中学部3年生自閉症児が一人
で活動する時間を増やす事例
~対人への不適切行動を減らすために~
日野 浩志
1
指導目標
【長期目標】
 卒業後,施設入所することができる。

不適切な行動をとることなく,家庭・学
校・地域で生活を送ることができる。
2
指導目標
【短期目標】
 担任以外の指導者の集団の中での学
習場面でも,不適切な行動がなく一人
で活動する時間が増える。

複数名が在籍する教室で,休み時間も
一人で休憩する時間が増える。
3
標的行動

一人の学習スペースで,休憩と課題
で一人で過ごすトータル時間を増や
す。

一人の学習スペースで,暴力、暴言、
その他不適切行動を減らす
4
現状のABC分析
休憩(↑)
近くに複数の教員
褒める言葉(↑)
近くに複数の友達
トークンのポイント(↑)
複数の教員・友達がいる学習ス
ペースで
教員・友達の話し声
トークン表あり
一人で
課題をする
課題がなくなる(↑)
人との会話なし(↓)
様々な課題や
活動あり
人の反応なし(↓)
5
5
解決策のABC分析
離れたところに教員
少しのおかし(↑)
褒め言葉(↑)
一人の学習スペース
友達の話し声なし
教員の笑顔(↑)
一人で
課題をする
人との会話なし(↓)
一人でできる課題あり
近くに人なし(↓)
ルールあり
人との反応なし(↓)
6
6
現状のABC分析
近くに教員なし(↓)
近くに複数の教員
近くに複数の友達
図鑑の写真(↑)
複数の教員・友達がいる教室で
教員・友達の話し声
図鑑,CD,
ビデオあり
CDの音楽(↑)
一人で
休憩をする
人の注目なし(↓)
人との会話なし(↓)
教室内のイスに座って休憩する
ルール
人の反応なし(↓)
7
7
解決策のABC分析
離れたところに教員
近くに人なし(↓)
一人の休憩スペース
友達の話し声なし
図鑑,CDデッキ,
おもちゃあり
人との会話なし(↓)
人の反応なし(↓)
一人で
休憩をする
図鑑の写真(↑)
CDの音楽(↑)
ルールあり
人の注目なし(↓)
8
8
現状のABC分析
複数の男性教員がくる(↓)
近くに教員
カームダウンの部屋にいく(↓)
気に入らない教員の返答
自分の方が強いという感覚(↑)
気に入らない教員の表情
相手が殴ってこない(↑)
自分の要求が通らない
教員の無反応
ルール表あり
教員と話をしている時
注意が得られない時
暴力する
すっきり(↑)
一人になる(↓)
注目あり(↑)
声かけあり(↑)
関わりあり(↑)
殴った時、蹴った時の相手の反応(↑)
9
9
解決策のABC分析
複数の男性教員がくる(↓)
カームダウンの部屋に行く(↓)
離れたところに教員
一人になる(↓)
教員の無反応
すっきり(↑)
口頭での約束あり
注目が得られない時
暴力する
関わりあり(↑)
自分が強いという感覚(↑)
相手が殴ってこない(↑)
教員と目が合った時
殴った相手の反応(↑)
殴った感覚(↑)
10
10
現状のABC分析
床や壁が排泄物で汚れた状態(↑)
物を投げたり蹴ったりする感覚(↑)
好きな教員が近くにいる
注目あり(↑)
教員が近くにいる
声かけあり(↑)
一部ルール表あり
教員の無反応
気に入らない教員の返答
関わりあり(↑)
不適切行動
物が壊れる音(↑)
排泄したスッキリ感(↑)
つばのかかった様子(↑)
気に入らない教員の表情
教員と話をしている時
注目が得られない時
一部、ルール表にチェック(↓)
自分の言った暴言を聞く(↑)
下ネタの響き(↑)
11
性器をさわる感覚(↑)
11
解決策のABC分析
教員の反応なし(↓)
注目なし(↓)
離れたところに教員
関わりなし(↓)
教員の姿なし
無反応
物が壊れる音(↑)
不適切行動
注目が得られない時
排泄したスッキリ感(↑)
つばのかかった様子(↑)
教員と目が合った時
性器をさわる感覚(↑)
下ネタの響き(↑)
一部、ルール表にチェック(↑)
自分の言った暴言を聞く(↑)
12
12
方法
【対象児】
生徒A(支援学校中学部3年生男子)
自閉症、知的障害
注意欠陥多動性障害(ADHD)
WISC-IV:IQ44
【指導場面】
学校生活全般
【般化場面】
指導者5名以外の教員
【教材】
一人の教室、スケジュール、一人でできる課題
13
介入1
手続き(1)
・4人の教室から一人の教室へ変更する。
・集団の授業に参加することをやめ、一日の
活動を自立課題、休憩、虫取りのみとする。
・Aが話しかけてきたときに、反応 しないこと
を全教員に周知する。
・暴力行為(殴る、蹴る、人につばをはく、物
を投げるなど)があったときは、複数の男性
教員がカームダウンの部屋に誘導する。
14
介入1
手続き(2)
1 教室、学習内容、一日の流れ、「人と話せないルー
ル」、人に話しかけても反応がないこと、虫取りのルー
ルを口頭で説明する。(指導開始日のみ)
2 トランジッションカードを手渡し、次の活動を指さしをす
る。
3 そのまま次の活動をした場合は、2~3m離れた場所
で見守る。
もし、次の活動に移れない場合は、トランジッション
カードをもう一度手渡し、次の活動を指さしする。トラ
ンジッションカードを受け取らない場合は、目の前にト
ランジッションカードを置き、離れて見守る。Aが話し
かけてきたときは、視線を合わさず距離を置く。
15
介入1
手続き(3)
4 Aが課題を完成させ報告してきたときは、課題を
確認してできている場合は、ハイタッチをしながら
褒めたあと、お菓子箱を渡す。
5 お菓子箱についているトランジッションカードを指
さす。 (指導開始日のみ)
6 休憩コーナーに入ったら、距離を置く。Aが話しか
けてきたときは、視線を合わさず見えない位置に
移動する。
16
介入2
1 介入1の手続き(1)(2)(3) は同じ。
2 学校で暴力があれば,入院手続きをすることを
伝える。
17
記録方法

一人で課題をした時間と一人で休憩をした
時間の合計

不適切行動があった回数/一日あたり
18
達成基準・中止基準

指導期間:2014年1月8日~
達成基準
①不適切行動・・・1日の不適切行動の回数が15回以下が20日連続。
②一人で課題・休憩・・・1日150分以上が7日間連続。
中止基準
①不適切行動・・・1日の暴力の回数が10回を超えたとき。
②一人で課題・休憩・・・1日50分以下が3日間連続。
19
DVDプレーヤーに小便,課
題を隠す,投げる
介入1
暴言100回以上,小便7
回,暴力7回
日付
02月13日
02月17日
02月19日
02月20日
02月21日
02月24日
02月25日
02月26日
ベースライン
01月08日
01月09日
01月10日
01月14日
01月15日
01月16日
01月21日
01月22日
01月23日
01月24日
01月27日
01月28日
01月29日
01月31日
02月03日
02月04日
02月05日
02月06日
02月07日
02月10日
( )
12月09日
12月10日
12月11日
12月16日
12月17日
12月18日
12月19日
結果(1)
不適切行動の回数
250
介入2
200
1
日
に150
あ
っ
た100
回
数
回 50
不適切行動の回数
寝ていた時間
0
週末に父親とのケンカが影響
20
介入1
)
日付
02月13日
02月17日
02月19日
02月20日
02月21日
02月24日
02月25日
02月26日
(
1
日
に
あ
っ
た
回
数
回
ベースライン
01月08日
01月09日
01月10日
01月14日
01月15日
01月16日
01月21日
01月22日
01月23日
01月24日
01月27日
01月28日
01月29日
01月31日
02月03日
02月04日
02月05日
02月06日
02月07日
02月10日
18
12月09日
12月10日
12月11日
12月16日
12月17日
12月18日
12月19日
結果(2)
暴力の回数
介入2
16
14
12
10
8
暴力の回数
6
4
2
0
21
結果(3)
300
250
一人で課題・休憩した時間
ベースライン
介入1
200
一人で課題
150
一人で休憩
課題と休憩の合計
100
(
一
人
で
の
活
動
時
間
分
)
50
0
日付
22
結果(4)
「一人で課題・休憩」の介入1では「一人教室への
変更」「人と話せないルール」「すべての授業を一
人だけ」に前提条件を変更したことで大きな成果
が出た。
「不適切行動」の介入1では,はじめの4日間は不
適切行動の回数が50回以下で,暴力もなかっ
た。
6日目に不適切行動が200回を超え,暴力も7回
あった。
1月22日以降,学校でよく寝るようになった。
学校で50分以上,寝ている日は暴力もなく不適
切行動も少ない(15回未満)。
23
結果(2)
「不適切行動」の介入2では,追加となったルール
を説明した2/13は,不適切行動が30回を超え
た。
2/13以降は,不適切行動が10回以内であっ
た。
24
考察(1)
人との関わりを減らす環境設定やルールを
作ることで,一人で休憩できる時間が増えた。
→ 支援者側の負担も激減した。
一人でできる活動,一人での休憩,教員の
立ち位置などの前提条件を整えても,不適
切行動の減少にはつながらなかった。
25
考察(2)
寝ている時間が多いほど,不適切行動は減
る傾向。
「学校で暴力があれば入院」のルールが効果
的。
26
ダウンロード

305_301_1