80年代のアメリカ経済
現代資本主義分析
レーガノミックス
●
●
●
●
●
●
小さな政府→規制緩和
高利潤→高投資→新産業開発
富裕者減税→産業投資
労働組合弱体化
ナショナリズム→軍備増強=産業発
展
規制緩和の国際展開
小さな政府
●
●
●
●
●
公共事業の民営化
公的な参入障壁の撤廃
公害規制等の緩和
社会福祉政策の予算削減
教育予算の削減
サプライサイドの経済学
需要ではなくて供給が経済を牽引する
↓
ケインズ主義的な有効需要創出政策の否定
↓
低賃金=高利潤→高投資→供給増→雇用増
↓
賃金増
●
*労働価値論なきリカードウ経済学
低賃金=高利潤体制
●
高所得者の所得税減税→貯蓄増→投資増
●
労働組合の弱体化
–
–
●
既得権の否定
組合活動の弱い地域への進出
アメリカの中南米化
–
–
不正規雇用の増加
高所得エリート層の増加
富裕層と貧困層の二極分解
投資機会の創造
●
金融自由化
●
産業育成政策
●
軍事技術の転用を含めたハイテク産業の振興
国際的規制緩和
●
対日輸出自主規制と弱小産業保護政策の傍ら
,
競争力ある産業の国際展開を政策的に追求
→対日市場開放要求など
●
結果
見事な失敗
→日本経済の成長を助ける
●
日本経済は,近隣窮乏化をもたらす
→国際的な対日要求=輸出規制,市場開放,内
需中心の経済成長
→日本のバブル経済へ(80年代半ば以降)
●
ダウンロード

80年代アメリカ経済