卒業研究
ミイラについて
━その信仰と思想━
赤崎有香
目次
 はじめに
 第一章 世界のミイラ
 第二章 日本のミイラ
 第三章 世界と日本のミイラの比較
 おわりに
はじめに
 世界中には、様々なミイラがある。
 日本にも即身仏、入定ミイラと呼ばれるものがあ
る。
 ミイラによって、当時の生活や文化、さらには流
行病、その時代の国や地域の思想を知ることが
できる。
第一章 世界のミイラ
 ミイラには、人工的に意図して作ったミイラと、自
然条件の偶然によって作られた自然ミイラがある。
 エジプトではミイラを作るときに、木から採れる香
油「ミイラ」をたくさん使ったので、これが「ミイラ」
という名の起こりと言われている。また、ペルシア
語では「ムミアイ」といい、英語の「マミー」や中国
語の「木乃伊(ム・ナイ・イ)」も同じ語源と思われ
ている。
 代表的なミイラ
 古代エジプト─魂の不滅を信じて、再生するため
の器として肉体をミイラにした。
 インカ帝国─人間の死後は復活が信じられてい
た。肉体を残して、昇天した魂が再び地上に降り
てくる日を待っていた。
第二章 日本のミイラ
 入定ミイラ、即身仏とよばれている。
 入定とは、僧や行者が断食の修行ののちに魂が
永久に生き続ける状態に入ることを言う。
 日本で最初の入定者は、853年高野山の奥の
院で入定した空海(弘法大師)とされている。
 空海の入定説が脚色され、最後には土中入定と
も結びついてしまった。
 進んでわが身を荒行の中に投じた後生きながら木棺の
中に入り、土の中の石室におろしてもらい、息つき竹を地
上に出して土をかけて埋められる。この中で鉦をたたき、
読経をしながら死んでいった。そして三年三ヵ月後に掘り
だされてミイラとなり、衣を着せられ厨子に安置され、即
身仏として祀られるのである。
 即身仏が生まれた理由として一つ言えることは、いずれ
も社会不安が背景にある。
第三章 世界と日本のミイラの比較
 日本は死後、復活するという古代エジプトやイン
カ帝国の死生観とは違う。
 その土地によって死者に対する考え方の違いと
いうものがわかるが、それらはいずれも日本のよ
うに、ミイラを信仰の対象として作ってはいない。
 結果として世界のミイラとは比較できない。
おわりに
 ミイラに対する思想はそれぞれ特徴を持っている。
理由は様々であるが、信仰上に生まれたものが
多い。
 まだ、ミイラは多くの謎に包まれている。これから、
その謎を一つ一つ解き明かせるよう調べていき
たい。
参考文献
 渡辺照宏





1959 『死後の世界』 岩波新書
日本ミイラ研究グループ編 1969 『日本ミイ
ラの研究』 平凡社
内藤正敏 1999 『日本のミイラ信仰』 法藏
館
土方正志 1996 『日本のミイラ仏をたずね
て』 晶文社
深作光貞 1977 『ミイラ文化誌』 朝日新聞
社
「日本ミイラ」
(http://www.fukimbara.com/jmb/jmb_f.html)
ダウンロード

卒業研究