平成19年度長崎県国語力向上プラン
地区別研修会
「授業のポイント」を意識して
1
2
3
4
5
9年間の学びのつながりを踏まえた授業
授業の目標(ねらい)を明確にした授業
身に付けた国語の力を使い、生かす授業
言語活動を適切に取り入れた授業
子ども同士、教師と子どもとの対話があふれる授
業
6 考えや思いを深め、自分のことばで表現する授業
7 豊かな学びが生まれる学級
8 豊かな学びを支える教育環境
今回の班別研修会で特に意識したポイント
授業のポイント2
○
授業の目標(ねらい)を明確にした授業
書くこと
話すこと・聞くこと
読むこと
言語事項
ポイント2
「授業の目標(ねらい)を明確にした授業」
 教師の意識が変わる
→ 「この力を身に付けさせる」
 子どもを理解する教師の目が変わる
 評価が変わる
単元構成の工夫が可能になる
ポイント2
「授業の目標(ねらい)を明確にした授業」
月
単元名
4
続 カ
け レ
て ー
み ラ
よ イ
う ス
目標を明確に
漢
字
の
形
と
音
・
意
味
生
き
物
は
つ
な
が
り
の
中
に
漢
字
の
広
場
①
5
短
歌
・
俳
句
の
世
界
6
暮 ガ
ら イ
し ド
の ブ
中 ッ
の ク
言 を
葉 作
ろ
う
書
く
こ
と
A 話すこと・聞くこと
B 書くこと
C 読むこと
言語事項(毛筆・硬筆)
言語事項(漢字・語句)
合計
1
ア 目的や意図に応じて,自分の考えを
効果的に書くこと。
2
イ 全体を見通して,書く必要のある事柄
○
を整理すること。
2
5
7
○
6
2
2
6
8
3
2
2
2
2
4
2
2
11
オ 表現の効果などについて確かめた
り,工夫したりすること。
7
本
は
友
だ
ち
漢
字
の
広
場
③
目標を達成するた
めに最適な言語
活動例を選択する
2
2
6
3
2
4
2
1
4
8
2
2
○
単元の中で、主とし
てねらう力、次にね
らう力を明確にする。
ウ 自分の考えを明確に表現するため,
3 文章全体の組み立ての効果を考えるこ
と。
5
森
へ
6
1
1
エ 事象と感想,意見などとを区別する
4 とともに,目的や意図に応じて簡単に書
いたり,詳しく書いたりすること。
学
級
討
論
会
を
し
よ
う
ガ
イ
ド
ブ
ッ
ク
言語活動例
配
当
時
間
漢
字
の
広
場
②
◎
ポイント2
「授業の目標(ねらい)を明確にした授業」
子どもの意識が変わる
目標が明確になる
→意欲的になる
→学びの「方法」がわかる
→「できるようになった」と自覚できる
できた
わかった
使ってみよう
ポイント5
子ども同士、教師と子どもとの対話があふれる授業
ポイント7・8
授業場面
※ビデオ省略
ポイント4
言語活動を適切に取り入れた授業
【小学校】
書くこと(第5・6学年)
イ全体を見通して、書く必要のある事柄を整理
すること。
エ事象と感想、意見などとを区別するとともに、
目的や意図に応じて簡単に書いたり詳しく書
いたりすること。
どの教材で、
どんな授業?
ポイント4
言語活動を適切に取り入れた授業
ポイント4
言語活動を適切に取り入れた授業
ポイント4
言語活動を適切に取り入れた授業

料理の「レシピ作り」
平成19年度 全国学力・学習状況調査
小学校第6学年 A
長崎県国語力向上プラン
●PISA型読解力(OECD調査から)
●国語力(文化審議会答申)
●言語力(言語力育成協力者会議 )
「学習指導要領」に則って、日々の授業を丁寧に行うこと。
学校全体で、「言葉」に関する力を育んでいくこと。
「長崎県国語力向上プラン」
授業者と学習者が同じ目標を持ち、同じよう
にその「学び」を確認できる授業
「表現する機会」を持ち、学習者がその喜びを
知ることができる授業
長崎県内の全ての学校で
子どもたちが「国語」を学ぶことの喜びを知る
ダウンロード

説明2[PowerPointファイル/2MB]