チャレンジ雇用、行政の福祉化の取組み
○障害者就業・生活支援センターを核とした地
域の就労支援ネットワークの構築・強化
○経営改善や共同受注等による工賃の向上
○就労継続(定着)に向けた取組の充実 等
(平成26年度)
・就労実績のない就労移行支援事業所ゼロ
・工賃水準の向上:12,300円(現行より約30%引上げ)
生活場面5「楽しむ」
生活場面6「人間(ひと)としての
尊厳を持って生きる」
<めざすべき姿>障がい者がより質の高い生活
を楽しみ生き生きと活動している
○障がい者スポーツの裾野拡大、競技力の向上、
人材養成、ノウハウの普及
○芸術・文化カレッジなど自己実現の機会の確保
○社会参加、余暇活動の充実 等
<めざすべき姿>社会のだれもが障がい者
への合理的配慮を実践し、障がい者が社会
の構成員であることを実感している
○障がいや障がい者に対する理解の推進
○差別の禁止と合理的配慮の普及・啓発
○虐待防止、権利擁護の充実
○防災・防犯の推進
○情報・コミュニケーションの確保 等
生活場面4「心や体、命を大切にする」
<めざすべき姿>障がい者が必要な医療や
相談をいつでも受けることができる
○在宅の重症心身障がい児(者)への支援
○高次脳機能障がいに関わる地域支援ネット
ワークの充実
○医療サービス、リハビリテーション、こころの
健康相談の充実 等
生活場面3 「働く」
(平成26年度)
・医療的ケア対応障がい福祉サービス事業所数
:300事業所
計画の推進体制など
○本計画は、ホームページに掲載するなど広く周知。
○計画の進捗状況を適切に評価するため、大阪府障がい者施策推進協議
会や大阪府障がい者自立支援協議会に報告
⇒対応策などについて意見を聴いて、計画を推進
今後の予定
○障がい者施策推進協議会や自立支援協議会での意見、パブリック
コメントや府議会での議論を経て、今年度内に計画を策定
○計画策定後に、府議会に報告
ダウンロード

資料6-1 第4次大阪府障がい者計画(案)の概要