新聞(3)
新聞記者の仕事
1.新聞に求められる社会的役割
2.新聞記者の基本的な仕事
3.新聞記者向きの人
4.新聞記者は裁判に協力すべきか
5.新聞社は女性にとって働きやすいか
1.新聞に求められる社会的役割
新聞=第4の権力
社会的役割=報道の使命は、
・世の中で起きていること
・将来の世の中
について、的確な事実を人々に広く伝えること。
この役割は、災害・戦争などで世の中が混乱してい
る時に、特に重要。
2.新聞記者の基本的な仕事
新聞記者の仕事とは、
・あらゆる分野の事柄を取材をし、
・その結果を記事にまとめる、こと。
取材の対象は、
・政治、経済、文化、芸能、スポーツなど、日々
起こっているあらゆる出来事。
・受け手が関心を持つ事柄。
取材時の姿勢は、
・受け手に代わって
・良心に従って
・公正な立場から
プ
図1 新聞のニュースが読者に届くまで
紙
面
↑
編
集
者
・
・
・
・
・
編
集
会
議
(
ニ
ュ
ー
ス
感
覚
)
↑
原
稿
↑
↑
・・・・・
↑
情
報
源
(
ニ
ュ
記 ー
者 ス
感
覚
)
支
局
長
・
キ
ャ
ッ
読
者
報道機関の関心
相克
報道機関の事情
ニュース
図2 ニュースが生まれる過程
読者の関心
3.新聞記者向きの人
Q1:どういう人が新聞記者に向いていると思いますか?
・平凡な生活を犠牲にできる人
・私利私欲に負けない人(公私の区別)
・規則に従える人(←会社員)
・自分を表現するのが好きな人
・人に会うのが好きな人
・人の話を聞くのが好きな人
・野次馬根性のある人
・真実を見極められる人
・人の信頼を裏切らない人(e.g.オフレコの取材)
4.新聞記者は裁判に協力すべきか
裁判は公正・迅速に行われるべき。
→被害者の救出
Q2:ある事件に関する取材によって知りえた情報や
証拠を記者は、検事や裁判所に提出すべきか?
×報道機関は捜査機関の下請けではない。
×取材源の信頼・国民の信頼を失う。
しかし、現実には
「公正な裁判の実現」>「報道の自由」
という見方がされている。
5.新聞社は女性にとって働きやすいか
(1)女性記者の採用比率の推移
男女雇用機会均等法公布以降、各社とも女性記者
を採用するようになった。
80年代末より、採用者に占める女性の割合は飛躍
的に増加。ある新聞社では、男女同数、男性の2倍
という年もあった。
←試験において女性>男性
しかし、採用担当者の本音は、
“試験結果どおりには女性を採りたくない”
(2)女性を採りたくない理由
男にとっては問題とならない、結婚、出産、育児の負
担が女性にとっては大問題
→退職、産休、育休
→夜勤・宿直もする≠保育所に預けて働く
直線的な記者労働の構造が変わらない限り、女性の
ハンディは大きく、男女共同参画社会の実現は絵に
描いた餅のまま。
参考文献
服部孝司 (2009) 増える女性記者にとって新聞社は働き
やすい職場か Journalism, 232, 56-57.
猪俣征一 (2006) 実践的新聞ジャーナリズム入門 岩波
書店
村上春樹 (2003) 13歳のハローワーク 幻冬舎
日本民間放送連盟(編) (1997) 放送ハンドブック新版 東
洋経済新報社
山本祐司 (2006) 毎日新聞社会部 河出書房新社
ダウンロード

新聞(3) 新聞記者の仕事 - lab.twcu.ac.jp