ネットワークセキュリティにおける、
VPN(Virtual Private Network)の有効性
情報通信NW
4499060 Yuichi Takeuchi
1
ネットワークセキュリティの方法
パスワード
 パーミッション
 IPフィルタ
 暗号化
 SSL
 VPN
・
・
・
Etc...

利用者確認
権利確認
送信元確認
本人証明
ワンタイムパスワード
ファイアウォール
デジタル署名
2
専用回線とパケット回線

専用回線
ある2地点を固定に結ぶ回線

パケット回線
ある大きさに分割したデータに宛先、発信元
などの情報を付し、複数の機器が接続された
ネットワーク中を道筋を選択肢結ぶ回線
3
ファイアーウォール

パケットの宛先を確認することで、不正な発信先からの
データ送受信を拒否する
宛先|発信元|データ
宛先|発信元|データ
ファイアーウォール
LAN
インターネット
4
暗号技術


ネットワーク上のパケットの通過点では、パケットを盗み
見ることができる
パケットのデータ部分をあるアルゴリズムで暗号化し他
人から見れなくする技術



ハッシュ関数(不可逆関数) b=f(a), a=f(b)
共通鍵
公開鍵・秘密鍵
データ
ブラックボックス
(アルゴリズム)
暗号データ
5
暗号化の例(公開かぎ)
公開かぎ 7,55

2 <送りたいデータ>

2^7=128
55で割ったあまり 18
公開かぎはと秘密かぎは一方で暗号化
したものは他方でしか複合化できない
組み合わせである
公開かぎから秘密かぎを導くことは不可
能
18^3=5832
55で割ったあまり 2
秘密かぎ 3,55
6
VPNの仕組み




企業間など信頼性の高い通信を求める際に使用
2地点のネットワークへの入り口にファイアーウォールを
設ける
パケット全てを暗号化し、ファイアーウォールからもう一
方のファイアーウォールへと送信する
かぎを一定時間ごとに更新する
A発|B宛|データ
A発|B宛|データ
VPN1
VPN1発|VPN2宛|暗号パケット
VPN2
インターネット
7
VPNと専用線の比較
VPN
専用線
中
(暗号の強度に依存)
安全性
高
(外部からの侵入は無
い)
拡張性
低
(新たな専用線を施設)
費用
高
(専用線の施設が必
要)
高
(ファイアーウォールだ
けを設置)
安
(ファイアーウォールだ
け用意)
8
結論




オープンなネットワークをあたかも私設のネットワークの
ように扱うための方法
外部から盗聴されない通信が可能
専用線と違い、一般の回線を利用するため安価である
将来、暗号の強度がさらに高まると予想されるので安全
性は更に高まる
参考資料
ネットワークセキュリティがわかる本
2000 オーム社
9
ダウンロード

ネットワークセキュリティにおける、 VPNの有効性