Webサービス II (第10回)
http://www.wakhok.ac.jp/~tatsuo/ws2
2006年12月6日
この時間の目標



IDE NetBeans を用いた Webサービスの
開発
EoD(Ease of Development)を実体験
Webサービスを量産する
開発手順(1)
開発手順(2)
新しいプロジェクトを作成する
開発手順(3)
プロジェクトのタイプは Web
開発手順(4)
プロジェクト名=サービス名を適切に付ける
開発手順(5)
プロジェクトのトップ項目を右クリック->New
開発手順(6)
実装クラスの名前とパッケージを決める
開発手順(7)
•プログラムのテンプ
レートをエディタで編集
•メソッドを実装する
•保存
•ビルド
•デプロイ
開発手順(8)
•デプロイの実行
プロジェクトのトップ項目
右クリック
Deploy Project
•自動的にサーバが起動
•途中経過も表示
開発手順(9)




クライアントのプロジェクトは通常の
General
トップ項目の右クリック -> New
-> Web Service Client
WSDL のありかを指定
あまり「簡略化」はない?
かえってコマンドラインの方が簡単かも
この時間の目的

EoD を体感するため、Webサービスの
サーバ側を量産してみよう
ダウンロード

NetBeans による Webサービスの開発