為替手形の発生
為替レート
カバー・裁定・投機
貿易と金の支払い
小麦
ミラー氏
輸入業者
金
織物
ウィーバー氏
輸出業者
金
為替手形の発生
ミラー氏
金
小麦
手
紙
ウィーバー氏
輸入業者
手
紙
織物
手紙
金
輸出業者
手形の仕組み・並為替
銀
金
行
帳簿による
決済
手
形
輸入業者
織物
手形
銀
行
手
形
金
輸出業者
手形の仕組み・逆為替
手形
銀
金
行
帳簿による
決済
手
形
輸入業者
織物
銀
行
手
形
金
輸出業者
貿易取引を支える仕組み
• 銀行間の帳簿決済
– コルレス契約
• 信用状(Letter of Credit L/C)
• 船積書類
– 船荷証券
• 期限付きの逆為替と約束手形
– 法的な保護の違い
外国為替市場
• 銀行の為替持高(position)
– 自行内でのマリーと残高の発生
– 買持(long)、売持(short)、スクエア(square)
• 持高とリスク
– 為替レート変動による差益と差損
• 持高調整とディーリング
– 狭義の外国為替市場
為替レート
• 外貨建てと邦貨建て
– 外貨建て
• 1円何ドルかという建て方
• かって100円=何ドルという形
• アメリカは外貨建て
– 邦貨建て(自国通貨建て)
• 1ドル何円かという建て方
• 数字が小さい方が円高
為替レートの表示
高
↑
一覧払い輸入手形
決済相場
(Acceptance Rate)
銀行は、すでに外国で外貨を払っている
ので、その間の金利分を上乗せして顧客
に請求する。
電信売相場
(TTS)
金利要因なしのレート。送金小切手、トラ
ベラーズ・チェックなどにも適用される。
仲値
↓
低
電信買相場
(TTB)
金利要因なしのレート
期限付輸出手形買 銀行は期限までの金利分だけ安く買う。
取相場
(Usance Bill Buying
Rate)
注:売買は銀行の側から見た言い方が使われる
為替取引の実際
• 実需のための取引
– 輸出入に伴う為替取引
• 実需に基づかない取引
– カバー(cover)・ヘッジ(hedge)
– 裁定(Arbitrage)
– 投機(Speculation)
カバーと投機
• カバー
– リスク回避のため
– 同時に利益の機会も失う
• 投機
– 利益を得るためにあえてリスクを負う
• カバーと投機の対称性
– 投機する人がいなければカバーはできない
為替レートの変動とリスク
1ドル100円の時、97万円の商品を1万ドルで売る
• 支払いがすぐになされる場合
• 1ドル100円だから3万円の利益
• それを3ヶ月の期限付き手形で契約した場合
– 3ヶ月後の相場が1ドル100円のままだと
• 3万円の利益
– 3ヶ月後の相場が1ドル95円になっていた場合
• 2万円の損失
– 3ヶ月後の相場が1ドル105円になっていた場合
• 8万円の利益
先物為替とカバー
• 将来の相場は不確定
– リスクの存在
• 先物為替
– 将来の為替取引の予約
– 先物(future)と先渡し(forward)
• 理論的には同じ
• アカデミックの世界ではforwardを先物と呼ぶ
– 先物為替予約の時点での損益の確定
裁定取引
• リスクのない取引
– 市場の歪みを利用してもうける取引
• 場所的裁定と時間的裁定
– 場所的裁定
• 場所による為替レートの差を利用する裁定取引
– 時間的裁定
• 直物相場、先物相場、金利間の歪みを利用する裁
定取引
場所的裁定
東 京
ニューヨーク
$1=¥99
$1=¥101
東京でドル買い、ニューヨークでドル売り
1ドルにつき2円の利益
$1=¥100
$1=¥100
三角裁定
ロンドン
£1=$1.5
£1=¥160
東 京
ニューヨーク
$1=¥100
三角裁定の実施
÷100
1500万円
→
×160
÷1.5
15万ドル
→
10万ポンド
→
1/100 × 1/1.5 × 160 = 1.067 > 1
円売りドル買い
ドル売りポンド買い
ポンド売り円買い
全体として
100↑
1.5↑
160↓
1.067↓
1600万円
裁定相場
ロンドン
裁定相場
クロス・レート
£1=$1.5
£1=¥150
東 京
ニューヨーク
$1=¥100
基準相場
基軸通貨としての国際通貨
• 基軸通貨(key currency)
– 外国為替取引の組み合わせの膨大さ
– ハブとしての通貨の必要性
• 国際通貨の意味
– 国際通貨を通じての為替取引
• 規模の経済による手数料の節約
– 国際通貨ドル
• 国内金融市場の巨大さと自由な取引の保証
時間的裁定
現在
3ヶ月後
4%
日
本
$1=\100
$1=\?
アメリカ
8%
金利裁定と先物為替
100万円を3ヶ月運用
金利 日本 年4%
アメリカ 年8%
日本での運用
101万円
ドルへの変換 100万円=1万ドル
アメリカでの運用
1.02万ドル
円への変換
$1=\105
$1=\100
$1=\95
107.1万円
102.0万円
96.9万円
金利裁定と金利平価
• 金利裁定
– 金利の安い国で借りて高い国で運用
• 先物カバーの必要性とスワップ取引
• 直先スプレッド
• 金利裁定と相場の変化
– 両国の金利の変化
– 直先スプレッドの変化
• 金利平価
先物為替と投機
3ヶ月先物 $1=\100(現在時点で確定)
3ヶ月後の直物相場を$1=\95と予想
3ヶ月先物のドルを100万ドル売っておく
予想的中の場合
95円で買って100円で売る 500万円の利益
予想が外れて $1=\105となった場合
105円で買って100円で売る 500万円の損失
差額決済で費用は保証金のみ
オプション取引・ドル売り
ドル売りのケース
カバーなし
取引価格
プット・オプション
オプション料
先物によるカバー
市場価格
カバー得・行使
カバー損・放棄
オプション取引・ドル買い
カバーなし
取引価格
コール・オプション
オプション料
先物によるカバー
市場価格
カバー損・放棄
カバー得・行使
ストラドル
カバーなし
取引価格
プット・オプション
コール・オプション
先物によるカバー
市場価格
プットを行使
コールを行使
ダウンロード

3)外国為替の仕組み