#1号機 縦測定(2回目)
2006/5/24-26
データロガーによる温度測定+HOM測定
オレンジ:
Probe 炭素温度計
(Pprobe)
He液面モニター(>40%)
真空引き
HOM1 (P
Cell #1
Ch10:
(He温度
測定)
上部
HOM1)
Ch7,8,9:
Ch7,8,9
(HOM1温度測定用)
(HOM1測定用)
#1号機 縦測定(2回目) setup
以下のデータをHIOKIのデータロ
ガー(H8422A)にて測定。炭素温度
計は10個使用しch1-10にassign
#2
Ch1:
(cavity温度測
定 ,cell#2)
#3
#4
Ch6:
(He温度
測定)
上部
#5
He liquid
#6
Ch2:
(cavit温度測
定 ,cell#8)
#7
#8
#9
Ch3,4,5:
(HOM2温度測定用)
HOM2
Trans
(Ptrans)
(PHOM2)
Input
(Pin)
reflect
(Pref)
Channel のassign
Ch1
Ch2
Ch3
Ch4
Ch5
Ch6
Ch7
Ch8
Ch9
Ch10
Ch11
Ch12
Ch13
Ch14
: cavity #2cell温度 (V)
: cavity #8cell温度 炭素温度計には
: HOM1 port (横) 0.1mAの定電流
: HOM1 port (頭) を流し、その電圧
: HOM1 port (下) を読み、抵抗の
変化をlogする。
: He液温 (下部)
: HOM2 port (横)
HOMの
: HOM2 port (頭)
温度計の配置の
: HOM2 port (上) 詳細は写真にて
: He液温 (上部)
: He pressure(Torr) (温度測定用)
: Ptrans (mW)
: PHOM1 (mW)
: PHOM2 (mW)
写真
HOM1 port↓
He液用↓
Ch9:上
Ch10:He液温用
炭素抵抗
Ch6も同様に設置
Ch8:頭
Ch7:横
HOM2 port↓
HOM2 port↓
Cavity #8↓
Ch3:横
Ch5:下
Ch4:頭
Ch2:cavity用
Ch1も同様に設置
2006/5/24 4K->2K & 2K
2006/5/24 (4K  2K) rawdata
Data taking 開始(2006/5/24,16:29:24)
4000秒まではGNDが取れていない。従ってデータのふらつきが非常に激しい。その
後は安定した。Ch10に変なdipが見える。 これはinput couplerの調整に使用する
モータの電源をonにすると出てくることが後で判明した。
後、流している電流を0.1mAに設定していたつもりであったが、設定を間違えてし
まったようだ。そのため、抵抗値が本来の値よりも3倍くらい小さくなっている。但
し、温度校正には影響しない。
2006/5/24 (4K  2K) 炭素温度計の校正(ch1,ch2)
2006/5/24 (4K  2K) 炭素温度計の校正(ch3,ch4)
2006/5/24 (4K  2K) 炭素温度計の校正(ch5,ch6)
2006/5/24 (4K  2K) 炭素温度計の校正(ch7,ch8)
2006/5/24 (4K  2K) 炭素温度計の校正(ch9,ch10)
2006/5/24 (2K) (HOM1,2 & Pt)
Data taking 開始(2006/5/24,21:22:43)
(左:P_HOM1,P_HOM2)
(右:Pt)
(左:P_HOM1/Pt,P_HOM2/Pt)
(右 : Pt)
HOM/Ptのふらつきは特にないようだ。
(後でPt=0のときのデータを省いて再度表示するつもり)
2006/5/24 (2K) (校正前の炭素温度計(ohm) ch1-10 vs He温度)
2006/5/24 (2K) (校正後の炭素温度計(K) ch1-10 vs He温
度)
2.2K以下では
大体校正後の
温度とHe温度は
合致している。
2006/5/24 (2K) (校正後の炭素温度計ch1-10 vs Pt)
(All data)
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
2006/5/24 (2K) 21:40あたり 6.01MV/m
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
P_trans[mW]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.4
6
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.4
1.35
6
1.35
5.5
1.3
5.5
1.3
1.25
5
1.2
1.25
5
1.2
4.5
1.15
1.1
1020
4.5
1.15
1025
1030
1035
1040
1045
1050
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
1055
4
1060
1.1
1020
1025
1030
1035
1040
1045
1050
1055
4
1060
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
この温度変化はモータの電源が入った時に乗ったノイズと判明。
2006/5/24 (2K) 13.07MV/m quench後すぐ復活 (写真1)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
P_trans[mW]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.4
60
1.22
40
1.21
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
30
20
1.35
10
1.3
20
1.2
0
1.19
0
1.25
-10
1.2
-20
-20
1.15
1.1
2450
1.18
-30
2452
2454
2456
2458
-40
2460
1.17
2450
2452
2454
2456
2458
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
Ch1(cell#2)が鋭く反応している。
-40
2460
2006/5/24 (2K) 22:33 一回 RF落ちる。
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
P_trans[mW]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.85
1.8
60
1.85
40
1.8
20
1.75
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
60
40
20
1.75
0
0
1.7
1.7
-20
-20
1.65
4200
1.65
4200
4220
4240
4260
4280
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
4300
4220
4240
4260
4280
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
落ちる直前に何か温度の変化が見える(ノイズかもしれない)。
特にch1,ch10の部分の変化が激しい。
4300
2006/5/24 (2K) 17.78MV/m (Pt=46.3mW) quench (写真
3)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.78
1.78
60
60
1.76
50
1.76
40
1.74
50
40
1.74
30
30
1.72
1.72
20
20
1.7
1.7
10
10
1.68
0
4360
4380
4400
4420
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
4440
1.68
0
4360
4380
4400
4420
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
Ch1にわずかながら温度変化の傾向あり。
(10秒前くらいから)それ以外は無し。
4440
2006/5/24 (2K) 18.29MV/m (Pt=49.5mW) quench (写真
4)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.82
1.81
60
1.82
50
1.81
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
60
50
40
40
1.8
1.8
30
30
1.79
1.79
20
20
1.78
1.78
1.77
4930
10
10
4935
4940
4945
4950
4955
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
4960
4965
0
4970
1.77
4930
4935
4940
4945
4950
4955
4960
4965
0
4970
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
Ch1にわずかながら温度変化の傾向あり。(10秒前くらいから)、ch10もわずかなが
ら変化しているか?(ノイズレベルでわからないが)それ以外のchannelは変化無し。
2006/5/24 (2K) 18.58MV/m (Pt=49.9mW) quench (写真
5)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
P_trans[mW]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.86
60
1.85
50
1.84
40
1.83
30
1.82
20
1.81
10
1.8
5240
5250
5260
5270
5280
5290
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
0
5300
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.86
60
1.85
50
1.84
40
1.83
30
1.82
20
1.81
10
1.8
5240
5250
5260
5270
5280
5290
0
5300
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
Powerも入っており、長期的な温度変化と短期的な温度変化の区別がつきづらいが少
なくともCh1にわずかながら温度変化の傾向ある。(これも10秒から20秒前くらいから)、
それ以外のchannelはノイズレベルに埋もれて変化の傾向が見れない。
2006/5/24 (2K) 18.71MV/m (Pt=50.2mW) quench (写真
6)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.9
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.9
60
60
1.89
50
1.89
50
1.88
1.88
40
40
1.87
1.87
1.86
1.86
30
30
1.85
1.85
20
20
1.84
1.84
10
1.83
1.82
5660
5665
5670
5675
5680
5685
5690
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
5695
0
5700
10
1.83
1.82
5660
5665
5670
5675
5680
5685
5690
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
5695
0
5700
2006/5/24 (2K) 18.76MV/m (Pt=51.0mW) quench (写真
7)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
P_trans[mW]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.92
60
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
1.92
60
50
1.91
50
1.91
40
1.9
40
1.9
30
1.89
30
1.89
20
1.88
1.87
6070
10
6080
6090
6100
6110
6120
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
0
6130
20
1.88
1.87
6070
10
6080
6090
6100
6110
6120
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
0
6130
2006/5/24 (2K) 19.05MV/m (Pt=52.0mW) quench (写真
8)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
2
60
50
1.99
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
2
60
50
1.99
40
1.98
40
1.98
30
1.97
30
1.97
20
1.96
1.95
6800
10
6820
6840
6860
6880
0
6900
20
1.96
1.95
6800
10
6820
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
6840
6860
6880
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
だんだん ch1の温度変化が大きくなってきた。
0
6900
2006/5/24 (2K) 19.28MV/m (Pt=53.0mW) quench (写真9)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
2.08
60
2.08
60
2.07
2.07
50
50
2.06
2.06
40
2.05
2.04
30
40
2.05
2.04
30
2.03
2.03
20
20
2.02
2.02
10
10
2.01
2.01
2
7450
7500
7550
7600
7650
0
7700
2
7450
7500
7550
7600
7650
Time[s]
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
だんだん ch1の温度変化が大きくなってきた。
時間も200秒くらい前から変化が出ている。
Ch6-10(左)、Pt(右)
0
7700
2006/5/24 (2K) 19.23MV/m (Pt=53.0mW) quench (写真10)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
2.08
60
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
2.08
60
2.07
2.07
50
50
2.06
2.06
2.05
30
2.04
2.05
2.04
40
40
30
2.03
2.03
20
20
2.02
2.02
10
2.01
2
8000
8050
8100
8150
0
8200
10
2.01
2
8000
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
だんだん ch1の温度変化が大きくなってきた。
時間も100秒くらい前から変化が出ている。
8050
8100
8150
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
0
8200
2006/5/24 (2K) 19.27MV/m (Pt=53.5mW) quench (写真11)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
P_trans[mW]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
2.08
60
2.07
50
2.06
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
2.08
60
2.07
50
2.06
40
2.05
40
2.05
2.04
30
2.04
30
2.03
2.03
20
20
2.02
2.02
10
2.01
2
0
8440
8460
8480
8500
8520
8540
10
2.01
2
0
8440
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
だんだん ch1の温度変化が大きくなってきた。
時間も80秒くらい前から変化が出ている。
8460
8480
8500
8520
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
8540
2006/5/24 (2K) 19.18MV/m (Pt=53.1mW) quench (写真12)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
P_trans[mW]
therm_060524_4_2k_ana_cal_lin
2.09
60
2.08
50
40
2.07
40
2.06
30
2.06
30
2.05
20
2.05
20
2.04
10
2.04
10
2.09
60
2.08
50
2.07
2.03
8950
9000
9050
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
0
9100
2.03
8950
9000
9050
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
だんだん ch1の温度変化が大きくなってきた。時間も100秒くらい前
から変化が出ている。RFが落ちた時は必ずch1に変化が出ている。
0
9100
(2006/5/24)2K まとめ
• Quenchは全て早いquenchであった。
• HOMによるquenchは見られなかった。またHOMと温度との相関は
なかった。
• Quenchの主な原因はCh1(#2 cell)に見られていた長い温度上昇であ
ると思われる。特にfieldが高いときには100秒前くらいから温度がじ
わじわと上がりその後quenchを起こしていた。
2006/5/26
4K & 4K->2K & 2K
一度100Kに温度を8時間keep。その後、温度を
下げて再度#1の空洞の4K,2Kのfieldを測定。
2006/5/26 (4K) (HOM1,2 & Pt)
Data taking 開始(2006/5/26,10:57:34)
11:47
HOM/Ptのふらつきは特にないようだ。梅森さんの指摘の12:09
ではHOM1はロガーでは連続的にデータは取れている。
(これも後でPt=0のときのデータを省いて再度表示するつもり)
2006/5/26 (4K) (炭素温度計(ohm) ch1-10 vs He温度)
Ch1-5(左)、He temperature(右)
Ch6-10(左)、He temperature(右)
He pressureの温度変化はRF powerと追随している。
Ch1,2(左)、
Pt(右)
2006/5/26 (4K)
(炭素温度計(ohm)
ch1-10 vs Pt)
4K時ではCh1(#2 cell),ch2(#8 cell)には
RF powerを入れるに従って、温度上昇
が見られた(左グラフ)。他の部分
(HOM1,HOM2,He liquid)には目立った
温度上昇は見られなかった。
Ch3-6(左)、
Pt(右)
Ch7-10(左)、
Pt(右)
2006/5/26 (2K) (HOM1,2 & Pt)
Data taking 開始(2006/5/26,18:17:45)
2 3
1
1
20:05頃
18:50頃
19:50頃
HOM2 に3回ほどふらつきが見られた。
これは梅森さんのまとめ(1回目)と同じ場所。
2 3
1, 18:50頃
2, 19:50頃
3, 20:05頃
1, 18:50頃 HOM2に100秒程度の減少が
数回見られる
2, 19:50頃 20秒程度の減少が1回見られた。
3, 20:05頃 20秒程度の減少が見られた。
但しこれらの時間帯に目立った
温度の変化はなかった。
2006/5/26 (2K)
(HOM1,2 & Pt) (拡大)
2006/5/26 (2K) (校正後の炭素温度計ch1-10 vs Pt)
(All data)
“はね”
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
上記のデータの“はね”はすべてinput couplerのモータ調整によるノイズと判明。
2006/5/26 (2K) (校正後の炭素温度計(K) ch1-10 vs He温度)
大体校正後の
温度とHe温度は
合致している。
2006/5/26 (2K) 18:44あたり 13.06MV/m quench
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
60
1.44
50
1.42
40
1.4
30
20
1.38
10
1.36
1605
1610
1615
1620
0
1625
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
Ch7(HOM1溶接部)に大きな温度変化。Ch1,2にも若干の温度変化が
見られるがメインではHOM2の影響でquenchしたものを思われる。但
し、lognoteには「反射、HOMに変化なし」と書いてある。
2006/5/26 (2K) 18.79MV/m (Pt=54.0mW) quench (写真12)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.85
1.85
60
60
50
50
1.8
40
1.8
40
30
30
1.75
20
1.75
20
10
10
1.7
4430
4435
4440
4445
4450
4455
4460
4465
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
0
4470
1.7
4430
4435
4440
4445
4450
4455
4460
4465
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
Ch8(HOM1頭)にquench後(10秒後)に大きな温度変化が見られた。その他
は特に変化なし。
0
4470
2006/5/26 (2K) 18.74MV/m (Pt=54.8mW) quench (写真15)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.9
60
50
1.88
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.9
60
50
1.88
40
40
1.86
1.86
30
30
1.84
1.84
20
20
1.82
1.8
6060
10
6065
6070
6075
6080
6085
6090
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
6095
0
6100
1.82
1.8
6060
10
6065
6070
6075
6080
6085
6090
6095
0
6100
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
前回同様Ch8(HOM1頭)にquench後(10秒後)に大きな温度変化が見られた。
その他は特に変化なし。
2006/5/26 (2K) 19.09MV/m (Pt=55.7mW) quench (写真18)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
2
60
50
1.98
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
2
60
50
1.98
40
40
1.96
1.96
30
30
1.94
1.94
20
20
1.92
1.9
7260
10
7265
7270
7275
7280
7285
7290
7295
0
7300
1.92
1.9
7260
Time[s]
10
7265
7270
7275
7280
7285
7290
7295
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
特に変化なし。
0
7300
2006/5/26 (2K) 19.15MV/m (Pt=55.7mW) quench (写真19)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
1.98
60
60
1.97
1.97
50
50
1.96
1.96
1.95
30
1.94
1.95
1.94
40
40
30
1.93
1.93
20
20
1.92
1.92
10
1.91
1.9
7390
7395
7400
7405
7410
7415
7420
7425
0
7430
Time[s]
10
1.91
1.9
7390
7395
7400
7405
7410
7415
7420
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
特に変化なし。
7425
0
7430
2006/5/26 (2K) 19.06MV/m (Pt=55.8mW) quench (写真20)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
1.97
50
1.96
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
1.97
50
1.96
40
1.95
40
1.95
1.94
30
1.93
20
1.94
30
1.93
20
1.92
1.92
10
1.91
1.9
7600
7605
7610
7615
7620
7625
7630
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
7635
0
7640
10
1.91
1.9
7600
7605
7610
7615
7620
7625
7630
7635
0
7640
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
またCh8(HOM1頭)にquench後(10秒後)に大きな温度変化が見られた。その
他は特に変化なし。
2006/5/26 (2K) 19.14MV/m (Pt=55.9mW) quench (写真21)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
1.97
50
1.96
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
1.97
50
1.96
40
1.95
1.94
30
1.93
20
1.94
30
1.93
20
1.92
1.92
10
1.91
1.9
7650
40
1.95
7655
7660
7665
7670
7675
7680
7685
0
7690
10
1.91
1.9
7650
Time[s]
7655
7660
7665
7670
7675
7680
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
特に変化なし。
7685
0
7690
2006/5/26 (2K) 19.14MV/m (Pt=55.4mW) quench
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
1.97
50
1.96
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
1.97
50
1.96
40
1.95
40
1.95
1.94
30
1.93
20
1.92
1.94
30
1.93
20
1.92
10
1.91
1.9
7940
10
1.91
7945
7950
7955
7960
7965
7970
7975
0
7980
Time[s]
1.9
7940
7945
7950
7955
7960
7965
7970
7975
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
特に変化なし。
0
7980
2006/5/26 (2K) 19.14MV/m (Pt=55.3mW) quench (写真22)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
1.97
1.97
50
50
1.96
1.96
40
1.95
1.94
30
40
1.95
1.94
30
1.93
1.93
20
20
1.92
1.92
10
1.91
1.9
8110
8120
8130
8140
8150
0
8160
10
1.91
1.9
8110
8120
8130
8140
8150
Time[s]
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
特に変化なし。
0
8160
2006/5/26 (2K) 19.04MV/m (Pt=55.7mW) quench (写真23)
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
1.98
60
60
1.97
1.97
50
50
1.96
1.96
1.94
40
40
1.95
30
1.94
1.95
30
1.93
1.93
20
20
1.92
1.92
10
1.91
1.9
8300
8305
8310
8315
8320
8325
8330
8335
0
8340
Time[s]
10
1.91
1.9
8300
8305
8310
8315
8320
8325
8330
Time[s]
Ch1-5(左)、Pt(右)
Ch6-10(左)、Pt(右)
特に変化なし。
8335
0
8340
2006/5/26 (2K) 19.04MV/m (Pt=55.7mW) quench
T_ch1[K]
T_ch2[K]
T_ch3[K]
T_ch4[K]
T_ch5[K]
T_ch6[K]
T_ch7[K]
T_ch8[K]
T_ch9[K]
T_ch10[K]
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
P_trans[mW]
therm_060526_3_2k_ana_cal_lin
1.98
60
1.97
1.97
50
50
1.96
1.96
40
1.95
40
1.95
1.94
30
1.93
20
1.92
1.94
30
1.93
20
1.92
10
1.91
1.9
8340
10
1.91
8345
8350
8355
8360
8365
8370
8375
0
8380
Time[s]
1.9
8340
8345
8350
8355
8360
8365
8370
Time[s]
Ch6-10(左)、Pt(右)
Ch1-5(左)、Pt(右)
特に変化なし。
8375
0
8380
(2006/5/26) (100Kに温度keep後) まとめ
• 4K dataに関して
– Quenchは全て早いquenchであった。
– HOMのふらつきは見られなかった。
– Quenchの後でch1(cell#2),ch2(cell#8)の温度変化が見られた。HOM1,2には特に
顕著な温度変化は見られなかった。これらから類推するにquenchを起こした原
因は4Kでは主に空洞のthermal break downによるものと考えられる。
• 2K data に関して
– Quenchは全て早いquenchであった。
– 最初のquench(13.06MV/m)はHOM1の溶接部(ch7)が影響していた。
– その後の18MV/m以降でのquenchではたまに何回かHOM1の頭に付けた炭素
温度計がquench後の10秒後くらいに反応している様子が見られた。この現象は
前回の5/24の測定では見られなかった。何で起きているかは分からない?また
quenchと完全に相関があるかどうかは判断できない。但し、quench10回中3回
も見られていることもあり、HOM1の影響も無視できないとは言えよう。
– HOM2の変化と温度との相関はなかった。
– 5/24のch1に見られていた長い温度上昇は見られなくなった。100Kの効果があっ
たのかもしれない。またQ値が上がったのもこの温度上昇が見られなくなったの
と関係があるのかもしれない。
ダウンロード

2006/5/24-26 データロガーによる 温度測定+HOM測定