BPM
専修大学の情報システム
インターネット
プロキシサーバ Windows2000
サーバ
WWWサーバ
メールサーバ
専修大学
統合ネットワーク
生田校舎(120年記念館) 情報科学センターネットワーク
神田校舎
8Gbps
1Gbps
4Mbps
生田校舎(1号館)
Windows2000パソコン
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
0
BPM
インターネットとは
インターネット(Internet)とは:世界中のLANを結ぶコンピュータ
ネットワーク。電話と同じように、番号さえわかれば、国境や機
種の違いを超えてどこのコンピュータにでも接続できる。
<特徴>

1990年代初頭からグローバルな規模で急速に発展。
-

マルチメディア情報を自由にやり取りできる新しいコミュニ
ケーションメディア。
-

現在、1億台のコンピュータが接続、利用者数は4億人
手紙、電話、テレビ、双方向
我々の生活、文化、社会などを大きく変えるインパクトをもっ
ている。
-
電子商取引(EC)、電子政府、eラーニング
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
1
BPM
様々なメディアの性質
メディアの種類
特定少数
不特定多数
両方
同時性 双方向
保存
手段
手紙
×
○
○
文字
電話(固定)
○
○
×
音声
FAX
○
○
○
文字
テレビ
○
×
△
映像・音声・文字
ラジオ
○
×
×
音声
新聞
△
×
○
文字
出版(書籍)
×
×
○
文字
インターネット
○
○
○
文字(音声・映像)
電話(iMode)
○
○
△
音声(文字・画像)
参考:http://www.miyakyo-u.ac.jp/school/taira/Lecture/history-internet.html
2
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
生い立ち
BPM
<発祥>
冷戦時代の軍事上の目的から国防総省が作ったARPANET
が発端。核攻撃を受けても耐えられることが課題となった。当時
の大統領はニクソン。反戦運動、ヒッピー思想が華やかな頃。
<歴史>
1969
1973
1974
1982
1991
1993
ARPANET(Advanced Research Projects Agency
Net)スタート
イーサネット(Ethernet) by Bob Metcalfe(Xerox)
TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet
Protocol) by Vint Celf
SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)
WWW(World Wide Web) by Tim Berners Lee
(CERN)
Mosaic by Marc Andreessen(Illinoi Univ.)
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
3
BPM
インターネットとパソコンの歴史
~1970年
1970年代
▲スプートニクショック(1957)
1980年代
1990年~
▲ソ連崩壊(1991)
▲ARPANET(1969)
▲TCP/IP(1982)
▲JUNET(1984)
▲ニフティ(1987)
▲WWW(1991)
▲Mosaic(1993)
▲ENIAC(1946)
▲パーソナルコンピュータ(1976)
▲ワークステーション(1983)
▲マッキントッシュ(1984)
▲PC98(1988)
▲Windows3.1(1992)
▲Windows95
(1995)
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
4
BPM
基本思想

分散指向 (Power to the People)
-
一箇所に権力や情報を集中させるのではなく、皆で共有する。
-
全ての人がコンピュータの恩恵を受けるべき。コンピュータパワーを
人々へ開放しよう。
インターネットが世界規模で成長することを可能とした。
-

オープンソース
-

必要なソフトウェアは自分たちで作り、出来上がったらソースプログ
ラムを公開する。
よかったら共同で改善を繰り返し、そうでなかったら忘れられる。
多くの優れた技術を適用することを可能とした。
シンプル
-
両端のコンピュータが全てを司り、中間は単純な転送処理だけを行
う。最適性を狙わず、ほどほどの結果で満足する。
-
インターネットの規模が大きくなっても、個々のコンピュータの負荷は
増えない。
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
5
BPM
仕組み
インターネット=鉄道 (慶応大学 村井純)
コンピュータは駅、LANは路線、ルーターは乗換駅。インター
ネットは、様々な路線が集まって巨大な鉄道網ができているのと
同じ。個々の路線は自律性は高く、新たにLANを作っても乗換
駅を作れば容易にインターネットに加わることができる。
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
6
BPM
仕組み
インターネットはTCP/IPでつながっている

パケット
-

送り手は、データを小分け(パケット)にして宛先をつけて送る。
受け手は、パケットの通し番号に基づいてパケットを再構成する。
IPアドレス
-
全てのネットワーク機器には、固有のアドレスが割り振られる。
-
それぞれの機器は、パケットのアドレスに基づいて隣接した機器に
バケツリレー式にパケットを渡す。

ベストエフォート
-
100%の成功率はコストがかかるため、90%を何回か繰り返す。
途中でエラーがあった場合は該当するパケットだけを送り直す。
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
7
BPM
通信速度
通信時間=伝送データ量/(通信速度×回線効率)
bps(bit per second)で表す
公称の通信速度に対して実際はどれだけ低下するか
例.
100Kバイトのデータを、通信速度64Kbps、回線効率80%の
回線を使って伝送すると、通信時間は。。。
100,000×8/(64,000×0.8)=15.625秒
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
8
BPM
URLの意味
URL(Uniform Resource Locator)とは:
ブラウザがデータにアクセスする方法を示す。
http://www.senshu-u.ac.jp/Welcome-sj.html
アクセス方法
Webサーバーの名前
ファイル名
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
9
BPM
HTTPとは
HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)とは:ブラウザがWebサー
バーとメッセージをやりとりするときの手順を定めたもの。
GET(データをもらう), POST(データを渡す)
Webページのファイル名
リクエスト
クライアント
メソッド
データ
URI
サーバー
レスポンス
(ブラウザ)
ステータス
データ
(Webサーバー)
Webページのデータ
リクエストの実行状態
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
10
Webサーバのドメイン名
BPM
ドメイン名(Domain Name )とは:インターネットに接続されてい
るコンピュータに割当てられる識別名称。
www.senshu-u.ac.jp
第1レベル・ドメイン:国名(規定)
jp, uk, fr, de, kr, cn
第2レベル・ドメイン:組織種別(規定)
ac, co, ne, or, go, ad, gr
第3レベル・ドメイン:組織名(登録制)
senshu-u, hitachi, so-net, ipsj
第4レベル・ドメイン以降:サーバ名(自由)
www\
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
11
BPM
HPが表示されるまで
ブラウザ
HTTPメッセージ
TCP/IP
パケット
LANドライバ
Webサーバー側LAN
Webクライアント側LAN
アクセス回線
アクセス回線
インターネット
アクセスポイント
アクセスポイント
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
12
BPM
パケット
パケット(packet)とは:データを断片に分けて、各々にあて先
と送り主のアドレスをつけて送ること。2点間の通信を行うとき
に、途中の回線が占有されず効率が向上する。
<回線の独占利用>
aA
a
A
bB
b
B
cC
c
C
<パケットによる回線の共同利用>
a
b
c
A
P
A
D
P
A
D
aA1 bB1 aA2 cC1 bB2
PAD: Packet Assembler and Disassembler
B
C
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
13
BPM
メールアドレスの意味
[email protected]
国名
組織種別
組織名
ホスト名(メールサーバー)
ユーザID(メールボックスごと)
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
14
BPM
メールが届くまで
POP
(Post Office Protocol)
メールサーバー
メールサーバー
メールボックス
送り主側
送り先側
メールボックス
SMTP
(Simple Mail Transfer Protocol)
アクセス回線
アクセス回線
インターネット
アクセスポイント
アクセスポイント
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
15
BPM
SMTPとは
SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)とは:送信元と送信先の
メールサーバ間で電子メールを配送するためのプロトコル。
HELLO mail.senshu-u.ac.jp
送信元メールサーバ
250
送信先メールサーバー
MAIL FROM: [email protected]
250
RCPT TO: [email protected]
250
mail.senshu-u.ac.jp
DATA
mail.microsoft.com
354
:
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
16
課題7(2004年11月22日提出)
BPM
[問題]
ジェリー・ヤンとマーク・アンドリーセンはいずれもネッ
トベンチャーの旗手である。彼らが、技術的かつビジネ
ス的にどのような功績をあげ、それが現在のインター
ネット社会にどのような影響を及ぼしたかをA4用紙2
枚以内で説明せよ。
提出:11月22日(月) 18:00 小林に手渡し。
所定の表紙をつけ、印刷したものを提出。
All Rights Reserved Copyright © 2004, Kobayashi
17
ダウンロード

BPM - 専修大学ネットワーク情報学部ローカルコミュニティ