バスケットボールフリースロー技
能遂行における心理的要素に
ついて
特に注視点とフリースローの正確性との
関連に着目して
修士課程2年
猪俣 夏海
フリースローの特徴
■ オープンスキルを中心としたバスッケット
ボールの中で、唯一クロウズドスキルであ
る
■ 70点から80点代の試合では、その1/4が
フリースローの得点である(吉井1977)と報
告されていてる
選手が正確にシュートを打つ条
件とは
技術的要因(バイオメカニックス)とそれを支える体
力面の条件の検討が主に行われていてそれに関
する研究も多い。
しかし
シュートするにあたっての視点や視線に関する研
究、緊張、リラクセーション法など認知面や情動面
などの心理的条件を検討した研究は少ない。
そこで
第一研究
広い範囲にわたるフリースローの心理的
条件を取り上げ熟練者と未熟練者の差
異を検討
第二研究
アイカメラで得られたデーターにより実証
的に正確なシュートに必要な視点・視覚
の条件を明らかにする
調査項目用紙の内容
■フェイスシート
13項目
競技暦、ポジション、型など
■フリースローにおける前・中・後の局面の項目 13項目
情動 -緊張、不安
例:「シュートについて何か不安に思ったり、緊張したりすることはありますか?」など
知覚・認知
例:「シュートセットはどこの位置ですか?」など
思考
例:「シュートについて考えることがありますか?」
例:「シュート動作の中で腕や手の動きの意識はどのように感じますか?」など
■指導について
2項目
■リラクセーション法について
2項目
調査方法
a)調査対象者
全国大会レベルのC大学バスケットボール部女
子27人、地区大会上位のG高校バスケットボー
ル部女子23人を熟練者とし
C大学体育学部女子37人、C大学体育学部男
子73人を未熟練者として調査を実施した。(計
160人)
b)調査期間
平成19年6月に調査
c)調査方法
調査用紙を各学校に配布し、各指導者の指示
のもとに調査を実施し、回収した。
調査結果の概要
熟練者と未熟練者の比較において







不安・緊張がある
P<0.05熟練者の方が高い
イメージする
有意差なし
思考する
P<0.01熟練者の方が高い
重心の確認ができる
P<0.01熟練者の方が高い
シュートが入ったかどうかわかる
P<0.01熟練者の方が高い
呼吸法のアドバイスを受けたことがある P<0.01熟練者の方が高い
決まって行うリラクセーションがある
P<0.01熟練者の方が高い
調査によるフリースローの前・中・後におけ
る熟練者と未熟練者との差異が
特に現れたのは
視点・視線の項目
フリースローを行う際どこを意識して見ているか?
(ア)リングの手前
(イ)リングの真中
(ウ)リングの奥
(エ)リング全体
(オ)リングの後方の四角の枠
(カ)リングとボード
(キ)リングとボードとその周辺
(ク)その他
熟練者全体
体育学部女子
体育学部男子
体育学部生女子全体
熟練者全体
オ
0%
カ
キ
2%
0%
エ
ク
18%
0%
キ
3%
カ
11%
ク
0%
ア
イ
28%
図1
オ
16%
キ
1%
ク
0% ア
7%
イ
33%
オ
27%
10%
カ
3%
ア
5%
42%
ウ
体育学部生男子全体
イ
29%
エ
21%
エ
5%
ウ
16%
ウ
23%
シュートを放ったときどこを見ているか?
(ア)ボールの軌跡を追って見ている
(イ)ゴールを見続けている
(ウ)フォロースルーの手を見ている
(エ)ゴールとボールの軌跡を見ている
(オ)ゴールとボールの軌跡とフォロースルーの手を見ている
(カ)特に意識はしていない
熟練者A
熟練者B
試合出・ときどき
オ カ
0% 8%
体育学部女子
体育学部生女子全体
試合出ない
ア
オ
0%
8%
カ
8%
ア
キ
3%
19%
エ
32%
エ
ア
46%
イ
36%
イ
48%
ウ
0%
図2
カ
オ 3%
0%
19%
エ
54%
ウ
0%
ウ
0%
イ
16%
実験方法
a)実験対象者
C大学バスケットボール部女子の日頃行っている確
率表を基に振り分けた
フリースローの確率が高い者上位(確率平均70%)熟練者A群6名
フリースローの確率が低い者下位(確率平均65%)熟練者B群6名
一般の学生と院生(未熟練者)6名
b)実験期間
平成19年9月初旬に熟練者12名
10月に未熟練者測定6名
実験手順
装置
3.05m
4.28m
10m
ビデオ
分析方法
プレショット期
準備期
フライト期
試行時間
1・・・・黒枠内
2・・・・ボード内
3
2
1
2
3
3・・・・ボード外
結果と考察
準備期
(sec )
**
3
2.5
熟練者Aと未熟練者
熟練者Bと未熟練者
P<0.01熟練者の方が準備
期の時間が長いことを示した。
**
2.49
2.26
2
試
行
1.5
時
間
1
1.27
0.5
0
**P<0.01
熟練者A
熟練者B
準備期の試行時間
未熟練者
熟練者は、準備期に個々にお
ける正確にシュートを放つため
の、必要な準備動作を行う適切
な時間を持っているものと考え
られる。
ゴール注視時間の割合
(%)
**
50
熟練者Aと未熟練者
**
熟練者Bと未熟練者
45
注 40
視 35
時
30
間
の 25
割 20
合 15
P<0.01熟練者の方が長く注視し
ている。
30.48
25.18
17.43
10
5
0
熟練者A
熟練者B
未熟練者
**P<0.01
プレショット期からフライト期までのゴール注視
青は顔を上げてからシュートセットまで
赤はシュートセットからゴールに着くまで
指導への提言

「リングをしっかり見て狙う」「アーチを描くように」
などが一般的指導の際の言語的教示としてあげ
られる。
「リングを見続ける」具体的な教示内容にする
視覚が安定することで他の技術面も安定する
ご清聴ありがとうございました
あとはポスター発表を御覧下さい。
ダウンロード

3-10 猪俣夏海