東京女子大学 現代社会学部
コミュニケーション特論C(社会)
災害情報論
第7回 津波と情報
兼任講師 関谷直也
スマトラ沖地震
スマトラ沖地震
スマトラ沖地震
スマトラ沖地震
スマトラ沖地震
スマトラ沖地震
スマトラ沖地震
1 前兆現象
津波の前兆現象として、次のような音がす
ることがある。
(1)音=①津波発生による音
・大型トラックが通っているような音/蒸気
機関車が通ったときのような音
・「ゴゴゴ」と嵐の音がする/石臼をひいた
音がする
②岩にぶつかる音
・遠くで火薬を仕掛けて岩石を爆破する音
(発破の音)がする
(2)風=海の方から風がふく。

2 津波の種類
津波は大きく分けて2種類ある。
(1)地震を直接の原因とする津波
①速い満ち引き
②地震の断層のずれによる段差のつく波
③大きな波状の波
(2)地震を間接的な原因とする津波
地震動による「地すべり」による津波。
島原大変肥後迷惑(寛政四年(1792)旧暦四月一日)
3 気象庁の津波警報



大津波警報 高いところで3m以上の津波が予
想されますので、厳重に警戒してください。←3
m、4m、6m、8m、10m以上
津波警報
高いところで2m程度の津波が
予想されますので、警戒してください。←1m、2
m
津波注意報 高いところで0。5m程度の津波
が予想されますので、注意してください。
←0.5m
気象庁の津波予報
平均値と予測値/速報と詳報



①気象庁の津波予報は、あくまで平均値である。
構造物や地形により2m前後のずれは簡単に生
じる。
②気象庁の津波予報は、あくまで予測値である。
例外がたくさんある。事前の低周波の地盤の動
きによるものなどと考えられているが、基本例
(予測の計算式)にあてはまらない波はたくさん
ある。
②津波予測に限らず、「速報(いち早く情報を出
す)」と「詳報(詳しく情報を出す)」ことは反比例
する。津波の大きさや地理的状況を、いち早く詳
しく予想するというのは現段階では難しい。
4 津波の高さ
①かけあがり
 津波は「かけあがり」を考える必要がある。行き
場のない津波は、ビル(構造物)を破壊しないと
きでもかけあがったり、その脇に入ることで、よ
り高い波となる場合がある。
②4~5mの高さでも、90%の確率でしか安全とは
いえない。
 とにかくできるだけ高いところ、できるならば
20m以上のところに、避難することを考えた方
がいい。
5 引き潮
6 沖だし
津波は、必ずしも引
き潮で生じるとは限
らない。

船舶は5000万円~
8000万円もする高額
なものであり、損害
保険は掛け捨て。
・引き潮が生じるのは、
90割程度。
・引き潮が来ないままに
津波がくる場合もある。
・引き潮を確認するとい
う行動は間違いである。

簡単に沖だしを止め
ろとはいえない。

だが、到達時間2時
間以上の場合ではな
いと、沖だしは安全と
はいえない。

7 津波の誤解①
[3 津波情報に対する誤解]
 気象庁の津波震度はあくまで平均値、予測値
としての値なので、この数値の津波がくるわけ
ではない。
[4 避難の高さに関する誤解]
 津波は、絶対安全を考えた場合には、とにかく
相当程度、高いところに避難した方がいい。
[5 引き潮に関する誤解]
 津波は、必ずしも引き潮で生じるとは限らない。
ゆえに、引き潮を確認するという行動は危険で
あり、間違った行動である。
7 津波の誤解②
[弱い津波に対する誤解]
25cmから50cm程度の津波で被害が生じる可能性がある。奥尻
島では、高さ25cmの津波で、木材が流れ出し被害が起きている。
[津波に巻き込まれたときの誤解]
津波は低くても、威力がある。どんなにあがいても這い上がるこ
とは難しいし、泳ぐことは無理と考えた方がいい。
[車避難に関する誤解]
車避難は必ずしも悪くないが、次のことを留意する必要がある。
①車避難の導線と歩いて逃げる人の導線が交差しない限りは、車
避難は悪くない。
②渋滞がおこったら、すぐ車をすてて逃げる
▲[津波観測に関する誤解]「津波を見る」というのは絶対だめ。津
波対応は、自動的なものにする必要がある。手動は危険である。
潮位観測は必ず監視カメラを使う必要がある。目視は危険であ
9 津波の伝承
津波てんでんこ
 稲村の火
※小泉総理のメルマガで取り上げられた
原作 ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)
作者 中井常蔵(三ツ橋常蔵)
モデル 浜口梧陵(浜口儀兵衛)

8 津波の防災行動
重要なこと―海岸にいるときの地震
 津波を感知する。
―海で、ゆれを感じたら
―海の水が、引き出したら
 まず即座に海から離れる
―高いところに離れる――津波の避難ビル
―遠くに離れる――車の避難
 数十センチでも危険
ダウンロード

ppt - www.iii.u-tokyo.ac.jp for III website.