ネットワーク・エコノミクス
京都大学大学院経済学研究科
教授
依田高典
1
産業組織論とネットエコン
• 伝統的産業組織論:2つの流れ
– ハーバード学派
• メイスン・ベイン・ケイブスetc
• SCPパラダイム
• 集中度-利潤率仮説
– シカゴ学派
• スティグラー・デムゼッツetc
• 強固な事前均衡/自然淘汰観
• 価格理論のレンズ
2
独占禁止政策
• ハーバード学派
– 厳格なカルテル・合併規制
– 構造的措置・企業分割
– 市場閉鎖理論
• シカゴ学派
– 垂直合併・混合合併は原則合法
– 反トラストのシカゴ革命(1982年)
3
新しい産業組織論
• NIO登場の背景
– OIOの理論的不備
– ゲーム理論革命
• コンテスタビリティ・参入阻止価格理論
• 独禁法への含意
–
–
–
–
合理の原則・市場行動主義
豊富な説明力
均衡の複数性
予言と実証の困難
4
ネットエコンは現実に答えうるか
• ネットワーク産業を分析するゲーム理
論的産業組織論
– ネットワーク外部性と標準化
– ボトルネック独占とアクセスチャージ
– ユニバーサルサービス etc
5
コンテスタビリティと規制緩和
• 公益事業規制の限界 図1参照
– 市場の失敗:自然独占性→公正報酬率規制
– 政府の失敗:アバーチジョンソン・X非効
率性・レントシーキング
• デムゼッツの卓見?
– フランチャイズ・ビッディング:inではな
い、forの競争
6
図1:自然独占産業
P
Pm
Pac
Pmc
AC
MC
MR
Qm
Qac
Qmc
Q
戻る
7
コンテスタビリテイ命題
• 市場がコンテスタブルならば、自然独占的市
場でも、潜在的競争圧力(ヒット&ラン)が働く
ので、公益事業規制は必要ない。
– 競争的市場ならパレート最適、
自然独占的市場ならラムゼー次善
• 完全コンテスタブル市場
– 費用・需要の同質性/埋没費用ゼロ/報復の時間的
ラグ
• 航空産業はコンテスタブル?
– 飛行機は転売可能な固定資本(Capital on Wings)
8
コンテスタビリティ:批判的検討
• 均衡の存在の問題
– 整数問題とクリームスキミングによる破滅的競争
• 頑健性批判
– 不完全なコンテスタブル市場では、急速に参入阻
止価格は上昇する(潜在的圧力にならない)
• 実証的批判
– 市場集中度/競争相手の有無と市場成果には有意な
相関がある
9
規制緩和の時代
• 規制緩和の効果?
– 米国:約400億ドル、日本:約1兆円
• 米国の航空規制緩和 表1参照
–
–
–
–
1978年規制緩和法
第一局面(1979-85年):新規参入・運賃低下
第二局面(1989-91):吸収合併・運賃上昇
第三局面(1992-):集中度/運賃微減・再規制の動
き
10
表2:米国航空産業集中度
1978 年
1985 年
1992 年
1 位 ユナイテッド 17.0 1 位 アメリカン 13.1
1996 年
1 位 アメリカン 20.3
1 位 ユナイテッド 20.1
2 位 アメリカン 12.5
2 位 ユナイテッド 12.3 2 位 ユナイテッド
19.3 2 位 アメリカン 18.2
3 位 パ ンナム 12.5
3 位 イースタン 9.9
3 位 デ ルタ 16.8
4 位 TWA 11.7
4 位 TWA 9.5
4 位 ノースウェスト
5 位 イースタン 10.9
5 位 デ ルタ 9.0
5 位 コンチネンタル 9.0 5 位 US エアウェイズ
6 位 デ ルタ 10.1
6 位 パ ンナム 8.1
6 位 US エア 7.3
7 位 ウェスタン 4.4
7 位 ノースウェスト
12.2 4 位 ノースウェスト
6.7 7 位 TWA 6.0
8 位 コンチネンタル 4.2 8 位 コンチネンタル 4.9 8 位 サウスウェスト
3 位 デ ルタ 16.2
11.9
6.7
6 位 コンチネンタル 6.4
7 位 TWA
2.9 8 位 サウスウェスト
4.7
4.7
上位4 社 53.7
上位4 社 44.8
上位4 社 68.6
上位4 社 66.4
上位 8 社 83.3
上位 8 社 73.5
上位 8 社 93.8
上位 8 社 88.9
上位 12 社 94.7
上位 12 社 86.0
上位 12 社 98.3
上位 12 社 94.8
戻る 11
航空コンテスタビリティの神話
• 「理論的支柱説」
– コンテスタビリテイ理論の完成と米国航空規制緩
和は並列的進行
• 「航空市場コンテスタブル説」
– 航空といえども非コンテスタブル:ハブ&スポー
ク・CRS・イールドマネジメント・FFP
• 「コンテスタビリティ=規制緩和説」
– ボウモルは規制緩和批判、カーンはコンテスタビ
リティ批判
12
ボトルネック独占
• エッセンシャル・ファシリティ法理
– イコールアクセス・非差別的料金・アンバンドリ
ングの義務づけ
• ボトルネック独占のインセンティブ
– 効率性インセンティブ
• 規模範囲の経済性・取引費用節約・垂直的外部性の内部
化・ただ乗り防止・不完備契約対策
– 競争制限的インセンティブ
• 可変的要素結合比率操作・プライススクイズ・参入障
壁・ライバルの費用上昇
13
ボトルネック独占の社会厚生
• 5つの産業構造 図2参照
–
–
–
–
–
統合型ボトルネック
分離型ボトルネック
分離分割
分割型垂直統合
非対称型垂直統合
• 3つのメカニズム 表2参照
– 水平間代替性:産業内部の競争度
– 垂直間補完性:二重マージンの回避
– 規模・範囲の経済性
14
表2:5つの産業構造
1)統合型 (2)分離型 (3) 分離分割
ボ ト ルネ ッ ク ボ ト ルネ ッ ク
B1
B2
A1 A2
B2
B1
B2
AA2
AA
1 1
2
A1
A2
B1
(4)分割型 (5)非対称型
垂直統合 垂直統合
B1
B2
B1
A1
A2
A1
B2
A2
戻る
15
表2:5つの産業構造の社会厚生比較
a: 粗社会厚生の比較
競争強度大
競争強度中
競争強度小
1位
分割型
垂直統合
分割型
垂直統合
分割型
垂直統合
2位
非対称型
垂直統合
非対称型
垂直統合
統合型
ボト ルネッ ク
3位
分離分割
統合型
ボト ルネッ ク
非対称型
垂直統合
4位
統合型
ボト ルネッ ク
分離分割
分離分割
5位
分離型
ボト ルネッ ク
分離型
ボト ルネッ ク
分離型
ボト ルネッ ク
b: 純社会厚生の比較
上位グループ
分割型垂直統合
中位グループ
統合型ボト ルネッ ク
非対称型垂直統合
下位グループ
分離型ボト ルネッ ク
分離分割
戻る
16
ボトルネック独占の規制
• 構造的規制
– 公正接続・接続料金の紛糾
– 電気通信産業の例:米国・分離分割、英国・複占
施策、日本・持株会社方式
• 行動的規制
– 独占価格防止・規制の簡素化・競争促進
– 非対称規制:会計区分・業務規制・価格上限規制
• 裁量型・事前規制から、ルール型・事後規制
への脱皮
17
アクセスチャージ
• 基本ルール
– 平均増分費用(AIC)
– 平均単独採算費用(ASAC)
– 回避可能費用(AC)
– 完全配賦費用(FDC)
– ラムゼー・ルール(RAMSEY)
単独採算費用
ラムゼー・ルール
完全配賦費用
損失回避費用
増分費用
18
ECPR
• ECPR=平均増分費用+平均機会費用
– 費用と需要の対称性のもとでは、
AIC≦ECPR=AC=FDC=RAMSEY≦ASAC
• ECPRの問題点
– 不当な機会費用
• 独占的レント・経営非効率性の費用
– 経営効率化誘因の欠如
– プライス・スクイズの誘因
19
TELRIC
• 未来指向・最小化・長期・増分・競争的・非
内部補助の費用
– 要素別アンバンドリング
– 一種の資本設備のレンタル価格
• TELRICの問題点
(1)会計情報(トップダウン)とモデル情報(ボトムアッ
プ)の齟齬。(2) ストランデッド・コスト(回収不能
費用)の発生 。(3)規制による強制収用。(4) 投資イ
ンセンティブの欠如。(5) サービスの質・信頼性
の低下。(6) 長期増分費用plus方式のマークアップ
理論欠如。(7) 規制費用の増大。(8) ボトルネック
を前提とした古い概念。
20
競争時代のアクセス・チャージ
• M(市場活用型)-ECPR
M-ECPR=AIC+Δ/Q(社会的機会費用)
Δ=(規制下の純収益)−(競争下の純収益)
≦最効率的CAPのSAC
• 設備ベースのネット間競争
– ボトルネック問題から、事業者間の共謀問
題へ(国際電話の料金清算問題、インター
ネットのビル・アンド・キープ)
21
日本ネット産業のアクセスチャージ
• 電気通信産業
– 1987〜足回り料金、1994〜エンド・エン
ド料金、1996〜接続会計導入、2000〜
LRIC導入、既線点RTの費用をめぐる紛糾
• 電力・ガス産業
– トップダウン型のフォワード・ルッキング
費用導入(実はヒストリカル)、ABC会計の
活用、選択メニューの併用
22
ネットワーク外部性
• 通話の外部性とネット外部性
• バンドワゴン効果 図3参照
– スノブ効果・ヴェブレン効果
• 通信の相互依存性
– クリティカルマスの問題
– サービス普及価格の合理化
23
図3:バンドワゴン効果
p
d1
d2
E1
p1
E2
p2
d12
0
q1
q1’
q2
q
戻る
24
Katz&Shpiroモデル
• ネット外部性:(1)加入者数に依存する電話サービス、(2) ソ
フトウェアの充実が前提となるハードウェア産業、(3)アフター
サービスが必要な耐久財
• 2つのネット外部性:(1)ある一時点での消費者間で作用する
「水平的ネットワーク外部性」、(2)異時点間での消費者間で作
用する「垂直的ネットワーク外部性」。
• 2つの社会的非効率性
(1)「既得基盤」:もしも消費者がある企業規格やネ
ットワークが優位になると予想すれば、消費者は
その規格やネットワークに対する支払意志額を高
め、実際その規格やネットワークが優位になる。
(2)「互換性誘因」:企業は規格やネットワーク間の
互換性を設定するための適切な誘因を持つか否か
。互換性に対する企業の私的誘因と社会的誘因と
の間では乖離、互換性は社会的に過少傾向。
25
Farrell&Salonerモデル
• ネット外部性の2つの市場の失敗
(1)「過剰慣性」:非効率的な旧技術が既得基盤を持
つために、効率的な新技術の採用が阻害される場
合。
(2)「過剰転移」:非効率的な新技術が将来普及する
と予想されるために、効率的な旧技術を駆逐して
しまう場合。
• 過剰慣性・転移の2つの分類
(1)ある一時点での企業間で作用する「水平的過剰慣
性・転移」
(2)異時点間での企業間で作用する「垂直的過剰慣性
・転移」
26
ネット外部性と標準化
• 標準化の三段論法?
(1)標準化は公共財(非分割性・排除不能性)で
ある。(2)ただ乗りのような市場の失敗が発
生する。(3)市場の失敗是正のための方策が
必要になる。
• チッピングとロックイン
– QWERTY対DVORAKの事例
• 標準の類型化 表3参照
27
表 3: 標準の類型化
スポンサー無し 標準
デファ ク ト 標準
スポンサー付き標準
合意標準
強制的標準
自主的標準
デジュリ 標準
技術規制
戻る 28
デファクト標準
•
増大するデファクト標準の重要性
– 製品認知度・規模経済性・補完財増加
– VHS対Beta:1/2インチカセットで2時間記憶の
条件、業界全体の支持
•
新しい標準化の枠組み
– 結果的デファクト標準と戦略的デファクト標準
– 第三の標準化としての自発的標準
– DVDのMMCD(SONY)対SD(東芝):コンソーシア
ム・開発段階の先取り化
•
ネット外部性と反トラスト
– チッピングか、技術革新か
– マイクロソフト裁判
29
料金体系
• 価格差別化規制
– ロビンソンパットマン法
– 同一サービス・同一料金原則
• 1984年リーチアウトアメリカの認可
• 価格差別化の類型化
– 第1級:相対型・完全価格差別化
企業に有利、消費者に不利
– 第2級:非線形・大口割引・自己選抜型
企業・大口需要家に有利、小口需要家に不利
– 第3級:市場区分型・逆弾力性ルール
小口需要家に有利、企業・大口需要家に不利
30
日本のネット産業の選択的料金
• 電話産業
– 1992年〜テレジョーズ認可、1998年タイ
ムプラスをめぐる紛糾、定額制待望論
• 電力産業
– 電灯と電力の価格差異化・差別化
– 3段階逓増型ブロック料金(1974年〜)
• 良い価格差別・悪い価格差別 図4参照
31
図 4: 良い価格差別・ 悪い価格差別
費用格差
広義の価格差別化
価格差異化
需要要因
外生要因
狭義の価格差別化
自己選抜
第 1 級価格差別化
第 3 級価格差別化
第 2 級価格差別化
競争的環境下
社会政策的見地が 考
にあ る か否か
慮さ れている か否か
戻る
32
ユニバーサルサービス
• 生腐いイデオロギーの神話?
– 第一世代:デュアルサービス時代の独占擁護
– 第二世代:公益事業規制下の内部相互補助
– 第三世代:競争時代の制度の揺らぎ
• ユニバーサル・サービス・ファンド
• リンクアップ、ライフライン
• 1996年米国電気通信法による条文化
(1)公正・妥当・支払可能性、(2)地理的普遍性、(3)
高費用地域保護、(4)平等・無差別な負担、(5)明
確・予測可能・十分な基金、(6)教育・医療保護、
(7)競争中立性
33
ユニバーサルサービスの定義
• 2つの合理化
– 所得分配・社会政策、ネット外部性・メリット財
• 3つの構成要素
– コモンキャリッジ(非差別性)
– ラストリゾート(アベイラビリティ)
– アフォーダビリティ
• 3つの流れ 図5参照
– サービス間、地理間、所得階層間
• 競争圧力による持続可能性の危機
– 内部相互補助・料金平準化→クリームスキミング
→料金リバランス
34
図5:ユニバーサルサービスの流れ
長距離
サ
・
ビ
ス
間
↓
大口需要家
消
↓
費
者
小口需要家
間
市内
高費用地域 ← 低費用地域
地理間
戻る 35
U&S-PDの提唱
• 増大する競争的環境・価格差別化
– 自己選抜型価格差別化の2つの条件
• 誘因両立条件と参加条件
• U&S-PD(ユニバーサルサービスのU・セルフセレクションのS)
– 低所得者・高費用地域の参加条件にターゲットを
絞った福祉型料金制度→自己選抜条件を通じて消
費者全体の社会厚生の向上につながる
– パレート改善型・現状維持型公正概念
36
インセンティブ規制
• 伝統的規制
– 費用積み上げ・公正報酬率規制
– X非効率性・AJ効果・規制の虜
• インセンティブ規制の登場
– 米国の実証研究:インセンティブ規制を採
用している州ほど、またその経験が長いほ
ど、料金水準は低い
37
利潤分配方式
• 社会契約・スライディングスケール
– 利潤の残余請求権の一部を企業に認める
– NTTの幅公正報酬率規制(上限下限方式)
– ガス事業の報償金のスライディングスケール
• Leob&Magatモデル
– 消費者余剰を補助金として企業に与える
• Sappington&Sibleyモデル
– 消費者余剰の改善分だけを補助金として企業に与
える
38
プライスキャップ
• 1+RPI-X+Z方式
– 利点:経営効率化、料金リバランシング、規制の
簡素化、AJ効果回避
– 弱点:急激なリバランシング、X項の決定困難、
過小投資とサービス劣化
• Vogelsang&Finsingerモデル
– プライスキャップの結果、ラムゼー次善型社会厚
生に収束する
• 英国の経験
– 当初は低めのX項→企業は超過利潤の確保・国際
競争力の向上→X項の上昇
39
ヤードスティック競争
• 地域独占型産業の相互比較
– 私鉄・バス:実績原価と標準原価の折半
– 電力・ガス(1996〜):個別査定と比較査定
• Shleiferモデル
– 費用と需要が等質的で、共謀がなければ、ヤード
スティックで社会的最善になる
• 実際には、費用と需要は非等質
– 依田・桑原のヤードスティック型費用補正計量モ
デルの開発(地域別効果・規模経済性効果)
40
ベイズ型プリンシパル・エージェント
• 情報の非対称性による規制の失敗
– アドバース・セレクション(隠れた特性)
• Baron&Myersonモデル
– モラル・ハザード(隠れた行動)
• Laffont&Tiroleモデル
• 自己選抜型規制とハイブリッド規制
– 米国の地域電気通信のアクセスチャージ:プライ
スキャップのX項の水準と、公正報酬率規制の報
酬率の水準のメニューを企業に提示
41
複雑系とネットエコン
• 複雑系ブーム
– カタストロフィー・カオス・フラクタル
• サンタフェ研究所・アーサーの活躍
– 収穫逓増と限定合理性
• 京大経研と進化経済学会
• ネット産業の複雑性
– 2つの収穫逓増性:ボトルネック独占(供給側)・
ネット外部性(需要側)→ポジティブ・フィード
バック→線形的な世界観に基づく産業政策の無効
性
42
ダウンロード

pptファイル - 京都大学 大学院経済学研究科・経済学部