Self-Referential INTERVIEW
ver.2.3
突っ込み: 菊池 誠
ppt作成: 円城 塔
京都SFフェスティバル 2007.10.06.
進物史観(written by 金子邦彦)
登場プログラム
•
•
•
•
•
•
竜造寺 輝峰
綾野川 沙水
円城塔 李久 ← わりとまとも
飛龍園 鳳来
紫園 京水
大堂林 恭甫
Time series 0 お前は誰だ
•
•
•
•
•
•
•
1972-1991: 札幌 (生まれる)
1991-1995: 仙台(育つ)
1995-2000: 東京(育つ)
2000-2002: 札幌(死ぬ)
2002-2005: 京都(寝る)
2005-2007: 東京(死ぬ)
2007: 東京(生きる)
リチャード
Time series I
•
•
•
•
2005.autumn-2006.spring: SRE初稿
2006.04: 小松左京賞応募
2006.09: 小松左京賞落選 → 持ち込み
2006.12:
– 文学界新人賞応募
– SRE半分読まれる
• 2007.01: “Boy’s Surface” 初稿
• 2007.02: 就職活動開始
• 2007.04: Syngram 入社/文学界新人賞
ジェイムス
Time series II
• 2007.05:
– “Of the Baseball” 掲載
– “Self-Reference ENGINE” 刊行
• 2007.07:
– “つぎの著者につづく”初稿
– 芥川来る。去る
– “Boy’s Surface” 掲載
• 2007.08: “Your Heads Only” 初稿
リタ
Time series III
• 2007.09: “Your Heads Only” 掲載
• 2007.10: “つぎの著者につづく”掲載
• 2008.spring: 恋愛短編集(?)
– (でもまだ書いていない)
• 2010.05:
– Self-Reference ENGINE(♂)
– Self-Reference ENGINE(♀) 文庫
• 2050: 人類滅亡
トルネド君
自己解題
•
•
•
•
•
•
Self-Reference ENGINE: 割と自伝
Of the Baseball: 割と自伝
Boy’s Surface: 割と自伝
Your Heads Only: かなり自伝
つぎの著者につづく: 割と自伝
後藤さんのこと: 日記
ペンテコステII
Self-Referential DICTIONARY I
(under construction)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Aharonov: Aharonov-Bohm Effect
Bohm: 変な量子力学
Curry: カリー化
Davidson: 翻訳は一通りにしか存在しない
Eigen: ハイパーサイクル
Feigenbaum: 繰り込み
Germann: ジャガー
Hamilton: 四元数
Israel: 変な宇宙論
Self-Referential Dictionary II
(under construction)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Jacobson: 多分言語
Kauffman: Kauffman network。組み紐の方かも
Lindenmayer: L System
Milnor: 高次元が見える人
Novak: 大富豪伝説
Oppenheimer: 爆発
Packard: HPのPの親戚だという説あり
Q: スタートレック、007
Riemann: 予想
Self-Referential DICTIONARY III
(under construction)
• Stokes: の定理
•
•
•
•
•
•
•
Tirelson: black noise
Ulam: UTMとかFPUとか
Varadhan: 大偏差
Watts: まあネットワーク
Xavier: ……誰だっけ
Y.S.: 知り合い
Zurek: ロスアラモスの変な人
Self-Referential DICTIONARY IV
(under construction)
• ペンテコステ: “バベルの薫り”
• 神父C: まあバタイユ。それともシリーズ
• なまず: 検索プログラム namazu
mecabとか食べる
• キルヒャー: 有名人ではなかったらしい
• フォークト・カンプフ: まあ……
• ドリス・F・テイラー: “永劫”か“久遠”
• あっちの方へ: スタートレックのどれか末尾
Self-Referential DICTIONARY V
(under construction)
• 進化のランドスケープ/ポテンシャル:
構成法が示されたことは未だない
そもそもポテンシャルなのか -> traveling
• 黒猫を斬ろうとしていた人: 沖田総司
• 輝くトラペゾヘドロン
ニャルラトテップ/ナイアラルトホテップ/何か来る
Infinity
0
0
1
距離1 以下にはできない
1
距離1/2 以下にはできない
0
1
距離1/3 以下にはできない
x2
自由度が3なら、三次元の箱の中の一点
点が無限個あれば
どこかには無限個集まっている
x1
自由度3
x3
--Version I
○Writing: ver1
○Bullet: ver1
△Box: ver1
○A to Z Theory: ver1
○Ground 256: ver1 + α
×Event: ver2(説明はいるだろうくらいな)
△Tome: 書き換えver1(南米で頭山だった)
△Traveling: ver2(ただのループだった)
○Freud:ver1+α
×Daemon:ver1 →書き換え→書き換え→ver1に戻る+α
--Version II
○Contact: ver1
○Bomb: ver1
○Japanese: ver1
○Yedo: ver1
×Sacra: ver3(免疫を入れたかったがそれはもう収まり悪く)
○Infinity: ver1
△Disappear: ver1+α
△Echo: ver1
○Return: ver1
○Self-Reference ENGINE: ver1
Diagram I: Self-Reference ENGINE
Writing
Self-Reference ENGINE
Bullet
Return
Box
Echo
A to Z Theory
Disappear
Ground 256
Infinity
Event
Sacra
Tome
Yedo
Traveling
Japanese
Freud
Bomb
Daemon
Contact
Diagram II: Boy’s Surface
•
•
•
•
二次元トーラス上回転角
後からよくみたらメビウスの輪じゃなかった
360度/9=40度ずつ回っている
角度を40で割って章番号
360, 0
0, 0
Torus
0, 360
360, 360
レフラー球何故青い
正: わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
誤: わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い証明です
と、ずっと覚えていたので、証明は青い
Diagram III: Your Heads Only
• Turing/Turing Machine 解説もの
•
維特:ヰトゲンシュタイン、図霊:チューリング
• ×:「私」
• ○:「僕」
• △:無人称
1999
2007
• 全然内容と関係ないゲームが行われており、
無人称の勝ち
•
結局獅子の言葉のように、何を言っているのかはわからない
構造について
•
•
•
•
•
•
•
既知のものについてはもっと使うべき
未知のものについては発見すべき
既存のものを至上とする必要は全くない
というか意味がわからない
モンスターが構成されたのだって、1980年
でも代数はちょっと
解析頑張れ
ダイナミクスと全体
(軌道 vs. 統計)
• 空間が設定できれば全体的把握が可能(?)
• ダイナミクスとか言っても、
更に高次の空間中の一点
• 気持ち悪い
• 空間全体の変貌ダイナミクス
• でもそれも高次空間の一点
• なんとかしろ
• 捉え方自体を変えたい
データベース
•
•
•
•
科学自体、データベースに席巻されつつある
実寸大の地図みたいなものでありがたくない
理解の様式が激しく変化中
‘見たまま’の勝利進行中
•
•
•
•
どこかのデータベースには書かれている
詳細で乗り越えるでいいのか?
そもそもこれは永続的なシステムなのか
検索が名詞中心なのは言語学的にどうか
プログラム
• 小説は強い単語でとりあえず支えうる
– 汽車とか黒電話とか
• プログラミング言語があるのにそれでいいのか
• 機能する文字列はあるのに、機能する小説が少な
いのは何故か?
– ゲームブック?
– Your heads Only で実験しようとしたが色々不足
FAQ I
• 何故タイトルは英語なのか
– ファイル名を英語でつけろと言われてきたから
(でも空白があるので意味はない)
• 巨大知性体の進化はいかがなものか
– 進化とは書いていないはず
• この読み方で合ってますか
– 合ってます
• どうしてお笑いなんですか
– 根が唐沢なをき系だから
FAQ II
• 世界系ですね
– 宇宙論をそう呼ぶなら
• ソーカルについてどう思いますか
– 舐めてる
• そんなことよく訊かれてないですよね?
– はい
使わないように気をつけているもの
•
•
•
•
メタ: 多分使っていない
物語: SREでは一箇所だけ
世界: たまに使ってしまう(もう少し限定してよい)
「」, ──: なくせるなら要らない
• 無限、無数:そろそろやめたい
• アサッテ:使えなくなって苦しい
メタ
•
•
•
•
•
•
•
•
•
メタメタ言う意味がわからない
プログラムとか統計力学はメタなのか
むしろメタ小説ではない小説を示せ
単に適切な言葉ができていないだけ
既知構造よりも、新しいものを探すべき
メタとか言い出すのも物質
多分性質の名前
それとも仕組みの名前
それならそう言おうよ
世界
•
•
•
•
•
•
•
とかいうよりは、まず把握法を考えたい
なんだかんだと人間だけで60億超え
100人の村ではない(そのまんまちっちゃくすんな)
かといってそのままは扱えない
冪に対抗する方法が欲しい
組織化、分業化すると出るっぽい
感覚的なものが冪できくせいもあるのか
(ウェーバーの法則)
物語
• について考えることは多分仕事ではないので
• おまかせ
• だ/ではないに興味なし
今後の展望
なりゆき次第
ダウンロード

ver2.3