知性の一般認識と
認知心理学における定義の相違
1926075
1926079
1926081
1926100
1927026
野本 光春
東田 智久
藤 耕一郎
山田 祐太朗
坂井 一宏
このテーマを選んだ理由
一般認識
認知心理学の認識
違いがある
知性とは何か?
アンケート調査
室蘭工業大学の先生方を対象に「知性」に関してのアンケー
トを行った。
 アンケート内容
1.「知性」について、どのようなイメージを持っているか。
2.「脳トレ」という言葉があるが、それは「知性」を鍛えることが
できるか。また、その理由。

アンケート結果
一般論から見た知性
知識の豊かさ
知性
論理的思考
知性
品格
知性
認知科学からみた知性
理解
推理
知覚
知性
記憶
表象
判断
両者の違い
認知科学からみた知性
一般論からみた知性
複合的
単体
広義的
狭義的
まとめ
一般論では知性という言葉には論理性や知識
品格を連想する。
これは認知科学との共通点であるが認知科学では
その他の複合的な視点から知性を定義している。
参考文献
福村出版・行場次朗、箱田祐司著・知性と感性の心理
ダウンロード

知性の一般認識と認知心理学における定義の相違