梅沢人間力アカデミー
『ゼミナール 経営学の基礎』
第4章
「経営戦略」
1.経営戦略とは
企業(組織・部門)がいかに環境変化に
適応していくかを将来志向的に示す構想。
組織内の意思決定の指針となるもの。
2.経営戦略のいろいろ
・企業戦略(Corporate Strategy):企業全体にかかわ
る戦略
・事業戦略(Business Strategy):個々の事業分野に
かかわる戦略
・ドメイン戦略 : ドメイン(事業領域)設定の戦略
・競争戦略 : 設定されたドメイン上で競合相手といかに
競争するかにかかわる戦略
・機能別戦略 : 販売戦略、マーケティング戦略、情報戦
略、製品開発戦略等々の個別の機能に関わる戦略
3.企業の境界はドメイン戦略に
よって画される。
• 「Make or Buy」、「Add value or Sell」
Make:内製、 Buy:調達・購買
Add value:価値の追加、 Sell:売却
• ドメイン戦略(事業領域設定の戦略):
分離・分割、 統合
統合/分離
上流
AとB:
垂直統合/分離
部品
製造
CとD:
水平統合/分離
組立
A
流通
C
D
製品3
製品4
B
小売
下流
製品1
製品2
トヨタサプライシステム
トヨタ自動車
協豊会
トヨタグループ
・・・
・ ・
・
・・
・・・
・ ・
・
・・
・・・
・・
・・
1次サプライヤー
(約百社)
2次サプライヤー
(約千社)
3次サプライヤー
(数千社)
4.経営戦略の歴史的変遷:
各時代の最重要課題は何であったか
◆第1期 チャンドラー(A. Chandler,
Jr.)、アンソフ(H. I. Ansoff)の多角
化戦略
-- 1960年代
企業成長の方向付け、事業・
製品ラインの多角化、事業部
制と長期経営計画
◆第2期 GE社とBCG(ボストン・コン
サルティング・グループ)のPPM(プロ
ダクト・ポートフォリオ・マネジメント)等
をベースにする、多角化した事業への
資源配分の指針-- 70年代
市場成長性と自社のマーケット・シェアーの
マトリックス上に各SBU(戦略事業単位)を
ポジショニングすることによる、多角的事業
への経営資源配分の枠組み・指針
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント
( PPM )
高
スター
(花形)
市
場
の
成
長
率
キャッシュ・カウ
(金のなる木)
ワイルド・キャット
(問題児)
ドッグ
(負け犬)
低
高
低
当社の市場シェア
◆第3期 マイケル・ポーターの
競争戦略: 各事業分野における
競争にかかわる戦略
-- 80年代
五つの競争要因(競争業者、買い
手、売り手、新規参入業者、代替品)
三つの基本戦略(コスト・リーダー
シップ、差別化、絞り込み)
競争戦略の三つの基本形 (マイケル・ポーター)
広い市場
特定セグメント
差別化
コスト・リー
ダーシップ
絞り込み
◆第4期 Resources(資源)やCapabilities(強み、能力)
に基づく見方・展望、コアー・コンピタンス(顧客に自社な
らではの価値を提供する、企業の中核的な力)ベースの
戦略、プロセス・ベースの戦略、パートナリング戦略(パー
トナーシップに基づく連携・提携・統合・合併)-- 90年代
Wal-Mart(大規模小売業), Southwest Airlines (航空会社),
Nucor Steel(製鉄業・ミニミル)、あるいは京阪バレーの成長
企業(キーエンス、ローム、村田製作所、三洋化成工業、シ
マノ、日本電産、任天堂)などの高いパフォーマンス・効率
性・収益性を説明するには、企業環境がもたらす機会や脅
威の分析のみでは十分でなく、会社が保持する独自の強
み・弱みにも検討を加える必要がある、との基本認識に立脚
し、水平方向には、選択と集中、連携・提携・統合等による
相乗効果・スケールメリットの追求に、垂直方向にはビジネ
スプロセスの統合に主眼を置く戦略。
文献
1.石井淳蔵他「経営戦略論 [ 新版 ]」、1996
2.土屋守章「企業と戦略」、リクルート、1984
3.東北大学経営学グループ著 『ケースに学ぶ経
営学【新版】』 有斐閣ブックス、2008
設問
1.マックとモスの戦略を比較検討しなさい。
2.戦略が重視されるようになった時代的背景に
ついて述べなさい。
ダウンロード

プレゼンテーション