Communication on Progress
2013年6月28日
新光商事株式会社
1
表明
私たちの経営理念は、お客様の満足や健全で誠実な企業活動を第一に考えた事業運
営を行っていくことです。しかし、人間はややもすると、企業のエゴや組織の利益を考え
た、誤った行動を取らないとも限りません。当然のことながら、企業は社会の一員として、
法律はもちろんのこと、社会のルールや道徳を無視して活動することは許されません。
企業として正しい行動が取れる体制作りが極めて重要となっています。新光商事は、そ
の体制作りの一環として、企業の行動指針を「企業行動規範」として取りまとめ、さらに、
これを具体化し、社員一人ひとりの行動指針を示して、コンプライアンス意識を一層高め
る「企業行動基準」を策定しました。
この指針の内容は国連「グローバル・コンパクト」の10原則とも共通しており、当社はこ
の考えに賛同して「グローバル・コンパクト」に参加しました。指針の内容を継続的に実
現するために、当社はさまざまな施策を実施しており、また、将来における更なる改善を
目指しております。
取締役社長
2
小川 達哉
コンプライアンス
新光商事行動基準
当社は2003年4月に社員全員が遵守すべきコンプライ
アンスの基本方針として、企業行動基準を策定しました。
この基準は、当社の経営理念を実践するためにも不可
欠なものです。
行動基準には「人権の尊重と差別的取り扱いの禁止」、
「法令の遵守」および「地球環境の保全」等の項目が含ま
れており、行動基準を実践するために、「コンプライアン
ス・ハンドブック」を作成し、イントラネットへ掲載すること
で役員・社員等への周知徹底を図っています。
新光商事行動基準概要
http://www.shinko-sj.co.jp/csr/compliance/top.html
3
コンプライアンス教育
当社は全社員を対象に、Eラーニングを用いたコンプライアンス教育を定期的に実施しています。
その内容はグローバルコンパクトの10原則の範囲に留まらず、「安全保障輸出管理」や「個人情報
保護」および「インサイダー取引規制」等を含みます。毎度必ずテストを盛り込み、社員がコンプライ
アンスへの理解を深められるよう啓蒙活動を行っています。
【教育実績】
2011年:安全保障輸出管理
2012年:下請法の遵守
2013年:安全保障輸出管理(5月末時点)
※ その他新人教育、子会社への教育も実施
4
相談・通報窓口の設置
通報窓口
社員
社長
顧問弁護士
各職場で解決が困難な問題や、上司に相談することが必ずしも適切でないコンプライアンス違反に
関して相談・通報できる窓口を社内外に設置しています。当該社員の希望により匿名での通報・相談
も可能とし、プライバシーの保護、利用したことを理由とした不利益や報復の禁止を規定することでよ
り相談しやすい環境を構築しています。
相談・通報内容は、コンプライアンス委員長(社長)に報告されることで経営トップが自らリスク情報
を認知できる仕組みとなっています。
5
人権尊重
人権尊重
当社は、「企業行動基準」において、社員の人権を尊重し、人種、信条、宗教、国籍、性別、年齢、身
体的特徴等の理由で、嫌がらせや差別を受けない健全な職場環境を確保することを明示しています。
また、ハラスメント行為を防止するため、Eラーニングでの教育実施に加え、専用の相談窓口を設置し
対応に当たっています。社員がこの基準に違反した場合は、就業規則に則って処罰を行うこととして
います。
社員とのコミュニケーション
当社では、立候補者の中から信任投票にて選出された3名の従業員代表(任期2年)を選任し、就業
規則の改訂時に説明を行い、労働条件についての意見交換を行っています。
6
メンタルヘルス対策
現代ではストレス要因の増加を受けて、メンタルヘルス対策の重要性が年々高まっています。当社
におけるメンタルヘルス対策としては、集合研修や小冊子の配布を通じて啓蒙活動を行っている他、
毎月1回の健康相談室において産業医との面談の機会を設けています。また、残業時間が多く、特に
重い負荷のかかっているとみられる社員については、適宜、健康診断の受診もしくは産業医との面談
を行うよう勧告しています。
ワークライフバランス
当社では、社員が仕事とのバランスを取りながら、私生活においても多様な生き方を選択・実現でき
るように、勤務制度、休暇・休職制度および福利制度を通じてサポートを行っています。通常の有給
休暇制度に加え、結婚、出産、怪我や病気の治療もしくは介護のための専用の休暇制度を整備して
います。
また2009年には育児もしくは介護のための短時間勤務制度を新たに設けています。育児短時間
勤務の期間は、法定基準を超えて、対象となる子が小学校就学の始期まで、となっています。
7
環境
新光商事環境方針
当社は2007年7月に環境方針を制定しホームページ上で公開しています。 方針は「環境に配慮
した企業活動の推進」、「環境関連法規の遵守」および「社員の環境意識の向上」について規定し
ており、方針と直近の3年間分の目標を記載した環境マネージメントカードを毎年、全社員に配布
し継続的な啓蒙に努めています。
新光商事環境方針
http://www.shinko-sj.co.jp/csr/environment/top.html
8
活動結果
1) 関連法規の遵守
事業活動の推進にあたり、環境関連法規並びに当社が同意する協定等を明確化し、遵守状況を
監視。年1回都道府県知事に対し、マニフェスト発行状況を報告。
2) 環境に配慮した事業活動の展開
① 製品含有化学物質管理体制の構築と活動の推進
-全社でのセンター管理の実施
-電子ファイリングシステムの活用
② 業務の効率化の推進
-業務のシステム化・ムダな業務の見直し等を推進
-残業時間30.5h/人/月(2011年度実績)⇒24.3h/人月(2012年度実績)18%改善
③ 企業活動における環境負荷の低減の推進(2012年度実績:対2010年度比)
-電気使用量の削減:21%削減
-コピー用紙の購入量削減:15.6%削減
-梱包資材の購入量削減:10.2%削減
-廃棄物排出量の削減:13.5%増加 ※人員増加及び移転等が増加要因
3) 環境意識の向上
年1回全社員を対象にE-ラーニングで教育を実施しています。
9
ダウンロード

Communication on Progress