第十課 青春のひとこま
本文の説明
第一段落
この瞬間、そこにいるみんなの顔が緊張する。掲示
板を食い入るように見、自分の番号を探す真剣な顔。
やがてそれが、喜色満面といった表情に取ってかわる。
はた目も構わず、友人と抱き合い、うれし涙で顔はク
シャクシャ。その一方で、ショックを隠しきれず、
がっくりと肩を落とし、しばしぼう然と立ち尽くす姿
も見られる。大学受験の合格発表のひとこまである。
合格した学生たちは、この日を限りに受験勉強から解
放され、思い切り羽を伸ばせる自由の日々を手に入れ
る。それに引き替え、不合格だった学生には、まだま
だ険しい道が続く。人生の明暗を分けるこの一瞬は、
12年間にわたる学校教育の終着点を意味する場面で
もある。
第二段落
日本の教育制度は六、三、三制、つまり小学
校六年、中学校三年、高等学校三年となってお
り、うち義務教育は小、中学校の9年間である。
とはいえ、1990年現在、高校進学率は95.
1%にたしており、実質的にほとんどが12年
間の教育を受けると考えてよい。が、このよう
な公的教育制度に加えて、いわば「第二の学
校」とも言うべき予備校、塾などが存在する。
その存在を抜きにして、今の教育の実態を語る
ことはできない。
第三段落
戦後、日本では、経済発展とともに短大、大学への進学希望者数が
年々増え続け、しかも、その志望校がいわゆる一流大学に集中した結
果、今日の「受験戦争」が引き起こされた。そこで、この過酷な競争
を勝ち抜くために、予備校や塾へ通い、数々の戦術を身につける必要
が生じてきた。受験戦争の厳しさが増すにつれて、この「第二の学
校」の存在は学校教育制度の一部を担うほうどなってきている。子供
たちは物心がつくかつかないかのうちに、いやおうなく「受験地獄」
に巻き込まれ、遊び時間も持てず勉強に追われることになる。中には
あまりの過酷さに耐えかねて意欲を失い、無気力化し、自殺する者さ
えある。親たちは、そんなわが子の姿を見るにつけ、「昔は良かった。
この子たちは本当にかわいそうだ。できるものなら、、、、、、」と
思いながらも「学歴社会で生きていくからには、こうするしかない」
と心を鬼にして、「第二の学校」へと送り出している。こうして、幼
稚園に始まり、小、中、高を経て大学に入学するまで、日本の子供た
ちは、延々と続くいばらの道をたどることを余議なくされている。
第四段落
ここで一人の高校生に登場してもらおう。奥田
健治君、18歳。大学受験を控えた高校三年生。
小学校、中学校と地元の公立校で学び、高校受験
の関門を潜り抜け、県下でも有数の進学校である
今の高校に入学した。成績は中の上。受験生であ
る奥田君は、今、一日の大半をラグビーに費やし
ている。年末にある全国大会出場を目指し、ラグ
ビー一部は朝、昼、放課後と授業の合間を縫って
厳しい練習の毎日である。
第五段落
「受験勉強?まあ、一応受験生ですから、授業
はちゃんと聞いてるし、夜3,4時間はやてます
よ。でも今はラグビーのことで頭がいっぱいです。
何としても全国大会に出たいですからね。大学の
方は、今年受ければに越したことはありませんが、
まあ、浪人覚悟の2年計画といったところです。
ほかに三年の連中も同じようなことを言ってます
よ。」「希望校ですか?建築の勉強をしたいんで、
国立の工学部を狙ってます。今年は東北大か東工
大をうけるつもりなんですが。駄目ならもう1年
やるまでです。来年はもっと上に狙いますよ」
第六段落
この奥田君がラグビー熱中しながら勉学に取
り組んでいるように、バンドを組んで音楽に熱
中する者、積極できにボランティア活動に取り
組む者など、勉強との両方を図りながら毎日を
楽しんでいる者も多い。
第七段落
今の日本の学校教育、いろいろ問題はあるにせよ、「戦争」「地
獄」と世間が騒ぎ立てる割には、当の受験生たちは、みんながみんな、
現在の状況対してそれほどの悲壮感を持っているわけではない。彼ら
は、点数だけで個人の評価が下されるシステムの中で、勉強の必要性
は十分に認めながらも、それ以外に自分を見出す場、自分を伸ばせる
場を求め、そこでエネルギーを発散させている。限られた時間を無駄
にすることなく、勉強にまたその他の様々な活動に情熱を燃やし、充
実した日々を送っているのだ。確かにプレッシャーを感じてはいるが、
その中で周りが考えるよりははるかにしっかりと現実を認識し、その
上で、水がらの生き方を模索し、したたかに人生を選択し、青春の
日々をおう歌している。「受験」という言葉で表現されるいばらの道
も、実際にそこを歩む彼にとっては、決していばらばかりではなく、
美しい花も咲いていれば、さわやかな風と暖かい陽光に包まれた道で
もあるのだ。
ダウンロード

第十課 青春のひとこま