タイ産ほうれん草プロジェクトの取り組み
『安心・安全な商品提供とCSR
(社会的責任)を目指して』
生活協同組合連合会
大学生活協同組合東京事業連合
Ⅰ.大学生協について
大学生協の社会的使命
・文化と高等教育の充実を願い、魅力ある大
学づくりに参加する。
・協同体験を大切にし、暮らしのなかで協同
の輪を広げる。
・人間らしい豊かな生活、人と地球に優しい社
会を実現する。
大学生協東京事業連合について
要望・運営/商品発注
●東京事業連合と会員
組合員要望
仕入交渉
安全検査
メ
ー
カ
ー
・
産
地
要望理解
納品
提案
<会員のための主な業務>
東
京
事
業
連
合
商品・食材調達業務
商品(メニュー)企画業務
物流業務
システム業務
経理決算業務
広告広報物作成
研修業務 等
提案・活用/商品納品
六
九
大
学
生
協
(
会
員
)
組合員の
意見・要望
Ⅱ.大学生協東京事業連合について
食堂事業の目的
・組合員自らが協同で実現したい食生活の場
・健康で安心・安全な組合員への食生活提案の場
・課外におけるコミュニケーションの場
Ⅲ.タイ産ほうれん草の取り組みについて
1. 大学生協食堂にかかせない
『ほうれん草』
ほうれん草は総合栄養素野菜
ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んだ
毎日の食事に欠かせないメニュー
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
2. タイ産ほうれん草にいたった経過
2003年中国ほうれん草の残留農薬による輸入禁止
国産での対応
品質、価格、安定的供給に問題
海外調達に切り替え
タイ北部に
※当時日本へのタイ産の冷凍ほうれん草の実績はあり
ません
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
 タイに着目した理由
第1
タイ北部山岳高地の冬季の気候がほうれん草栽培
に適している事
第2
加工コストは中国に比べ高いが、冷凍加工メーカー
の冷凍技術が高い事
第3
少数民族問題、低い経済社会水準、未整備、未開
墾農地の存在から『農地整備、雇用創出、換金作物の
栽培拡大』がタイ北部の緊急の課題となっていた事
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
3. タイでの試験栽培と産地、メーカー探し
 2003年6月 タイ北部で試験栽培。
幾つかの試験結果から、栽培可能であると確証
 2003年8月に開発輸入の実施を決める
 2003年9月に契約可能なメーカー『SWIFT』社がみつか
る。
 2003年11月から栽培開始に向けた準備を始める。
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
3. タイでの試験栽培と産地、メーカー探し
 主たる準備
• ジャポニカ種の確保
• 製品加工
• タイ北部での栽培適地
• 原料配送
• 生産者農家との契約
• 栽培指導
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
4. 抱えた多くの課題
11月からの栽培という時期が迫っていたにも関わらず、多くの課題をかか
えました。
原料生産、製品製造上の課題
 使用量を確保するに見合うほどの農地が十分に確保さ
れていない。
 同地域でのほうれん草栽培の実績がなく、生産者に技
術的ノウハウが蓄積されていない。
 タイからのほうれん草加工品の輸入実績がなく日本の
厚生労働省、農水省の対応が不透明。
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
商取引における信頼やリスクの問題
 SWIFT社自身の本当に購入してくれるのか?といった
猜疑心
 大学生協も、未だ見ぬ産地とメーカーに開発をゆだねる
リスクと不安
 双日食料も、タイにおける野菜取引の実績の小ささ、結
果として日本商社の中で最初にタイのほうれん草ビジネ
スに手をつけるリスクへの不安
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
5. 大学生協・双日食料・SWIFT社の
『相互理解と信頼』
 安全で安心できる、ほうれん草を学生たちに、タイ北部
地域の雇用、社会貢献・・・大学生協の思いと意思
 公正な取引事業を通じた雇用の創出と貧困層の救済、
生産者技術支援を通じた、生産者育成、教育への貢
献・・・SWIFT社の思いと意思
 タイにおけるほうれん草ビジネスのパイオニア商社
双日食料の思いと意思
 双方の『思い』、『意思』を伝えあい、双方の『思い』、『意
思』の確認
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
6. SWIFT社の素早い動き
新規工場の着手
栽培契約農家の開拓
新たな農地の開墾
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
栽培農地について
新たな開墾であった為、チェ
ンマイ周辺ではなく更に北
部山岳地帯のミャンマー国
境に近いチェンダイ周辺が
中心。車での移動が困難で
徒歩向かわざる得ない農地
周辺環境
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
栽培農地について
●農耕機械はなく、全て農具での作業
●山岳少数民族の方々も多く含まれ、タイ語が通じ
ない人もいる状況
●山肌に沿った農地も多く雨による土流れも心配
総量確保という現実問題
への不安
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
栽培農地について
●農地の土の『温かさ』『香り』
※沢山の養分を含んでいる土
●農地が大学生協専用
※畑ロットとコード管理は明快「トレーサビリティー」
●オーガニック栽培
ほうれん草自体の
安全、安心感
Ⅲ.タイほうれん草の取り組みについて
7. 生産量
15000
10000
5000
0
2002年度
2003年度
2004年度
2005年度
2006年度
中国
台湾
ベトナム
インドネシ
ア
タイ
5000
4552
3880
11980
14732
11
1639
2793
2584
1792
18
1069
4505
5861
3827
6
396
902
624
919
0
20
61
113
165
財務省輸入通関統計
IV. タイ産冷凍ほうれん草のこだわり
SWIFT社について
IV. タイ産冷凍ほうれん草のこだわり
SWIFT社について
●事 業 範 囲
・1986年に世界市場及び国内市
場に高品質の農産物を供給する
ために設立
・主要産品は <JAPAN、EU、
中東、オーストラリア、台湾など)
~生鮮食品:野菜・ハーブ
~冷凍食品:果物・野菜
~乾燥食品:野菜・ハーブ
~蒸熱処理果物:果物
IV. タイ産冷凍ほうれん草のこだわり
SWIFT社について
●冷凍ほうれん草製造ライン
IV. タイ産冷凍ほうれん草のこだわり
SWIFT社について
1. SWIFT社の理念
①無農薬/有機農法による環境保護の推進
②従業員/生産者への奨学金基金
「友情の基金」
③Win-Win
※生産者~消費者までSWIFT社に関わる
全ての人が恩恵を受ける
IV. タイ産冷凍ほうれん草のこだわり
SWIFT社について
2. 友情の基金
●基金の内容
児童、高校生、大学レベルにおいて、彼らの教育
に関わる経済的支援を目的としている。SWIFT
社の総売上高の若干のパーセンテージを基金
に寄付し、基金を支えています。
●奨学金の対象者と選抜基準
<対象は>
①SWIFT社の従業員の子供たち
②SWIFT者が契約する農場納農夫の 子供たち、
③SWIFT社と関係なく就学が困難な貧しい児童、
高校生、大学生
<選抜基準は>
①本当に援助が必要な貧困家庭の子供たち
②学校で勉強する意思のあること
③素行に問題がないこと
④麻薬に手を染めていないこと
IV. タイ産冷凍ほうれん草のこだわり
SWIFT社について
3. 大学生協と基金
生産者との交流促進、公正取引に維持、社
会貢献活動への参加といった、SWIFT社と
活動を共にする事を通じて基金活動を豊かに
する視点での関わりをもつ事が大切
最後に
●社会的貢献
今中国ほうれん草が解禁になって
いますが、単に
・安いから
・量産しやすい
・気候が安定しているから
ということではなく、大学生協のほう
れん草ビジネスにより間接的では
ありますが・・・・・・・・・・・・
最後に
●社会的貢献
●タイの生産者支援につながり
●タイの子供達を支援する奨学金
基金設立に大きな動機と勇気を
与えた
●社会的貢献の位置づけが高い
もっとこの事を広く知らせる取り
組みや行動を行っていく必要が
あると思います。
最後に
大学生協の教育支援
タイ産ほうれん草のもつ意味を広める
為、に2005年から学生、先生、職員の
視察を始めています。
○2005年参加者
大 学 教 職 員・弘前大学教授 1名、 学
生・・・・・・1名、取引先・・2名、大学生
協職員・・9名
○2006年参加者
学生・・・・4名、取引先・・1名大学生協
職員・・16名
※2006年には子供達に教育支援の寄
与をしました。
教育支援内訳
小学校からの感謝状
50人×500バーツ(一人1500円)
小学校の施設改修
35000バーツ (105000円)
最後に
●トレーサビリティー
●使用する、ほうれん草が、どの
ような農地で、どのような人々の
手で栽培されているか、その事
が彼らの生活にどのような影響
をあたえているか、この『産地、
農地、従事者を実際に見る』事が
大切と思います。
●本質的なトレーサビティーをほ
うれん草という食材で追及してい
きたいと考えます。
ありがとうございました
ダウンロード

タイほうれん草の取り組みについて