「東日本大震災における
情報共有の問題点」
2012年2月11日
平成23年度日医協有志のオフ会
本田整形外科クリニック 本田 忠
危機管理組織図
県医師会
事務局
各対策部
責任者
青森市
医師会
主な役割
弘前市
医師会
八戸市
医師会
西つがる
医師会
南黒市
医師会
・会員の安否確認
・会員への協力要請
・会員間の相互応援体勢の立案
・危機管理体制の全般統括
・最優先業務の決定
・平時体制移行の決定
・その他全社的事項
・対策本部の設営
・協力要請に対しての対応
・地域への情報発信
・広報・マスコミ対策
・官公庁対応
・重要書類の確保
北五
医師会
上十三
医師会
むつ下北
医師会
・薬の緊急手配
・資機材の再調達
・緊急資金の手配
弘前大学
医師会
県及び郡市医師会レベルで
必要なもの
1)衛星携帯電話 :ワイドスターII
2)mopera
3)imode
4)自家発電機
mopera (+imode)
:NTTドコモのプロバイダ
なければimodeへ同報発信はできない。
iモード未対応スマートフォンとも可能
サーバがあれば必要ない。
各郡市医師会
|
会員各位
会員が必要なもの
1)携帯端末
2)imode
医師会の危機管理
Imode
350円/月
機種依存がない
メールアドレスを持っている
人となら誰とでも可能。
ショートメール
•
•
•
•
•
電話番号にメールできる
PCからは流せない
携帯から流す
同報ができない
機種依存がある。最新機種はない
ショートメールSMSの相互乗り入れ
電話番号だけでメールを送信できる
キャリア依存があった
2011年7月13日より相互乗り入れ可能
NTTドコモとソフトバンクモバイル、KDDIな
ど携帯電話5社
ただし機種は最新機種に限られる
KDDI(例)
S007、T007、CA007、T008、K009
自家発電機
災害時の電源確保は複数が望ましい
1)発動発電機
簡単操作・安全なカセットボンベ式ポータブ
ル発電機など
2)車載電源の利用(DC電源対応の機器は
自動車用バッテリーを使用)
3)予備バッテリー、DCアダプタ、ソーラー
パネルの配備
自家発電機の燃料
1)ガソリン
2)プロパンガス
3)カセットボンベ
注;カセットボンベは簡便だが10度
以下では気化しない。
消費電力のめやす :850W
PC;30W
モニター;120w
プリンター 50w
騒音のめやす ;60dB
50dB 劇場、映画館の観客の
ざわめき
80ー90dB 車のエンジン音
2Kw
定価:
¥1,000,000-
パワーイレ
ご静聴ありがとうございました
ダウンロード

東日本大震災における情報共有の問題点(短縮版)