思想と行為
第2回 ソクラテスの 「善く生きる」
吉田寛
ソクラテス、どんなひと?






古代ギリシャ、アテネ市
民
論争家、教師
自由闊達で強靭な知性
哲学・倫理学の創始者
とも
BC399年、死刑(『弁
明』『クリトン』)
「善く生きる」
ソクラテスの時代




都市国家アテネの最盛
期
市民による民主主義
奴隷も入れて人口2030万人?
同盟国や植民地との交
流
ソクラテスの人生
– 弟子のプラトンらの記述から






割合名門?アテネ市民として生まれる。
父は石工、母は産婆
お金儲けや地位を得る活動には関心をもたない。
兵役に行って、あとはぶらぶら?? 家庭教師?
有力者の客人? 生活保護? 青空学校?
晩年まで壮健で金やモノにこだわらない、精神にこ
だわる人物像
妻:悪妻?クサンティッペ→「哲学者の妻」
ソクラテスの哲学
著作はない
 弟子のプラトンがソクラテスの対話を編集・著
述

– ただし、プラトンはソクラテスの対話スタイルでし
だいに自分の思想を表現する
– 最初の数編がソクラテスの思想を表現している

ソクラテスの議論の断片、衝撃的な人生
– これが、哲学と倫理学の精神を確立し、2500年の
伝統を築いた
「無知の知」
学問の
世界へ

デルフォイの神託
デ:「ソクラテスほど賢い者はいない」

ソ:「他に賢い人はたくさんいるのに」「神託は正しい」

ソ:「私は、私が何も知らないことを知っている分だけ他の者
より賢い!」

ソクラテスは自分の使命を自覚 既成の常識をも検
討していくラディカルな新学問
愛-知(=philo-sophy)の学=哲学(学問)の精神を
確立

学
問
の
方
法

「産婆術」(「対話術」「弁証法」)
注意深い論理的な「対話」(ダイアローグ)によって、
相手を真理に導く
– 「真とは?」「美とは?」「幸福とは?」「正義とは?」

反例を検討しつつ、本質や根本原理を探求する。
– 相手がもともと知っていたことを「自覚」させる
– 前ページ「無知の知」の自覚の議論を参照

哲学(学問)や知的創造の基本的手法に
– 学会、ディスカッション
– ゼミ、面談指導
– クリティカル・シンキング
ソクラテスのスタイル

学芸の
道?
人生にとっての本質=「魂」「精神」を問題にする
– 金銭を積んでも「すぐれた精神(徳)」は得られない

金銭(所有・財産)や名誉にこだわらないライフスタ
イル
– 金銭を貯めて贅沢を求めない→禁欲主義、犬儒学派「犬
の生活」、ストア派「ストイック」へ
– 金銭的快楽にとらわれず自然に享受する→快楽主義、エ
ピクロス派へ
「真理」の探究

相対主義と
の戦い
ソフィスト(知者)=職業弁論家(コンサル、教師)
– ゴルギアス「人間は万物の尺度」
– 真理や正義の「相対主義」

ソクラテス
– 「無知の知」の精神
– 「対話術」によって論理的に「真理」「正義」を求める
– 「精神」を善くする「知恵」を求める
「徳」の倫理

真=善=美
– その内容は、わりと標準的なギリシャの「徳倫理」
– 具体的な理論展開は、弟子のプラトンやアリスト
テレスによる

真理、正義、善い精神とは?
– 「徳」(思慮、勇気、敬神、節制、自足など)に基づ
く行為は正しい
– 「思慮」「徳」に基づく人生が幸福な人生⇔所有や
身分などでは得られないもの
ソクラテスの死
1.
2.
3.
4.
5.
6.
ソクラテスの教育活動は「青年に害悪を与
えている」として、裁判に
『弁明』で「よく生きる」等々を主張
陪臣員の賛成多数で死刑宣告
友人のクリトンらの脱獄の勧め
『クリトン』での対話による脱獄の拒否
毒杯を仰いで刑死
「善く生きる」

1.
2.
3.
4.
5.
6.
『クリトン』でのドラマ(ダイジェスト)
ク:脱獄を勧める(脱獄は可能)
ソ:脱獄は自分の認めてきたこの国の法を破ること
「悪法も法なり」
ソ:そのような脱獄は、いままでの自分の人生の主
張(「徳」の尊重)を台無しにする。
ソ:自分は「ただ生きる」のではなく「善く生きたい」
のだ。
ソ:だから脱獄できない
ク:・・・・・・・・。
「テロリズム」の倫理


明治以降、日本は、アジアでは西欧型にいち早く対
応しメリットを得てる国
ではテロリスト、クーデター主義者の議論を論駁で
きる?
– ソ:「悪法も法なり」(ただし、自分の人生の期間中、長く国
家の法に同意を与えてきたから)
– テ:悪法には法的手段では対抗できない→超法規的手段

超法規的手段正当化のエッセンスを抽象したもの
– ルール自体に反対したいとき、そのルールの枠内では不
可能。
– ルールの外に飛び出るしかない。
国際政治の構造

アラブの原理主義者らのテロ行為、タイの軍事クー
デター、北朝鮮の核開発の議論。
– アメリカや西欧中心の国際秩序(「民主主義」)が国際
ルールとして設定されている。
– このルールの下では、一部の人々、一部の民族、一部の
思想や宗教は不利を固定化される。はなはだしい場合に
は存在が許されない。(住む場所がない、食料などがない、
借金地獄から抜けられない、信仰生活が破壊される)
– 「国際ルール」に反してでも、自分たちの主張を認めさせ
ようとする。
ソクラテス的検討

テロリスト倫理批判
– 「相対主義」を前提とした超法規的手段では、何でもあり
になってしまう。対テロ戦争も同様の議論で正当化されて
しまう
– 国際秩序の中で自分に都合の悪い部分だけを攻撃して
いないか

「アメリカの正義」批判
– 「アメリカの正義」は自分にばかり都合がよくないか?
– 暴力による押し付けではなく、「対話」「熟慮」による同意
が必要だ

総合:物質的満足や名誉心にとらわれずに、お互い
の「精神の善さ」を配慮して判断するべき。
ダウンロード

第二回