第3回ITC中部総会
平成15年3月29日
議事次第
■開会の辞
■記録人・署名人の選出
■出席者数(総会成立条件の確認)
■議長選出(会長挨拶)
■第1号議案
ITC中部会則一部変更の件
■第2号議案
ITC中部新役員承認の件
■第3号議案
平成14年度活動報告
■第4号議案
平成14年度決算報告
■第5号議案
平成15年度活動計画
■第6号議案
平成15年度予算案
<第1号議案~第6号議案満場一致で可決承認されました>
■新会長挨拶・新理事紹介
■閉会の辞
■第1号議案
ITC中部会則一部変更の件
第9条(理事及び役員)
本会に次の役員をおく
(1) 会長 本会を代表し会務を統括する。(1人)
(2) 理事 理事会を組織し、本会の会務に関する事項を審議決定
し遂行する。
(3) 監事 本会の会務および会計を監査する。(2人以内)
2 理事は10名以上25名以内とする。
3 会長、副会長、専務理事、監事、事務局長、委員長を役員と
呼ぶ。
第10条(理事並びに役員の選任及び任期)
本会の理事は、総会において選任する。ただし、任期中に欠損が
生じた場合は、理事会の議決により補充することができる。
2 役員および理事の選出は互選による。
3 理事の任期は2年、役員の任期は1年とし、再任を妨げない。
■第2号議案
ITC中部新役員承認の件
会長
副会長
専務理事
監事
事務局長
広報委員長
ポイント・会員交流委員長
ビジネスモデル委員長
関口幸一
矢口隆明 和澤功
水口和美
井上新
江坂昭
和澤功(兼任)
町田孝道
池山昭夫
■新理事選出
丹羽章 国分宏悦 森田正博 伊藤宏 谷口卓 高間正俊
■第3号議案
平成14年度活動報告
■2002年6月8日 ITC中部設立総会開催
■2002年6月26日 ビジネスウェーブ21にIT相談会を出展
■2002年7月6日 科学技術交流財団(ASTF)主催の第6回メディアアカデミーに協賛
■2002年8月6日 「第6回メディアアカデミー研究会」に参加
■2002年9月19日 半田商工会議所 青年部の9月研修会に講師派遣
■2002年9月21日 「ITC中部・臨時総会、第1回例会」開催
■2002年10月17日 ITSSP事業「愛知信用金庫経営セミナー&IT相談会」
■2002年10月19日 経営情報学会 東海支部 第1回東海フォーラムに協賛
■2002年12月1日 ITC中部 自主勉強会開催
■2002年12月7日 ITC中部 第2回例会開催
■2003年1月11日 ITSSP事業「経営者のための情報化企画実践研修」開催
■2003年2月10日 ITSSP事業「稲沢商工会議所・経営者セミナー&個別企業IT相談会」
開催
■2003年3月1日 ITC中部一泊研修「経営改革・IT導入セミナー」開催
■2003年3月29日 ITC中部第3回例会『自主勉強会 成果発表会』& 第3回総会開催
■第4号議案
平成14年度決算報告
ITC中部 決算書(1期) 平成15年3月29日
平成14年6月8日~平成15年3月25日 作成者:森本雄一
■予算 ■決算
収入の部
収入の部
会費
\570,000 会費
\570,000
その他の収入
\50,000 その他の収入
\50,000
例会・セミナー費用残
\22,743 例会・セミナー費用残
\22,743
受取利息
\1 受取利息
\1
合計
合計
\642,744
\642,744
■予算 ■決算
支出の部
支出の部
例会総会運営費
164,015 例会総会運営費
164,015
慶弔費
10,000 慶弔費
10,000
旅費交通費
10,500 旅費交通費
10,500
印刷費
138,600 印刷費
138,600
補助金
53,000 補助金
53,000
雑費
5,125 雑費
5,125
合計
合計
\381,240
\381,240
本会計繰戻金
余剰金
\261,504
*余剰金(円)は次期年度へ繰越します。
会計監査の結果、正当なものと認めます。 平成15年3月27日
監事 井上 新
疋田 眞也
■第5号議案
平成15年度活動計画
広報委員会
平成14年度事業報告
平成15年度事業計画
1.ITC中部紹介パンフレット作成&配布
・3000部(会員、広報委員、などが活用)
2.関係公共団体へ広報(訪問)活動
・商工会議所:一宮、豊田、稲沢、大府、豊橋、東海、安城
・中小企業支援センター
刈谷
・愛知県情報企画課、 ・岐阜県、三重県関連 他
1.ITC中部 広報誌作成
2回/年
・ITC中部の会員のために、会の活動状況トピックス
などを写真を入れて作成送付し、会員サービスの一端
とする。
・関連団体へも配布し広報に役立たせる。
2.他地域のITC組織との交流会開催
1、2回/年(訪問、招聘):技術交流・親睦
3.ITC中部主催セミナー動員協力
「経営者のための情報化企画実践研修」(1/11/25,2/1,15)
4.広報委員会主体ITSSPセミナー開催
3.関連公共団体、業界組合訪問
商工会議所、県、市、業界組合、関連NPOなど
・稲沢商工会議所:
『経営者のための戦略的情報化(IT)セミナー 』(2/10)
平成14年度決算報告(単位:円)
項目
予算
決算
40,000
0
交通費補助
150,000
138、000
パンフレット印刷代
合計
差異
190,000
138,000
52,000
平成15年度予算(単位:円)
項目
予算
200,000
広報誌印刷(2回)代
20,000
広報誌発送(切手)代
50,000
交流会費(会場、その他)
20,000
交通費補助
合計
290,000
■第5号議案
平成15年度活動計画
ポイント事業・会員交流委員会
平成14年度事業報告
平成15年度事業計画
1.例会、懇親会(9月,12月,3月)
第1回 疑似ITC実践中
第2回 コーチングセミナー
第3回 自主勉強会発表会
1.例会の開催(年2回) 10月、2月
2.自主勉強会(4月~2月)
3.一泊研修会
2.自主勉強会(12月~3月)
7勉強会を実施
3.一泊研修会(3月)
ITCA後援,NSC共催の研修会に実施
平成14年度決算報告(単位:円)
項目
予算
決算
勉強会運営費
120,000
58,000
雑費
30,000
80,000
合計
差異
150,000
138,000
12,000
平成15年度予算(単位:円)
項目
予算
勉強会運営費
100,000
例会運営費
50,000
雑費
50,000
合計
200,000
■第5号議案
平成15年度活動計画
ビジネスモデル研究委員会
平成14年度事業報告
平成15年度事業計画
1.研究の方向性
1.広報活動
◆中規模製造業、流通業をターゲットとする
(小企業、零細企業はコンサルフィーが出せない、ITCプロセスが適用しにくい)
◆研究のプロセス
マーケットニーズ調査
商品企画
相談会等での売込み
実証試験
契約
モデル案
改善
実施
評価
2.マーケティング、集客活動
・独立系ITベンダーとの連携模索
・ITCAの教材を使った「経営者セミナー」
・集客できる魅力的な相談会
ITCの認知活動(広報)
100人
2.調査
◆専門家集団の調査(ビジネスコンサル、技術コンサル)
◆ユーザ調査(相談会)
◆独立系ベンダー調査
顧客経営者へのアピール
(相談会等)
10人
3.来期へ向けての反省
無料セミナー・相談会でさえ集客に苦労する。一方IT投資相談ニーズは
高いと思われる。従って、まずは①ニーズを持っている経営者との遭
遇、
つぎに②価値(相当の報酬)を認識してもらう--→広報活動が先
平成14年度決算報告(単位:円)
項目
1、交通費
2、雑費
予算
8,000
2000
決算
4,000
0
合計
差異
10,000
4,000
受託
1人
上記構図から考え広報活動のベースが第1であり
広報活動とのジョイントを中心に計画する
平成15年度予算(単位:円)
項目
1、交通費
2、雑費
予算
16,000
4,000
合計
20,000
■第6号議案
平成15年度予算案
■予算 収入の部
会費
\750,000
合計
\750,000
■予算 支出の部
例会総会運営費
旅費交通費
広報活動費
印刷費
通信費
事務委託費
補助金
雑費
予備費
合計
200,000
20,000
50,000
220,000
20,000
50,000
53,000
10,000
127,000
\750,000
■新会長挨拶
■閉会の辞
関口新会長
ダウンロード

第3回ITC中部総会資料