日本の将来への展望
失われた10年
日本経済の現状と課題
日本の平和への貢献
日本の地盤沈下
• 失われた10年
– 経済の低下による影響力の低下
• ジャパン・バッシングから
• ジャパン・ナッシングへ
– ODAの減少
• 対日感情の悪化
• 日本の外交政策の再検討
– 経済大国に戻りうるか
– 新しい道へ
国際関係における問題点
• 国際社会の問題点
– 対アメリカ戦略
– テロとの戦い
• アジアの問題点
– アジアの火種
• 南北朝鮮問題
• 台湾問題
– 対中戦略
対アメリカ・対中戦略
• 中国の台頭とアメリカの対中政策
– 日本の外交戦略の有利さと難しさ
• 対アメリカ戦略
– パックス・アメリカーナをどう考えるか
– アメリカと弱小国との間に立って
• 対中戦略
– 中華思想とどう向き合うか
テロとの戦い
• 平和を守るために
– 理想主義とリアリズム
– 「話し合って」の無意味さ
• 力は正義か
– 力は正義ではない
– 力のない正義は役に立つか
• 「汝殺すなかれ」
– 現実の場において
台湾問題
• なぜ台湾が問題か
– 国際法と現実
• 台湾問題の発生
– 中華人民共和国の成立
– 国民政府の台湾への移動
• 国連での地位喪失(1971)
– 代表権を中華人民共和国に
台湾問題のむずかしさ
• 戦後における台湾独立の提案
– 国民党のジレンマ
• 台湾統治の政治的根拠
• アメリカの立場
– 冷戦下の台湾の意味
– 民主化後の台湾
• 海峡問題の発生とアメリカの立場
– 現状維持の必要性
海峡問題
• 海峡を挟んだ軍事衝突
– 第1次台湾海峡危機(1954)
– 第2次台湾海峡危機
• 金門島事件(金門砲戦 1958.8.23)
– 台湾海峡ミサイル危機(1995~96)
• 発の総統直接選挙への圧力
• 経済的相互依存関係という現実
– 皆が現状維持を望む中で
• 寝た子を起こすな論
民主進歩党
• 美麗島事件(1979)
– 雑誌『美麗島』主催のデモ
• 警官と衝突、弾圧へ
• 民進党の成立(1986)
– 美麗島事件の関係者の団結
– 1989年合法化される
• 政府与党に(2000)
– 陳水扁政権
民進党の矛盾
• 党是としての台湾独立
• 現実的には独立
– 問題は原住民族、本省人、外省人の関係
– 独立運動は外省人優先への抵抗運動
• 台湾の独立運動と中華人民共和国
– 中国の台湾政策との軋轢
– 独立宣言の持つ意味
• 現状維持の決断
これからの国際貢献
• 経済大国と商人国家論
– インテリジェンスの重要性
• 商人国家論を超えて
– 国際貢献の出来る人材の育成
• 大国の国際化
– ソフト・パワーの充実
• 情報の受信から発信へ
– 他国の人材受け入れ
• 人の派遣から受容へ
国際政策学科の教育
• 国際社会の現状把握
– In Larger Freedom
– 人権擁護、平和構築、開発援助
• 政策的能力の開発
– さまざまなディシプリンの修得
• 国際関係論、国際経済学等
• 外国語修得、異文化理解
• Mastery for Serviceの理念
ダウンロード

提示 - nifty