~
~
BrCN イオンのA S -X 2Pi 遷移の高分解能
+
2
+
フーリエ変換発光分光
High resolution Fourier transform emission
~2
~
spectroscopy of A S -X 2Pi transition of
+
the BrCN+ ion
九州大学大学院 理学府 分子科学専攻
量子化学研究室 小川友樹
ラジカルイオン
• 反応中間体
反応は液相、固相
分光学
マトリックス中 吸収スペクトル
ESR
気相
分子間相互作用が小さい
ラジカルイオン固有の情報を得る
ペニングイオン化反応
eV
He*(23S) + BrCN
He*(23S)
19.82
CN (B) + Br+
20 -
He + BrCN+ + e- + hn
15 -
BrCN+ (A)
13.58
BrCN+(X)
10 -
~
~
0
CN (B) + Br
実験系
/ cm-1
エネルギーダイアグラム
2S+
B間隔
3B間隔
/ cm-1
/ cm-1
Loomis‐Wood diagram
B間隔
13684 cm-1
79BrCN+
81BrCN+
Q1-branch
QP -branch
21
*
R1-branch
RQ -branch
21
13706 cm-1
*
Loomis‐Wood diagram
3B間隔
79BrCN+ 81
BrCN+
13666 cm-1
P1-branch
*
*
SR -branch
21
13728 cm-1
RQ -branch
21
and R1-branch
RQ (J)
21
R1(J)
obs
calc
/ cm-1
―
―
79BrCN+
81BrCN+
P1-branch
P1(J)
obs
calc
/ cm-1
―
79BrCN+
―
81BrCN+
BrCNの電子配置
BrCN
(1s)2(2s)2(3s)2(1p)4(4s)2(2p)4 : 1S+
BrCN+
2p
反結合性
X 状態
4s
非結合性
A 状態
幾何構造の変化は小さい
Renner - Teller 効果
/ cm-1
まとめ
~
~
・BrCN イオンのA S ‐X 2Pi 遷移の発光
+
2 +
スペクトルを観測した。
0
・00 バンドを最小自乗解析し分子定数を
決定した。
~
~
・A S 状態の幾何構造は X 2Pi 状態と
2 +
ほぼ等しいことがわかった。
・ Renner-Teller 効果により生じた振電状態の
バンドの回転構造を観測した。
ダウンロード

小川 友樹 - 九州大学 量子化学研究室