Azbil Vietnam様
仕様確認
19 May 2009
NTT DATA Vietnam Co. Ltd.,
1. Input File image
別添資料参照
2. Output File Image
別添資料参照
3. Master Data File Image
別添資料参照
4. Screen Image 1 (初期画面)
4. Screen Image 1 (初期画面 - 説明)
No
ITEM
1
Tax Category
2
Customer Category
3
4
Description
課税・非課税を選択。
課税選択時は、Output File1を、非課税選択時は
Output File2, 3を作成する。
Category 1
Category 2
Transportation
5
Ship
Air
ATTN
6
7
Insurance
顧客カテゴリ選択。Category 1 で日系/非日系選択。
Category2で以下5カテゴリから選択
“End User”, “General Conductor”, “Trading”, “Sub
Conductor”, “Distributer”
輸送手段を選択。
Ship選択時はAirカテゴリはグレイアウト
Air選択時は以下を入力する。
ATTN : “SGN”, “HANOI”
insurance : “Yes”, “No”
Add Fuel Expense : 半角数字入力
ADD Fuel Expense
8
Input file name
入力ファイルを入力。
Browseボタン押下でwindows標準のブラウズが可能。
9
OK
ボタン押下時、処理開始する。
10
Cancel
ボタン押下時、画面終了する。
<注記>
1. 全項目入力必須。
2. 下線がデフォルト値
4. Screen Image 2 (Price Listにデータなしの場合)
4. Screen Image 2 (Price Listにデータなしの場合 – 説明)
No
1
ITEM
Category
BA
2
IA
3
Others
Mandatory
○
3つのうちどれかひとつを選択
4
ITEM
○
製品カテゴリ
5
Model
○
製品番号
6
Description
Description 1
-
製品名等
Description 2
-
7
8
Remarks
-
注記事項
9
Import tax
○
BA選択時はグレイアウト
10
Cost
○
IA, Others選択時はグレイアウト
11
BP(UNIT)
○
ベース価格
12
ATP(UNIT)
- (○)
BA選択時はグレイアウト。IA選択時は必須入力項目
13
Volume
○
容量(CBM)
14
Weight
○
重量(KG)
15
Schedule
-
納期スケジュール
5. Calculation Formula 1 – Equipment Unit Price
<Output.xls - “Content” sheet – 1. Equipment – Unit Price>
Unit Price = Roundup ( BASE * ( 1 – “Equipment Profit”), 2)
1. BASE
Master data.xls – “Price List” sheetから取得する。
- 対象EquipmentにCostが存在す場合
: BASE = “Cost”
- 対象EquipmentのCostが“IA”または空欄の場合 : BASE = “ ATP(UNIT)”
2. Equipment Profit
Master data.xls - “profit rate” sheet – Equipment profitから取得
5. Calculation Formula 2 – Panel Total
<Output.xls - “Content” sheet – 2. Control Panel Fee – Panel Total>
① 各パネル別のPanel Totalを計算
Panel Total = Roundup((Sum(“個数”*“Price”) + “PICK & Delivery Fee”)
* (1 – “Panel Profit”), 2)
1. 個数
Input Data.xls – “Panel” Sheet – Qtyから取得
2. Price
Master Data.xls - “Panel Price List” sheet - Priceから取得
3. PICK & Delivery Fee
Input Data.xls – “Panel” Sheet – PICK & Delivery Feeから取得
4. Panel Profit
Master data.xls - “profit rate” sheet –Panel profitから取得
② 各PanelのPanel Totalの総計を計算
Panel Total = Σ(CP1~CP50)
5. Calculation Formula 3 – Tax and Freight Charge (1/6)
<Output.xls - “Content” sheet – 2. Control Panel Fee – Tax and Freight Charge>
① Tax計算
Tax = Sum(import Tax (UNIT))
1. Import Tax Unit
各EquipmentのImport Tax Unit はMaster data.xls – “Price List” sheetから取得する。
全機器のimport Tax Unit総計を算出。
② Freight Charge
Case 1. 初期入力画面で”Transportation” – SHIPが指定された場合
1. 全Equipmentの総容量(RT)の算出
→ 各Equipmentの容量はMaster data.xls – “Price List” sheet - Volumeから取得する。
2. FOB料金の計算
FOB料金 = 通関料(Price * Qty) + 船積み一貫作業料(Price * Qty)
+書類作成料(Price * Qty) + THC(Price * Qty) + CFS CHARGE(Price * RT)
Price, QtyはMaster data.xls - “Ocean Freight Master” sheet から取得
5. Calculation Formula 3 – Tax and Freight Charge (2/6)
3. 海上運賃の計算
海上運賃= Round(“Exchange JPY/US$”*(FREIGHT(Price * RT)+FAF(Price * Qty)+YAS(Price * Qty),0)
Exchange JPY/US$はMaster data.xls - “Constants” sheetから取得
Price, QtyはMaster data.xls - “Ocean Freight Master” sheet から取得
4. 総額の計算
総額 = Roundup(((FOB料金 + 海上運賃)*消費税)/ “Exchange JPY/US$”
* (1 – “Equipment Profit”), 0)
Equipment profitはMaster data.xls - “profit rate” sheet から取得
5. Calculation Formula 3 – Tax and Freight Charge (3/6)
Case 2. 初期入力画面で”Transportation” – Airが指定された場合
CourierおよびAirの2種類の運賃計算を行い、金額が高い方を採用する。
(1) Courier計算
1. Chargeable weight計算
Chargeable weight = CEILING(If (Volume weight > Gross weight,
Volume weight, Gross weight),0.5)
* Gross weight: 全Equipmentの総重量
→ 各Equipmentの重量はMaster data.xls – “Price List” sheet - Kgから取得する。
* Volume weight = RT *1003/ Volume weight 係数
→ Volume weight係数は Master data.xls - “Constants” sheetから取得
5. Calculation Formula 3 – Tax and Freight Charge (4/6)
2. Courier費用計算
Courier費用 = 原産地証明書 + 領事査証代行料 + 臨時開庁料
+ FOB Charge + 運賃 + 保険料
* 原産地証明書 + 領事査証代行料 + 臨時開庁料
Master data.xls – “Constant” sheetから取得
* FOB Charge
FOB Charge = Master data.xls – “Air Freight Charge” sheet – 書類作成料/他社から取得
* 運賃
Master data.xls – “Courier Price List” sheetからChargeable weightに対応する価格を取得
* 保険料(初期入力画面で”Insurance” - Yesが指定された場合)
保険料 = ATP(UNIT)総額 * 1.1 * 保険料係数
保険料係数はMaster data.xls - “Constants” sheetから取得
5. Calculation Formula 3 – Tax and Freight Charge (5/6)
(2) Air計算
Courier費用 = 原産地証明書 + 領事査証代行料 + 臨時開庁料
+ FOB Charge + 運賃 + 保険料
* 原産地証明書 + 領事査証代行料 + 臨時開庁料
Master data.xls – “Constant” sheetから取得
* 保険料(初期入力画面で”Insurance” - Yesが指定された場合)
保険料 = ATP(UNIT)総額 * 1.1 * 保険料係数
保険料係数はMaster data.xls - “Constants” sheetから取得
* FOB Charge
FOB Charge = 書類作成料(YAS) + 通関料(YAS) + ターミナルチャージ
書類作成料(YAS)および通関料(YAS)は以下から取得
Master data.xls – “Air Freight Charge” sheet
ターミナルチャージ = IF(Chargeable weight >29, Chargeable weight *CONST, Min)
ConstはMaster data.xls – “Air Freight Charge” sheet ターミナルチャージ/Constから取得
MinはMaster data.xls – “Air Freight Charge” sheet ターミナルチャージ/Minから取得
5. Calculation Formula 3 – Tax and Freight Charge (6/6)
* 運賃
Chargeable weightに応じた料金表を用いて基本運賃算出(行き先によっても異なる)
料金表はMaster data.xls – “Air Freight Charge” sheet から取得
基本運賃がM/Mより小さい場合
→ 運賃 = M/M採用
基本運賃がM/Mより小さい場合
→ 運賃 = 基本運賃+燃料付加費* Chargeable weight
燃料付加費は初期画面入力の値を使用。
(3) 運賃総額の計算
まず、CourierおよびAirの運賃比較を行い大きい方を選択する。
運賃総額 = Roundup(((Courier or Air)*消費税/ “Exchange JPY/US$”) *(1 – “Equipment Profit”), 0)
③ 最後にTAXと運賃総額を足しこみ、 Tax and Freight Chargeとする。
5. Calculation Formula 4 – T & C Total
<Output.xls - “Content” sheet – 2. Test & Commissioning – Amount>
☆要確認
基本的にUNIT*DAY
ただし、UNITはAir Fare以外はマスターデータから
Air fareはマスターデータ編集
SV Fee(Ratio =1)の部分のみ
以下の計算を行う。
UNIT =ROUNDUP((D6/(1-$G$2)),-1) となる。
さらにDocumentation Fee/Expensesを足すがここの部分の計算がわからない。
ダウンロード

Slide 1