数学科教育法Ⅰ
★
平成16年10月20日(水) 3班
情報工学科 牧野
情報工学科 吉田
情報工学科 山本
建築学科
吉田
寛之
美幸
和樹
絢子
1
Prestentation テーマ
2.学習指導要領
・Back to Basic運動、
基礎基本へ返れ運動
・「ゆとり」指導要領の特徴と問題点
・多様化時代へ
・新学習指導要領(2002年)
2
1.Back to Basics 運動、
基礎基本へ返れ運動
1.1 時代背景(1960年から)
3
時代背景
• 昭和22年…軍国主義教育を一掃した。し
かし、教育の産業上の重要性が強調さ
れ、学習指導要領は「法的拘束力」を持
つようになり、その性格を大きく変質させ
てしまった。
• 昭和33年…「スプートニックショック」より
4
アメリカ→科学教育の推進として
「教育の現代化」運動が進められた。
日
本→日本も「教育の現代化」なるスローガ
ンを掲げ、急激に教育内容の高度
化を進めたのである。しかし…
・ 現場教員の反発を買った
・ 教育内容多さに落ちこぼれの生徒が続出
・ 「詰め込み教育」「受験戦争」など教育に対し
厳しい批判が寄せられた
5
2. 「ゆとり」教育(昭和52年)
2.1 ゆとり教育とは
昭和52年…昭和52年度以前の方針を反省し
昭和52年度学習指導要領の改訂
て、「ゆとり教育」を目指し、教育内容を大幅
に削減した。
6
2.2 ゆとり教育のねらい
【基本的なねらい】
児童の学校生活に,ゆとりと充実をもたせる
【改正の重点】
・知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童の育成を図る。
・各教科の基礎的・基本的事項を重視し指導内容を精選し,
創造的能力の育成を図る。
・ゆとりと充実した学校生活を実現するために,各教科の標
準時数を削減する。
・各教科等の目標・内容を中核的な事項に止め,学校や教師
の創意工夫ができるようにした。
7
2.3 ゆとり教育のメリット
・各教科の大幅な時間数の削減
各教科の時間数を削減することによって子
どもたちは詰め込み教育か開放され自由な
時間が増え…
『落ちこぼれと呼ばれる子どもも減少する。』
8
・学校や教師側の自由な時間の増加
学校や教師の創意工夫ができるように
なった。
9
10
2.4 ゆとり教育の問題点
• 学力の低下
授業内容が大幅に削減された結果、虫食い状態になってし
またため
• 時間的なゆとりの減少
「受験戦争」は激化し、子どもたちは塾を利用して勉強する
ことにより時間的なゆとりもなくなってしまったため
• 空間的なゆとりの減少
ゆとりある生活や心理的なゆとりを望む
ことは難しため
11
12
不登校児童の割合
13
2.5 現代化からゆとりの科目の変化
14
15
3.多様化の学習指導要領(1986年)
3.1 多様化のねらい
昭和52~53年の改訂にゆとり教育
しかし状況は変わらず・・・
- 深刻な「学校教育の荒廃」現象
- 学力低下の問題
16
そのため・・・
社会の変化とそれに伴う児童・生徒の生
活や意識の変容に配慮しつつ、生涯学習の
<平成元年学習指導要領の改訂>
基盤を培うという観点に立ち、社会の変化に
自ら対応できる心豊かな人間の育成を図るこ
とが基本的な狙いとするための学習指導要
領が改訂された。
17
3.2 改訂のねらい
【基本的なねらい】
完全学校週5日制の下で,「ゆとり」の中で
「特色ある教育」を展開し,児童に自ら学び自
ら考える「生きる力」を育成
18
【改訂の重点】
- 各教科及び「総合的な学習の時間」で体験的な
学習,問題解決的な学習の充実
- 各教科等で知的好奇心や探求心,論理的な思考
力や表現力の育成を重視
- コンピュータ等の情報手段の活用を推進
1.豊かな人間性や社会性,国際社会に
生きる日本人としての自覚を育成するこ
と。
- 低学年で,基本的な生活習慣や善悪の判断などの指導
を徹底。 (ボランティア活動の重視 )
- 人物の働きや文化遺産を中心にした歴史学習の徹底
2.自ら学び,自ら考える力を育成するこ
と。
19
3.ゆとりのある教育活動を展開する中で,基
礎・基本の確実な定着を図り,個性を生か
す教育を充実すること。
- 年間授業時数を週当たり2単位時間削減
- 教育内容を厳選し,ゆとりの中で,基礎・基本的
な
- 内容を繰り返し学習し,その確実な定着を図る。
特色ある学校づくりを進めること。
4.各学校が創意工夫を生かし特色ある教育,
- 「総合的な学習の時間」を創設し,各学校が創意工夫を生かした
教育活動を展開
- 授業の1単位時間や授業時数の運用の弾力化
- 教科の特質に応じ,目標や内容を複数学年まとめるなど基準の大
綱化
20
3.3 改訂内容
-学校全体で-
・ 個性尊重の教育を目指す
・ 小・中学校で授業時数の弾力的運用、中・高校で選択履修の幅の拡大を
図る
・ 入学式・卒業式などにおける、国旗・国歌の取り扱いの明確化
・ 体験的・問題解決的学習の重視
・ 中学校の技術・家庭科に、情報基礎が加わる
・ 高校の家庭科を男女必修とする
21
ゆとりから多様化への科目の変化
22
23
3.4 問題点
・全体的に学力低下が目立つ ×
・いじめ、自殺、暴力行為、登校拒否が増えて
いる部分がみられる ×
・ 子供を塾に通わせている
親学校の授業不安を抱き、お金をかけて ×
・ ゆとりの時間を有効に使えているのか疑問 ×
24
25
4. 学習指導要領(2003年改訂)
4.1 それまでの背景
“詰め込み教育”や“過度の受験競争”の為ストレス増加・・・
そ
し
て
“いじめ”や“不登校”などの“非行”を誘発
26
4.2 2003年改訂の狙い
ストレスの原因を緩和し、学校で教える内容を削減し
し“ゆとり”を持たせることで…
“自ら学び・自ら考える力”“生きる力“を身につけ、”豊
かな人間性”をはぐくませる
27
4.3 指導要領の目標
• 授業時間の削減
• 「総合的学習の時間」の導入
• 「相対評価」から「絶対評価」の導入
28
ダウンロード

PPT