輪講用資料 5/24
森貴之
前回まで
• On the Value of Mitigation and
Contingency Strategies for Managing
Supply Chain Disruption Risks
– Management Science; May2006, Vol. 52
Issue 5, p639-657
– Tomlin, Brian
• 日本の物流がどうなっているか調べる
日本の物流に関するデータから
• 鉄道総研に問い合わせてみました。
– いただけるデータはないか
– シミュレーションツールはないか
• 結果は以下のとおり
– 提供できるデータもツールもない
– 国交省の「物流センサス」を参照してはどうか
物流センサスって?
•
•
•
•
•
全国貨物純流動調査
出荷側から貨物の動きを調査する
5年ごとに実施
貨物の真の発着地・流動量が把握できる
230ページくらいある!
前回の続き
• 前述の論文をIntroductionとConclusionsだ
け読んだ
• 論文の構成は以下のとおり
I.
II.
III.
IV.
V.
VI.
Introduction
Literature Review
←ココから
The Model
←ココまで
A Restricted Model
Extensions to the Restricted Model
Conclusions
概要
• SC上のリスクに対し、どのような対策をとる
のが有効であるか
– 過去事例(Ericsson, Nokia)(Chiquita, Dole)…
– Frequent and short VS Rare and long
• Insurance, Inventory, Sourcing, Rerouting,
Demand Managing
→最適な戦略はどのようなものであるか評価
§2 Literature Reviewのまとめ
• 過去の文献はおおむねこのようなポイントで
分類できる
– 供給元(単一 or 複数)
– Volume Flexibility (無 or 有)
– 不確実なもの(産出 or 供給)
– 非常時の戦略 (無 or 有)
• 本論文は、一番難しいタイプ…?
§3 The Model
サプライチェーンの構造
• 企業は2つの供給元を利用している
– Supplier U
– Supplier R
供給元U
企業
供給元R
Supplier U の定義
Supplier R の定義
Volume flexibilityについて
0
生産コストについて
注文数・在庫について
t期でのイベントの発生順
① Uの状態が観測される
② 需要が観測される
③ 注文数が決定される
④ (t-L)期の注文が届く
⑤ 需要が満たされ、残りの品にコストがかかる
⑥ Uの状態が変化する
t期における在庫/注文コスト
企業の反応時間の設定
サプライチェーンでの反応時間
Uのマルコフ過程について(1/2)
Uのマルコフ過程について(2/2)
ここまでの仮定について
• 発注を修正するコストは無視できる
– Uの停止期間が発注LTよりも十分に長いから
– たとえば発注は日単位or週単位
– Uの停止期間は週単位or月単位or年単位
• 輸送LTはUもRも同じ
定理1 (1/3)
定理1 (2/3)
定理1 (3/3)
ダウンロード

輪講0524森