取扱説明書
EDSR400
4チャンネルデュプレックスデジタルビデオレコーダー
EDSR600
6チャンネルデュプレックスデジタルビデオレコーダー
V1.0
本製品の設置前に取り扱い説明書をよく読んでください。
Safety Precautions
CAUTION
DO NOT REMOVE COVER. NO USER SERVICEABLE PARTS INSIDE.
REFER SERVICING TO QUALIFIED SERVICE PERSONNEL.
WARNING
TO REDUCE RISK OF FIRE OR ELECTRIC SHOCK,
DO NOT EXPOSE THIS APPLIANCE TO RAIN OR MOISTURE.
Safety Precautions
 Refer all work related to the installation of this product to qualified service
personnel or system installers.
 Do not block the ventilation opening or slots on the cover.
 Do not drop metallic parts through slots.This could permanently damage
the appliance. Turn the power off immediately and contact qualified service
personnel for service.
 Do not attempt to disassemble the appliance.To prevent electric shock,
do not remove screws or covers. There are no user-serviceable parts
inside. Contact qualified service personnel for maintenance. Handle the
appliance with care. Do not strike or shake, as this may damage the
appliance.
 Do not expose the appliance to water or moisture, nor try to operate it in
wet areas. Do take immediate action if the appliance becomes wet.
Turn the power off and refer servicing to qualified service personnel.
Moisture may damage the appliance and also cause electric shock.
 Do not use strong or abrasive detergents when cleaning the appliance
body. Use a dry cloth to clean the appliance when it is dirty. When the
dirt is hard to remove,use a mild detergent and wipe gently.
 Do not overload outlets and extension cords as this may result in a risk of
fire or electric shock.
 Do not operate the appliance beyond its specified temperature, humidity
or power source ratings. Do not use the appliance in an extreme
environment where high temperature or high humidity exists. Use the
appliance at temperature within 0oC ~ +40oC and a humidity below 90%.
The input power source for this appliance is AC100~240V
Safety Precautions
Safety Precautions
The lightning flash with an arrowhead symbol, within an
equilateral triangle, is intended to alert the user to the
presence of uninsulated ” dangerous voltage” within the
product’s enclosure that may be of sufficient magnitude to
constitute a risk of electric shock to persons
Warning:
Electrostatic-sensitive device. Use proper
CMOS/MOSFET handing precautions to avoid
electrostatic discharge.
The exclamation point within an equilateral triangle is
intended to alert the user to presence of important
operating and maintenance(servicing)instructions in the
literature accompanying the appliance.
UNPACKING
Unpack carefully.
This is electronic equipment and should be
handled carefully.
Check to ensure that the following items are included;
Warning :
To prevent fire or shock hazard, do not expose units not
specifically designed for outdoor use to rain or moisture.
•1.
•2.
•3.
•4.
•5.
•6
Digital Video Recorder unit
User’s manual
Power Cord
CF card reader (Optional)
HDD tray key and screws
HOST alarm I/O board
If an item appears to have been damaged in shipment,
replace it properly in its carton and notify the shipper.
Attention:
Installation should be performed by qualified service personnel
only in accordance with the National Electrical Code or
applicable local codes.
Do not place on uneven or unstable work surfaces.
Seek servicing if the casing.
Power Disconnect:
Units with or without ON-OFF switches have power
supplied to the unit whenever the power code is inserted
into the power source; however, the unit is operational
only when the ON-OFF switch is in the ON position.
The power cord is the main power disconnect for all units.
AC100~240V Power Cords
Notice:
The information in this manual was current when published. The manufacturer
reserves the right to revise and improve its products. All specifications are
therefore subject to change without notice.
Important Safeguards
Important Safeguards
Read Instruction---All the safety and operating instructions should be read before the init is operated
Retain Instructions---The safety and operating instructions should be retained for future reference.
Heed Warnings—All warnings on the unit and in the operating instructions should be adhered to.
Follow Instructions—All operating and use instructions should be followed
Cleaning—Unplug the unit from the outlet before cleaning. Do not use liquid cleaners or aerosol
cleaners. Use a damp cloth for cleaning
Attachments—Do not use attachment not recommended by the product manufacturer as they may
cause hazards.
Water and Moisture—Do not use this unit near water-for example, near a bath tub, wash bowl,
kitchen sink, or laundry tub, in a wet basement, near a swimming pool, in an
unprotected outdoor installation, or any area which is classified as a wet location.
Servicing—Do not attempt to service this unit yourself as opening or removing covers may expose
you to dangerous voltage or other hazards. Refer all servicing to qualified service personnel.
Power Cord Protection—Power supply cords should be routed so that they are not likely to be walked
on or pinched by items placed upon or against them, playing particular
attention to cords and plugs, convenience receptacles, and the point where
they exit from the appliance.
Object and Liquid Entry—Never push objects of any kind into this unit through openings as they may
touch dangerous voltage points or short-out parts that could result in a fire or
electric shock, Never spill liquid of any kind on the unit.
目次
1.
製品概要…................….………………………………….………………..………..Page 1
1.1 特徴…………………………………………………………………………..….1
1.2 仕様……………………………………………………………………………..2
2.
後部パネル接続…………………………………………………………3~4
3.
システム接続………………………….………………………………………..5
設置準備……..……………………………………………………………………..5
4.
前部パネル……………………………………………….…………..…6~7
5.
取付手順…………………………………………………………..……………………..8
6.
メニュー設定………………………………………………………..…………………...9~10
6.1 時刻設定メニュー/Clock setting menu…………………………………………………..11
6.2 タイマー設定メニュー/Timer setting menu…………………………………...………….12
6.3 シーケンス設定メニュー/Sequence setting menu……………………………..………..13
6.4 タイトル設定メニュー/Title setting menu…………………………………..……………..14
6.5 マスキング設定メニュー/Covert setting menu………………… ……………..…..….…15
6.6 アラーム録画設定メニュー/Alarm record setting menu………………………..……….16
6.7 モーション録画設定メニュー/Motion setting menu………………………………………17
6.8 録画設定メニュー/Record setting menu…………………………………………..……..18
6.9 ネットワーク設定メニュー/Network setting menu………………………………………..19
6.10 UART設定/Control setting menu ………………………………………………………20
6.11 ブザー設定メニュー/Buzzer setting menu………………………………………………21
6.12 アーカイブ設定メニュー/Archive setting menu…………………………………………22
6.13 マトリックス設定メニュー/Matrix setting menu…………………………………………..23
6.14 システム設定メニュー/System setting menu……………………………………………24
7.
録画/Recording…………………………………………………………………………..…25
7.1 インスタント録画/Instant recording………………………………………………….……….25
7.2 アラーム録画/Alarm recording……………………………………………………...…….25
8.
再生/Playing back……………………………………………………….………...……26
8.1 通常再生/Normal playback……………………………………………….……………...…..26
8.2 検索再生/Search playback…………………………………………….………………...27~29
9.
コピー/Copy……………………………………………………………….…………….……….30
9.1 静止画像/Still image copy………………………………………………….………….….…….30
9.2 動画画像/Copy to movie file…………………………………………….………….………...31
10.
インターフェース仕様/Interface
specifications……………………..………….……….32
10.1 RS-232ピン仕様/RS-232 pin assignment………………………………..………….……….32
10.2 伝送レート設定/Transmission setting…………………………………..……….………..…32
10.3 リモートコントロールプロトコール………………………………………………….……….33~36
11.
IRリモートコントローラー……………………………………………………….…….…...37
12.
インターネット/LAN遠隔監視……………………………………………….……..38~41
Appendix-A LAN機能仕様…………………………………..…………….….………41
Appendix-B 録画時間表…………………………………………....…….……….42~43
Appendix-C アラーム入出力ピン……………………………..……………………….44
Appendix-D RJ-45 (RS485)ピン……………………………………………………….45
Appendix-E CE Declaration………………………………………………………..46
製品概要
1. 製品概要
同時録画・再生機能を備えた本製品EDSR400/600は警備監視記録用途として設計開
発されました。本製品はデジタル録画機能のすべての特質を備えており、設置の簡略化、
VTR同様の簡易操作を持ち、鮮明な画質を提供いたします。
1.1 特徴

簡易な操作機能

画面上での簡易なメニュー設定

ジョグシャトルダイアル機能により再生速度調整可能

イーサーネットTCP/IPによる遠隔監視と遠隔操作が可能

M-JPEG圧縮・解凍機能搭載

2台の3.5インチホットスワッパブルハードディスク機能を搭載(DVR作動中HDDの
交換可能)

アラーム録画(外部アラームセンサー、動体検知)

プリアラーム、ポストアラーム機能

RS232,RS485接続

すべてのカメラのライブ映像がリアルタイム表示

最高録画速度60フィールド/秒

日時・アラームリスト・録画記録からクイック検索再生

動画、静止画をコンパクトフラッシュカードに記録可能

音声2入力録画可能
1
Specifications
1.2 仕様
映像方式
NTSC
ビデオ入力
4 (EDSR400)/6(EDSR600)カメラ入力 (BNC),1Vp-p/75ohm
ビデオ出力
1 BNCメインモニタービデオ出力(1Vp-p/75 ohm)
1 S-Videoメインモニター出力
1 BNCコールモニター出力(1Vp-p/75 ohm)
4 (EDSR400)/6(EDSR600)ビデオ出力(1Vp-p/75ohm)
画像圧縮方法
M-JPEG
録画画像解像度
720x484 (NTSC)
コンパクトフラッシュカード
コンパクトフラッシュカードスロット内蔵
アラーム入力
4 (EDSR400)/6(EDSR600)アラーム入力
アラーム出力
1 アラーム出力
ビデオ表示
EDSR400: 1, 4, PIP, 2倍電子ズーム(ライブ・再生)
EDSR600: 1, 4, 6, PIP, 2倍電子ズーム(ライブ・再生) ※PIP:ピクチャー・イ
ン・ピクチャー
ビデオロス検知
有り
イーサネット
10BaseT Ethernet, RJ45コネクタ
イベントログ
有り
ハードディスク
3.5” IDE type(2枚), ホットスワッパブル
録画モード
連続、タイマー、アラーム/モーション録画
録画速度
最大60フィールド/秒
再生速度
最大60フィールド/秒
再生検索
日時/アラームイベント/セグメント検索
設定
画面上で各種メニュー設定 (OSD設定)
ユーザー設定
フロントパネルボタン
タイマー
リアルタイムクロック内蔵
Watch Dog Timer
有り
RS-232
9ピンメスコネクタ
RS485
RJ45ソケット×2
音声
2音声入出力Cinch 500mV max., 10 KOhm impedance
外形寸法
430mm (W) x 88mm (H) x 300 (D)
消費電力
最大100W
電源
AC100~240V
動作温度
0℃~+40℃
2
後部パネル接続
2. 後部パネル接続
EDSR600後部パネル
5
4
6
7
8
10
9
2
3
11
12
1
13
EDSR400後部パネル
5
4
6
7
8
9
2
3
10
12
11
13
1
ON/OFF: 主電源ON/OFFスイッチ
2
AC100~240V電源
3
映像入力端子(VIDEO IN) (EDSR400:1~4入力、EDSR600:1~6入力):
映像入力BNCコネクタは75Ω同軸ケーブルを使用します。.
4
映像出力端子(VIDEO OUT)(EDSR400:1~4出力、EDSR600:1~6出力):
外部機器映像出力に使用します。(ループアウト接続)
5
コールモニター端子: コールモニター接続に使用します。(1画面フルスクリーン表示)
6
メインモニター端子:メインモニター接続に使用します。数種類の画像表示が可能です。
7
S-VIDEO: S-Video端子出力に使用します。(メインモニター用)
8
音声入力端子(AUDIO IN) : 2つの音声入力が可能です。
(500 mV max., 10 KOhm impedance)
音声出力端子(AUDIO OUT): 2つの音声出力が可能です。
(500 mV max. at 10 Kohm)
3
1
後部パネル接続
9
アラーム入出力(ALARM I/O) : Appendix-C, 44ページをご参照下さい。
アラーム入力(ALM-INPUT) :
外部アラームセンサー入力に使用します。(ノーマルオープン(N.O)、 ノーマルクローズ(N.C)より選択)
アラーム入力設定をセットアップメニューで行うことにより、アラーム作動時に自動的にアラーム録画が可
能です。
アラーム出力(ALM-OUTPUT) :
ノーマルクローズ(N.C)出力。通常この端末装置はALM-COM端末装置にショートされます。
10
11
RS232コネクタ : D-Sub 9ピンをRS232ポート接続に使用します。
RS485コネクタ: RJ 45コネクタを使用し、複数のDVR接続を行います。
接続にはKS-KBK, KS-KBJ(オプション別売り)を使用します。.
下記のEverFocus製品がRS-485ネットワークで使用できます。
デジタルレコーダー:
EDSR100H, EDSR100M, EDSR400, EDSR400H,EDSR400M, EDSR900, EDSR1600
キーボード:
KS-KBJ, KS-KBK (EverFocus製リモートコントローラー)
12
13
LANコネクタ: RJ-45 LANコネクタ接続に使用します。(10MBit LAN interface)
ファン: 冷却ファン
4
システム接続
3. システム接続
本製品の設置は熟練された技術者または設置業者により設置、設定されることをお勧めいたします。
3.1 設置準備
下記接続図を参照してください。
※モニター、監視カメラ、その他機器は別途ご用意ください。
カメラ:EDSR400:1~4カメラ EDSR600:1~6カメラ
~
アラーム入/出力
音声入力
(カメラ)
音声出力
(スピーカー)
RS232
イーサネット
RS485
メインモニター
リモートキーボード
コールモニター KS-KBJ / KS-KBK
(オプション別売り)
5
前部パネル
4. 前部パネル
12
11
2
10
1
22
9
8
7
6
5
4
3
13
14
15
16
17
18
19
20
EDSR600前部パネル
21
2
EDSR400前部パネル
1
ジョグシャトル
シャトル(外部):
再生中にREW/FF方向へ回転することにより早送り/逆早送り再生が可能です。(最
大600倍)
一時停止時にREW/FF方向へ回転することによりスロー早送り/スロー逆早送り再
生が可能です(最大1/32)
ジョグ(内部): 一時停止中にREW/FF方向へ回転することによりコマ送り/コマ戻し
再生が可能です。設定メニューでは項目選択に使用します。
2
チャンネル/CHANEL KEYS:.
1画面(フルスクリーン)表示に使用します。(カメラ1~9/16より選択)
3
メニュー/MENU: メニュー設定を行うときに押してください。(各種メニュー設定詳細は10~25ページ参
照ください。)
4
コール/CALL: コールモニター設定を行います。
5
シーケンス/SEQ : メインモニターでのシーケンス表示を行うときに押してください。
6
ズーム/ZOOM: 1画面フルスクリーン表示時に2倍ズームが可能です。ズームされる場所を選択するには
ジョグ/JOG を左右に回してください。また、ENTERを押してからジョグ/JOG左右に回すとズーム場所が
上下に動きます。
7
モード/MODE: ライブ、再生画像表示の変更ができます。
6
前部パネル
8
セレクト/SELECT:1画面フルスクリーン表示時にSELECTを押すと下記画面が表示されます。
ディスプレイ設定メニュー
CHANNEL 01
BRIGHTNESS
CONTRAST
COLOR
SELECTでCH移動
MENUで設定保存
選択されている項目は赤で表示されます。JOGを左右に回し各種設定を変えます。
ENTERを押し次項目に移動します。SELECTを押すと設定がキャンセルされますの
で、MENUを押して設定を確定してください。すべてのカメラが個々に設定可能です。
9
ディスプレー/Display: カメラタイトル、日時、ハードディスク状態の表示ON/OFF切替に使用します。
10
CFカード挿入口: 静止画、動画をCFカードにコピーする時に使用します。
11
ハードディスクトレー: 3.5” ハードディスク挿入口。
12
ハードディスクロック: かならず外部への持ち出し保護のために鍵を閉めてください。
13
録画/REC: 録画を開始する時に押してください。
14
停止/STOP: 録画を終了する時、再生を終了する時に押してください。
15
再生/PLAY: 録画画像を再生する時に押してください。(詳細については26ページを参照ください。)
16
一時停止/PAUSE: 再生画像を一時停止する時に押してください。
17
検索/SEARCH: 録画画像を検索する時に押してください。(詳細については27~29ページを参照ください。)
18
コピー/COPY: 一時停止時、再生中にCOPYを押してCFカードに静止画像、動画をコピーします。
(詳細については30~31ページを参照ください。)
19
決定・エンター/ENTER: メニュー設定時に項目移動、設定を決定する時に使用します。アラー
ム、モーション(動体検知)、ビデオロスが起こったときに押すとアラームがリセットされます。ま
た、アラームイベントログの表示が可能です。
20
**アラームイベントログはCFカードにテキストファイルとして保存できます。
LEDsライト: HDD1、HDD2、ALARM、LANアクセスLEDライト
21
リモートコントロール受信部
22
LCDパネル: 日時、録画、再生、HDD状況が表示されます。
7
取付手順
5. 取付手順
(1) 画像保存用 ハードディスク(IDE)を準備してください。
1台または2台のハードディスク(3.5” IDE)を本製品に挿入してください。
注意:
使用するすべてのハードディスクのジャンパーピンをマスターに設定してください。
一般的にはハードディスクの初期設定はマスター設定となってます。
ハードディスクケースを本体に挿入後、かならず鍵が閉まっていることをご確認ください。
(鍵が開いているときはハードディスクは作動しません。)
(2) ビデオ(カメラ)/音声入出力接続を行ってください。
詳細についてはシステム接続(5ページ)を参照ください。
(3) 本体の電源を入れてください。
本体前部のLCDパネルのライトが、電源ON時に点灯します。
(4) MENUボタンを押して各種メニュー設定を行ってください。
各種メニュー設定は15項目あります。
MENU
メインメニュー/MAIN MENU
時刻/言語設定
タイマー
シーケンス
タイトル
マスキング
アラーム
モーション
録画
ネットワーク
UART設定
ブザー
アーカイブ
マトリックス
ディスク設定
システム
(5)
ジョグダイアルを左右に回しメニュー設定を行う項目を選択し、ENTERボタンを押してください。
(6) 設定が終わりましたら、MENUボタンを再度押しメニュ設定を終了します。
8
メニュー設定
6. メニュー設定
時刻/言語設定
タイトル
モーション
(11ページ参照 )
(14ページ参照 )
(17ページ参照 )
時刻/言語設定メニュー
タイトル設定メニュー
日付
時刻
: 2003/07/04 FRI
: 13:01:02
CH タイトル
1
CH01:_ _ _ _ _
2
CH02:_ _ _ _ _
3
CH03:_ _ _ _ _
4
CH04:_ _ _ _ _
5
CH05:_ _ _ _ _
6
CH06:_ _ _ _ _
言語設定: 日本語
ビデオシステム: NTSC
VERSION: 0.96 11/23
モーション設定メニュー
CH セット 感度 録画時間
1
オン HIGH 07 秒
2
オン HIGH 07 秒
3
オン HIGH 07 秒
4
オン HIGH 07 秒
5
オン HIGH 07 秒
6
オン HIGH 07 秒
タイマー
(12ページ参照 )
タイマー設定メニュー
曜日
毎日
日
月
火
水
木
金
土
月~金
土日
日
日
日
日
日
日
開始
終了
レート
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
セット
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
マスキング
録画
(15ページ参照 )
(18ページ参照 )
録画設定メニュー
マスキング設定メニュー
CH セット
1
オフ
2
オフ
3
オフ
4
オフ
5
オフ
6
オフ
通常録画
録画レート
: 60 IPS
画質
: STANDARD
ディスクの上書き : 上書きする
アラーム録画
セット
録画レート
画質
オン
: 60 IPS
: STANDARD
プリアラーム録画
セット
: オン
PERMANENT RECORD
セット
:オン
録画レート
:0.01IPS
シーケンス
(13ページ参照 )
アラーム
ネットワーク
(16ページ参照 )
(19ページ参照 )
シーケンス設定メニュー
CH セット 表示時間
ネットワーク設定メニュー
アラーム設定メニュー
1
2
3
4
5
6
7
8
9
オン
オン
オン
オン
オン
オン
オン
オン
オン
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
CH セット タイプ 録画時間
1
オン N.O
05 秒
2
オン N.O
05 秒
3
オン N.O
05 秒
4
オン N.O
05 秒
5
オン N.O
05 秒
6
オン N.O
05 秒
RST オン N.O
9
IP アドレス
ネットマスク
ゲートウェイ
MACアドレス
ユーザー名
GUEST
GENERAL
SUPER
:192.168.010.005
:255.255.255.000
:192.168.010.001
:00:E0:4D:53:D3:3C
パスワード
GUEST
GENERAL
SUPER
レベル
GUEST
GENERAL
SUPER
メニュー設定
サブメニュー
(23ページ参照 )
(20ページ参照)
マトリックス-1設定
マトリックス設定メニュー
UART設定メニュー
RS232:
伝送レート
ストップビット
パリティー
データビット
: 9600 BPS
:1
: NONE
:8
RS485
伝送レート
ストップビット
パリティー
データビット
: 9600 BPS
:1
: NONE
:8
RS232/RS485 ID
: 001
CH 表示時間
コールモニター
マトリックス-1
マトリックス-2
マトリックス-3
マトリックス-4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
システム
ブザー
(24ページ参照 )
(21ページ参照 )
システム設定メニュー
ブザー設定メニュー
ブザー
マトリックス
マトリックス
UART設定
:
有効
録画入力時
: オフ
アラーム入力時
: オフ
モーション入力時 : オフ
ディスク上書き時 : オフ
ビデオロス時
: オフ
タイマー設定時
: オフ
音声再生-1
:
音声再生-2
:
オン
再生速度
:
パスワード使用
:
無効
レベル-2パスワード
:
22222222
:
11111111
レベル-3パスワード
60 IPS
ディスク状況
HDD-1
HDD-2
容量SIZE (GB)
160
160
RECORD POS
30.7%
PLAY POS
30.7%
0%
フォーマット
いいえ
いいえ
システムアップデート:
システム初期設定:
アーカイブ
(22ページ参照 )
アーカイブ設定メニュー
画像サイズ
タイムスタンプ
タイムスタンプ位置
ウォーターマーク
ウォーターマーク位置
オン
: 720 X 480
: オン
:上
: オン
:上
10
0%
いいえ
いいえ
07 秒
07 秒
07 秒
07 秒
07 秒
07 秒
07 秒
07 秒
07 秒
イベント
無し
無し
無し
無し
無し
無し
無し
無し
無し
メニュー設定
6.1 時刻設定メニュー/CLOCK SETTING MENU
時刻/言語設定メニュー
: 2003/07/04 FRI
日付
: 13:01:02
時刻
: 日本語
言語設定
: NTSC
ビデオシステム
VERSION: 0.79
11/23
(1) 日付/ DATE : 日付が表示されます。
年: 2000 ~ 2099, 月: 01~ 12, 日: 01~31, 曜日: Sunday~Saturday
(2) 時間/TIME : 時間が表示されます。
時: 00 ~ 23, 分 : 00 ~ 59, 秒: 00 ~ 59
(3) 言語/MENU LANGUAGE: 設定言語が表示されます。(English,日本語他)
(4) ビデオシステム/VIDEO SYSTEM: NTSCであることをご確認ください。
(5) バージョン/VERSION: ソフトウェアーバージョン及びリリース日/公開日が表示されます。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
11
MENU
6.2 タイマー設定メニュー/TIMER SETTING MENU
タイマー設定メニュー
曜日
日
日
日
日
日
日
日
日
日
日
日
日
日
日
日
日
開始
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
00:00
終了
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
23:59
レート
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
60 IPS
セット
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
タイマー設定メニューにて開始、終了時間を設定することによりタイマー録画ができます。
(1) 曜日/WEEK: タイマー録画を行う曜日を選択してください。
曜日選択:日、月、火、水、木、金、土、月-金、週末、毎日
(2) 開始時間/START: タイマー録画の開始時刻を入力してください。
(3) 終了時間/STOP: タイマー録画の終了時刻を入力してください。
例1)開始時間:07:00 終了時間:08:00
07:00にタイマー録画が開始され、08:00:59までタイマー録画されます。
例2)毎日20:00より翌日07:00までタイマー録画を行う場合の設定方法
誤:曜日:毎日 開始:20:00 終了:07:00
正:曜日:毎日 開始:20:00 終了:23:59
曜日:毎日 開始:00:00 終了:06:59
(4) 録画スピード/SPEED : タイマー録画の録画レートを選択してください。(最大60IPS)
(5) セット/SET:
オン:タイマー録画を行うときは必ずオンを選択してください。
オフ:タイマー録画を行わないときはオフを選択してください。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
12
MENU
6.3 シーケンス設定メニュー/SEQUENCE SETTING MENU
シーケンス設定メニュー
CH セット
表示時間
1
2
3
4
5
6
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
03 秒
オン
オン
オン
オン
オン
オン
シーケンス設定メニューでは、メインモニター上でのシーケンス表示設定を行います。
(1) チャンネル/CH (Channel): カメラチャンネル
(2) セット(OP/Operation): シーケンス表示をさせるカメラチャンネルを選択します。
オン:シーケンス表示をさせる。
オフ:シーケンス表示をさせない。
(3) 表示時間/DWELL (DWELL TIME) : シーケンス表示時間を設定します。(0-99秒)
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
13
MENU
6.4 タイトル設定メニュー/TITLE SETTING MENU
タイトル設定メニュー
CH タイトル
1
2
3
4
5
6
CH01:_ _ _ _ _
CH02:_ _ _ _ _
CH03:_ _ _ _ _
CH04:_ _ _ _ _
CH05:_ _ _ _ _
CH06:_ _ _ _ _
各カメラにタイトル(名前)を入力することが可能です。タイトル文字数は12文字
となります。
下記文字から選択してください。
0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,
A,B,C,D,…X,Y,Z.
/( ).-*&@:”
初期設定はCH01~CH04/06です。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
14
MENU
6.5 マスキング設定メニュー/COVERT SETTING MENU
マスキング設定メニュー
CH セット
1
2
3
4
5
6
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
オフ
各カメラごとにマスキング(モニター表示をさせない)が可能です。マスキング設
定を行った画面は青色で表示されます。
注意)マスキング設定を行っても録画はされます。マスキング設定をしたカメラ
を再生するにマスキング設定を必ずオフにしてください。
初期設定はオフです。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
15
MENU
6.6 アラーム録画設定メニュー/ALARM RECORD SETTING MENU
アラーム設定メニュー
CH セット タイプ 録画時間
1
2
3
4
5
6
RST
オン
オン
オン
オン
オン
オン
オン
N.O
N.O
N.O
N.O
N.O
N.O
N.O
05 秒
05 秒
05 秒
05 秒
05 秒
05 秒
(1) チャンネル/CH : アラーム録画を行うカメラ(1~4/6)を選択します。
(2) セット/OP (OPERATION) :
オン : アラーム作動時に録画を行います。
オフ : アラームが作動しても録画されません。
(3) タイプ/TYPE : アラームタイプを選択します。
N.C (ノーマルクローズ)、N.O (ノーマルオープン)
(4) アラーム時間/DURATION : アラーム録画時間を設定します。(0~99秒)
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
16
MENU
6.7 モーション録画設定メニュー/MOTIオン SETTING MENU
モーション録画設定
CH セット
感度
1
2
3
4
5
6
HIGH
HIGH
HIGH
HIGH
HIGH
HIGH
オン
オン
オン
オン
オン
オン
録画時間
05
05
05
05
05
05
秒
秒
秒
秒
秒
秒
(1) チャンネル/CH (Channel) : チャンネル1~4/6から選択します。
(2) セット/OP (Operation) :
オン: モーション感知がされた時に録画を行います。
オフ: モーション感知がされても録画はされません。
(3) 感度/SEN (Sensitivity) : HIGH, MIDDLE, LOWから選択します。
(4) 録画時間/DURATION: 0~99秒から選択します。
モーション録画設定時の注意点:
*通常録画とモーション録画を併用してください。
*通常録画中は低い録画レート(IPS)で録画を行い、モーション録画時はより高い録画
レート(IPS)で録画を行うことによりハードディスクスペース、録画時間の効率化を実現します。
1)録画設定メニューで、通常録画項目で録画レートを0.1から5IPS(推奨)の範囲で
設定してください。
2)録画設定メニューで、アラーム録画項目で録画レートを設定してください。(推奨値:5IPS以上)
3)モーション録画設定メニューで、モーション録画を行うカメラの設定をしてください。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
17
MENU
6.8 録画設定メニュー/RECORD SETTING MENU
録画設定メニュー
通常録画
: 60 IPS
録画レート
: STANDARD
画質
ディスクの上書き : 上書きする
アラーム録画
セット
録画レート
画質
プリアラーム録画
セット
: オン
: 60 IPS
: STANDARD
: オン
PERMANENT RECORD
セット
:オン
録画レート
:0.01IPS
(1)
通常録画/NORMAL RECORD:
録画レート/SPEED : 通常録画の録画レートを設定します。録画レートは最大60IPSです。
画質/QUALITY: 録画画質を6段階より設定します。各画質の圧縮レートは以下の通りです。
LOWER
: 15 KB
LOW
: 19 KB
BASIC
: 23 KB
STANDARD : 27 KB
HIGH
: 31 KB
SUPERIOR : 35 KB
ディスク上書き/DISK FULL: ハードディスクの上書き設定を行います。
(2)
アラーム録画/ALARM RECORD:
セット/OP (Operation): アラーム録画を行う場合はオンを選択します。
録画レート/SPEED : アラーム録画レートを設定します。録画レートは最大60IPSです。
画質/QUALITY: 録画画質を6段階より設定します。(上記圧縮レート参照)
(3)
プリアラーム録画/PRE-ALARM RECORD (8-15秒間:録画品質により異なります。):
セット/OP (Operation): プリアラーム録画を行うときはオンを選択します。
IPS=Image Per Second=フィールド/秒
*4カメラ接続時で録画レートを60IPSに設定した時は各カメラの録画レートは15IPS(60IPS/
4カメラ)となります。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
18
MENU
6.9 ネットワーク設定メニュー/NETWORK SETTING MENU
ネットワーク設定メニュー
IP アドレス
ネットマスク
ゲートウェイ
MACアドレス
ユーザー名
GUEST--GENERALSUPER---
(1)
:
:
:
:
パスワード
GUEST--GENERALSUPER---
192.168.010.005
255.255.255.000
192.168.010.001
00:E0:4D:53:D3:3C
レベル
GUEST--GENERALSUPER---
IPアドレス/IP ADDRESS : 固定IPを入力します。例) 192.168.010.005
*固定IPアドレス取得についてはご契約のインターネットサービスプロバイダーにご確認ください。
(2)
ネットマスク/NET MASK ADDRESS: ネットワークのサブネットマスクの指定をします。
例):255.255.255.000
(3)
ゲートウェイ/GATEWAY ADDRESS: ゲートウェイーを指定します。例)192.168.010.001
(4)
MACアドレス:ネットワークインターフェイスのハードウェアアドレスの設定を行います。
*必ずシステムアドミニストレーターの指示を受けてください。
*ネットワーク設定を行ったときには、下記の画面が表示されます。
*アドレス入力後は設定を有効にするため必ず本体の再起動を行ってください。
Network setting……………………………….
Please reboot to effect network setting
(4)
ユーザーネーム、パスワード、レベル設定
ネットワークを利用しての遠隔操作に使用するLogin name及びpasswordを設定します。
また、ネットワークのアクセスレベルを“SUPER”,”GENERAL” , “GUEST”より選択します。
合計4ユーザーまでが同時にシステムに接続できます。
各アクセスレベルの権限は以下のようです。
“SUPER ”(最高レベル): ライブ映像、再生映像、設定が可能です。
“GENERAL”: ライブ映像、再生映像の閲覧が可能です。
“GUEST”: ライブ映像のみの閲覧が可能です。
注意) アドレス設定についてはネットワーク管理者及びインターネットサービスプロバイダーにご相談ください。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
19
MENU
6.10 UART設定設定メニュー/CONTROL SETTING MENU
UART設定メニュー
RS232:
伝送レート
ストップビット
パリティー
データビット
RS485:
伝送レート
ストップビット
パリティー
データビット
: 9600 BPS
:1
: NONE
:8
RS232/RS485 ID
: 001
: 9600 BPS
:1
: NONE
:8
(1)
RS232伝送レート/RS232 BAUD RATE: RS232ポート伝送スピードは6個より選択可能です。
(2)
RS232ストップビット/RS232 STOP BIT: 1または 2より選択してください。
(3)
RS232パリティー/RS232 PARITY: パリティーモードをどちらでもない(NONE)/奇数(ODD)/偶数
(EVEN)
(4)
RS232データビット/RS232 DATA BIT: 8または7から選択してください。
(5)
RS485伝送レート/RS485 BAUD RATE: RS485ポート伝送スピードは6個より選択可能です。
(6)
RS485ストップビット/RS485 STOP BIT: 1または2より選択してください。
(7)
RS485パリティー/RS485 PARITY:パリティーモードをどちらでもない(NONE)/奇数(ODD)/偶数
(EVEN)
(8)
RS485データビット/RS485 DATA BIT: 8または7から選択してください。
(9)
RS232/RS485 ID: 1つ以上のディバイスをRS232/485に接続する場合にそれぞれのディバイスに
IDを指定します。DVR ID: 100~200.
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
20
MENU
6.11 ブザー設定メニュー/BUZZER SETTING MENU
ブザー設定メニュー
ブザー
:
有効
録画入力時
:
オン
アラーム入力時
:
オン
モーション入力時
:
オン
ディスク上書き時
:
オン
ビデオロス時
:
オン
タイマー設定時
:
オン
本体内蔵ブザーのオン/オフ設定を行います。
録画入力時(RECORD-IN), アラーム入力時(ALARM-IN), モーション入力時
(MOTION-IN), ディスク上書き時(DISK FULL), ビデオロス時(VIDEO LOSS)及び
タイマー設定時(TIMER)
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
21
MENU
6.12 アーカイブ設定メニュー/ARCHIVE SETTING MENU
アーカイブ設定メニュー
: 720 X 480
: オン
:上
: オン
:上
画像サイズ
タイムスタンプ
タイムスタンプ位置
ウォターマーク
ウォターマーク位置
アーカイブ設定メニューでは、コンパクトフラッシュカードに録画画像(静止画、動画)をコピーするときの
各種設定を行います。
*コンパクトフラッシュカードは別売りとなります。
(1) 画像サイズ/PICTURE SIZE : 画像サイズを選択します。
Big size:720x480
Small size:352x240
(2) タイムスタンプ/TIME STAMP : タイム(録画時間表示)スタンプのオン/オフを選択します。
オン: タイムスタンプがコンパクトフラッシュカード画像コピー時に表示されます。
オフ: タイムスタンプがコンパクトフラッシュカード画像コピー時に表示されません。
(3) タイムスタンプ位置/TIME STAMP POS (Position):タイムスタンプ位置を選択します。
下/BOTTOM: タイムスタンプがコンパクトフラッシュカード画像コピー時に下に表示されます。
上/TOP: タイムスタンプがコンパクトフラッシュカード画像コピー時に上に表示されます。
(4) ウォーターマーク(電子透かし)/WATER MARK:ウォーターマークのON/OFFを選択します。
オン:ウォーターマークがコンパクトフラッシュカード画像コピー時に表示されます。
オフ: ウォーターマークがコンパクトフラッシュカード画像コピー時に表示されません。
(5) ウォーターマーク(電子透かし)位置/WATER MARK POS (Position):ウォーターマークの位置を選択します。
下/BOTTOM: ウォーターマークがコンパクトフラッシュカード画像コピー時に下に表示されます。
上/TOP: ウォーターマークがコンパクトフラッシュカード画像コピー時に上に表示されます。.
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
22
MENU
6.13 マトリックス設定メニュー/MATRIX SETTING MENU
コールモニター設定
マトリックス設定メニュー
コールモニター
マトリックス-1
マトリックス-2
マトリックス-3
マトリックス-4
ENTER
CH
表示時間
イベント
01
02
03
04
05
06
07
07
07
07
07
07
無し
無し
無し
無し
無し
無し
秒
秒
秒
秒
秒
秒
図1
図2
合計5台までコールモニターの接続が可能です。(図1)
コールモニターでは設定されたチャンネルがフルスクリーンでシーケンス表示、またモーション、外部セン
サーアラーム作動時(イベント)にフルスクリーンで表示されます。
設定を行うコールモニター、マトリックスモニターを選択し(図1)ENTERボタンを押すと選択したコールモニター、
マトリックスモニターの設定が可能です。(図2)
CH, 表示時間/DWELL, イベント/EVENT:
(1) CH (チャンネル): コールモニター/マトリックスモニターに表示させるカメラを選択します。
注意) “00”にするとコールモニターに表示されません。
(2) 表示時間/DWELL (Dwelling time): 各カメラの表示時間を 0~99秒で設定します。
(3) イベント/EVENT: モーション、外部センサーアラームに連動し、チャンネルがコールモニターに表示されます。
無し:アラーム/モーションが作動されても表示されません。
モーション:モーション作動時に表示されます。
A01~04/06:アラーム作動時に表示されます。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
23
MENU
6.14 システム設定メニュー/SYSTEM SETTING MENU
システム設定メニュー
音声再生-1
:
オン
音声再生-2
:
オン
再生速度
:
60 IPS
パスワード使用
:
無効
レベル-2パスワード
:
22222222
レベル-3パスワード
:
11111111
ディスク状況
HDD-1
HDD-2
容量SIZE (GB)
160
160
RECORD POS
30.7%
0%
PLAY POS
30.7%
0%
フォーマット
いいえ
いいえ
システムアップデート:
システム初期設定:
いいえ
いいえ
(1) 音声再生/PLAY WITH AUDIO:音声入力が2つまで可能です。(AUDIO-1, AUDIO-2)
オン/オフ: 音声再生オン/オフを設定します。
(2) 再生速度/PLAY SPEED: 再生速度の設定を行います。(初期設定60IPS)
注:録画レートと再生速度を統一してください。
(3) パスワード使用/PASSWORD ENABLE: パスワード管理が可能です。
(4) レベル-2、レベル-3パスワード: パスワード設定を行います。ジョグダイアルを回して数字を選択します。
*レベル-2とレベル-3のパスワードは同じに設定しないでください。
レベル-1(LOWEST):チャンネルキー、MODE,SEQ,ZOOMボタン操作のみ。
レベル-2(GENERAL):ライブ、録画/再生、MENUボタン,CALLボタン,イベントログリスト,ディスプレー設定は、行えません。
レベル-3(HIGHEST):すべてのボタン、設定、操作が可能です。
*ログアウトするにはSELECTボタンを3秒以上押してください。
(5) ディスク使用状況/DISK USAGE: ハードディスク1、2の状況が確認できます。
容量(GB): ハードディスクの容量が表示されます。
RECORD POS: ハードディスクの録画状況容量が表示されます。現在作動中のハードディスクに“*”印が表示されます。
PLAY POS: 現在の再生場所が表示されます。現在再生中のハードディスクに“*”印が表示されます。
フォーマット/DISK RENEW: ハードディスクのフォーマット/初期化を行います。
*ハードディスクの初期化を行うとすべての録画映像が消去されます。
(6) システムアップデート/SYSTEM UPDATE: ソフトウェアーのアップデートを行います。
はい: コンパクトフラッシュカードにアップデート用ソフトウェアーを保存し本製品のコンパクトフラッシュカードスロットに挿入し
ENTERを押しソフトウェアーのアップデートを行います。
注意: ソフトウェアーのアップデートを有効にするために必ず本体の再起動を行ってください。
(7) システム初期設定/LOAD DEFAULT: 本体の初期化を行います。
ジョグダイアルを左右に回しオプション項目を選択します。
ENTERボタンを押しオプション項目を決定し、次項目へ移動します。
ENTER
MENU
MENUボタンを押しメインメニュー/Main Menuに戻ります。再度ボタンを押すと
セットアップメニューを終了します。
24
Recording
7.1 インスタント録画/INSTANT RECORDING
RECボタンを押すと録画が始まるます。
REC
録画レート、録画品質の設定は録画設定メニュー/RECORD SETTING MENUで行ってく
ださい。.
LCDスクリーンに以下のように表示されます。
2003/11/23
REC
21:56:47
60
HDD1
IPS
70%
21:56:52
DISPLAYボタンを押すとメインモニターにカメラ番号、日時が表示されます。
STOPボタンを押すと録画が停止します。
STOP *本製品はDuplex(同時録画再生)機能を搭載しているのでSTOPボタンを押すと録画中は録画停
止、再生中は再生停止されます。
ハードディスク容量を超えたときは、録画が自動で停止されます。 自動上書き設定を行って
いる時には自動でハードディスクが上書きされます。
録画設定メニュー/RECORD SETTING MENUにて設定してください。
7.2 アラーム録画/ALARM RECORDING
アラーム録画設定を行っているときは、アラームが作動されたときに自動で録画がされます。
アラーム録画各種設定はアラーム設定メニュー/ALARM SETTING MENU及び録画設定メニュー
RECORD SETTING MENUにて行ってください。
設定例)アラーム録画スピードを60IPSで設定した場合下記のように表示されます。
A.
A.
DISK:
REC (60IPS)
REC (60 IPS)
DISK:
39 GB
39 GB (0)
*アラーム録画設定がされているときはインスタント録画及びタイマー録画は停止されます。
25
Playing Back
8.1 通常再生/NORMAL PLAYBACK
(1) 再生/Playback
PLAYボタンを押す最新の録画SEGMENTより再生されます。
PLAY
(2) 早送り再生/逆早送り再生
早送り再生:
再生中にジョグシャトル外部を時計回りに回すと早送り再生ができます。
逆早送り再生:
再生中にジョグシャトル外部を反時計回りに回すと逆早送り再生ができます。
再生速度はLCDディスプレー及びモニターに表示されます。
スピード: 2X, 4X, 8X, 16X, 32X, 600X
(3) スロー早送り再生/スロー逆早送り再生
再生中にPAUSEボタンを押して再生画像を一時停止します。
PAUSE
スロー早送り再生:
ジョグシャトル外部を時計回りに回します。
スロー逆早送り再生:
ジョグシャトル外部を反時計回りに回します。
再生速度はLCDディスプレー及びモニターに表示されます。
スピード:1/2, 1/4, 1/8, 1/10, 1/16, 1/32
(4) コマ送り再生
再生画像を一時停止中にジョグダイアル内部を時計回りに回すことによ
り画像のコマ送り・コマ戻し再生ができます。
(5) 再生停止:STOPボタンを押すと再生が停止されます。
注意:STOPボタンを2回押すと録画は停止されます。必ずRECボタンのライトが点いていることを
確認して下さい。
26
Search Playback
8.2 検索再生/SEARCH PLAYBACK
(1) セグメントリスト再生/Segment List search playback
SEARCHボタンを押すとSEARCH MENUが表示されます。
SEARCH
SEARCH MENU
BY SEGMENT LIST
BY ALARM LIST
BY DATA TIME
ジョグシャトル内部を回しBY SEGMENT LISTを選択しENTERボタンを押してください。
SEGMENT SEARCH
0001
0002
0003
2003/04/24
2003/04/25
2003/05/20
19/03/29 HDD 1
12/30/30 HDD1
12/00/00 HDD2
ジョグシャトル内部で再生をするセグメント(日時)を選択してください。
*ハードディスクはセグメントごとに録画管理されます。セグメントは録画が開始され
た日時が表示されます。
ENTERボタンを押すと選択したセグメント(日時)が再生されます。
ENTER
STOPボタンを押すと再生が停止されます。
STOP
27
Search Playback
(2) アラームリスト再生/Alarm List search playback
SEARCHボタンを押すとSEARCH MENUが表示されます。
SEARCH
SEARCH MENU
BY SEGMENT LIST
BY ALARM LIST
BY DATA TIME
ジョグシャトル内部を回しBY ALARM LISTを選択しENTERボタンを
押してください。
ALARM SEARCH
00001
00002
00003
M01 2003/04/24 19:03:29 HDD 1
A03 2003/04/25 12:30:30 HDD1
M03 2003/05/20 12:00:00 HDD2
A01 : アラーム入力1でアラーム録画が行われました。
M03: モーション録画がカメラ3で行われました。
T : タイマー録画が行われました。
PL:停電などで電源がおちた時に表示されます。電源投入後録画は自動的に復活されます。
: 次ページがあります。
: 前ページがあります。
ENTERボタンを押すと選択したアラーム録画(日時)が再生されます。
ENTER
STOPボタンを押すと再生が停止されます。
STOP
28
Search Playback
(3) 日時検索再生/Date/Time Search Playback
SEARCHボタンを押すとSEARCH MENUが表示されます。
SEARCH
SEARCH MENU
BY SEGMENT LIST
BY ALARM LIST
BY DATA TIME
ジョグシャトル内部を回しBY DATE TIMEを選択しENTERボタンを
押してください。
DATE/TIME SEARCH
YEAR/MM/DD HH:MM:SS HDD
2003 /01 /01 21: 33: 26
1
PRESS SEARCH TO START SEARCH
PRESS MENU TO EXIT
ジョグダイアル内部を回し再生を行う日時を入力してください。
SEARCH
SEARCHボタンを押すと入力した日時が検索され、再生されます。
MENUボタンを押すとメニューが終了されます。
*検索した日時が録画されていない場合は一番近い日時が検索されます。
STOPボタンを押すと再生が停止されます。
STOP
29
COPY
9. コピー/COPY
コンパクトフラッシュカードをスロットに挿入してください。
*コンパクトフラッシュカードの挿入方向を確認してください。
9.1 静止画像コピー/STILL IMAGE COPY
PLAYボタンを押して画像の再生を行ってください。
PAUSEボタンを押して画像の一時停止を行ってください。
PAUSE
*注意を参照してください。
ジョグダイアル内部を回し静止画像コピーを行う画面を表示させます。
COPY
COPYボタンを押して静止画像のコピーをします。
静止画像がコピー中には“ Copying …”と画面に表示されます。
静止画像のコピーが終了したときは“ Done”と画面に表示されます。
注意:
*コピー画像は静止画としてJPGファイルとして保存されます。
*メインモニターでDisplay表示を有効にしてください。
*一時停止を行うとメインモニター下部に”PAUSE ON 1~4(EDSR400, 4ch DVR), 1
~6(EDSR600, 6ch DVR)”と表示されます。
*静止画像のコピーを行う番号で一時停止されていることを確認してください。
例)6chの静止画像コピーを行う場合は”PAUSE ON 6”が表示されるまでジョグダイア
ルを左右に回してください。
30
COPY
9.2 動画映像のコピー/COPY TO MOVIE FILE
PLAYボタンを押して画像の再生を行ってください。
PLAY
COPYボタンを押すと、画面にコピー手順が表示されます。
COPY
チャンネルまたはカメラタイトルは画面の上に表示されます。
カメラタイトル/CH01
動画映像のコピー/COPY TO MOVIE FILE
ジョグダイアルで画像を選択/USE JOG TO SELECT PICTURE
COPYを押しコピー開始/PRESS COPY TO START COPY
PAUSEを押しコピー終了/PRESS PAUSE TO PAUSE COPY
STOPを押してファイルを閉じる/PRESS STOP TO CLOSE FILE
MENUを押してコピー設定モード終了/PRESS MENU TO EXIT
2003/11/01
00:08:08
ジョグダイアル内部を回し動画映像のコピーを行うチャンネルを選択してくだ
さい。
COPYボタンを押して動画映像のコピーを開始してください。
COPY
PAUSEボタンを押して動画映像のコピーを一時停止します。
PAUSE
STOPボタンを押してファイルを閉じます。
STOP
MENUボタンを押して再生に戻ります。
STOPボタンを押して再生を停止します。
MENU
注意: コピーされた画像はMOV file(動画画像)として保存されます。コピーした動画画像はPCに
て再生できます。動画再生にはUse QuickTimeをダウンロードしてください。
31
Interface Specifications
10.1 RS-232ピン仕様
本製品はD-SUB9ピンRS-232コネクタを使用し、コンピューター又は端末装置にてコン
トロールされます。
D-SUB 9ピンコネクタピン番号
1 2 3 4 5
6 7 8 9
HOST
DVR
PIN # NAME
1
NOT CONNECTED
2
TXD
3
RXD
4
NOT CONNECTED
5
GROUND
6
NOT CONNECTED
7
NOT CONNECTED
8
NOT CONNECTED
9
NOT CONNECTED
PIN #
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10.2 伝送レート設定/Transmission setting
RS232/RS485ポートを使用してのデータ伝送には6段階あります。
1200,2400,4800, 9600,19200,3840 baud.
初期設定は9600 です。
詳細はChart 6.10 (Page20)をご参照ください。
32
NAME
NOT CONNECTED
RXD
TXD
NOT CONNECTED
GROUND
NOT CONNECTED
NOT CONNECTED
NOT CONNECTED
NOT CONNECTED
Interface Specifications
10.3 リモートコントロールプロトコール/Remote Control Protocol
コンピューターや端末装置は以下のプロトコールによりコントロールされます。
1-1. サンプルコントロールパケット/Sample control code packets
Example1 : DVR(ID=5)に対して“REC”キーを伝送するパケット
(A packet that send "REC" key to DVR (ID=5))
0x85
(length)
0x00
(Receiver ID high byte)
0x05
(Receiver ID low byte)
0x4B
(OPcode = key )
0x08
(DATA1 = "Rec" keycode )
0x5D
(checksum)
Example2 : DVR(ID=4999)に対して“PAUSE”キーを伝送するパケット
(A packet that send "PAUSE" key to DVR (ID=4999))
0x85
(length)
0x27
(Receiver ID high byte)
0x07
(Receiver ID low byte)
0x4B
(OPcode = key )
0x0C
(DATA1 = "Pause" keycode )
0x0A
(checksum)
Example3 : DVR(broadcast)に対して“PLAY”キーを伝送するパケット
(A packet that send "PLAY" key to all DVR (broadcast))
0x85
(length)
0x7f
(Receiver ID high byte)
0x7f
(Receiver ID low byte)
0x4B
(OPcode = key )
0x0B
(DATA1 = "Play" keycode )
0x59
(checksum)
33
Interface Specifications
2-1. メッセージパケットのフォーマットは以下の通りです。/The format of message packet is as follows:
Length Byte (Prefix: 0x86, 0x87, or 0x88 ..... )
Receiver ID high byte
Receiver ID low byte
Opcode Byte
Data Byte1
Data Byte2
Data Byte3
Checksum Byte
2-2. Byteの長さ/Length Byte
This Length Byte is also a prefix. Bit7 must be 1.
EX:
0x87 ==> this packets has 7 bytes length. ( not included Length byte itself )
34
Interface Specifications
2-3. レシーバーID/Receiver ID
(1). 個々のレシーバー/Individual receiver ID
Decimal
Hbyte
--------------------------------------------------------------------Lbyte
Receiver ID (DVR)
-------
------------------- ------
0
ID = 0
0000000
00
1
ID = 1
0000000 0000001
00
01
2
ID = 2
0000000
0000010
00
02
1111110
00
14bit binary value
------ ----------------------
0000000
00
....
126
ID = 126
0000000
7e
127
ID = 127
0000000 1111111
00
7f
128
ID = 128
0000001 0000000
01
00
129
ID = 129
0000001 0000001
01
01
255
ID = 255
0000001 1111111
01
7f
256
ID = 256
0000010 0000000
02
00
0000011 1111111
03
1111111 1111110
7f
....
7f
511
ID = 511
....
7e
16382
ID = 16382
--------------------------------------------------------------------(2). ブロードキャストID/Broadcast ID
--------------------------------------------------------------------Decimal
14bit binary value
-------
7f
Hbyte
Lbyte
------------------- ------
Receiver ID (DVR)
------ ----------------------
16383
1111111 1111111
all DVR connect to RS485/RS232
---------------------------------------------------------------------
35
7f
Interface Specifications
2-4. Opcode Byte & Data bytes
2-4-1. OPcode
------------------------------------------
OPcode
Data1
Function
------
------
--------------------------
0x4B
Keycode
A remote key pressed
-----------------------------------------2-4-1. A remote key pressed (OPcode=0x4B)
------------------------------------------------------------------------------------------Data1
Key
Data1
Key
-------------------------------------------------------------------------------------------0x00
CH1
0x1b
SHUTTLE>>x16
0x01
CH2
0x1c
SHUTTLE>>x32
0x02
CH3
0x1d
SHUTTLE>>x600
0x03
CH4
0x1e
JOG<
0x04
MODE
0x1f
JOG>
0x05
ZOOM
0x20
CH5
0x06
SEQ
0x21
CH6
0x07
MENU
0x22
CH7
0x08
REC
0x23
CH8
0x09
REV.PLAY
0x24
CH9
0x0A
STOP
0x25
(reserve)
0x0B
PLAY
0x26
(reserve)
0x0C
PAUSE
0x27
(reserve)
0x0D
SEARCH
0x28
(reserve)
0x0E
COPY
0x29
(reserve)
0x0F
DISPALY
0x2a
(reserve)
0x10
SHUTTLE<<x1
0x2b
(reserve)
0x11
SHUTTLE<<x2
0x2c
SELECT
0x12
SHUTTLE<<x4
0x2d
CALL
0x13
SHUTTLE<<x8
0x2e
(reserve)
0x14
SHUTTLE<<x16
0x2f
(reserve)
0x15
SHUTTLE<<x32
0x30
(reserve)
0x16
SHUTTLE<<x600
0x31
(reserve)
0x17
SHUTTLE>>x1
0x32
(reserve)
0x18
SHUTTLE>>x2
0x33
(reserve)
0x19
SHUTTLE>>x4
0x34
(reserve)
0x1a
SHUTTLE>>x8
------------------------------------------------------------------------
2-5. Checksum Byte
Checksumはすべて前のbytesで合計計算されます。
(Checksum is computed as the sum of all previous bytes (including the length byte), then mask with
0x7f.)
36
IR Remote Controller
11. リモートコントローラー/Remote Controller
リモートコントローラー(RC-200、図1)は本製品の設定、操作が可能です。リモートコントローラー操作
ボタンはDVR本体の操作ボタンと同様です。
*リモートコントローラー操作可能距離は約10メートル以内です。
*リモートコントローラーは別売りとなります。
JOG
: 本体JOG(内部)を時計回り方向に回す時と同様の操作です。
JOG
:本体JOG(内部)を反時計回り方向に回す時と同様の操作です。
SHUTTLE
1: 早送り2X 、スロー早送り1/2X.
2: 早送り4X 、スロー早送り1/4X.
3: 早送り8X、スロー早送り1/8X.
4: 早送り16X、スロー早送り1/10X.
5: 早送り32X、スロー早送り1/16X.
6: 早送り600X、スロー早送り1/32X.
SHUTTLE
1: 早巻き戻し2X、スロー巻き戻し1/2X.
2: 早巻き戻し4X、スロー巻き戻し1/4X.
3: 早巻き戻し8X、スロー巻き戻し1/8X.
4: 早巻き戻し16X、スロー巻き戻し1/10X.
5: 早巻き戻し32X、スロー巻き戻し1/16X.
6: 早巻き戻し600X、スロー巻き戻し1/32X.
注:CHキー#7~16はEDSR900/1600/9/16chDVRに使用。
図1
37
View From Internet/Intranet
12. インターネット/イントラネットによる遠隔監視/View From Internet/Intranet
基本的な操作とLogin表示:
Internet Explorerを開き、IPアドレスを入力してください。
例)http://192.168.10.5 (IPアドレスはネットワーク設定メニューで設定したIPアドレスです。)
*インターネットを利用しての遠隔操作を行うには固定IPの取得が必要です。固定IP取得については
ISP(インターネットサービスプロバイダー)にご相談ください。
LOGIN入力画面が表示されたら、ネットワーク設定メニューで設定した、ユーザー名、パスワードを入力して
ください。
例)
ユーザー名(USER):SUPER
パスワード(PASSWORD):SUPER
ユーザー名、パスワード入力後“submit”ボタンを押してください。
38
View From Internet/Intranet
メインスクリーン
10
11
19
12
13
14
1 2 3 4 5 6
7
8
9
15 16 17 18
上記は遠隔操作のメインスクリーンです。
*ユーザーレベルにより権限が異なるため、アイコンがグレーの場合はそのアイコンはログインしたユー
ザーレベルでは使用できません。ユーザーレベルをご確認ください。
1.
逆再生ボタン(REV. PLAY) : 逆再生を行います。
2.
停止ボタン(STOP) : 画像再生を停止します。
3.
再生ボタン(PLAY): 画像再生を行います。
4.
早送り再生ボタン(STEP FORWARD)
5.
一時停止ボタン(PAUSE): 再生画像の一時停止を行います。
6.
逆早送り再生ボタン(STEP BACKWARD)
7.
C
コントロールモードボタン(CONTROL MODE):
ダイレクトリモートコントロールモード切替に使用します。
*コントロールモードはSUPERレベルのみで利用可能です。
8. 再生速度変更に使用します。
9. 再生画像位置の変更に使用します。
39
View From Internet/Intranet
10. 3種類の再生画像検索が可能です。
*セグメント検索(SEGMENT), アラームリスト検索(ALARM LIST)、日時検索(DATE TIME)
セグメントリスト検索再生:Segment Listを選択しRefreshボタンを押してください。
アラームリスト検索再生:Alarm Listを選択しRefreshボタンを押してください。
日時検索再生:検索を行う日時を入力し、Playボタンを押してください。
40
Appendix-A
11. 再生画像検索されたリストが表示されます。リストをクリックし選択します。
12. 選択されたリストの画像再生を行います。
13. セグメント、アラームリストの表示を行います。
14. 状態が表示されます。ライブ映像監視(Live)または再生画像日時(Playback)が表示されます。
15. 1画面フルスクリーン表示を行います。
16. 4分割画面表示を行います。
17. 9分割画面表示を行います。(EDSR900/9chDVR用)
18. 16分割画面表を行います。(EDSR1600/16chDVR用)
19. 画面上でマウスを右クリックし、カメラ番号を選択します。
Appendix-A
LAN機能仕様
仕様
ネットワークインターフェイス:
LANコントローラーチップ:
LANコネクタ:
プロトコール:
リモートアクセス:
イメージ圧縮方式:
使用ポート:
最大アクセス数:
フレームレート:
10Mbits/s Ethernet (10Base T)
RealTek 8019
RJ-45
HTTP,TCP/IP.ICMP,ARP
標準ブラウザInternet Explorer/Netscape
(JAVAサポート必要)
JPEG
80, 1111, 2222, 3333, 4444, 6666
4
最大 1,5 IPS (ネットワーク速度に依存します)
41
Appendix-B
タイムラプス録画時間表/Time Lapse Mode Recording Time Table
 160GB HDD使用の場合
(下記録画時間は一般的なノイズレベルでの録画時間の概算です。)
(下記録画時間は一般的なノイズレベルでの録画時間の概算です。)
Lower
Low
Basic
Standard
High
Superior
: 15 kB
: 19 kB
: 23 kB
: 27 kB
: 31 kB
: 35 kB
LOWER
15
49.4
98.8
148.1
197.5
296.3
592.6
2963
5925.9
9876.5
14814.8
LOW
19
39
78
117
155.9
233.9
467.8
2339.2
4678.4
7797.3
11695.9
system storage(GB):
160
PICTURE QUALITY (KB)
BASIC
STANDARD
HIGH
SUPERIOR
23
27
31
35
32.2
27.4
23.9
21.2
64.4
54.9
47.8
42.3
96.6
82.3
71.7
63.5
128.8
109.7
95.6
84.7
193.2
164.6
143.4
127
386.5
329.2
286.7
254
1932.4
1646.1
1433.7
1269.8
3864.7
3292.2
2867.4
2539.7
6441.2
5487
4779
4232.8
9661.8
8230.5
7168.5
6349.2
PAL
Unit: Hour
Recording
Speed
LOWER
(fps)
15
50
59.3
25
118.5
10
296.3
5
592.6
2
1481.5
1
2963
0.5
5925.9
0.4
7407.4
0.2
14814.8
0.1
29629.6
LOW
19
46.8
93.6
233.9
467.8
1169.6
2339.2
4678.4
5848
11695.9
23391.8
PICTURE QUALITY (KB)
BASIC
STANDARD
23
27
38.6
32.9
77.3
65.8
193.2
164.6
386.5
329.2
966.2
823
1932.4
1646.1
3864.7
3292.2
4830.9
4115.2
9661.8
8230.5
19323.7
16460.9
NTSC
Recording
Speed
(fps)
60
30
20
15
10
5
1
0.5
0.3
0.2
Unit: Hour
HIGH
31
28.7
57.3
143.4
286.7
716.8
1433.7
2867.4
3584.2
7168.5
14336.9
24H=1日、168H=1週間、720H=1ヶ月、8760H=1年
*録画スピードは最大60IPS/秒です。(1秒間に最大60イメージ録画)
*各カメラごとの録画スピードは録画スピード÷接続カメラ台数となります。
例)録画スピード:60IPS 接続カメラ台数:9台
60IPS÷9台=6.66IPS/カメラ
*録画スピード×録画品質(KB)=1秒間に消費されるハードディスクスペース
例)録画スピード:60IPS×録画品質:35KB(Superior)=2100KB(2.1MB)
42
SUPERIOR
35
25.4
50.8
127
254
634.9
1269.8
2539.7
3174.6
6349.2
12698.4
Appendix-B
 320GB HDD使用の場合
(下記録画時間は一般的なノイズレベルでの録画時間の概算です。)
Lower
Low
Basic
Standard
High
Superior
: 15 kB
: 19 kB
: 23 kB
: 27 kB
: 31 kB
: 35 kB
LOWER
15
98.8
197.5
296.3
395.1
592.6
1185.2
5925.9
11851.9
19753.1
29629.6
LOW
19
78
155.9
233.9
311.9
467.8
935.7
4678.4
9356.7
15594.5
23391.8
system storage(GB):
320
PICTURE QUALITY (KB)
BASIC
STANDARD
HIGH
SUPERIOR
23
27
31
35
64.4
54.9
47.8
42.3
128.8
109.7
95.6
84.7
193.2
164.6
143.4
127
257.6
219.5
191.2
169.3
386.5
329.2
286.7
254
772.9
658.4
573.5
507.9
3864.7
3292.2
2867.4
2539.7
7729.5
6584.4
5734.8
5079.4
12882.4
10973.9
9557.9
8465.6
19323.7
16460.9
14336.9
12698.4
PAL
Unit: Hour
Recording
Speed
LOWER
(fps)
15
50
118.5
25
237
10
592.6
5
1185.2
2
2963
1
5925.9
0.5
11851.9
0.4
14814.8
0.2
29629.6
0.1
59259.3
LOW
19
93.6
187.1
467.8
935.7
2339.2
4678.4
9356.7
11695.9
23391.8
46783.6
PICTURE QUALITY (KB)
BASIC
STANDARD
23
27
77.3
65.8
154.6
131.7
386.5
329.2
772.9
658.4
1932.4
1646.1
3864.7
3292.2
7729.5
6584.4
9661.8
8230.5
19323.7
16460.9
38647.3
32921.8
NTSC
Recording
Speed
(fps)
60
30
20
15
10
5
1
0.5
0.3
0.2
Unit: Hour
HIGH
31
57.3
114.7
286.7
573.5
1433.7
2867.4
5734.8
7168.5
14336.9
28673.8
24H=1日、168H=1週間、720H=1ヶ月、8760H=1年
*録画スピードは最大60IPS/秒です。(1秒間に最大60イメージ録画)
*各カメラごとの録画スピードは録画スピード÷接続カメラ台数となります。
例)録画スピード:60IPS 接続カメラ台数:9台
60IPS÷9台=6.66IPS/カメラ
*録画スピード×録画品質(KB)=1秒間に消費されるハードディスクスペース
例)録画スピード:60IPS×録画品質:35KB(Superior)=2100KB(2.1MB)
43
SUPERIOR
35
50.8
101.6
254
507.9
1269.8
2539.7
5079.4
6349.2
12698.4
25396.8
Appendix-C
アラーム入出力ピン/Alarm I/O pin assignment
図1のアラームコネクターはアラームセンサー入力に使用されます。各カメラに対しアラームセンサー入力が
可能です。図2のアラームボード(付属品)を使用しアラームセンサー入力の簡略接続が可能です。
各アラーム入力には2本のワイヤー線が必要となります。(ワイヤー1:アラーム入力用、ワイヤー2:GND
(アース)接続。
*ピンの設定についてはご使用になるセンサーアラームの説明書を必ず参照してください。
13
1
1 2
3 4
5
6
7 8 9 10 11 12 13 14
25
2
<図1>
D-SUB 25 pin メスコネクター(DVR)
28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15
PR16D00400
DVR
PIN #
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
<図2>
PR16D00400 Alarm extension board (HOST).
NAME
GND
ALM 1
ALM 2
ALM 3
ALM 4
ALM 5
ALM 6
ALM 7
ALM 8
ALM 9
RESERVED
RESERVED
RESERVED
RESERVED
RESERVED
RESERVED
RESERVED
ALMRSTO
REC
GIN10
DISKFULL
GO1
ALM-N.C
ALM-N.O
ALM-COM
HOST
PIN #
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
NAME
GND
ALM 1
ALM 2
ALM 3
ALM 4
ALM 5
ALM 6
GND
ALM 7
ALM 8
ALM 9
ALM10
ALM 11
ALM 12
ALM 13
ALM 14
ALM 15
ALM 16
ALMRST
REC-IN
GND
SPARE-IN
DISKFULL
SPARE-OUT
ALM-N.C
ALM-N.O
ALM-COM
GND
ALM10~ALM16は16CH DVR用です。
44
Appendix-D
RJ-45(RS485)ピン/RJ-45 (RS485) pin assignment
本機DVR後部パネルにRJ-45が2入力可能です。
1 2 3 4 5 6 7 8
PIN #
NAME
1
GND
2
NC
3
RX
4
NC
5
NC
6
TX
7
NC
8
NC
45
Appendix-E
CE Declaration
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a CE
Class B digital device,
The changes or modifications not expressly approved by the party responsible
for compliance could void the user's authority to operate the equipment.
In a domestic environment this product may cause radio interference. In which
case the user may be required to take adequate measures.
46
EverFocus Electronics Corp.
Head Office:
12F, No.79 Sec. 1 Shin-Tai Wu Road,
Hsi-Chi, Taipei, Taiwan
TEL
: +886-2-26982334
FAX
: +886-2-26982380
European Office:
Albert-Einstein-Strasse 1
D-46446 Emmerich, German
TEL
: +49-2822-9394-0
FAX
: +49-2822-939495
USA Office:
2445 Huntington Drive, San Marino,
CA 91108, U.S.A.
TEL
: +1-626-844-8888
FAX
: +1-626-844-8838
Toll free
: +1-888-383-6287 or
+1-888-EV-FOCUS
Beijing Office:
Room 609, Technology Trade Building,
Shandgdi Information Industry Base,
Haidian District, Beijing,China
TEL
: +86-10-62971096
FAX
: +86-10-62971432
Japan Office:
〒261-7118
千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目6番地
WBGマリブイースト18階1809号
TEL
: 043-212-8188
FAX
: 043-297-0081
®
EverFocus
2004年4月: 第1版第1刷
P/N: MSR9G00110
ダウンロード

PowerPoint 簡報