ラーネマの「貧困」
貧困の定義と測定
キーワード
1. 絶対的な貧困
2. 相対的な貧困
3. 伝統社会
4. 誘発されるニーズ
5. 干渉主義(外からの干渉)
1
貧困
UNDPによる貧困の定義(絶対的な貧困)
貧困とは、教育、仕事、食料、保健医療、飲料水、住居、エ
ネルギーなど最も基本的な物・サービスを手に入れられない
状態のことです。極度の、あるいは絶対的な貧困とは、生き
ていくうえで最低限必要な食料さえ確保できず、尊厳ある社
会生活を営むことが困難な状態を指します。
世界中で12億以上の人々が1日わずか1ドルで生活しています。20億
人以上が1日2ドル未満で生活し、8億5,000万人以上が日々の食べ物
にも事欠く毎日を送っています。
2
貧困
相対的な貧困
周囲の地域や住民と比べるとものに事欠く。
先進国や豊かな国の中にもあるし、
途上国の生活水準格差にもある。
UNDP又は日本外務省による豊かな国の例:日本、北欧などの中
にある社会層格差。
途上国の例:比較的に近代化されているタイ、ガーナ。日本と比較
すると、貧困国。本国の隣国と比べると、富裕国。
個々人の比較で、そして時代の流れに連れて、「貧困」の水準が異
なるからこれらにも「相対的な貧困」が当てはまる。
3
貧困と先進国と途上国との関係
“伝統社会”
1.農村社会(「国」ではなくて「社会」)
2.前近代社会(「国」ではなくて「社会」)
3.“価値観”が金銭的な価値観だけではない
4. 自己消費のために生産する。(“自己”=コミュニティ)
国際市場のための余剰生産・換金作物生産ではない
4
伝統社会の定義 つづき
農村社会・主に農業に従事する
その上、伝統社会の定義にどのような観念があるのか?
伝統社会にあるはずの要素:
・伝統的な社会組織
・村落の形式
・自給自足生活
・国際社会との関係がうすい。国際市場との関係がない
・有利・不利を共同体内で耐える
5
貧困とその解釈
誘惑された「ニーズ」
途上国の例:先進国からの誘い:
先進国の余剰生産物の購入(国政府への誘惑、
伝統的な共同体への誘惑、個人への誘惑)
先進国の例:「隣家に負けぬ暮しをする」
6
貧困の定義 IV
社会という場と時空による貧困への感覚とその違い
•
•
•
社会・共同体の生活と価値観の違い
時代の流れに起源する違い
地域や共同体の昔からの感覚と、
外との関係が始まってからの感覚との違い
(ラダク人の例p227)
7
ラーネマの「貧困」
貧困の定義と測定への批判
1.
2.
3.
4.
典型的な定義の四つの次元
物質性 p224~225
主体の感覚 p225~226
外から見た貧困 p226
さまざまな貧困感覚に対する社会文化的
時空の影響 p226~227
8
貧困の定義と測定:例1:「GDP」
相対的な貧困の測定・世界銀行からのデータ.単位=米ドル
GDP=国内総生産 2000年度現在
国
1人当りGDP
(購買力に変換された)
国のGDP
タイ
6,600
121Billion
(1210億)
ベトナム
1,950
154.4Billion
(1544億)
日本
27,200
3.45兆円
シンガポール
24,700
106.3Billion
(1063億)
9
9
貧困の測定:例2:「相対的な貧困」
• 国家間の物質的な格差
• 地域間の物質的な格差
相対的な貧困率の測定
カナダ
20%
ドイツ
13%
メキシコ
29%
ロシア
26%
アメリカ合衆国 24%
順位
2
1
5
4
3
1人当りGDPの測定
$875B(8千75億)
$2,17T(2.17兆)
$920B(9千20億)
$1.2T(1.2兆)
$10T(10兆)
順位
5
2
4
3
1
情報源線:LIS 1990年代中旬 所得の中央値の60%以下
※相対的な貧困率の順位は、貧困率の低い国が1.
10
10
貧困の定義 I
1. 「物質性」による貧困の定義:
「貧困」としての物質的な欠如・物の欠如もあるが、
概念としての貧困とは違う。「貧しさ」として感じとられたと
きに、初めて「貧困」という言葉に込められた特定の意味を帯びる
(p225下)。が、否定的に感覚する自分の貧困を越える
ために、“「有力」のある人(権力者)との結びつき”に依存する
p226上
疑問点:貧困が物質的な貧困だけであれば、人間の
満足や保障をどのように測定するのか?
そして、非物質的な富裕も欠如もあるといえるが、
11
何になるのであろうか?
貧困の定義 II
2.主体の感覚と貧困の状況
• 貧困の感覚は個人にもよる、社会にもよる
• 「貧困者」の自己感覚は、自分たちの意志や力とは別に
動く状態、境遇による貧困(“どうしようもない貧困”)
• 選択された貧困:「有形資産からの解放」、宗教のため
の貧乏など
• 有力な者への依存関係(権力者又はパトロンへの依存)
12
12
貧困の定義 III
(先進国の)社会における貧困への「答え」:
1. 「干渉」する:経済構造の調整(改革)・技術移転・
ダム建設・保健医療の改善などの、
援助、慈善、教育の水準化などの活動を他国で行おうとす
る。
2.干渉しない・関係をつくらない。無視する。
疑問点:このリストに欠けている、異なる関係が
13
考えられるのか?
ラネーマによる
グローバル化・経済化の定義 I
グローバリゼーションの前
• 低開発地域のインフラ状態
後
• 先進国のインフラ状態
• 伝統による自給自足可能な社会 • 近代化しているニーズ
• 特徴がある地域と村の生活 • 普遍的で同質化された
生活
• 地域の経済的な利益の
ための労働・職業
• 国内外の経済的利益のた
めの経済活動・雇用構造
(輸出経済、工業化)
• 貧困者・貧困者ではない者が
同じ共同体に所属する意識
• 貧困層への差別 (学校、
病院、雇用制度、政策に
よる)
14
途上国の「経済化」
利点
解決策が求められる点
• 大量生産・多様な生産
• 必要なインフラが入手
できる(医療設備、教育
施設、交通機関など)
• 正式な雇用構造
• 必需品のニーズや誘発
されたニーズに応える経
済活動
• 生み出された富と欲求は、
恒常的な欠乏、欲望の満た
されない状態に置く
• インフラや化学物質から生
じる問題を解決する方法は
ない
• 生活費は恒常的に高まる
• 工業生産が充足できない
ニーズが増え、経済的な価
値がつかない活動の価値
15
が低下する
ダウンロード

ラーネマの「貧困」 キーワード