Tokyo6to4 Project
Just forward it.
パブリック 6to4 リレールーター
tokyo6to4.net
プロジェクトについて
IXP Meeting @ Roppongi, Tokyo
2008.10.31
しらはたしん <[email protected]>
田原 裕市郎 <[email protected]>
大久保 修一 <[email protected]>
熊木美世子 <[email protected]>
堀場 勝広 <[email protected]>
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
アジェンダ
• 6to4とは
• 6to4 Relay RouterとIPv4/IPv6インターネット
• Tokyo6to4プロジェクトの概要
– 現状の6to4利用時の課題
– 6to4 relay anycast address origin ASN list
– Tokyo6to4プロジェクトのめざす姿
•
•
•
•
運用
現状
ルーティング構成
DIX-IE参加者の皆様
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
6to4とは
• IPv4ネットワーク上でIPv6パケットを転送する技術
– 明示的なトンネル設定は不要
– IPv6導入初期の技術;
Native IPv6 ネットワーク環境までのつなぎ
– グローバルIPv4アドレスが必要
• IPv4グローバルアドレスがIPv6アドレスに
マッピングされる
192.0.2.42の場合:
2002:c000:022a: (/48)
192 0 2 42
/80
::c000:022a
※下位80bitについては
Windows XP SP3の場合
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
6to4 Relay Routerと
IPv4/IPv6インターネット
192.88.99.1
IPv4ノード
192.0.2.42
2002::/16
6to4
Relay router
IPv4
Internet
192.88.99.1
192.88.99.1
IPv6
Internet
6to4
Relay router 2002::/16
6to4
Relay router
2002::/16
IPv6ノード
2001:db8::1
2002:c000:022a::c000:022a
192.88.99.0/24と2002::/16がぞれぞれAnycastされている
行きと帰りの経路が非対称となる場合がある
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
Tokyo6to4プロジェクトの概要
• オープンな6to4リレールータを設置し、
DIX-IEに接続するプロジェクト
– 現在、太平洋を横断している6to4リレールータ宛
トラフィックを日本国内でハンドリング
– RTTの改善、スループットの向上
• 現状:
– % ping 192.88.99.1
– PING 192.88.99.1 (192.88.99.1) 56(84) bytes of data.
(snip)
– rtt min/avg/max/mdev =
178.021/179.060/183.185/2.130 ms, pipe 2
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
現状の6to4利用時の課題
6to4 relay router
IPv4
IPv6
6to4 relay router
6to4を利用する場合、トラフィックが
太平洋や太平洋・大西洋を横断
• RTTの上昇
• スループットの低下
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
6to4 relay anycast address
Origin ASN list (1/2)
Europe:
•
Denmark:
–
•
•
•
3327 Linxtelecom
1741 FUNET
Germany:
–
–
–
–
–
–
–
–
286 kpn.de
5430 Freenet
8767 m-net.de
12816 mwn
15598 IP Exchange
20640 Titan
29259 IABG Teleport
35244 kms.de
•
559 switch.ch
United Kingdom:
–
Source: Kevin Day, http://www.merit.edu/mail.archives/nanog/msg12218.html
1257 Tele2
16150 GlobalTransit
Switzerland:
–
•
16206 Abared
Sweden:
–
–
•
1930 FCCN
Spain:
–
•
1101 SURFNet
8954 InTouch
26943 Your.Org
31383 Computel
Portugal:
–
•
12779 itgate.net
Netherlands:
–
–
–
–
Finland:
–
Italy:
–
Estonia:
–
•
1835 FSK Net
•
5400 BT
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
6to4 relay anycast address
Origin ASN list (2/2)
Oceania/Asia:
North America:
•
•
Australia:
–
•
1221 Telstra
Korea:
–
17832 NISA
日本にない…
Source: Kevin Day, http://www.merit.edu/mail.archives/nanog/msg12218.html
US:
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
59 University of Wisconsin
109 Cisco
1239 Sprint
3344 Kewlio
5050 Pittsburgh Supercomputing
Center
6175 Sprint
7019 NTT
10533 Ottawa Internet Exchange
19255 Your.Org
19782 Indiana University
25795 ARP Networks
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
Tokyo6to4 プロジェクトのめざす姿
6to4 relay router
IPv4
IPv6
Tokyo6to4
6to4を利用する場合の品質向上
• RTTの低下
• スループットの向上
6to4
relay router
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
モチベーション (1/2)
for Users
• IPv6を簡単に試せる環境づくり
– 6to4, Teredo, ISATAP等の自動トンネル技術で、
多くのIPv4インターネットユーザに、IPv6に
触れていただける環境をつくりたい
• Windows XP, Vistaや一部のルータ(AirMac Extreme等)では
6to4を利用可能
• 6to4はあくまでIPv6導入初期のお試し環境
– プロダクションレベルのIPv6インターネットが
普及するまでのつなぎ
– 現在、6to4リレールータは海外にしかない
• KDDI研究所の6to4リレールータ(http://www.6to4.jp/)の
運用は2006年3月で終了
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
モチベーション (2/2)
for Network Operators
• IPv6共存技術としての自動トンネリング技術の導入
– 多くのネットワークで6o4 リレールータが運用される
ようになってほしい
• 今回はPCルータ(DELL PowerEdge + Quagga)を利用
• ノウハウの共有
– 構築・運用を行ううえで必要な情報共有
– ハードウェア構成、ソフトウェア設定例、トラフィック 、
パフォーマンス情報 etc..
• パスワード等を除き積極的に公開予定
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
運用
期間限定での運用(1~2年程度を予定)
•
–
–
•
スケーラビリティ等のノウハウ蓄積と公開
ISPの商用IPv6サービスとのすみわけ
KDDI研究所の6to4.jpとの違い
–
–
IPv4 Anycast アドレスでの運用
有志によるボランタリベースの運用
•
発起人/ご協力いただいている方々:
–
•
田原 裕市郎、白畑 真、大久保 修一、熊木 美世子、
仲西 亮子、堀場 勝広
アドバイザー:
–
加藤 朗、中村 修、江崎 浩、関谷 勇司
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
現状
• 機材調達完了
– PCルータ(PowerEdge 1850)
• 1000base-T * 2 (Onboard)
• 1000base-SX (GA620)
• DRAC4 (リモート管理)
– ソフトウェアインストール
• OS: Ubuntu 8.04.01 Server
• ルーティングデーモン: Quagga 0.99.11
• 動作テスト
– 6to4
– BGP4接続
– TCP MD5のテストは未了
• AS番号: 申請中
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
ルーティング構成
IPv6 Internet
IPv4 Internet
2002::/16を広報
Peering
Partners
::/0宛のパケットを転送
192.88.99.0/24を広報
DIX-IE
Transit
(WIDE)
Tokyo6to4
6to4 relay router
Transit
ピア先から受けとった
(WIDE)
経路宛に転送
0.0.0.0/0宛のパケットを転送
IPv6でのPeeringについては
サービス開始後に検討
• Peering
– DIX-IE各拠点
• Transit
– WIDEからのドネーション
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
DIX-IE参加者の皆様へのお願い:
{ピア,トランジット}してください!
• メリット:
– 御社のユーザが海外の6to4リレールーターを利用せずに
済みます
• RTTが短くなります
• すぐIPv6対応できないdix-ie参加ISPの方はぜひピアを!
• デメリット:
– 試験運用です
• トランジットが太くないので、予期せぬ量のトラフィックが
集中した場合、運用を中断する可能性があります。
• 緊急でメンテナンスをすることがあります(ただしAnycast
アドレスによる運用なので他の6to4 relay routerが代替)
• 設定情報:
– AS番号やPeerアドレスにつきましては現在準備中
• 連絡先:
– [email protected]
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
FAQ #1
• Q1: Tokyo6to4 プロジェクトの6to4リレールー
タに落ちた場合にはどうなりますか?
• A1: 落ちないように頑張りますが、落ちた場
合、他のサイトに迂回されます。
– 6to4 用のプレフィックスである192.88.99.0/24およ
び2002::/16はAnycastで広報されているため、海外
の6to4リレールータにルーティングされるます。
– ピアリング前の状態と同程度にデグレします。
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
FAQ #2
• Q2: どんな機器を利用していますか?
• A2: 1UサーバをPCルータとして利用
– 6to4はトンネリング技術なので、 6to4 relay
router 自体はIPv4/IPv6 デュアルスタック環
境の Cisco IOSや Linux (sit)、FreeBSD /
NetBSD (stf)で構築できます。特別なソフト
ウェアは不要です。
– 設定ファイルや統計情報などについても積
極的に公開予定です。
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
今後の展開
• 他の自動トンネル技術の展開
– 6to4に加え、Teredoでもサービスを提供
Tokyo6to4 Project
Just forward it.
Thank you!
ダウンロード

Media:tokyo6to4_intro_ixpmeeting200810