2005年度
卒業研究
階層化 Mobile IPにおける
パケット処理の最適化に
関する研究
能登研究室 200203065
斉藤 隼人
1.はじめに
モバイルネットワークは,年々発展し続けており,
その中でIPプロトコルを用いた高速なモバイル
通信が求められる.
階層化Mobile IP(HMIP)による移動端末(MN)
と相手端末(CN)との透過的なローミング
2.既存のHMIP
HA
CoA
MAP
CN
MAP-2
CoA-2
CoA-3
図1のように,HMIP
では,HAとその配
下のMAPが,階層
的に用意された位
置管理アドレス
(CoA,CoA-2,
CoA-3)をMNの位
置管理に用いる.
MN
図1 HMIPのイメージ図
このように,MNの
管理を階層化する
ことで,簡素化でき
る.
2.既存のHMIP
しかしMN宛のパケットは,すべて途中で,HAと
配下の各MAPで,カプセル化処理されてしまう
ため,パケットのサイズが増加してしまう.
パケットのサイズオーバーにより,途中経路で
の喪失による再送,MNへのカプセル解除処理
の増大が問題になる.
3.提案手法
HA
MAP
MAP
CN
図2のように,HAとそ
の配下の各MAPが,1
つ配下のMAPのアドレ
スを持ち,最下位の
MAPがMNのCoAを位
置管理に用いる.
MAP-2 CoA
MAP-2
MN
図2 提案手法のイメージ図
配下のMAPでカプセ
ル化処理を行わない
ため,パケットサイズ
の増加が緩和できる.
4.シミュレーションの構築
本研究を検証するために,既存のカプセル化を
伴う場合と提案手法の2種類について, CNか
らMNまでのパケット通信の頻度と費やした時
間をシミュレーションを行って計測する.
実験は,MTUが全経路均一で,パケットが喪失
しない場合と,MTUが経路により異なり,途中
でパケットが喪失し,一定時間後に再送を行な
う場合について実験する.
5.実験と結果
図3は,MTUが途中
経路によらず均一で,
パケットが喪失しない
際の,頻度(横軸)と時
間(縦軸)の特性である.
図3 MTU均一下でのパケット処理時間
5.実験と結果
図4は,MTUが途
中で異なり,途中で
パケットが喪失し,
再送される際の特性
である.
経路の平均MTU
を3通りに分けて,そ
の平均を満たすよう
MTUをランダムに
変更させ,既存手法
と提案手法と比較し
ている.
図4 MTUが経路ごとに異なる場合のパケット処理時間
6.考察および結論
パケットのカプセル化は,データ処理のための
メモリ追加確保が必要.
カプセル化を行なうと,パケットのサイズが増加
でサイズオーバーにより喪失されやすくなる.
提案手法により,HAとその配下のMAPがすぐ
配下のMAPのアドレスを用いてMNの位置管
理を行なうことの有効性が示される.
6.考察および結論
しかし,本研究ではフラグメント処理については
触れていない.
MNでのカプセル化解除処理に関する最適化
が不十分.
これらが今後の研究での解決策として,まず考
えられることである.
☆ご静聴ありがとうございました・・・☆
ダウンロード

そして,こちらが発表で使用したPowerPointです.