Doctor's Supplement from Dr. Y.Komatsu
SRD-401
Nature De’Pain for Animals
新規な消炎鎮痛効果を持つ健康食品

従来配合処方からはCOX-Iの抑制が十分
に考えられるが、加えて、COX-IIの抑制効
果を示す生薬エキス、クチナシの実のエキス、
樟芝菌糸体粉末を配合して、CoxIと
CoxIIの阻害活性を強化して、P001より
に明確に抗炎症効果が発現し、また、抗アレ
ルギー効果が発揮できる様にも考慮した処
方を考えた。
食品として利用可能な生薬の
有効利用による効果

長期に渡って使用すると少ないとは言え消
化管障害軟便、下痢傾向が認められる事か
ら大棗、紅参、甘草を配合して改善を図った。
末梢循環の改善を目的に今回αGヘスペリ
ジンを新たに配合した。これにより、末梢循
環はさらに改善される事になる。
SRD-P401の主な配合成分

















1Salix ext西洋シロヤナキ)研光通商
2Salix ext(high concent)アスク
3Ginger extショウガエキス永廣堂
4Coisis Extハトムギエキス三国
5Glucosamine(カニ甲羅)l国産使用
6Cinnmone ext永廣堂
7Pine bark ext(エンゾジェノール)エンゾジェノ
8Citrus peal ゆず果皮粉末サニーフーズ
9αGhesperidin温州蜜柑果皮加工)林原
10Citrus j. seed ext(ゆず種エキス)オリザ
11Gardenia f extクチナシエキス三国
12Antrodia camphorata樟芝善笙生科台湾
13Licorus甘草エキス常盤植物
14Red Ginseng powder紅参末金井藤吉
15タイソウ軟エキス三国
16Stearic acid Ca(ステアリン酸Ca)国産使用
17cellulose(結晶セルロース)国産使用
有限会社 サン自然薬研究所
医学博士 小松靖弘
『未病』の観点から健康補助食品
の意味を考える。
安心・安全で長期連続使用可能、
そして付加価値の高い(当該疾患に、
当然有効でなければならない。)
確かな製品の提供が臨床治療現場
で、特に望まれているのであります。
適切な痛みの治療の必要性

適切な痛みの治療をできるだけ早期に
行うことで、ワンちゃん、ネコちゃんの
QOLを守るばかりでなく、より効果的な
治療を高めることに役立つ大切な要素
と考えます。
医薬品(消炎鎮痛剤:NSAIDs)
Cox1阻害剤
①選択的Cox1阻害剤
アスピリン、ボルタレン、ロキソニン等の消炎鎮痛剤(NSAIDs)
課題: 胃の粘膜を保護するプロスタグランジンの産出を抑えて胃を
荒らします。また、交感神経を刺激する作用が強いため、使用頻度
が多くなるほど、交感神経緊張状態に拍車がかかり、血流が悪くなり
顆粒球が増加して負担が増えます。
医薬品(消炎鎮痛剤:NSAIDs)
Cox2阻害剤
②選択的Cox2阻害剤
モービック、セレブレックス等の消炎鎮痛剤
Cox2の働きだけを抑えて局所の炎症反応を鎮める作用があります。
Cox1の働きは抑えないため、胃の粘膜を荒らしたり、交感神経の緊張
を招かず副交感神経を優位にしたまま痛みをとる作用があります。
それら治療薬の問題点
抗リウマチ薬
非ステロイド系炎症薬
副腎皮質ステロイド薬
胃腸障害を併発
痛みの悪循環
痛み⇒筋肉や血管の緊張⇒血行の悪化
⇒発痛物質の蓄積⇒痛みの悪化
長期の服用が必要
まとめ

炎症に関わる酵素Cox1・Cox2との両者を抑制す
る素材で構成、ゆず種子エキスなどの有効成分が
濃縮され、更には、αGヘスペリジン(水溶化して吸
収性の良いもの)の抹消循環改善効果をより強化
した処方による食品機能効果の現れ。
「治未病の目的に合致する新規な
健康食品の開発に鋭意努力して
まいります。」 (有)サン自然薬研究所
ダウンロード

関節疼痛の緩和を目的とした ハーブ製品SDR