.REPLACE//朝焼けのサーバ
入れ替え計画
Mar.8.2003
at NISOC mini workshop
YOSHIDA “千年技術者” Ken-ichi
[email protected]
おしながき

サーバ入れ替えにまつわるエトセトラ


現状と今の問題点
方針決定と実作業


ネットワークをより使いやすくするために



準備作業や実際の入れ替え手順
ダイナミックDNS、PPTPによるVPN
よもやま話
小規模ネットワークでのサーバの入れ替
え時の参考になれば此れ幸い也
2
現状

サーバが3台



個人用メイン(mail、ML、web…etc)
個人サブ&仲間うち用
預かりサーバ


IPアドレス足りないんですが…
3年ほど運用

掃除やメンテもあまりしてない
3
入れ替えに踏み切った理由

OS入れ替えてぇ



パーツ入れ替えてぇ



Debian 2.2やFreeBSD 4.4などの古いバー
ジョンを新しくしたい
まっさらな状態から美しく再設定したい
4年選手のHDDはそろそろ危険だよなー
BフレッツなのにNICが10BASE-Tってどうよ?
掃除してぇ

ファンが真っ茶色だろうな、きっと
4
目標

メイン機のアップデート



サブ機のアップデート




Debian 3.0へバージョンアップ
HDDを入れ替える
FreeBSD 4.7へバージョンアップ
Jail環境を再構築
NICを入れ替える
マシンのメンテナンス
5
サーバ入れ替えに大切なこと
いかにサービスを止めずに入れ替えるか
いかにサービス停止を最低限に押さえるか

サーバは動いてなんぼ!



どういう理由であれ、止まるのはイカン
マシン停止なんてもってのほか
あらかじめ用意してある仕組みを使っ
て、既存サービスにできるだけ影響を
及ぼさずに移行する
6
DNSの2重化

ネットワークの基本!


DNSサーバを2台(以上)設置



とめるわけにはいかない
マスターサーバとスレーブサーバ
どちらかが止まっても、残りが処理を行う
同一物理ネットワーク上じゃないほうが安
心


ISPのセカンダリ代行サービス
サーバ持ちの知人とセカンダリ相互協定
7
メールシステムの2重化

インターネット上の重要なサービス



止まると送信者にも迷惑がかかることが
メールマシンを2台(以上)設置
DNSのMXレコードを設定


mail1が止まっても、mail2がメールを保持
mail1が復旧したら、mail1へ転送
IN
IN

MX
MX
10 mail1.example.jp.
20 mail2.example.jp.
さすがにMLは止めるしかないよなあ…
8
WWWシステムの2重化

情報の発信にいまや欠かせないもの


今回はやりませんでした



静的コンテンツや掲示板
止まって困るほどアクセスがない
うちではあまり重要視してない
やるとするなら…

DNSの設定を変える?


CNAMEを変更
もう一台(www2など)設置?
9
一番楽なのは

代替機を用意する



できれば同一ハード、同一OS、同一ソフト、同
一Ver.
データを入れ替えてやるだけでOK
今回はこの方法で

だいぶ違ったけど
10
実際の作業
1.
2.
3.
4.
5.
バックアップ体制の確認
代替機の準備
メイン機の入れ替え作業
サブ機のための代替機再設定
サブ機の入れ替え作業
11
バックアップ体制の確認

前述の通り


DNSは常に1台は生きているようにする
MXレコードの設定を確認


digコマンドなど
MTAでリレー許可の設定


忘れがち
telnet hostname smtpなどでテスト
12
参考:digコマンド

nslookupは早晩捨てられる運命


digに乗り換えましょう
書式:dig [@server] name [type]



server:ネームサーバの名前かIPアドレス
name:ホスト名やドメイン名
type:query type



NS(ネームサーバ)
MX(メールホスト)
省略時はA(アドレス)
13
代替機の準備


今回はメイン機のHDDを入れ替える予定
メイン機に入っていたHDDをそのまま代替
機に移設


メイン機入れ替え時はそのまま使用
サブ機入れ替え時には設定を一部変更して
使用
14
マシン入れ替え手順
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
代替機を設置
現用機を停止
代替機をすばやく起動
入れ替え作業
(新)現用機の設置
代替機を停止
(新)現用機をすばやく起動
15
メイン機の入れ替え作業

HDDの取り替え



掃除
Debianのインストール


今度は40GのATA100だっ
カーネルはUSAGI(IPv6対応)に
アプリケーションの設定

BIND、Apache、Exim、fmlをインストール
16
サブ機のための代替機設定


メイン機の代替用設定だったものをサブ機
向けに変更する
システム


DNS


IPアドレス、ネットマスクなど
サブ機のゾーン設定をコピー
メール

受信ドメイン名やIPアドレスを再設定
17
サブ機の入れ替え作業


掃除
FreeBSD 4.7のインストール


慣れないOSは大変だ
Jailの設定


素直にmanに書いてある内容を実行
Jail内にBIND、Apache、Postfix、fmlをインス
トール
18
Linuxマシンの温度測定

lm_monitor


カーネル作成時にI2Cを有効に


http://secure.netroedge.com/~lm78/
Character Device → I2C Supportで設定
RRDtoolで計測可能

簡単なRRDtool用スクリプトが付属
19
FreeBSDマシンの温度測定

healthd



うまく情報を拾ってくれなかった
今考えるとカーネル設定かも
結局healthdは捨ててmbmonで



http://www.nt.phys.kyushuu.ac.jp/shimizu/download/download.html
portsでも入る
カーネルでSMBusを有効にする
20
SMBusのためのカーネル設定

たぶんこれでいいはず
device
device
device
device
device
device

smbus
iicbus
iicbb
intpm
ichsmb
smb0
at smbus?
mbmon-rrd.plでRRDToolから計測可能

うちではうまくいかなかった
21
ダイナミックDNS(DDNS)

例:ノートPCを接続する

IPアドレスはDHCPでもらえるけど、DNSは?



動的にDNSをupdateする


あらかじめ登録しておく? →増えると面倒
あきらめて設定しない? →美しくない
RFC2136, Dynamic Updates in the Domain
Name System (DNS UPDATE)
参考:@IT Linux Square

http://www.atmarkit.co.jp/flinu
x/rensai/bind04/bind04.html
22
bindの設定

bind 8以降が必要


ふつーbind9だよね?
named.confのゾーン設定に書き加える
zone “example.jp” {
type master;
file “example.jp.zone”;
// 以下のアドレスからの変更を許可
allow-update {
192.168.1.0/24;
};
};
23
DHCPの設定


ISC DHCP 3.0以降が必要
dhcpd.confに設定を追加
default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
# DNSをupdateするための設定
ddns-update-style interim;
authoritative;
log-facility local7;
24
DDNSを使ってみる

Windows98や2000、dhclient-3.0以降


nsupdateコマンド


DHCPを使うと、自動的にDNSをupdate
ゾーン情報の書き換えはこれを使う
確認方法


ログファイルやdigコマンドで確認
ゾーンファイルの中を確認


AレコードやTXTレコード
結論:「DDNSでおきらくごくらく」
25
PPTPサーバ

外部とのファイルのやり取り


せっかくの広帯域ネットワーク



DVD-RAMでやりとり→めんどくさい!
PPTPで遠隔地から接続して、ネットワーク経
由で転送してもらおう
実はまだテスト段階ですが…
参考:ZDNet デベロッパー

http://www.zdnet.co.jp/help/how
to/linux/vpn/
26
LinuxでPPTPサーバ


カーネルにパッチをあてる
カーネルを再構築


pppサーバのインストール




PPPを有効にしておく
MS-CHAPv2パッチを当てる
pptpサーバのインストール
設定ファイルの書き換え
ppp接続アカウントの作成(pap/chap)
27
Windowsから接続


「ネットワークの接続ウィザード」で接続方
法やサーバのアドレスを設定
設定したユーザ名とパスワードで接続



接続先ネットワークのコンピュータが「ネット
ワークコンピュータ」で見える
感動!
結論:VPNって素晴らしい
28
掃除

たまにはマシンも掃除してあげましょう


特に喫煙者
ファン




CPUファン、ケースファン、電源ファン
慣れない人は電源ファンはさわらないのが吉
掃除機を使うときはファンを回転させないよう
に
CPUのヒートシンクの間も掃除する
29
掃除

ケース内

基盤上のホコリはエアダスターで



ケース底面は掃除機やウェットティッシュで
掃除機を使うときは静電気に注意



今回はやってませんが
掃除機のノズルが基盤に触れると静電気で壊れ
る可能性がある
実はあまりよくない
床に新聞紙を敷き、汚れてもいい服装で

ほこりがつくとあとが大変
30
動作確認とIPアドレス

動作確認は重要


ところがどっこい



プライベートアドレスで動作確認を行い、問題
なければ実アドレスで稼動
DNSはテストが難しい
設定ファイルでIPアドレスやホスト名を設定す
るものは、あとで直し忘れてしまいがち
予備アドレスは用意しておこう

I/Fのalias機能で移行するといい(のかな?)
31
代替機の設定


本番機の設定と同じだけ手間がかかる
本番機とOSが違うと大変



設定ファイルの位置
バージョンによる違い
OSバージョンアップと一緒にHDDを変える
のが楽(な気がする)


旧HDDを代替機にいれて起動
新HDDをいれて新しい環境を構築

HDDは消耗品。保険代わりにいれかえるのが吉
32
代替機のカーネル

ヘタにカスタマイズしたカーネルでHDD入
れ替えをやるとハマる



NICドライバが削ってある
一部のデバイスが無効になっている
最低でもNICドライバは「全部入り」にして
おこう

あるいはモジュール化しておく
33
入れ替えの時間

昼間やるのは論外


夜中もいまいち



そういう会社もあるけどね…
IRCが盛り上がってたりする
メールもわりと届いたりする
明け方(5時~6時ごろ)がおすすめ


IRCも静まり返ってる
メールもほとんどこない
34
問題と今後の課題

実は調子が悪いので、何とかする






メイン機が高負荷時に落ちる
サブ機のJailもたまにおかしくなる
RRDtoolの設定を理解する
よりsecureな設定にする
IPv6化(カーネルは対応済み)
静音化(ファン交換)
35
ダウンロード

IN MX 10 mail1.example.jp. IN MX 20 mail2.example.jp.