運輸業はモーダルシフトを
導入するべきか否か
明治大学 商学部
出見世ゼミナール
2004.7.3
はじめに
交通の問題点:運輸業界におけるトラック
・地球温暖化問題
・二酸化炭素の排出
・エネルギー資源問題
・道路混雑や交通事故
モーダルシフトの重要性に注目
モーダルシフト
企業戦略面
企業倫理面
運輸業はモーダルシフトを
導入すべきか否か
導入すべきである
結論根拠
企業戦略面
1.コスト削減
企業の社会的責任面
1.二酸化炭素排出削減
2.安定したサービスの提供 2.交通渋滞の緩和
3.企業イメージの向上
3.ドライバーの労働状況改善
モーダルシフトの定義
 モーダルシフトとは、トラックや航
空貨物から鉄道、海運など環境
負荷の小さい大量輸送手段に転
換する、ロジスティクス制度のこ
とである。
プレゼンテーションにあたって
 取り上げる運輸業は、大手物量業者
to B (企業間取引)
 モーダルシフト導入検討地域は大都市
 鉄道を用いたモーダルシフト
B
モーダルシフト導入の背景
 運輸業における二酸化炭素排出問題が
叫ばれるようになり注目され始めた。
 企業を後押しするため、国土交通省は
「モーダルシフト法案」(仮称)を来年の
通常国会に提出する方向で準備に入っ
ている。
企業戦略面1:コスト削減
 燃費削減やドライバーの人件費削
減により、コストの削減が図れる。
 大量に品物を運ぶ場合、トラックで
運ぶよりも電車で運ぶ方がコストが
低く済む。
日産の場合
JRと日本通運と共同で輸送システムを構築し、
九州工場へ鉄道方式を導入している。
 車を生産するのに必要な部品は、途中の貨
物駅で積み込むことにより、輸送の効率化を
図っている。
 国内部品取引量の0.5%程度を鉄道輸送に
することで、輸送費を1億円以上削減する見
通しである。

企業戦略面2:安定したサービスの提供
 運行ダイアが決まっており、定時に
輸送することが可能である。
 トラック輸送におけるトラブルが回避
されるので、時間通りの配達が可能
となる。
企業戦略面3:企業イメージの向上
環境問題、特に二酸化炭素の排出について
は世界規模で深刻であり、その改善には企
業の協力が不可欠である。
 企業が、二酸化炭素排出削減運動に積極的
に働きかけることにより、企業イメージの向上
を図ることが可能となる。

企業戦略面4:社会的責任投資(SRI)
 近年、日本においても社会的責任投
資が注目され始めている。
 環境対策や社会貢献活動が熱心な企
業が、今後投資対象の中心となる。
企業の社会的責任面1:二酸化炭素の排出削減
京都議定書において、日本は2010年の温暖
化ガスの排出量を90年比で6%削減する目
標が課せられている。
 現時点において、運輸部門では排出ガスが
23%増となっている。
 政府の要請もあり、二酸化炭素排出を削減
するために働きかけていくことが重要である。

企業の社会的責任面2:交通渋滞の緩和
 企業間取引では、トラックを使い大都
市間を高速道路で移動している。
 大手運送業のトラックは大型貨物自
動車速度規制を設けている。
EX. 90km/hリミッタ-
企業の社会的責任面3:労働状況の改善
トラックドライバーは、長時間労働を強いられ、
さらに「ジャストイン・タイム」が課せられており、
劣悪な労働状況である。
 その結果、ドライバーによる交通事故が多発
をしており、運輸業界としてはその改善を図る
必要がある。

企業戦略面:積み替えコストの発生
従来のトラック輸送では、荷物を載せたまま
目的地へと輸送することが可能であった。
 モーダルシフトでは、目的地へ行くまでに貨
物車に荷物を載せ換えをしなければならず、
積み替えコストが発生することになる。
 鉄道とトラックのコンテナの規格統一がされて
おらず、非効率な輸送方法であった。

出典:http://transport.or.jp/zukan/rail/swap1.html
企業戦略面:タイムラグの発生
 積み替えることによりタイムラグが発生
し、「顧客の望む時間通りに配達ができ
ないのではないか」といったようなサービ
スレベルの低下が懸念されており、モー
ダルシフト導入が遅れている原因となっ
ている。
サービスについてのヤマト運輸の調査

荷物を翌日に届けてほしいと思う顧客は3割
に対し、2・3日以内に届けてもらいたいと思う
顧客は4割いる。
 荷主に合わせたサービスシステムを導
入していくことが望ましい。
サービスシステムの具体例

荷主に応じて、トラック輸送やモーダルシフト
輸送を使い分けるようにする。
価格差別化を導入する
企業の物流戦略の多様化を実現
企業の社会的責任面:ドライバーの雇用問題
 モーダルシフトを導入しても、大都市で
無い地方などではトラックでの配達は依
然として高い需要がある。
 積み替えにおいては多くの人材が必要
となる場合がある。
結論

モーダルシフトには現代のニーズにあった経営
手法であり、デメリットも改善することが可能で
ある。
運輸業界は今後
モーダルシフト導入をしていくべきである。
ダウンロード

運送業 モーダルシフトを導入するべきか否か?