制度経済学Ⅰ④
• DVD質問
• Q1 日本の新産業は何か?
• Q2 日本の製造業の得意技は何か?
• Q3 なぜ国際標準の取得が重要か?
• ク現代 2009.4.1.
• DVD質問回答
• Q1 リチウムイオン電池 新しい産業
大型化 出力アップ 電池立国を目指す
新しい連携 東芝の大転換 21世紀は電池
の時代 太陽光発電・風力発電の蓄電池、
自動車・電車の動力源 新素材の発見
• Q2 日本の製造業の得意技は?
長期的な戦略設計、官民一体、花形産業の
形成史(軽工業⇒重工業⇒資本集約⇒技術
集約へ)、これまでのノウハウの集積、
技術集積に加えて 企業システム=本社・
親企業+一次、二次、下請け企業のネットワー
ク 市場原理プラスアルファ 信頼性
• Q3 なぜ国際標準の取得なのか?
リチウム電池の国際標準づくりードイツ、日本
の争い、各国のロビー活動にどう対応する
政府の役割
• 日本の企業システム 技術力の形成
• 本社と下請けの関係はどの市場経済にも
• 見られる
• 日本の場合、両者の間に強い信頼関係が
• 存在 日本的モノづくりの中心
•
•
•
•
なぜか?
たんなる価格関係であれば、本社と下請け
企業の間にはスポット契約だけが存在する
一回ごとの契約で終わり
• これに対して、日本の長期相対関係は異なる
• 日本型フォーディズムを支えた企業システム
• さらに、雇用関係も異なった 長期雇用
• 内部労働市場の発展 終身雇用 昇給制度
• 企業内労働組合制度、年功序列制度
• 数々の制度によって支えられた日本経済
•
•
•
•
そうした日本型フォーディズムのゆらぎ
終身雇用制度の衰退
年功序列制度から成果主義へ
企業別労働組合の限界
• いずれも1990年代以降、衰退が鮮明
• それに代わる安定的制度が不在:現在
安定的な制度の不在とは・・・
•
•
•
•
•
•
•
フォーディズムの制度⇒規制にもとづく競争
別名、「仕切られた競争」
その制度プラス市場のシステムで、
30年間(1945-1975)に及ぶ長期の成長
1980年代以降、一転して規制緩和へ
規制緩和=deregulation
Regulation( レギュレーション)は「規制」
それに対して、
•
•
•
•
•
•
Régulation レギュラシオンは、調整
規制緩和すれば競争刺激⇒利益増大
だが、しかし規制緩和の弊害、弱点は?
規制緩和の利益と弊害の実験
この30年間 1975-2005
その評価 当初の期待と異なる結果
ダウンロード

inst4