文化施策の展開①
資料4:大阪市文化事業説明用資料
「文化自由都市、大阪」をめざして、府市共同で設置した「大阪アーツカウンシル」による評価・提言をふまえ、
府市施策を統一的に推進し、大阪における芸術文化のさらなるパワーアップを図る
◆ 文化振興会議の一元化
平成25年 府・市で設置してきた文化振興会議を共同設置
◆ アーツカウンシルを府市文化振興会議の部会として設置
 平成25年 アーツカウンシル部会を共同設置。府・市の既存事業の評価と改善提案
 平成26年 評価機能に加え、企画・調査機能を立ち上げ、府・市の文化の状況を分析
⇒新たにできた企画・調査機能を活用し新規拡充事業を提案
○ アーツカウンシルの提案による新たな事業の展開
新 ■ 芸術文化プロジェクト2015開催(芸術文化魅力育成プロジェクト)事業
(1,500万円)
・若手プロデューサーの企画提案による、市民が楽しめる芸術文化の催し(フェスティバル)を府市共同で開催
・総事業費6,000万円
新 ■ 地域等における芸術活動促進事業
(1,000万円)
・「地域等における芸術」について広く市民に紹介するフォーラムなどを開催
0
文化施策の展開②
○ 新たな枠組みへの転換
■ 文楽協会・大阪フィルハーモニー協会運営補助金の再構築 (7,500万円)
 芸術活動振興事業助成の特別助成枠拡充(4,000万円)
・ 既存の都市魅力枠に加え、大阪文化力向上枠、上方古典芸能枠を新設
新  文楽を中心とした古典芸能振興事業の実施(3,500万円)
・ 古典芸能に触れる機会を市民に提供
○ アーツカウンシルの評価・改善提案を踏まえた文化振興事業
■ 大阪クラシック、咲くやこの花芸術祭、大阪アジアン映画祭等の継続開催など (3億1,300万円)
新 ■ 文楽を特色とする地域魅力創出事業
(
400万円)
 地域のにぎわいと活力を高めるため、大阪を代表する文楽を特色とするエリアの創出に関する調査
新 ■ 芸術・文化団体サポート事業
(
500万円)
 ふるさと寄附金を活用して、市民の想いを尊重できる、芸術・文化団体の活動支援を行うしくみを創設
1
ダウンロード

PowerPointファイル/217KB