桂Dクラスター専攻概略配置案
基盤整備委員会
桂Dクラスター設計WG
配置案の基本的考え方
1)基本的な配置の方針
専攻および関連するプロジェクト室(連携講座はここに配置する。)
ができるだけ同じ階で近い距離に配置されるようにする。各専攻
の分野数は,5分野から9分野とバラバラであるため,実際に配
置を確定するための前段階として各専攻が配置される場所をおお
むね決定することが必要である。今回のプランはこの前段階の決
定のために大まかに各専攻の占める配置を匿名で色分けたもの
で,これで各専攻がどこを占めるかを決定していただいた後各専
攻の実際の分野数を勘案して最終的な各専攻の配置案を決定し
たい。最終案を作成する段階ですでに色分けした境界を実際の
分野数にあわせて移動させ、再度変更することとなる。最終案が
決定されたら、各専攻で各分野、関連するプロジェクト室を実際に
どこに配置するかをきめてもらう。
2)共1(遺伝子情報研究施設)と生命情報処理分野
共1の実験の性質上、排気,排水を考慮しなければならず、配置
する場所に制限が生じる。これらを考えて共1は7階右上に固定
する。また、この施設をもっとも使う生命情報処理分野をここに配
置する。このことと知能情報学専攻の配置とは無関係とする。
3)まず匿名で各専攻の区分けを粗設定
複雑系科学(6),社会情報学(5),通信情報システム(9),システム
科学(8),数理工学(6),知能情報学(9)の計43-1(生命情報処理分
野),情報学プロジェクト群(18),共2,3,4(各1),の計63ブロックを
ほぼ同じブロック数の6つに色分けした1専攻あたりプロジェクト
室を含めて平均10-11ブロックとしバッファを考慮して,2専攻で21
ブロック を当てはめる。すなわち21x3=63ブロックを6つの色分け
(7頁以降参照)とした。
4)事務室と研究科長室
事務室と研究科長室は近い方がいいと考える。玄関の作りが不明
なので,環境アセスメントのために作られた原案に沿う。各専攻か
ら向かいやすいようにあまり高くない場所で、アクセスの面を考え
ると、エレベータの近くが良いと考える。メールボックスは玄関の近
くに配置する。
5)講義室
講義室は集まっている方が良いと考え、アクセスがいいように中間
の階ぐらいに配置することとした。講義室5階,多目的講義は6階
6)セミナー室
セミナー室、会議室は,3っのブロック(各々2専攻で共有する)を少
し下の階に有利になるように配置し、その各ブロックに大小組み合
わせて分配した。また、大会議室は7階に配置した。
7)計算機室,機械室,電気室
1階,2階の条件(採光,日射,眺望)の悪いブロックに設定。
8)共5(図書室あるいは閲覧室)
今のところ、どのような施設とするかが確定していないが、2階に
配置した。
(注)
共1 遺伝子情報研究施設
計 100平米
共2 音響実験室
計 200平米
共3 マルチメディアスタジオ
計 300平米
共4 集積回路設計評価室
計 200平米
共5 成果展示閲覧交流室
計 420平米
情報学プロジェクト群
18 室 各 300平米
ゾーニングおよび配置図
ダウンロード

桂ゾーニング案 PowerPoint ファイル