睡眠導入装置
熊本大学工学部数理情報システム工学科一班
member:浅田,阿部,池頭,井桁,伊東,井本
,岩永,上村,浦野,江藤,
このシステムを求める背景
明日どうしても早起きしてテスト勉強しなくては
バイトで遅く帰ったので十分に寝れそうにない
授業中にどうしても眠気がきてしまう
学生には何かと睡眠に関して悩みがあります。
強制的に眠りにつくには薬を使用すれば手っ取り早いけども
頼りすぎては意味がない
その悩みが解決すれば学業上達や快適な学生生活が・・・
睡眠とは
幅広い脊椎動物に見られる静的状態。
● 平均的に6~8時間。
● 入眠直後に体温が一時的に上昇し発汗量が増え、体温を下げて
深い眠りを促す。
● 室温が夏で25℃、冬では13℃が一番快適。
● 脳波が14Hz位の特殊な波(α波)から始まり
眠りが深くなるにつれθ波(4~7Hz)、δ波(0.5~3.5Hz)
とゆっくりになる。
● レム睡眠とノンレム睡眠という状態があり
レム睡眠は眼球運動や心拍、呼吸が速く
ノンレムではその逆である。
●
どのような機能
●
●
●
睡眠が起きる際に後頭部にα波が発生するので逆手にとって
眠気時の脳波レベルのパルス波を通電させる。
イヤホンにてα波を出すようなヒーリング音楽を流し入眠を促す
。
低周波治療器により擬似痙攣を起こし眠気を覚ます。
脈拍、体温を測定し、起きているか、眠っているか
(ノンレム、レム)判定し、それに応じた機能を実行する
● 判定した結果のログを取っておき自分の睡眠状況を確認できる。
●
形状と使い方
ネットオーディオをモデルとして音とパルスを送信する本体と
腕時計型の低周波発生装置、兼状態判定装置兼
ネットーオーディオのリモコン
●
通常時は普通のプレイヤとして使えるが入眠促進モードでは
α波が出る音楽を流し、イヤホンのコードが後頭部周辺に
来るようにしてそこからパルスを発信。
また、授業中や眠ってはいけない場所ではイヤホンをつけられない
ので腕時計型から低周波を出し入眠させないようにする。
●
睡眠状況のログをとっておいていつ眠れば熟睡できるか知ること
ができる。
判定結果を無線でTvや空調、照明と連動させて快適な睡眠を。
●
実現するための問題点
●
●
●
人体に影響がほとんどない低周波やパルス波だけども完全に安全
とは言えないので安全性の向上
上記とは反するがパルス波入眠の際の精度向上
測定装置が低周波の影響を受ける心配がある
実現するための問題点
●
●
●
●
●
人体に影響がほとんどない低周波やパルス波だけども完全に安全
とは言えないので安全性の向上
上記と反するが入眠パルス波の性質の向上と覚醒時させる低周波
の刺激の調整
擬似痙攣で起こした際に目覚めが悪いかもしれない
小型化しないと持ち歩け(身に着け)ることができない
正確な睡眠状態の判断。精度の向上。
ダウンロード

ppt形式