情報処理の概念
#7 HTMLにおける構造と表現、アーカイブ / 2002 (秋)
一般教育研究センター 安田豊
Webと電子出版
• 出版=著作物を世に出すこと
• より多くの読者のために複製を作る形をとる
– はじまりは 15 世紀のグーテンベルグから
– 写経(写本)から大量複製の時代へ
• 出版物と複製の関係
– 電子出版は出版に大きなインパクトを与える
– デジタル化=完全な複製可能性
– より多くの読者のために利用しない方法はない
Webと電子出版
• まず出版過程の電子化から
– 1450 年頃:グーテンベルグの活版
– 1960 年代:電算写植の導入
• 日本では 70 年代に新聞CTSで活版から移行
(Cold Type System、Hot な鉛を使わない)
– 1980 年代:DTP の登場
• 1986 年:Macintosh / LaserWriter
• WYSIWYG システムとPostScriptの出会い
• 成果物の電子化 - 紙との決別
– 1990 年代:CD-ROM 出版、PDF、Web等
多様なメディア
PDF と電子出版との関係
• 出版過程の電子化の一段階
• 特徴:紙のイメージを保持
– 紙を出力対象とした印刷技術の変遷の最終形態
(かもしれない)
– 最後に紙のイメージを電子的に表現する
– レイアウトを完全に保持して再現
• 難点:機械可読性が弱い
– データとして扱えるという意味で可読だが
– 本来ドキュメントがもっている文章の意味や構造
を無視して文字の並びだけを扱うしかない
PDF と対比した Web
• 共通項
– 紙ではなくデジタルデータとして出力
– 文字情報については機械可読
• PDFの弱み
–
–
–
–
文書の構造などを汲み出せない
文字情報は印刷のため
可読とはいえ再利用性が低い
機械で読むのは再利用、加工のためでは?
情報加工、再利用
• 例:PDFドキュメントから第 3 章だけ抜き出
しなさい
– どこからどこまでが該当部分かわからない
– 人間は見たらわかる(意味を理解している)
– 機械にはわからない(アラビア語Web page を見た
時に似る = 文字は見えるが再利用できない)
– ページの切れ目を変えて再構成できない
– あくまで「見ため」を残しているのであって、文
章の構造は消えている
情報加工、再利用
• 例:サブタイトルが「印刷技術」の章を抜き
出しなさい
– タイトルが飛び跳ねてたら?
– 「見ため」としての文字は残るが文は消える
• じゃあWebはできるのか?
– Yes, HTMLがテキストの構造を記述するから
– SGML の本来の価値に注目
Webにおける構造と表現
• HTML (Hyper Text Markup Language) とは何か
– SGML (Standard Generalized Markup Language)
の一つの例
– コンピュータ間でデータを交換するために
– 情報の属性を記述する
• 本を SGML で記述する
– これがタイトル
– これがパラグラフ
– ということがわかるように
SGML による記述例
<BOOK>
<HEAD>
<TITLE>情報処理の概念</TITLE>
<AUTHOR>安田豊</AUTHOR>
</HEAD>
<BODY>
<ABSTRACT>
情報処理技術の様々な応用、すなわちコンピュータやネットワークの
利用が 進んだ結果、、、、
</ABSTRACT>
<SECTION>SGMLについて</SECTION>
<SUBSECTION>文法</SUBSECTION>
<PARAGRAPH>SGML はタグと呼ばれる、、、</PARAGRAPH>
<PARAGRAPH>このとき、ドキュメントは、、</PARAGRAPH>
<SUBSECTION>目的</SUBSECTION>
.......
構造が残されていることに注目
</BODY>
これなら「三章を抜け」も可能
</BOOK>
情報加工、再利用
• 溢れる情報
– 情報発信者の激増
– 通信環境の改善、能力アップ
• 新しいモデル
–
–
–
–
将来流れる情報はまず機械が読む
個人向けに再編成してから読む
興味のあるニュースだけ集めるシステム
「新しい本の情報を見つけたらABSTRACTだけ集
めて見せてくれ」
– 「ABSTRACTにこのキーワードがあるものだけ」
アプリケーション例
• 機械翻訳
– Webページ自動翻訳
• ロボット型検索エンジン
– HTMLの機械可読性が活きている
– 一次情報はまず機械が読むという感覚
• HTMLのまずさが問題に
– 視覚的表現に重点が移行
HTMLのまずさ
• 理想
– 構造を表現すればそれなりに見せてくれる
– 構造の記述と好ましい表現の両立
• 現実
–
–
–
–
–
より良い見た目のために記述を工夫する
構造の表現が崩れても構わない
一文字ずつ離して配置する
絵で文字を代行させる(見出しなど)
プログラムで表現(Java, Flash など)
情報処理の概念
安田豊 / 2002.11.11
安田豊 / 2002.11.11
•SGMLとは
SGMLは文書の構造を残した
まま情報を記録できるため、あ
とから機械的に再利用する可能
性が広がる。
本来 SGML が情報交換用の
フォーマットとして開発されたこ
とから来る自然な結果である。
SGMLは文書の構造を残
したまま情報を記録でき
るため、あとから機械的
に再利用する可能性が広
がる。
本来
SGML
とは
SGML が情報交換用の
フォーマットとして開発され
たことから来る自然な結果
である。
•文法
SGMLはタグと呼ばれる < >
記号で囲まれた目印によって、
情報の属性を表現する。
文法
SGMLはタグと呼ばれ
る < > 記号で囲まれた
目印によって、情報の属
性を表現する。
HTMLのまずさ
• 長さの問題
–
–
–
–
見た目上の理由でページを分けてしまう
短すぎるページ構成となる(細分化されすぎ)
HTMLは一文書で完結する設計
本来は巨大なマニュアル本を一つのSGML文書で
表現するような設計目標だった
• 構造をどこで表現するか?
– 建前:一つの文書内でタグによって表現
– 現実:リンク関係によって表現
– 「画面一枚の情報に、書くべき構造なんて無い」
HTMLのまずさ
• Googleの的確な候補表示はどこから?
– 必要なキーワードを含んでいるページのリンク関
係を見て、
– 人気があり、
– 入り口と思われるページを割り出す
• それでも機械可読であることの重要性
– 本来の設計目標とは違っても、機械可読である限
り工夫は可能
– まだまだ Web を有効に利用するためのアプリケー
ションはある
HTMLのまずさ
• 完成、版という概念がない
• 利点
– 即時性は高い
– 融通も利く
• 欠点
– リンクが切れる
– 固定できないため、相互参照に意味がない
– 情報が失われる
• HyperText は本来そうではなかった
HyperText のアイディア
• 1981, Literary Machines - Ted Nelson
– Xanadu - 完成していないプロトタイプ
• 出版すると同時に固定され、改変不可
– 改訂版は簡単に出せるが、旧版も残る
– リンクが切れず、意味も変わらずに使える
• 明確な文書の境界線
– ページ単位ではなく文書単位で出版(登録)
– 外部参照(リンク)と引用(トランスクルージョン)の使
い分け
– HTMLでは他の文書へのリンクと、自文書の一部分へのリン
クに区別がない
• はじめから永続的アーカイブが前提だった
HyperText のアイディア
• T.B. Lee は ‘89にWebを開発したが
1. 構造の記述と見た目の表現の混在
2. 文書の固定とリンクの消滅の関係
の二点について解決せずに Web/HTML をリリース
した
• Web保存計画はその反動である
– 例えばWARP
• 提案
– Webではない新しいシステムの開発
– Web/HTMLでも構造記述と表現の両立を目指す
その他の電子アーカイブ
• 過去の著作物から積極的に電子化
• 著作権法の期限外のものから
– グーテンベルグ計画
– エキスパンドブック
– 青空文庫
グーテンベルグ計画
• http://promo.net/pg/
• イリノイ・ベネディクティン大学マイケル・
ハートが推進
• 1971年開始
• 2001年までに10,000タイトル電子化目標
• 2002.10現在 5000 超ほど
• テキストのみ
(ASCII 以外に Swedish などもあり)
Bible のグーテンベルグ例
Bible
Genesis Chapter 1
God createth Heaven and Earth, and all things therein, in six days.
1:1. In the beginning God created heaven, and earth.
1:2. And the earth was void and empty, and darkness was upon the face
of the deep; and the spirit of God moved over the waters.
....
単なるテキスト情報のみ
エキスパンドブック
• www.voyager.co.jp
• 対象
– テキスト中心の電子出版
– 動画、音声なども含めたマルチメディア出版
– 縦・横組、文字サイズ、行間、字間の指定等さま
ざまな文字組が可能。
– ルビ、禁則に対応。
– 指定した通りのデザインを、WinでもMacでも、読
者のマシンで忠実に再現
グーテンベルグ21
• http://www.gutenberg21.co.jp/
• 「怒りのぶどう」スタインベック
– (上)エキスパンドブック / 408KB テキストファイル 271KB
– (下)エキスパンドブック / 392KB テキストファイル 257KB
– 本体価格:各700円
• 100円文庫
– シャーロック・ホームズの、あの作品だけ読みたい
– PcketPC、Palm、Clie、Zaurus、Visor、WorkPad、TRG Pro、
Cassiopeia、GFORT、jornada などモバイル環境で文庫本がわ
りに
• 部分的閲覧(購入)は電子図書の重要な特徴
青空文庫
• http://www.aozora.gr.jp/
• 特徴
–
–
–
–
–
–
–
–
利用に対価を求めない、インターネット電子図書館
著作権の切れたもの、自由に出せるものを対象
テキストとHTML、エキスパンドブックで提供
1997年スタート
ボランタリで入力、校閲
収録作品数 2066 本(2002.11 現在)
世界に誇れる日本初のプロジェクトとなるかも
ネットワークに散在する力を集めたという意味で極めてイ
ンターネット的
ダウンロード

情報処理の概念 #5 / 2002 (秋)